hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EFL, Match

【マッチレビュー】17/18EFL (Carabao Cup) アーセナルvsドンカスター・ローヴァース(20/09/2017)

観終わったあとにどっと疲れが出る試合だった。これを平日早朝にやられるのは辛い。ほとんど仕打ちである。お勤めの方にはお気の毒なことこの上ない。

結局なんとか勝ったもののしょぼい試合をしてしまったガナーズは、今回エミレーツ・スタジアムの最低観客動員の記録もつくってしまったようだ。水曜夜とはいえ、とくに上のほうの席はガラガラに見えた。こんなしょうもない試合をしていたらそりゃお客さまも離れますわね。相手の拙いフィニッシュに助けられたけど、下手すりゃ負けてたぞ。

Arsenal set record for lowest ever Emirates attendance during Doncaster Rovers victory



アーセナルのスターティングイレブン

あれ? リーグ・カップって毎年こんなシニアのメンバー入ってたか。半分以上ユースとしたぼくの予想はだいぶ外してしまった。とくに前線のFW3枚まるごとシニアの選手を選ぶとは思わなかった。直前のボスコメントではケルン戦と似たスコッドでいくということだったので驚きはなかったけれど、サンチェスとか90分も使ってフィジカルトレーニング? 週末はどうするんだろうと思ったら次は月曜なのか。日本時間火曜早朝でこれまた日本人ファンには過酷な日程。

アーセナルVSドンカスターの論点

あとで気づいたのだが、この対戦のプレビューエントリで、ドンカスター・ローヴァースについてまったく100%言及していなかった。興味がまるでないからって対戦相手に一切言及しないとはどうかしてる。申し訳ない。あとスペリング(Doncaster)からふつうに「ドンキャスター」だと思っていたら、これは完全に「ドンカスター」だった。反省。ドンカスサポーターに謝罪したい。

あとドンカスターの監督(ダレン・ファーガソン)がアレックス・ファーガソンの息子?だったようで、客席にいるサー・アレックスもカメラに抜かれていた。終盤は1点を追うドンカスターが押し込む展開だったので、コメンタリーがファーギータイムについて話していたのは少し笑った。かてえこといわずに点取るまで待ってやればよかったんだよ。

さて、今回はなにはともあれジャック・ウィルシャーである。

ジャック・ウィルシャーが動いた

この試合のMOMとなったジャック。良かったよ。前半は。後半は時間がたつにつれて試合から消えていったが。まだフィットネスが十分じゃないのだろう。いつもの鶏みたいな舌も健在だったし安心したよ。いつも舌噛まないか心配だけど。

前半のジャックはCMでパス回しの中心になっていたし、ファイナルサードで気の利いたパスを何本も出していた。相手が相手だったのでそこは割り引く必要があるが。それにしてもジルーに出したふわりと浮いたパスはさすがという感じだった。あのバイシクルシュートが決まっていればジルーはスコーピオンに続いて彼の選手人生で記念となる美しいゴールだったろうに。惜しかった。まあそれもおれたちのジルーらしいか。

本来ジャック・ウィルシャーは50Mポンドの価値がある漢だ(※フィットしていれば。フィットしていなければ戦力外)。フィットネスさえ整っていればあれくらいの動きは当然期待してもいいだろう。アーセナルでNo.10背負ってるのは彼なんだし。

個人的にはボスのジャックに対するコメントの熱さと、実質戦力外という現実での扱いの落差が気になるが、まあ目をつむろうか。ジャックが使えるなら使えるでそれにこしたこたあない。戦力外扱いしたことは謝罪して許してもらおう。どうせクリスマスあたりにはCM危機に陥っているのだ。彼のチャンスは十二分にある。

Embed from Getty Images

その他

チェンバースが意外とよかったと思う。何回か続けて前線に気の利いたパスも出したし、何よりビルドアップ時にはしっかりコーチングもしていてプレイに自信があるように見えた。やっぱりレギュラーでプレイするというのは大事だな。今回は前半のみで交代となったが、最近はホールディングの調子の落ち込みが気になっていたので、本来先輩であるチェンバースが使えるならいいことである。彼には今がチャンスかもしれない。

