hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EPL, Match, News, Transfer

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナル vs ワトフォード (4/3/2018) 玉なしはどっちだ!?の玉マッチ

ELでミランに勝ったことでだいぶ世論が楽観に傾いているのを感じる今日このごろ。それだけ大きな勝利だったといえるが、考えてみればたったの1勝である。騙されちゃあいけない。おれたちは安堵するたびに失望させられてきたのだ。

EPLのweek30、6位のアーセナルはホームに10位のワトフォードを迎える。股間に玉(cojones)をぶら下げているのはどっちかを決める試合だ。下品で済まない。でもそれをいい始めたディーニーとかいうやつが悪いんだ。

キックオフは日本時間の今晩3/11の22:30という見やすいタイム。



予想スターティン

4-2-3-1

GK チェフ

DF AMN、ムスタフィ、コシエルニ、チェンバース

MF ラムジー、ジャカ

FW ミキタリアン、エジル、イウォビ

CF オバメヤン

怪我人は、コラシナツ(ダウト)、モンレアルベレリンラカゼット

ミラン戦と同じフォーメーションで行くかとも思いつつ、ワトフォードに相性がいいというイウォビのスタートを予想。そしてジャカのとなりはウィルシャーラムジーなら当然ラムジーが選ばれるだろう。

ところで、ミラン戦の4-3-3てフォーメーションのグラフィックを見返していたら、あれはまったくもって4-3-2-1だった。クリスマスツリーとか時代遅れじゃねえとかいっておきながら、われら使ってた。勝ったからいいか。

それにしてもこの試合でもこうしてCFの後ろにゲームメイカータイプが並ぶという。やっぱり時代遅れに見えるよなあ。

ボスのことば

(一連の”玉なし論争”について)

ヴェンゲル:先週以上にまだ論争が足りないっていうのかい? これ以上問題を増やす必要はないよ!

われわれにできるのは、クオリティのあるパフォーマンスで応えるだけだ。人々のいうことには耳を傾けることはしない。誰かのいうことにいちいち反応していたら、腹が立ってやってられないだろう。もう腹を立てているかもしれないが、もっと腹が立つかもしれない。

自分のたちの試合に集中しようじゃないか。そしてまた勝つんだ。とにかく勝つことが重要で、勝利が自信をつくる。それが肝心だ。

ヴェンゲル監督が心情を吐露「負けたときは眠れない」

ボスがこうして自分の気持ちを語るのは少し珍しいかもしれない。公式サイトが伝えた。

‘When we lose, I’m in disastrous shape’

(個人的にはこの難しい期間はどんなだったですか……)

ヴェンゲル:キツいよ。クラブのためにうまくやりたいからね。ファンのためにもうまくやりたい。ハッピーな気持ちで家路についてほしい。それができなかったとき、もちろんわたしは不幸せだよ。第一に、わたしは試合に勝つことにすべての人生を捧げているんだ。だから負けたときは悲惨な気持ちになる。

(寝不足になっちゃいますかね……)

ヴェンゲル:マネージャーならみんなそうだと思うよ。結果が出ないとき、まず気分が落ち込んで眠れなくなる。そして解決策を探すんだ。それも仕事のうちだがね。若いマネージャーなら、仕事を得て試合に勝ってと夢見るだろうが、そううまくはいかない。それ(マネージャーの仕事)は失望のなかで生き延びること、解決策を探し続けること。そしてそれが同時におもしろいのは、それがマネージャーを危機に直面したときにうまく対応できるように成長させるからだよ。

(ひとりの人としてはどうっすか……)

ヴェンゲル:正直なところ、それからは距離を置きたいんだ。なぜならファンはわたしという人間を憎んでいるわけではなく、チームのパフォーマンスを引き出せないマネージャーを憎んでいるんだ。わたしは違いをつくることができるマネージャーだが、試合に負けたときはうれしくない。勝ちたいんだ。人生のすべてがそれに向かっている。スタイルを持って勝ちたい。それはとても野心的だとわかっている。だからそれができないときは誰でもそうなるように、わたしも傷つく。しかし、現在アーセナルは3000万人の人々に支えられている。ひとりの人間だけを傷つけているわけではない。3000万人をハッピーにさせたいんだ。それが気にしていることだよ。

(失望を和らげてくれる人とかいるんすか……)

ヴェンゲル:わたしのまわりにはたくさんの人たちがいる。そしてAFC=わたしだと思うべきじゃない。たくさんのスタッフがいるよ。わたしがここに来たときと現在との違いは、わたしが直接話せるスタッフが20人はいるということだ。もちろん決断する前に意見を聞いたりするよ。AFCに人生を捧げたとても有能なスタッフたちに囲まれている。1日の終わりに、クラブのために何が重要なのか改めて考えるんだ。それが結果や自分たちのフットボールスタイルにつながる。

