Tag: Alexis Sanchez

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsWBA(25/09/2017) 予想スターティング

アーセナルのEPL第6節の対戦相手はWBA。9/25月曜夜(日本時間9/26火曜早朝)のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦となる。早くもキーラン・ギブスがエミレーツに帰ってくるホームでの一戦。 現在アーセナルはプレミアリーグで2勝2敗1引き分けの12位と思わず目を覆いたくなるようなポジションにいるが、目隠しプレイをしている場合ではない。3位のチェルシーまで3ポイントしか離れておらず、WBAに勝利すれば、ジャンプアップする可能性はある。 ちなみに昨シーズンは初戦のリヴァプールに敗れてから14試合負けなかった(その間6連勝と3連勝があった)。EPLでは、10月末のマンシティ戦まで比較的イージーな相手が続く。連勝を期待したいものだ。

Arsenal, EFL, Match

【マッチレビュー】17/18EFL (Carabao Cup) アーセナルvsドンカスター・ローヴァース(20/09/2017)

観終わったあとにどっと疲れが出る試合だった。これを平日早朝にやられるのは辛い。ほとんど仕打ちである。お勤めの方にはお気の毒なことこの上ない。 結局なんとか勝ったもののしょぼい試合をしてしまったガナーズは、今回エミレーツ・スタジアムの最低観客動員の記録もつくってしまったようだ。水曜夜とはいえ、とくに上のほうの席はガラガラに見えた。こんなしょうもない試合をしていたらそりゃお客さまも離れますわね。相手の拙いフィニッシュに助けられたけど、下手すりゃ負けてたぞ。 Arsenal set record for lowest ever Emirates attendance during Doncaster Rovers victory

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし

イングリッシュ・プレミアリーグ序盤の見どころであったチェルシー対アーセナルの一戦。好調を維持するチェルシーと不調のアーセナルの対戦ということで、ほとんどのメディアや識者が順当にチェルシー勝利を予想するなか、結局0-0のスコアレスドローに終わりアーセナルがアウェイでポイントをもぎ取るかたちとなった。※アーセナルがスタンフォード・ブリッジでポイントを取るのはじつに6年ぶりとのこと。 引き分けという結果だけ見れば強豪クラブに勝てないいつものアーセナルだったが、今回はその試合内容ゆえに戦前にアーセナルを酷評した多くのメディアやパンディットも手のひらを返したように賞賛している。我々もこんなに褒められるアーセナルを見るのは久しぶりじゃないだろうか。引き分けでここまで賞賛されるというのも複雑だが……。それだけアーセナルが絶望的な状況だったということだろう。 Chelsea 0-0 Arsenal: David Luiz sent off late in goalless draw

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017)

17/18シーズン、UEL初戦となったホームでのFCケルン戦。試合内容も決してほめられたものではなかったが、終わってみれば3-1と勝利。面目を保った。 そして今回もしかしたら試合そのものよりも注目を浴びたのが、2万人ともいわれるケルンサポーターが大挙押し寄せたことで生じたトラブルだ。試合時間も1時間遅れ、怪我人や逮捕者も出るなど、結果的に両クラブともにUEFAからペナルティが与えられるらしい。アーセナルはとんだとばっちりである(とばっちりといえば、ぼくは試合を1日間違えて前日にも4時起きしているわ、当日も1時間待たされるわで散々だった)。 ケルンサポーターの大行進やエミレーツ・スタジアム前や試合後のスタジアム内での暴れっぷりなどの映像もちらりと見たが死人とかでなくて本当によかったと思う。FCケルンは今回ヨーロッパの舞台に立つのは25年ぶりらしく、サポーター諸君はうれしすぎではしゃいでしまったということらしい。 Arsenal 3-1 FC Cologne

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL アーセナルvsボーンマス(09/09/2017)

イングリッシュ・プレミアリーグ第4節、ホームでのボーンマス戦は久しぶりに見る快勝。狭い局面でもワンタッチでポンポンとリズムよくパスを回し、スペースを目ざとく見つけては走り込み、プレッシングでボールを奪いまくり、カウンターではつねに3~4人が相手陣内に殺到しパスコースがありすぎて迷ってしまうほど。始めから終わりまで、やることなすことうまくいくというアーセナルにとっては理想的な展開だった。やりたい放題であった。これまでの陰気なムードを一掃したな。 それにしても前節リヴァプール戦との落差。インターナショナルウイークを挟んだとはいえ、この好調ぶりはいったい何が原因だったんだろう? まさか催眠術? Arsenal 3-0 Bournemouth: Danny Welbeck strikes twice in comfortable win Embed from Getty Images

Arsenal, Player, Transfer

2017アーセナルの移籍市場雑感。サンチェスはなぜ移籍志願を明確にしなかったのか?

