hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017) 予想スターティング

「17/18シーズン、UEFAヨーロッパリーグのグループステージ。アーセナルにとっては重要な初戦となるこの試合、ドイツ・ブンデスリーガで開幕3連敗と不調のFCケルンをホーム、エミレーツ・スタジアムに迎えます。解説はおなじみの……」

と、TV実況風に始めてみた。ここは倉敷さんヴォイスで再生していただきたい。

さて、まずは以前にアーセナルがUELをどう戦うべきか書いた拙ブログのエントリを紹介。ていうかUELってなんだよという人も読んでみてほしい。UCLとの賞金の違いなどについても言及した。

アーセナル、17/18 UEFAヨーロッパリーグ(UEL)の重要度

ファン目線では、EPLで成功するためにアーセナルは明らかにUELに注力している場合ではないのだが、融通のきかないヴェンゲル監督なら手を抜かずにケルン戦に挑むというのは大いに考えられる。そして週末のチェルシー戦で惨敗を喫すのだ。あると思います。

では予想スターティングを。

17/18UEL アーセナルvsFCケルン 予想スターティング

当ブログのアーセナル予想スターティング(前回までの的中率は81%)。

3-4-2-1

GK オスピナ

CB モンレアル、ムスタフィ、ホールディング

MF メイトランド・ナイルズ、エルネニー、ジャカ、ベレリン

FW ウォルコット、ジルー、イウォビ



アーセナル、UELケルン戦は何軍で戦う?

とりあえず初戦でホームゲームということもあり、ファーストチームのサブとレギュラーの半々+アカデミー成分少々くらいで予想した。1.75軍といったところか。週末にEPLのチェルシー戦(アウェイ)を控えており、いずれにせよ全力で行きにくいというのもポイントである。いまのアーセナルにとって重要度はリーグのチェルシー戦のほうが数段上だろう。しかもチェルシーは2日早くUCLを戦い終えていてアーセナルに分が悪い。とにかくこの試合で消耗している場合じゃないのだ。

CBにメルテザッカーを使うかどうかはポイントになるだろう。本人のフィットネス次第だと思うが、ボーンマス戦のムスタフィは悪くなかったのでCB中央にムスタフィを置き左右にホールディングモンレアルで予想。ディフェンスラインを高く敷きたい。ちなみにコシエルニは昨シーズンUCLバイエルン戦のレッドでサスペンションらしい。

左のWBにはコラシナツではなくメイトランド・ナイルズを使う。コラシナツは週末のチェルシー戦に温存したい。彼はボーンマス戦では終盤に息切れしてしまった。スタミナに難があるのかもしれない。

CMにはラムジーに変わってエルネニー。彼はボーンマス戦でベンチにも入れなかったがハムストリングをやったコクランがいないこの試合ではスタート予想だ。さすがにウィルシャーをエルネニーに優先してスタートから使うということはないだろう。ジャックの出場があるとすれば、ジャカとの交替か。エルネニーとジャックのコンビでスタートしたら結構驚くと思う。ジャカはボーンマス戦で一番走っていたようだし、彼を温存するというのは絶対ないとはいえないが……。

FWはサブ組の3人。存分にうっぷんを晴らしてもらいたい。エジル役を担うイウォビは久々の登場だし期待が大きい。フィットネスが完全ではないサンチェスをスタートから使うかどうかは難しいところだが、これも状態を見て判断だろう。いずれにせよチェルシー戦に備えて90分は使わないのではないだろうか。

U23組の使い所

この試合でベンチに入りそうなのがU23で絶好調を維持しているリース・ネルソンエディ・エンケティアである。

ネルソンが交替出場するとしたら、ベレリンに変わって右のWBに入るか、あるいはナイルズを交替してベレリンを左にスイッチ、右にネルソンというのもあるかもしれない。エンケティアは前の3枚いずれかと交替があるかどうか。果たして彼らが最近いまいちパッとしないJRA(ジェフ・レイネ・アデレード)やチュバ・アクポンよりも優先されるのか見ものだ。ちょっとした下克上である。

まあいまなら乗りに乗っているネルソンが一番使われる可能性が高いだろう。楽しみである。

FCケルンについて

恥ずかしながらFCケルンというクラブについて、ほとんどまったく知らない。ドイツリーグでは開幕3戦で0ポイントと不調らしい。なんだ似たもの同士か。

日本代表のユーヤ・オーサコが結構活躍しているというのはなんとなく知っている。大迫はいいよな。彼は日本で久しぶりに見た気がするCFらしいCFだ。アーセナル戦じゃないときに活躍してほしい。

※貼り忘れスマソ。

 

こんなときにWhoScored.comが便利である。選手個人だけじゃなく、クラブのキャラクター分析もされている。FCケルンのページより。

さあ見たまえ、これがFCケルンだ。

<つよい>サイド攻撃、リードを守れる

<よわい>フィニッシュ、オフサイド、セットピース守備

<激的によわい>個人エラー、カウンターへの守備、チャンス創られ、サイド攻撃の守備

プレイスタイルは、敵陣でプレイ、中央突破、ショートパス、ロングシュート、ポゼッション、アグレッシブ守備に弱い、アグレッシブじゃない。

なんだ、ケルンひでえなアッハッハなんて笑うのはアーセナルのキャラクター分析を見てからにしてもらおうか。

結構まっかっかでキャラクターだけ見ればケルンと大差なし。

アグレッシブさに欠けるモノ同士、いい試合になりそうだよ。



※追記

ケルンて何度か対戦してんだね。これはポドルスキのデビュー戦?

Arsenal Playerでもいくつか試合動画が観られるぞ。5年前くらいのアーセナルってめちゃくちゃ個性的な面々が揃ってて今見ると笑える。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *