hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL ストークvsアーセナル(19/08/2017)

まあ振り返りたくもないわけだが。

毎年、無敗優勝を前提に新シーズンを迎える身にこの時期での敗戦は精神的にキツい。心のダメージで体調まで悪くしそうだ。しかし、まあお前だってわかっていたことじゃないかといわれれば返す言葉もない。そう、今回もあまりにも慣れ親しんだおれたちのアーセナルだったのだから。

Embed from Getty Images

(いつもの)ディフェンス問題

あまりにも期待通りというかそれ知ってた感がすごくて、アーセナルがストークにあっさり負けたからといってメディアではもうそんなことではニュースにもならない。下馬評通り。そら見たことか。……おれはくやしいよ。

この試合ラムジーが切れていたのはいいとして、負けた要因はやはり中盤の守備だったんじゃないだろうか。ジャカのプレイがよくなかったことと合わせて、ArsenalFan TVなどを見ると守備について怒っている人が多い。当然だ。中盤ではエジルに加えてラムジーがポジションフリーで動き回るため、ボールを奪われたときに真ん中が空きやすい。ラムジーのようなプレイヤーに攻撃の自由を許すなら、中盤を広くカバーできるまともなDMが必要だろう。AFTVではカルバーリョエンゾンジなんかの名前も出ているが。パスミスするジャカはエルネニー以下である。

レスター戦で守備の問題があれだけクロースアップされながら、また失点だものな。しかも今回はセットピースではなく、グウの音も出ないカウンターからの失点である。

失点の場面は起点になってしまったジャカ、途中で守備を諦めたラムジー(エジル?)も当然だが、モンレアルの守備も責められるべきものだろう。ぼくの事前予想スターティングではCBの真ん中メルテザッカーだけ予想を外したのだが、彼はやはりフィットネスに問題があったんだろうか。モンレアルは好きなプレイヤーだがCBができるといって、彼をディフェンスリーダーとして使うのは酷だと思う。といって、メルティで失点したらしたで何で試合勘のないファッキンジャーマンを使うのかと怒り狂ってたんだろうが。

ボスは失点は「100%ミス」だと嘆いているが、そういうミスはこれまでにどれだけあったかね。彼にはミスをカバーできないという構造的な問題があるという発想はないんだろうか。

誰か忘れたけどOB系のパンディットが、(アーセナルは)守備の選手に問題があるんじゃなくて、守備のやり方に問題があると指摘していたが、まったく正しいと思う。



 

オフェンス問題(チャンスを決められない問題)

この試合、アーセナルにとって03/04シーズン以来の記録的なポゼッション(77.3%)での敗戦ということで少し話題になっていたように、圧倒的にボールを持って責めたのはアーセナルだった。チャンスも相当数あった。だが決められなかった。戦後にはエジルが責められて、ボスが擁護するというお約束のやり取りも。

ぼくはプレビューのエントリでも書いたとおり、この試合ではウェルベックに注目していた。彼もラムジー同様、キレの良さを存分に見せており、攻撃にとても貢献したと思う。だが、最後でチャンスを決められない。この試合、彼は2点は決めるべきだった。

アーセナルのディフェンスについてもちろん不満はあるが、その分オフェンスがいいなら納得できる。失点以上に得点すれば試合には負けないのだ。だがそれができない。

アーセナルの拙い攻撃を見ていると、ボールを持って試合を支配しているんじゃなくてポゼッションさせられているだけということを非常に強く感じる。相手チームにしてみれば、ゴール前のスペースを消して辛抱強く守備をしていれば、ボールを奪った瞬間に広大なスペースに向けてカウンターを発動できるし、実際にそれで何度も何度も何度もやられている。そして先制点を取ってしまえば、このプランはより効果的になる。

同じ失敗を何度も何度も何度も何度も繰り返す。決して失敗から学ばない。アーセナルとはそういうクラブである。

 

これ傑作だったな。ストークのポリスのツイート。「ゴールが盗まれたんだけど(オフサイド判定でラカゼのゴール取り消し)」というグーナーのメンションに反応して、「返事が遅れてごめん。行方不明者の捜索で忙しかったんだ。オジルっていう名前なんだけど、キミは見かけたかい?」。

 

 

補強問題

いま、見慣れたいつものやられ方で何の進歩もなくストークに為す術なく負けたことよりもっと腹立たしいのは、この移籍マーケット真っ最中である現在、ヴェンゲルは「既存選手たちの整理のほうが先」と選手補強をストップしているということだ。本人がそういっているので間違いないのだが、信じられる?

Wenger wants to sell players before Arsenal make signings

補強だって売却だって相手次第なのは理解できるが、移籍マーケットというのは一種の試合みたいなものじゃないか。戦いを放棄してどうする。なぜ計画的に物事を進めないのか。まったく理解ができない。

一部ではレマールを諦めたという話しもあるし(マンUが食指を伸ばしているとも)、ジャン・ミシェル・セリについてはバルセロナへの移籍が近いという。

コラシナツを獲って幸先のよいスタートを切ったかに見えた今年の移籍市場であるが、ここまでたったの二人。昔の我らを見ているようだとかいっていたToTを笑えなくなっている。あと10日ほどで市場は閉まるが、ヴェンゲルがいまのスコッドで戦えると考えていそうなのが怖い。

#WENGEROUTって死語みたいな扱いなの? 今こそ叫びたいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.