ネルソンのウイングバック適正に疑問を感じる一戦だった。彼はEPL2で今季開幕から5戦6得点と攻撃力を爆発させている選手だ。プレシーズンではWBを無難以上にこなしたが、やはり守備に多くを期待できない選手なのではないのではないだろうか。あまり楽しそうにも見えなかったし。攻撃のセンスを生かさないのはもったいない。守備ではセットピースからのカウンターであわやというミスもやらかしてしまった。まあしかし彼はこれがアーセナル公式戦で初めてのスターティングなのだ。将来のスターを暖かく見守ろうじゃないか。

サンチェスはもうほんとに孤高なんだろうな。今回は比較的パスは出したように見えたがそれでもボールの持ちすぎでボールロストは数え切れないほどだった。こいつがボールを持つとみんな「また怒られる!近づかないようにしないと!」って思うんだよ。チームメイトたちが大スターに萎縮してしまうのだ。たしかにこの板前がいれば点は取ってくれるしチャンスもつくれるんだけど、この試合もチェルシー戦同様、いないほうがマシだったのかもしれない。

ウォルコットとかジルーはまあいいや。文句のひとつもいいたくなったけれど、いつものことだし。

 

カラバオカップの次の対戦相手はノリッチ・シティ。10月25日あたり。一ヶ月後。



 

 

 

 

 

 

 

4 Comments on “【マッチレビュー】17/18EFL (Carabao Cup) アーセナルvsドンカスター・ローヴァース(20/09/2017)

  1. こんにちは

    最近ブログの存在を知りました。
    楽しく読ませていただいています。

    私もリーグカップ視聴したいんですが、
    視聴方法を見つけることができません。
    主さんはどうやって視聴されているのでしょうか?
    差し支えなければ教えていただけると嬉しいです。

    よろしくお願いいたします。

    1. こんにちは! 読んでいただきありがとうございます。

      リーグカップ。たしかにそうでしたね。たしかにぼくも直前までDAZNで観れると思い込んでいました。スカパーとかでも視聴できなかったんでしたか。

      日本で放送されていない英国フットボールのライブ中継を観る。これはデリケートな問題をはらんでおりますので、大きな声ではいえません。

      いえませんが、とりあえず試合が始まる前にredditのフォーラム

      http://www.reddit.com/r/soccerstreams/

      あたりをチェックしてください。われわれの同士である世界中の1000億万人の市井のフットボールファンが集っています。

      個々の視聴方法なんかはおググりいただくよりありませんが、最近は特別なソフトウェアも必要なくWEBブラウザからそのまま視聴できてしまうものも少なくないという噂があります。ぼくは特別なソフトウェアを使ったこともWEBブラウザから視聴したこともないのでよくわかりません。

      あと最近ではふつうにYouTubeでもライブ中継が観られるという噂もあります。試合直前に試合の名前で検索すれば出て来るそうです。低画質らしいです。あくまで噂です。

      ハイベリー地方在住の日本人グーナーの方は以前ニコニコ生放送でライブを視聴していたと告白していた気がしますので、うまいことやるとニコ動でも観られるのかもしれません。

      不確かな情報で恐縮ですがアーセナルファン同士のご参考になれば幸いです。

  2. 主さん

    ご回答いただき誠にありがとうございます。
    とても参考になりました。

    デリケートなところを聞いてしまい、申し訳ありませんでした。
    私の質問がブログにご迷惑をおかけしてしまうのは、本意ではありません。
    本件のコメントを削除していただけると幸いです。

    これからもブログ楽しみにしています。
    大変だと思いますが、無理なく続けてくださいね。
    陰ながら応援しております。

    それでは

    1. いえいえ。いつか記事にしようかなと思っていたくらいなので大丈夫です。お気遣いありがとうございます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *