hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Player, Tactics

新シーズンはイウォビとエルネニーで乗り切れるのでは? by ESPN

いつもコメント欄でidiotとかshitとかバカにされている印象があるESPNのコラム。アーセナルブロガーである@gunnerblog氏によるこんな記事が来ていた。

『アレックス・イウォビ、モハメド・エルネニーがヴェンゲルに(新しい補強を)再考させる』

Alex Iwobi, Mohamed Elneny giving Arsene Wenger pause for thought

コミュニティ・シールドでこの二人とくによかったなあとぼくも思っていたところだったし、なかなか興味深い内容だったので雑に要約してみよう。

アーセナルはイウォビとエルネニーを退けてまで選手補強をすべきか by GunnerBlog

  • ファンはアーセナルにまだ新しいサインを期待している
  • でもイウォビエルネニーのコミュニティ・シールドやプレシーズンを通した活躍は、新しい補強をする前に大いに検討が必要だと示唆している
  • ガナーズはまだ二人しか獲っていないし予算はたくさんある
  • 8月の終わりには向けてアーセナルも移籍カーニバルに巻き込まれるだろう
  • ヴェンゲルはディープ・ライイングMFとクリエイティブな選手を獲得したいと考えているようだ
  • そのポジションではジャン・ミシェル・セリトマス・レマールがリンクされている
  • でもヴェンゲルはイウォビとエルネニーのプレシーズンでの動きを見て本当に補強が必要か考えているに違いない

エルネニーについて。

  • エルネニーは興味深いケースだ
  • チェルシー戦の前までプレシーズンマッチでは緊急の代役としてCBでプレイした
  • ヴェンゲルも将来的にエルネニーをCBで使うつもりはないと認めている
  • おそらく単なる数合わせではなく、ヴェンゲルはエルネニーの守備力を上げたかったのでないだろうか
  • エルネニーはディフェンスはマメだが空中戦とアグレッシブさに欠ける
  • チェルシー戦ではそのどちらもとても進歩しているように見えた
  • エルネニーは疲れ知らずでどこにでも顔を出し、慎重なポジショニングのジャカと補完しあった
  • エルネニーはまさにボックス・トゥ・ボックスでプレイし、どのアーセナルの選手より広いエリアをカバーした
  • ふたりの息が合っていたのはともにバーゼル出身ということも関係しているかもしれない

イウォビについて。

  • もしモナコを説得してレマールが来るなら、イウォビとばっちり競合する
  • 誰かがヴェンゲルはレマールをボックス・トゥ・ボックスのCMにコンバートするなんていっていたが、適応する時間はかかるだろうし、うまくいく保証もない
  • レマールは当面はクリエイティブなウイングで、たまにセンターを務めるくらいだろう。まさにイウォビと同じである
  • そしてレマールの獲得はこの一年でサンチェスとエジルというふたりのもっともクリエイティブな選手を失う可能性も否定できないことを示している
  • 今夏レマールを獲得すれば18/19シーズンに向けて、1年適応の時間が与えられるともいえる
  • しかしこの高値の獲得はイウォビの成長を阻害する要因になりうる
  • イウォビとレマールは同じ年だ
  • イウォビのプレシーズンの活躍はブレイクを予感させるものだった
  • 彼の試合への入り方は賞賛されているし、ボールタッチは欠点がなく、ビジョンは年齢以上のものがある
  • エジルやサンチェスといったアーセナルのベストプレイヤーもイウォビを信頼している

まとめ。

  • いまアーセナルは追加で補強をするには抱えている選手が多すぎる
  • いずれにせよアーセナルは人員整理して改めて補強に向かうだろうが、新たに選手を獲得するに当たってはエルネニーやイウォビのような選手のファーストチームでの役割についても検討する必要がある
  • このまま「惜しい選手」で終わるのかそれともキーマンにステップアップするのか
  • アーセナルのファンは間違いなく補強を望んでいるはずだが、彼の「持っているもので解決しようとするやり方」も知っている
  • もしかしたらヴェンゲルは財布を閉じて「われわれの移籍市場はこれで終了」と宣言するかもしれないよ。アッハッハ

以上。



イウォビはサブで置いておくよりローンで出すべき

新選手を補強したとき、イウォビやエルネニーのように成長中の選手やブレイクの兆しが見える選手をどう扱うか、これは確かに難しい問題である。

高値で獲得した選手をベンチに置いておくわけはないから、当然彼らのペッキングオーダーは下がってしまう。成長が阻害される。ボスにとってもそれはもっとも避けたいことだろう。だが一方では、アーセナルは既存の将来有望な選手の成長を期待し(新規の獲得を控え)ながら、ことごとく裏切られ続けてきたともいえる。とくに英国系のあいつらめ。

イウォビについては、若手のなかではもっともファーストチーム(スターティング)に近い選手だが、彼をサブとしてベンチに置いておき、たまにカップ戦で使うだけというのは、どうなんだろうか。

とくにレマールが来るなら、この記事で指摘されているとおりキャラが丸かぶりということで、いっそうイウォビの出番は減るはずだ。であるならば、やはりイウォビもローンで毎週プレイできるクラブに行かせたほうがいいのではないだろうか。

おそらくサブやカップ戦を中心に戦うよりも、ほかのクラブでリーグ戦に毎週出続けるほうがよほど成長を助けるだろう。イウォビはローン先で成長してもらって、彼の不在が響かないくらいこっちはこっちでしっかり補強してもらいたいものだ。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.