hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EPL, Misc

【2017年版】英プレミアリーグとアーセナルFCの情報源まとめ

ぼくが日々更新しているこのブログのために(または単なる趣味で)読んでいるフットボール情報元をここらでまとめておきたい。

ほぼプレミアリーグ(アーセナル)にしか関心がないのでイングランドのメディアが中心である。別に珍しい情報源があるわけではないが、ある程度網羅的にまとめるので興味をもってくれる人がいれば幸い。※基本すべて英語なので、英語にアレルギーのある方にはオススメできなくて申し訳ない。

日本語のメディアもフィードを購読しているものがあるが基本的には二次情報三次情報だと思っていてこのブログの情報源としては利用していない。

(海外メディアのニュースをそのまま翻訳してエントリを乱発している日本の某サッカーニュースサイトがあるが、記事内でソースにリンクを貼らないのが個人的にはちょっと不誠実だなあと思っている。営利サイトだと思うけどああいうサイトのふるまいとしてはどうなんだろうか?)

それとぼくはtwitter、instagram、FacebookなどSNS系からはほとんど情報を得ていない。本人の発言(一次情報)や速報性ということではおそらくtwitterに勝るものはないが、メディア、ジャーナリスト、クラブや選手本人など追うべき対象が多すぎる。事実一時期からアーセナル関連で重要なアカウントをリスト化していたがいまはもう放置状態だ。もちろんひとりひとりを追うよりもインフルエンサー的なアレでアルファ・ツイッタラーのツイートから間接的に情報を得ている人のほうが多いと思うが、ぼくは日常的にtwitterを使っていないのでそういうアカウントのTLを後から追うのもなんだか億劫なのだ。



ぼくのイングリッシュ・プレミアリーグの情報源

毎日ざっくりチェックしているサイト

あたり。BBC、SKYという基本を押さえて、あとはゴシップよりのメディア。

 

BBC SPORTSはいわずもがな英国国営放送のウェブサイト。プレミアリーグのファンならいろんな側面でもっとも信頼できるサイトとして利用している人も多いはず。移籍市場が開いている間はBBCに情報が出るということが一種の情報信憑性のバロメーターにもなっている。ぼくは普段は試合結果や次の試合時間なんかを知るために利用することが多い。試合中に大きな事故(怪我)などがあった場合も真っ先にBBCを覗く。

『MOTD』こと『マッチ・オブ・ザ・デイ』はBBCのEPLハイライト番組。YouTubeや動画サイトでイリーガルに転載されることも多いので、知らずに見ている人も多いかもしれない。

シーズン中はマーク・ローレンソンがさまざまなゲストを交えてEPL次節結果を予想するシリーズ「Lawro’s prediction(ロウロの予想)」が楽しい。ゲストは俳優やミュージシャン、有名スポーツ選手とさまざま。以前ArsenalFanTVのホストでおなじみのロビーがゲストの回もあった。

なお、BBCには「ゴシップ」というコーナーがあって、かなり幅広いメディアから毎日移籍に関するゴシップ記事を拾ってリンク付きで紹介している。最新の噂話の見出しだけざっと見たいという場合には非常に便利に使える。ところで先日の移籍市場の最中、某日本人グーナー氏がブログで「BBCにも取り上げられた」というふうに書いていて、よく見たらこのゴシップ欄を指しているということがあった。確かにBBC SPORTSのアカウントがここをツイートすることもあるが、これを指してBBCに取り上げられたと解釈するのは問題があると思う。ここはあくまでBBCによる「噂のスクラップブック」であり、単に「via BBC」というだけで、BBCが記事にするのとは意味が違うからだ。

Football

 

SKY SPORTSはティエリ・アンリ、ジェイミー・キャラガー、ギャリー・ネヴィルといった名物パンディット、ご意見番たちの辛口トークが見もの。アーセナルがひどい試合をしようものならおれたちの代わりに容赦なく罵倒してくれるゾ。サイトに貼られている番組映像はいわゆるおま国で見れたり見れなかったりする。

パンディットたちが大型ディスプレイを使ってプレイを事細かに検討し合う『MNF(マンデイ・ナイト・フットボール)』を日本でも放送してほしい。ブログ記事のネタとしてはだいぶお世話になっている。

Football (Sky Sports)

 

ESPN(ESPN FC)は米スポーツメディア企業ESPNのサイト。グローバルのフットボールニュースを扱っているという点ではGOAL.COMなんかに近い(GOALは嫌い。とくに日本語版の編集はヒドい)。

