Category: Wenger

Arsenal, Wenger

ヴェンゲルはスター選手の扱い方がわからない

昨日、少し遅れて先日の日曜のチェルシー戦レビューエントリをアップした。 【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし このなかで、サンチェスとエジルについて書いているうちにヒートアップして軽く追記なんかもしていたらすっかり長文になってしまったのだけど、まだ語り足りない気がしていてしつこく続けたいと思う。 そこではこんなふうに書いた。 彼らがこの試合にいなくてうまくいったという事実はあるにせよ、エジルもサンチェスもいい選手だということは間違いがないのだ。当然ながら決して選手に問題があるんじゃない。 問題は彼らを適材適所で使えないとか(強豪相手にあえてエジルを外すなんて采配をかつてボスがしたことがあったろうか?)、プレイの自由を与えすぎだとかそういった思考停止の放任マネージメントのほうだ。 たぶんシメオネのような監督なら、必要があればエジルだってサンチェスだって外すし(サンチェスは外さないか)彼らにもほかの選手と同じコレクティブなプレイを求めるだろうさ。ときにサッカーチームを軍隊に例えたりするが、規律を重んじない軍隊など存在しないのだ。規律がなければ戦争に勝てないからだ。フットボールも同様である。 エジルやサンチェスが試合のなかで時折見せる不貞腐れたようなふるまいを見ていると、いかに彼らが普段から傲慢な態度を取ることが許されているかがわかるし、彼らとの人間関係でボスが主導権を握っているように見えないのだ。

Arsenal, Wenger

ヴェンゲルはチェンバレンのような若手とうまくコミュニケーションが取れていない

おれたちの仲間だったチェンバレンが移籍先のリヴァプールで最初のインタビューに応えている。彼が移籍を決断するための要因のひとつだったというユルゲン・クロップを賞賛しているコメントも見ることができるぞ。 Read or watch in full: Alex Oxlade-Chamberlain’s first LFC interview クロップにまつわる一部分を雑に訳してみよう。

Arsenal, Transfer, Wenger

ヴェンゲル「エジルとサンチェスの状況は理想的」発言にESPNがマジレス

この件に関してはすでに全世界で10億人くらいはツッコミを入れただろうから今さらなんだが。 米ESPN「ごめんアーセン、サンチェスとエジルの契約状況は全然“理想的”ではないです」 Sorry Arsene, nothing about Sanchez and Ozil’s contract situation is “ideal” ネタにマジレスとはこのことだな。恥ずかしいぞESPNよ。 しかしわれわれがあまり笑えないのはどうもボスのこの「詭弁」が本気らしいからだ。

Arsenal, Transfer, Wenger

ヴェンゲル「サンチェスの件? あれ誤訳ですよ。売らないし」

アレクシス・サンチェスがチリのラジオに語った「ぼくはチャンピオンズ・リーグでプレイしたい」発言は、ついにファイナルアンサーが来た!とIndependent始め世界のフットボールメディアで一斉に報道されたが、そんな空気にも眉一つ動かさない漢がいたという。誰あろうアーセン・ヴェンゲル監督である。 Wenger on Alexis, Lacazette and spending おれたちのAWがプレスカンファレンスでぶちかました。

Arsenal, Wenger

ヴェンゲル「もっと早く契約更新を明らかにすべきだった」

プレシーズンツアーで中国を訪れているアーセナル一行。 バイエルン・ミュンヘンとのフレンドリーマッチを翌日に控えた会見でAWが、自らの契約問題が昨シーズンのチームに悪影響を及ぼした可能性について語った。 Wenger: Maybe I made a mistake over eternal contract debate

Arsenal, EPL, UEFA CL, Wenger

ヴェンゲルの21年まとめ。162の選手、700Mポンドを使って16のトロフィ

BBC SPORTSに面白い特集記事が来ていたのに全然気付かなかった。ヴェンゲル監督とヴェンゲル監督ひきいるアーセナルの20年がデータでまとめられている。 www.bbc.com 『アーセン・ヴェンゲルがアーセナルに残留決定:21年、162選手、700Mポンド、16トロフィ。そしてつづいていく』。見出しだけ抜き出してみよう。

Arsenal, Wenger

ヴェンゲル契約更新だが解決していない5つの問題

ヴェンゲル監督がアーセナルFCと2年間の契約更新。公式発表になった。ファンに対するメッセージも含まれるインタビュー映像がビデオで公開されたが、”Let’s be together”という言葉にどれだけのグーナーが共感できただろうか。 www.arsenal.com もちろんベンさんもファン界隈での批判的な空気は読んでいただろうし、このインタビューでもあらたに契約を更新したビッグクラブの監督にしては、ほとんど厳しい表情を崩していない。アーセナルというクラブをどげんかせんといかんという気持ちを彼が世界で一番強く持っているんだと信じたいものである。 そんななか、毎度ゴシップ満載のMetroが珍しくそうだそうだと思える記事「ヴェンゲル続投ながらいまだ答えられていない5つの疑問」を投下。 metro.co.uk 軽く紹介してみたい。

Arsenal, Wenger

ヴェンゲルが2年契約に合意。ヴェンゲル政権は続く……

BBC SPORTSがブレイキング。「アーセン・ヴェンゲルが2年契約に合意」。水曜日に公式発表する見込みであるとも。BBC報道ということでほぼ間違いないだろう。 www.bbc.com

Arsenal, Match, Wenger

16/17 FAカップ決勝に勝つ。アーセナルは13度目、ヴェンゲル監督で7度目の優勝はどちらも史上最多記録

www.bbc.com ウェンブリーで行われた16/17シーズンFAカップファイナルは、大方の予想に反してアーセナルが勝利。不甲斐ないシーズンを送った今季アーセナルのイメージを払拭するかのような積極的なプレイで見事優勝を飾った。まじありがとう。今季はいろいろあったけど勝てばやっぱりうれしいとしかいいようがない。 アーセナルFCとして13度目の優勝、ヴェンゲル監督はひとりの監督として7度目の優勝ということでどちらも史上最多らしい。この4年で3度目の優勝。どれだけFAカップに強いんだ。 この試合なによりうれしかったのは、選手たちが最初から最後まで自信満々にプレイしたということ。どういうメンタルで試合に望んだのかと考えるに、もはや失うものがなく「捨て身」に近い精神状態だったのかもしれないのだけれど、攻めてはチャンスを次々につくり、守ってはゴール前のスペースをガッチリ埋めてと、どんな局面でもリーグチャンピオンのチェルシーを上回るプレイぶりはまるで催眠術にでもかかっていたかのようだった。 彼らのあんなに生き生きとしたプレイは久しく観ていなかった気がする。うとうとして寝過ごしそうになりながらもちゃんと生中継を観ることができて本当によかった。こんないい試合を見逃していたらおれは何のために生きているのかわからない。

Arsenal, EPL, Match, Wenger

アーセナル20年ぶりのスリーバックで強敵を撃破

今朝は驚いたね。ボロとのアウェイゲームで1997年に採用して以来アーセナルにとって20年ぶりだという3バックシステム(3-4-3)で登場。 アウェイ5連敗をどうしても避けたいとはいえ、アーセナルがここで3バックを採用するとは思わなかった。戦術家が幅を利かすEPLのトップレベルの監督のなかで、我関せずと流行のシステムにも一切なびかなかったヴェンゲル監督である。さすがに何かを変えないとどうにもならないと考えたようだ。