hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL LAST16 ACミラン vs アーセナル (8/3/2018)

日本時間で昨晩行われたチャンピオンズリーグのラスト16。ユヴェントスがToTを華麗に葬り去った。アーセナル界隈ではもしかしてミラン戦よりこっちのが盛り上がってね? サブのチェズニーも大喜びみたい。キエッリーニさんのひとことがまたしびれた。「彼らはチャンスはつくりますが、いつも最後は失敗します。それはトッテナムの歴史です」。そうかそうか。よく知ってるんだな。しかし敗者に対するコメントとしてはかなりヤバイねこれ。まあToTだからいいか。

そんな無駄話はどうでもよろしい。

さて、今季アーセナルの成否を占う大一番すぎる大一番がやってきた。リーグ4位フィニッシュが絶望的となったいま、アーセナルにとって実質的にタイトルの可能性があるコンペティションはもうUELを残すばかり。そして今季の目標だったビッグクラブのバロメーターたるUCL出場権の獲得。それがこの試合にかかっている。すべて格下相手との対戦だったこれまでとは違い、ついに有名クラブとの対戦。ここからが大会の本番といえよう。

とはいえ、アーセナルのファンにとっては、格上(?)&アウェイ&記録的連敗中と、もはや不安しかない一戦となる。とにかく無失点を目指すべき試合だが、守ることにかけてはアマチュアチームと化すチームだ。怪我人も出ているなかでヴェンゲル監督はどのような策を講じてくるのか。



予想スターティング

3-4-3

GK オスピナ

CB コシエルニ、ムスタフィ、チェンバース

MF AMN、ラムジー、ジャカ、ネルソン

FW エジル、ウェルベック、ミキタリアン

怪我人は、ラカゼットモンレアルベレリンオバメヤンが出場資格なし。ん? べ、ベレリン? おうふ。恐れていた事態が現実に。左膝の炎症ということで、靭帯とかそういうレベルではないようだ。残念なことに彼の替わりはいない。なぜまともな代役がいないのか。知らん。

まあふつうに考えるとバック4にして、RBにチェンバースのほうがまだ無難なんだろうけど、ここはバック3+リース・ネルソンのWBで。それが奇策というものだろう。やったるで~(目をそらしながら)。

ナチョはトレーニングをゆっくり始めたということで、復帰はさほど遠くなさそうだ。よかった。

ボスのことば

ヴェンゲル:これは逃してはならないチャンスだと思っている。このコンペティションではよりプレッシャーは増している。こんなふうに悪い流れが続いていると難しくなる。しかし、本来のクオリティと強さを持っていることを証明できるいい機会だし、難しいときを克服するには自分でそれを見せるしかない。どれだけ難しい局面に対応できるか見せられるいい機会だ。それに長期的にみれば、そうやってチームは強くなっていくんだ。

ミラン監督ガットゥーゾのことば

ガットゥーゾ:アーセナルにとっていまはいい時期ではないが、彼らにはグレイトな選手たちもいるし、ELでだってこれまでに18ゴールもしている。最大限にリスペクトして、全力を尽くすよ。

ヴェンゲルと比べたらわたしはまだルーキーだ。アーセナルはいつもボールを持つ非常にテクニカルなチームだ。わたしたちは彼らをちゃんと捕まえて、自分たちがボールを持っているときは彼らを走らせなければならない。

わたしたちは精神的にも技術的にも戦術的にも劇的に進歩したよ。しかし失敗を犯すことはできないしつねに冷静でいる必要がある。サンシーロの7万人のファンにだってビビってないし、技術とフィジカル、両方のクオリティを見せつけるつもりだ。アーセナルに困難をもたらせなければならない。

イタリアのチームはヨーロッパではうまくやっている。まあ今日イタリアのフットボールとイングランドのフットボールを比べることもできないが。10年前は逆だったんだ。でも今はではトッププレイヤーはみんなプレミアリーグを目指している。

ふつうにコメントできるんだなこの人。

ACミランについて

近年はなかなか結果が出ず、ほとんど古豪と化しているACミラン。今季もイタリアでリーグで現在7位と、いまはもうトップのナポリに25ポイント差をつけられているということで、少しアーセナルの状況と似ているところがある。しかし、正反対なのが現在のフォームである。

彼らはリーグ前半戦の巻き返しを図って11月にガットゥーゾをマネージャーに迎えるとすぐに快進撃を始め、現在13試合負け無し(直近6試合無失点)とのこと。BBC SPORTSによると以下のような最近の試合結果となっている。

7戦でW5 D2 L0。このうち直近のコッパ・イタリアのラツィオ戦はスコアレスドローながらペナルティシュートアウトで勝っている。ここ大事。勝ち癖としかいいようがないものが魂に刻み込まれているのが、いまのミランというわけである。

アーセナルはとにかく無失点で切り抜けられるような対策が必要だろう。まあ無理だな。

マッチデータ

直近6試合のフォーム

赤と緑の対比がまぶしい。

直近5試合の直接対決

あれ? そうなのか。

試合結果予想

WhoScored.com 2-0 ホームチームの勝利

ですよね。

この試合に負けるとアーセナルはどうなるか?

落ち込むだろうね。かわいそうに。でも負け方にもよるか。ホーム&アウェイの180分マッチだから、ホームをあとに残しているアーセナルのほうが精神的にいくらか有利かもしれない。

ミランに負けるということはEL敗退で来季CLの夢もついえるということ。ボスはどのような言い訳をするのか。



Leave a Reply

Your email address will not be published.