ESPNはコラムが豊富で、アーセナル公式サイトでも戦術分析記事を書いていた評論家のマイケル・コックスやアーセナル関連ではArseblogの人なんかの寄稿記事などをたまに読むことができる。そのあたりのコラムもブログのお題にもってこいである。あとコメント欄がなにかと荒れがちだが、FBアカウントからのコメントになるので口汚く罵り合うようなことなく、それなりにちゃんと議論がされている。と思う。

ESPN FC

 

METROを情報源の筆頭に挙げるのもどうかと思うが好きなものはしょうがない。『メトロ』はイギリスで配布されているフリーペーパーで中身はSNSで話題になっているようなユーザ目線の記事やうがった切り口の記事、おもしろ系記事が多く大変に親しみやすい。それと旧トップ4の記事が多くマンUなどと合わせてアーセナルの記事は比較的多いと思う。それだけネタにしやすいというだけかもしれないが……。試合後には、ほかのメディアでは見られないような切り口のくだらない記事も読むことができる。英語が嫌いな人も見出しだけで楽しめるかもしれない。Metroに限ってはメディアの信憑性とかそういうのはどうでもいい。ゴシップをゴシップとして楽しむのである。

Football

https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=3932246

 

Mirrorもどちらかといえばやわらかい寄りだがMetroほどではない。ぼくのなかでは硬軟でいえばちょうど中間あたりのメディアという位置づけ。スポーツ以外に、”SHOWBIZ”や”CELEB”といった芸能ゴシップを扱う系のメディア。

ちなみにMirrorのPCサイトはアドブロックブロックを採用していてアドブロックを外すと、画面の1/3を覆う巨大な広告がでしゃばりすぎでかなり見づらい。いろいろ逆効果だろうに。こういうのを見るたびに、ほかに彼らがマネタイズできるいい方法はないものかと思ってしまう。

Football: News, opinion, previews, results & live scores – Mirror Online



 

その他時間があれば巡回しているサイト

など。

 

The guardianTelegraphはいわゆる高級紙だ。Metroが喜々として扱うようなやわらか記事は載っていない。使われている英語も難しく翻訳に手こずりがちである。

なおガーディアンは一時期は課金しないと複数の記事が読めなくなっていたが、現在はフッターにアラートが出ているだけで一応すべて読めるようだ。こちらも一時期課金しないと読めなかったThe Sun同様、どのメディアもマネタイズに苦労していることが伺える。

Soccer news, match reports and fixtures | The Guardian

Football

 

MailExpressあたりはMirrorと同様に芸能ニュースも配信する軟派メディアで、フットボール情報もゴシップ成分含む。このあたりはよっぽどヒマじゃないと見ない。

Football – Latest News, Transfers and Results | Daily Mail Online

Football | Football Transfer News, Scores and Results | Express.co.uk

 

Lequipe(レキップ)』は基本的にフランスのサイトだが、Google翻訳でまるごと英語に自動翻訳して読む。Google翻訳は日本語翻訳は毎度がっかりするが、フランス語→英語はかなり精度が高そうに思う。

London Evening Standard』はロンドンローカルニュース。フットボールはアーセナルやToTといったロンドンに拠点を置くクラブの記事が中心。

 

プレミアリーグの情報源その他(スタティスティックス系)

  • WhoScored.com
  • Squawka
  • TransferMarket

プレミアリーグに限らず、試合スタッツやクラブ情報、選手情報などを提供するこの3サイトにはブログ記事を書くうえでかなりお世話になっている。とくに上のふたつ。

まず選手個人の情報が知りたいときには名前でググれば、だいたいWhoScoredTransferMarketの該当ページがヒットする。

選手個人の情報はWhoScored.comがかなり重宝する。攻撃・守備それぞれで長所・短所が示されるキャラクター分析がわかりやすい。Squawkaは選手比較ツールが非常に便利。ちなみにWhoScoredにも同じような選手比較機能が後追いで搭載されたが、UI的にSquawkaが使いやすすぎる。

Squawkaは、Arsenalだけでもなかなかの頻度で配信されるニュースだけでなく、スタッツデータを使用した独自の分析記事などコンテンツも充実しており読み応えがある。編集部がだいぶがんばっている。このブログでもだいぶお世話になっている。

ところでWhoScored.comの試合予想(Preview)は予想点数がかなり当たる気がしている。ぜひ試合前にチェックしてみてほしい。今週行われるUELのアーセナルVSケルンのプレビューでは、2-0でアーセナルの勝利という予想されていた。リアルな数字だがどうだろう。

Football Statistics | Football Live Scores | WhoScored.com

The home of Football, Transfer and Club news

Football transfers, rumours, market values, news and statistics

 

アーセナルFCの情報源

アーセナル情報を得られるサイト。アーセナル公式はもちろん。選手のインタビューやフルマッチすら観られる公式動画サイトArsenal Playerもいい。日本語サイトどこ行った?