太字はブログ主による。この部分、だいぶツイッターで盛り上がってたな。なんだボスもわかってたのかと。

公式では伝えられていないようだが、このコメントの流れでアレックス・ファーガソンとの交流が発言されているようである。

ヴェンゲル:いまサー・アレックス・ファーガソンとはいい関係にある。うまくいかないとき、ときどき彼はわたしにメッセージをくれるんだ。

いい話しである。

Embed from Getty Images

アンチェロッティもいるな。

その他アーセナル・ニュース

ジャック・ウィルシャーの契約交渉が停滞

Evening Standardが伝えているところによると、残り3ヶ月しか猶予がないジャックの契約交渉が全然進んでいないとのこと。

Wilshere’s Arsenal future in doubt with no progress on contract talks

アーセナルはすでに新契約をオファー済でボールはウィルシャー側にあるとヴェンゲル監督もコメントしていたが、ジャックは「そのときからはすでに状況が変わっている。いまはまったく着地点が見つかってないとしかいえない」と発言している。

現在、アーセナルの契約交渉は2月に入社したばかりのサンレヒがメインで行っているようだが、やはり新契約の内容がネックになっているのかもしれない。

そりゃそうだろう。いくらジャックでもこのインフレ時代によりよって給料の値下げなんて、出場インセンティブがあったとしても、はいそうですかと簡単に受け入れられるものではないに違いない。

皮肉なのは、ジャックがフィットすればするほど、彼がこの契約を受け入れない可能性が高まるだろうということだ。

同じように2019年に契約が終わるラムジーの契約更新交渉も進んでいないといわれている。なんだかんだアーセナルの中心選手といってもいい彼も大幅な報酬のアップを望んでいるはずだ。眼の前でチェンバレンの180kオファーやエジルの350kオファーを見ているのだから、まあ軽く200k以上は要求してもおかしくはない。

アーセナルは今後も選手たちのこのような要求に頭を悩ませることになるだろう。

やっぱりジャックはこの試合はスタートから見たいな。

アーセナルU23がToTに負ける

残念なお知らせ。今季プレミアリーグ2のタイトルを目指して戦うアーセナルU23がホームでToTに負けてしまった(1-3)。ファーストチームに帯同しているエンケティア、ウィロック、ネルソンの不在という飛車角落ちではあったので、戦力が落ちるのはしょうがないかもしれない。それにしても極めて残念である。

ワトフォードについて

詳細はおググりください。近頃はなかなか好調だとか。

前回対戦はどうだったか?

【マッチレビュー】17/18EPL ワトフォード vs アーセナル(14/10/2017)

うん、負けてた。

マッチデータ

直近6試合の直接対戦の結果

全然あなどれない。

直近6試合のフォーム

1995年以来という4連敗。でも4連敗で済んでよかったなあ。

ワトフォードは2連勝中。よく見るとチェルシーにも勝っている。アウェイはダメみたいだ。

マッチファクト

  • ワトフォードはエミレーツの直近3試合で2勝。エミレーツの7試合でW4L3
  • ワトフォードはエミレーツのPLマッチでアウェイ連続勝利をもぎとる3つめのチームになる可能性(2009年のチェルシー、2016年のスウォンジー)
  • アーセナルはここ11試合のPLマッチで連続失点中。12試合連続クリンシート失敗になると1988年以来
  • アレックス・イウォビはホームのワトフォード戦2試合で得点。彼がワトフォードより得点しているチームはなし(クリスタル・パレスも同じ2)

つまり、ワトフォードはアーセナルが苦手にしているチームであると。これ勝てんのか。

試合結果予想

WhoScored.com 2-1でホームチームの勝利

BBC SPORTS(ローロ予想) 3-0でホームチームの勝利

SKY SPORTS(ポール・マーソン) 2-0でホームチームの勝利

お、ワトフォードが苦手というのに珍しくすべてアーセナルの勝利を予想。さすがにこの流れで負けたらフットボールクラブとしてやばいもんな。

ポール・マーソン「アーセナルは勝たねばならない。絶対に、絶対にだ。もし勝てないならもう彼らのことは考えるのすらいやになる」

ぼくもです。



2 Comments on “【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナル vs ワトフォード (4/3/2018) 玉なしはどっちだ!?の玉マッチ

  1. おれたちは安堵するたびに失望させられてきたのだ。との文面に激しく同意します。

    チェルシーとワトフォードの馬鹿試合は拝見しましたが確かチェルシーが一人少なくて、試合終了10分前に4点くらいぶち込まれてましたね。

    今日はチェンバースあたりがデウロフェウにぶち抜かれそうで怖いです。

    1. こんばんはー。

      お、チェルシー戦観たんですね。大量失点で負けるなんてあんまりないし、ぼくも見ればよかった。。

      ん? デウロフェウってエヴァートンにいた、たしかバルセロナの?と思ったらワトフォードにいたんすか。
      へえ。この試合にも出るんすかねー

Leave a Reply

Your email address will not be published.