Category: Match

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL アーセナル vs WBA(25/09/2017)

快勝といっていいものか。WBAをホームに迎えたEPLの一戦は一抹のモヤモヤが残るもののアーセナルの2-0勝利に終わった。 Arsenal 2-0 West Brom: Alexandre Lacazette scores twice in Gunners win

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsWBA(25/09/2017) 予想スターティング

アーセナルのEPL第6節の対戦相手はWBA。9/25月曜夜(日本時間9/26火曜早朝)のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦となる。早くもキーラン・ギブスがエミレーツに帰ってくるホームでの一戦。 現在アーセナルはプレミアリーグで2勝2敗1引き分けの12位と思わず目を覆いたくなるようなポジションにいるが、目隠しプレイをしている場合ではない。3位のチェルシーまで3ポイントしか離れておらず、WBAに勝利すれば、ジャンプアップする可能性はある。 ちなみに昨シーズンは初戦のリヴァプールに敗れてから14試合負けなかった(その間6連勝と3連勝があった)。EPLでは、10月末のマンシティ戦まで比較的イージーな相手が続く。連勝を期待したいものだ。

Arsenal, EFL, Match

【マッチレビュー】17/18EFL (Carabao Cup) アーセナルvsドンカスター・ローヴァース(20/09/2017)

観終わったあとにどっと疲れが出る試合だった。これを平日早朝にやられるのは辛い。ほとんど仕打ちである。お勤めの方にはお気の毒なことこの上ない。 結局なんとか勝ったもののしょぼい試合をしてしまったガナーズは、今回エミレーツ・スタジアムの最低観客動員の記録もつくってしまったようだ。水曜夜とはいえ、とくに上のほうの席はガラガラに見えた。こんなしょうもない試合をしていたらそりゃお客さまも離れますわね。相手の拙いフィニッシュに助けられたけど、下手すりゃ負けてたぞ。 Arsenal set record for lowest ever Emirates attendance during Doncaster Rovers victory

Arsenal, EFL, Match

【マッチプレビュー】17/18EFL(Carabao Cup) アーセナルvsドンキャスター・ローヴァース(20/09/2017) 予想スターティング

今季のリーグ・カップは「カラバオ(Carabao)」というタイのエナジードリンクの会社がスポンサーということで「Carabao Cup」。毎年名称が違うのがなんだかわかりづらい。ちなみにグーナー御用達のアーセナルフィクスチャーGoogleカレンダーでもいまだに”CaraboaCup”になっていて(2017/9/17現在)、いかに名前が浸透していないかという。 EFL Official Website – Homepage

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし

イングリッシュ・プレミアリーグ序盤の見どころであったチェルシー対アーセナルの一戦。好調を維持するチェルシーと不調のアーセナルの対戦ということで、ほとんどのメディアや識者が順当にチェルシー勝利を予想するなか、結局0-0のスコアレスドローに終わりアーセナルがアウェイでポイントをもぎ取るかたちとなった。※アーセナルがスタンフォード・ブリッジでポイントを取るのはじつに6年ぶりとのこと。 引き分けという結果だけ見れば強豪クラブに勝てないいつものアーセナルだったが、今回はその試合内容ゆえに戦前にアーセナルを酷評した多くのメディアやパンディットも手のひらを返したように賞賛している。我々もこんなに褒められるアーセナルを見るのは久しぶりじゃないだろうか。引き分けでここまで賞賛されるというのも複雑だが……。それだけアーセナルが絶望的な状況だったということだろう。 Chelsea 0-0 Arsenal: David Luiz sent off late in goalless draw

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) 予想スターティング

アーセナルとチェルシーの一戦ということで、さすがにビッグマッチで各メディアでもそれなりに取り上げられているが、アーセナルのファンとしては悲観的にならざるを得ない予想が大半でこのプレディクションもあまり気乗りがしない。試合を薄目で見ればダメージはいくらか軽減できるだろうか。 ボーンマス、ケルンと2連勝したとはいえ、それでチームが自信を付けたとは思えない。チームが本当に自信を付けるには強者に勝つしかないが、残念ながらチェルシーはいまのアーセナルが勝つには強すぎる。勝てばアーセナルにとってはこれ以上ないものとなるが、この世界そんなに甘くはない。せめて恥ずかしくない試合をしてほしいと思う。 とりあえず予想スターティンを。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017)

