hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL ニューカッソウ vs アーセナル (15/4/2018)

CSKA戦の日程が決まってからなぜかニューカッソーのファンたちが騒いでいたというのは、これだったんだな。激闘のモスクワから中二日でのEPL、ニューカッソーでアウェイマッチ。疲労を貯めたアーセナルが苦手なアウェイ(しかもランチタイム)でどのように戦うのか。様子を見てみようじゃないか。

残り6試合で、アーセナルは現在6位。ニューカッソーは10位と悪くない位置にいる。昨日33試合目を消化した7位のバーンリーはアーセナルにポイント2で迫っているということで、ここでポイントを取れないとアーセナルはPLのトップ6陥落も見えてくる。落ちるところまで落ちろ。



予想スターティング

4-3-3

GK チェフ

DF コラシナツ、ムスタフィ、チェインバース、ベレリン

MF ウィルシャー、エルネニー、ジャカ

FW ウェルベック、オバメヤン、エジル

公式Team Newsによると、ミキタリアンオスピナナイルズジャカ(ダウト)がアウトとのこと。ただ、ジャカは前日トレーニングに参加している様子なので、最初から使ってくるのではないかと予想した。

この試合でどの程度ローテーションするか。最重要のELアトレチコ戦は再来週だが、いま中心選手に怪我をされるとやっかいだ。

中盤の構成について、まずラムジーは温存すると思う。写真は貼らないが、先日のCSKA戦で彼はスネ辺りにホチキスで塞ぐようなひどい裂傷を負っていて、いま無理して使うタイミングでもない。

またジャックもCSKA戦でくるぶしを蹴られて負傷しているが、ぼくはここは彼を無理してでも使うのではないかと思う。なぜならば彼のここしばらくバッドフォームはいずれどこかで改善してもらわねばならないし、この試合は重要度からしてそのために使うのにちょうどいい。

エジルも温存の可能性があるかなと思いつつ、温存するなら来週のウェストハム戦と予想。

この試合の位置づけは難しい。アーセナルは来季のELを目指してどうしても6位に入りたいだろうか? ヨーロッパリーグというのは実に微妙な大会で、賞金はCLの1/4ほどだし優勝以外はあまり出場する意味がない。中途半端にミッドウィークの負担が増えるだけのやっかいな大会ともいえる。

だから前回のセインツ戦に続きいくつかのポジションでローテーションは行うだろう。

ボスのみことば

今季アーセナルはアウェイでたった24%のポイントしか稼げていないという。ボスが今季のアウェイフォームについて語った。

ヴェンゲル:(アウェイでの不調には)いくつかの要素があるのは間違いない。けれど合理的に説明できるものではないんだ。1試合か2試合負けたとしよう。そのとき自信レベルが少し落ちるね。われわれはときにアンラッキーだったし、ときに守備の安定を欠いていたかもしれない。プレミアリーグでいい感じのアウェイフォームでフィニッシュできるといいと思っているよ。

いや、ふつうに守備の問題っしょ……というツッコミはさておき、エルネニーやウェルベックの貢献についても語っている。

ヴェンゲル:彼(エルネニー)はスーパーポピュラーだし、クラブの関係者はみんな彼のことが好きさ。

彼は愛されているだけじゃないよ。彼はとてもいい選手でモスクワでそれを示した。わたしは彼を手放したいなんて思ったことはないんだ。いつも残ってほしいと思っていたよ。彼への要求は厳しいものだといわねばならないが、それでも彼は残りたがってくれていた。

モスクワでのセカンドハーフで彼はディフェンスも務めたし、その後はまた中盤に戻って、そしてアシストもした。彼はハードワーカーでそれを惜しみなく披露した。要するに彼はとてもうまくやったということだ。

(レッドカードでの処分が覆されたことについて)とてもうれしいね。それは賢明な判断だし、ニューカッソー戦でも彼を使える。

続いてウェルベックについても。

ヴェンゲル:彼がどれだけの選手かわたしたちは知ってたよ。何度もいってたろ。

彼のフォームが戻ってきたのがうれしいよ。彼の活躍に驚いているひとがいるが、彼にはパウワとペイスがあって、いまでは得点もできる。また彼はチームプレイヤーだ。彼はチームを助けることが好きなんだ。ストライカーのフォローもね。すばらしいクオリティだよ。

だよね。

敵のボスのことば

たまにはそういうのも載せておこう。もちろんラファ・ベニーテス。

ベニテス:実際アーセナルはイングランドのトップサイドだよ。でかいチームを持ってるし、いい選手、いいマネージャー、経験もある。彼らには何でもあるよ。

だから彼らが何年にも渡ってヨーロッパでプレイしているんだよ。今年みんながこういうよね「アーセナルってチャンピオンズリーグに出てないんだ」。でもヨーロッパリーグのセミファイナルにいる。それには意味があるってことだ。

ニューキャッスル・ユナイテッドについて

よく知らんのですが、どうもキーマンがいるようで。チェルシーからローンで来ているケネディとかいう左サイドのブラジル人?が話題。バイエルンが熱烈に彼をほしがってるらしい。油断できない。

おなじみのタクティカル・エキスパートのマイケル・コックスがアーセナル公式サイトで現在のニューカッソーについて分析。

コックス:ニューカッソーの守備組織はかなりいい。フルバックがインサイドに入ってきて中盤のカルテットがうまいこと守備をする。センターバックのJamaal Lascellesがおそらく注目の選手になるはずである。

しかし、ニューカッソーはときどきあまりにも長く深い位置で守ってしまう。それがコンスタントなプレッシャーを招いてしまう。アーセナルは押し込むだろう。ポゼッションしてチャンスをしっかり決める必要がある。

ああ、そうなるのかあ。すげえカウンターの餌食になりそう。

前回対戦について

【マッチレビュー】17/18EPL アーセナル vs ニューキャッスル (16/12/2017) モヤモヤがな~ず

ホームで一応勝ってんだけどどうもモヤモヤした試合だったらしい。

試合結果予想

WhoScored.com 3-2でホームチームの勝利

BBC SPORTS(ローロ予想) 1-1でドロー

SKY SPORTS(ポール・マーソン) 2-2でドロー

アッハッハ。アーセナルの勝利予想は皆無。クリンシート予想も皆無。それが現実。

BBCより、リヴァプール大学のスーパーコンピュータ、サム君(SAM=Sports Analytics Machine)がはじき出した予想も。

  • 一番ありえそうなスコア: 1-1
  • ドローの確率: 27%
  • ホームチームの勝ち: 28%
  • アウェイチームの勝ち: 45%

あれ? アウェイチーム勝ちじゃない。

日本時間本日日曜21:30キックオフ。見やすい時間。COYG



Leave a Reply

Your email address will not be published.