フットボールファン注目のデッドラインデイが昨日8/31(日本時間本日朝)に終わった。EPLトップ6で一番補強が必要といっても過言ではなかったアーセナルは、ファンの期待に反して結局たった2名の獲得という残念な結果に。また既存スコッドの人員整理についても思い通りにいかず、試合だけでなく移籍市場という大事な局面でも大きな不満を残す結果となってしまった。斜陽のアーセナルという印象をさらに強くした格好だ。

Arsenal, Transfer

【移籍情報まとめ】泥舟、アマチュア、無計画……。2017夏アーセナルのデッドラインデイ その1

さて、今年も楽しかった英国の移籍市場は本日8/31木曜日の夜11時にクローズする。デッドラインデイである。英国と日本の時差は8時間ということで、終わりは日本時間では明日(金曜日)の朝7時。もう24時間を切った。なんだかんだあっという間だったな。 アーセナルのデッドラインデイまでの動き アーセナルのこれまでの動きについては、ヴェンゲル監督が「獲得より放出を優先する」と語っていたとおり、全夏を通して新規獲得はたったの2名。さすが有言実行の男である。 ※画像はArseblog Newsより

Arsenal, Transfer

レマールとサンチェスのトレード? モナコがアーセナルにウルトラCオファー

ウルトラCって最近見ない表現だな。 今夏すでに複数名のスター選手売却でおよそ150Mポンド稼いだウハウハのモナコが、アレクシス・サンチェスの獲得に45Mポンドでアーセナルに逆オファーするというSUNのゴシップ記事。 Monaco to test Arsenal’s resolve with £45million bid for contract rebel Alexis Sanchez モナコはサンチェスにモンテカルロのラグジャリーなライフスタイルと週給300kでモナコでのプレイを提案するという。 またMetroによれば、トマス・レマールの交渉にこのオファーを使う可能性があるとのこと。つまりトレードである。

Arsenal, Transfer

マンシティがエンバッペ獲得競争に参戦。サンチェスとエンバッペというグーナーの夢がなぜかマンチェスター地方で爆誕の可能性

スペイン紙「Marca」によれば、マンチェスター・シティがモナコASのFWキリアン・エンバッペ・ロタンの獲得にレアル・マドリーに対抗して180Mユーロ(160Mポンド)を準備とのこと。これは本気の金額である。というかどんどん値がつり上がっていてもはやチキンレースの様相を呈してきた。このペースだと来年の今ごろは数兆円になりそうだ。全員崖から落ちろ。 Man City ready £160m bid to beat Real Madrid to Kylian Mbappe – sources Real Madrid: Principio de acuerdo Madrid-Mónaco por Mbappé: ¡¡¡180 millones!!! – Marca.com ぼくはこれをゴシップ記事だと思っているが、これが万が一実現したとなると、アレクシス・サンチェスとエンバッペという、全グーナーが夢に見たアーセナルのFWコンビが気がついたらマンチェスター地方で誕生しているという、まるで狸に化かされたような事態になる。 あまりの逆転の発想に、もしかしたらアフリカあたりではショックで死んでしまう人も出るんじゃないだろうか。 続報を見守りたい。

Arsenal, Transfer

アレクシス・サンチェス「マンシティに行けるなら週給300kより少なくても問題なし」

マンチェスター・シティなら安い給料でもいい by アレクシス・サンチェス なんと。PSGに400kを要求し度肝を抜いたアレクシス・サンチェスが「おれ、マンシティに行けるなら週に300kもらわなくて我慢するよ」といっているらしい。 Alexis Sanchez ready to go to desperate lengths to force through Manchester City move まあ275kくらいでも我慢できるかなー。金ばっかりそんなにいらないしなー。なんという心がけ。地獄のミサワで再生されたわ。 これはつまりアーセナルが新契約でオファーしている金額よりも安くてもいいよということらしい。 それが何を意味するのかといえば、マンシティがサンチェス獲得にかける総コストが下がるということであり、サンチェスサイドは遠回しにアーセナルを金で説得してくれとマンシティにお願いしているのである。 これは来るな。残り契約1年のアラサー選手に80Mのメガオファー。その金でアーセナルは若くてピチピチのレマールを買うと。美しい。