17/18シーズン、UEL初戦となったホームでのFCケルン戦。試合内容も決してほめられたものではなかったが、終わってみれば3-1と勝利。面目を保った。 そして今回もしかしたら試合そのものよりも注目を浴びたのが、2万人ともいわれるケルンサポーターが大挙押し寄せたことで生じたトラブルだ。試合時間も1時間遅れ、怪我人や逮捕者も出るなど、結果的に両クラブともにUEFAからペナルティが与えられるらしい。アーセナルはとんだとばっちりである(とばっちりといえば、ぼくは試合を1日間違えて前日にも4時起きしているわ、当日も1時間待たされるわで散々だった)。 ケルンサポーターの大行進やエミレーツ・スタジアム前や試合後のスタジアム内での暴れっぷりなどの映像もちらりと見たが死人とかでなくて本当によかったと思う。FCケルンは今回ヨーロッパの舞台に立つのは25年ぶりらしく、サポーター諸君はうれしすぎではしゃいでしまったということらしい。 Arsenal 3-1 FC Cologne

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017) 予想スターティング

「17/18シーズン、UEFAヨーロッパリーグのグループステージ。アーセナルにとっては重要な初戦となるこの試合、ドイツ・ブンデスリーガで開幕3連敗と不調のFCケルンをホーム、エミレーツ・スタジアムに迎えます。解説はおなじみの……」 と、TV実況風に始めてみた。ここは倉敷さんヴォイスで再生していただきたい。 さて、まずは以前にアーセナルがUELをどう戦うべきか書いた拙ブログのエントリを紹介。ていうかUELってなんだよという人も読んでみてほしい。UCLとの賞金の違いなどについても言及した。 アーセナル、17/18 UEFAヨーロッパリーグ(UEL)の重要度 ファン目線では、EPLで成功するためにアーセナルは明らかにUELに注力している場合ではないのだが、融通のきかないヴェンゲル監督なら手を抜かずにケルン戦に挑むというのは大いに考えられる。そして週末のチェルシー戦で惨敗を喫すのだ。あると思います。 では予想スターティングを。

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL アーセナルvsボーンマス(09/09/2017)

イングリッシュ・プレミアリーグ第4節、ホームでのボーンマス戦は久しぶりに見る快勝。狭い局面でもワンタッチでポンポンとリズムよくパスを回し、スペースを目ざとく見つけては走り込み、プレッシングでボールを奪いまくり、カウンターではつねに3~4人が相手陣内に殺到しパスコースがありすぎて迷ってしまうほど。始めから終わりまで、やることなすことうまくいくというアーセナルにとっては理想的な展開だった。やりたい放題であった。これまでの陰気なムードを一掃したな。 それにしても前節リヴァプール戦との落差。インターナショナルウイークを挟んだとはいえ、この好調ぶりはいったい何が原因だったんだろう? まさか催眠術? Arsenal 3-0 Bournemouth: Danny Welbeck strikes twice in comfortable win Embed from Getty Images

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsボーンマス(09/09/2017) 予想スターティング

いやあ、久しぶり。EPL第4節。インターナショナルウイークを挟んで久しぶりのプレミヤである。まあ普段から文句ばかりいっているが、やっぱり観たいのだよ。アーセナルが。どんなにダメでも。 さて次はボーンマスを迎えてのホームゲームとなる。ボーンマスといえばヴェンゲルの跡継ぎ候補のひとり、エディ・ハウ率いる中堅クラブ。そして昨シーズン、ジャック・ウィルシャーがお世話になったクラブ。今回ジャックがベンチに入るという噂もあるけどどうなんだろうね。ボスは明言しなかった。 さあ移籍市場、そしてEPL第3節まで何事もなかったかのように、さっくりと予想スターティングからいこう。