アーセナル情報はRSSで購読

ここは購読しているおもなRSSフィードを紹介。ブログ系はRSSフィードをFeedlyを使って購読している。アドオンを使ってFeedly内でフルで読んでしまえるのが楽で助かる。

FeedlyやRSSリーダー知らない方はおググりください。ていうかもしかしてRSSって時代遅れなのかも??

ほか。

 

グーナーの皆さまには定番的なものばかりですまない。改めて確かめてみるとGunnerblogなど、更新が滞り気味なものもあったりする。ちなみにフィード購読は、FeedlyなどのRSSリーダーに当該URLをぶっこむか、適当にURL+rssあるいは+feedでぶっこめばブログフィードを読み込めると思う。

このなかでアーセナル情報のソースをひとつだけに絞るとすれば、やはりArseblog News(購読数1k)になるだろうか。クラブの政治的な話しから選手のフィットネスまで話題は多岐にわたり、ほとんどこれだけでアーセナル情報は足りるといっていい。FeedlyではArseblog(購読数7k)はアーセナル公式ニュース(購読数4k)よりも圧倒的に購読数が多く、ニュースの速報性、ボリューム、熱量、どれをとってもベストだろう。毎日更新というのも凄い。アプリ版のArseblogも見やすいと思う。購読者数といえば、当ブログのFeedly購読者数は現在「4」だった。0.004kである。

Arseblog News – the Arsenal news site

 

それとアーセナルの日本人ファンが書いているブログとしてはたぶん日本一有名な『猿のプレミアライフ』も言及せずにはいられない。ぼくが知るかぎりこの人はぼくよりもアーセナルのファン歴は浅いんだけど、ファン濃度は1万倍くらいの差がありそうだ。このブログが希少なのは、ブログ主がロンドン在住でマッチリポートがちゃんと観客席からのものだということ。日本にいながらにして英国のスタジアムの雰囲気が知れるのはとっても貴重である。プロレスネタとかツイッターネタとかセレブお友だちネタとかは残念ながらちょっとついていけないんだけど、何より日本語で読める気安さはあるし現場からのリポートはいつまでも続けてほしいなと思う。

Arsenal 猿のプレミアライフ

アーセナルの情報源その他

  • ArsenalFan TV
  • The Arsenal on reddit

 

現場からといえば、YouTubeで展開するアーセナルファンチャンネルArsenalFan TVを忘れてはいけない。現在チャンネル登録者なんと54万人。日に日に影響力が高まっている気がする。もちろんぼくもアーセナル公式YouTubeチャンネルと一緒に登録している。

ArsenalFanTV

試合後にスタジアム前で行われる名物グーナーたちへのインタビューがやはり面白い。でっぷり巨漢のホストRobbieを筆頭に、試合中継でもよくカメラに抜かれる鼻ピアスにバンダナのBully、おっちゃんClaude、わめきちらしTroopzなど、個性豊かな面々が終わったばかりの試合について思い思いの感想を述べる。アツい。ぼくの英語力だと喋っていることすべては理解できないんだけど、試合の論点や現地のファンがその日のアーセナルについてどのように感じているかを直に知ることができるのは貴重だ。皮肉なことは、試合に負けて彼らが怒ってるときのほうがインタビューの絵面が面白いということ。

AFTVがブログの情報源かといえば微妙だが、現地ファンの「空気」を感じるのにこれ以上のものはない。これ日本語サブをつけるだけでも相当なアクセスが稼げそう。

 

もうひとつは、redditのアーセナルスレッド群。世界中のグーナーが集まるフォーラムである。

The Arsenal on reddit * r/Gunners

2ちゃんねるにもアーセナル板はあって一時期よくROMっていたけれど、このブログを始めてからはあまり訪れなくなった。何度かこのブログのエントリを晒してくれた人がいたらしくて瞬間的にアクセスがグッと上がったりしたので、感謝はしている(※自演はしてない)。

個人的にはSNSのウェーイやFF外から失礼みたいな空気よりも2ちゃんの匿名の殺伐としたノリのほうが疲れなくて好きだな。まともなこという人もたまにいるしね。

以上。

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *