hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】18/19EPL アーセナル vs フルアム(1/Jan/2019)今年最初の試合

2019年最初の試合。あらためてまして。あけおめです。

もう今晩の試合だから、プレヴューエントリもすっかり遅くなってしまった。ちゃちゃっと書いていこう。

今回の相手はフルアム。今季それなりの補強をしながら不調から抜け出せない彼ら。さすがにシーズンの半分を終えて19位という順位は予想していなかっただろう。

Arsenal v Fulham

一方、アーセナルも2018年最終戦を考えられる限り最悪に近い結果で終えている。

シーズン前半では無敗のロングランもありながらも、徐々に調子を落としリヴァプールでバッドフォームも極まった感がある。

すでに6位のマンUとは3ポインツ差。あのマンUと!

アーセナルにとり、ホームで28試合戦って負けたことが一度もないという、相性のいいフルアム相手のこの試合は調子を盛り返すいいチャンスになる。



予想ファースト11

当ブログの予想スターティング。

4-3-1-2 (4-4-2 Diamond)

ラカゼット、オバメヤン

ラムジー

ゲンドゥージ、ジャカ、エルネニー

コラシナツ、コシエルニ、ソクラティス、AMN

レノ

2トップを予想。No.10にラムジー。

ジャカをアンカーにゲンドゥージとエルネニー。トレイラは少し休ませたい。

バック4は右のリヒトシュタイナーではなくAMNで。

ベレリンなどけがの選手が何人かフィットしてくる可能性があるが、無理する必要もなさそうに思う。

けが人情報

公式Team Newsより。

エジル、ムスタフィ、モンレアル、ベレリンは試合前に要チェック。

マヴロパノスはフルトレイニングに復帰。

スミス・ロウは2週間以内に復帰予定。

ミキタリアンは2月の復帰予定。

ホールディングとウェルベックは手術からのリハブ中。

ESRについては、すでにマヴロパノスと一緒にトレイニングに参加しているという情報もあった。12月中から2週間以内とまた復帰時期が伸びているが、そこまで遠くないのではないか。

ボスのみことば

リヴァプールから中二日という過密日程で、試合前のプレスカンファレンスはなかったようだ。

フルアムについて

シーズン前の下馬評からすると、だいぶ期待はずれになっている彼ら。

メンツだけ見るとなぜそれほど弱いのか不思議なくらいだが。。

フースコの予想スクワッドでは、ミトロヴィッチのワントップに、左右にシュールレとセセニョン。CMには移籍前にはアーセナルともリンクされていたセリ。

ローンのチェンバースはCMで好調をキープしていたようだが、もちろん親クラブとの対戦で出場はできない。

こちらがカラム・チェインバースの12月のハイライトということで、これを見るとCM/DMとしてそれなりに活躍している印象がある。

CBもFBもプレイできるヴァーサタイルな彼は、いまのアーセナルにいたら非常に有用な選手だったが、残念ながら1月に呼び戻すことはしないようだ。

ぼくは個人的には彼のローンは予想外で、そのときはあまりいい判断だとも思えなかったが、ホールディングの成長を見てなるほどと思ったものだ。

しかしその後にはホールディングは結局けがで離脱してしまい、いまになってチェンバースの不在が響いている。

フラムでのチェンバースの成長もわたしたちにとってはまた喜ぶべきことだが。。

アーセナル公式が選ぶ、デインジャーマンはアンドレ・シュールレ。

マイケル・コックス:もっとも脅威になるのはアンドレ・シュールレで、インサイドにカットインしシュートを打つ。たいていは左からだ。彼のシュートは確率は低いが、彼よりそのようなシュートを打つ選手は今シーズンでも数人しかいない。ときにそれがスペクタキュラーになる。

クラウディオ・ラニエリのコメント

ラニエリ:ウナイ・エメリはよくやっている。そしてこの試合はわたしたちにとってはさらなるタフな試合になるだろうね。彼とは以前にやったことがあるよ。

たしか彼がPSGにいたときだね。彼はインテリジェントで経験のあるコーチだ。

そういえば前回の試合のときは、まだラニエリじゃなかったのか。

前回の対戦はどうだったか

【マッチレビュー】18/19EPL フルハム vs アーセナル(7/Oct/18)今季ベストゲイム。トレイラ輝く【試合の論点】

10月にアウェイで5-1と快勝していた。

ラムジーがアレを決めた試合だ。

試合結果予想

BBC Sports (Lawro’s prediction) 2-0

SKY Sports (Paul Merson) 3-1

WhoScored.com 2-0

さすがに負け予想はない。クリンシートほしい。

BBC Sports(ローロ):ガナーズにはほんとうにいい選手たちがいる。しかしチームはエメリの下でそれほど変わったか? 本質的には、いいチーム相手のとき守備が十分ではない。

しかし今回はホームでのフラムだ。彼らはハダースフィールドでのいい勝利があったし、マネージャーのラニエリはなんとか船を安定させている。それにしてもやはりガナーズが勝つだろう。

Sky Sports(マーソン):この前は典型的なアーセナルだった。わたしには何が変わったのかわからなかったくらいだ。彼らが無敗をやっていたのはしっているが、それでもその半分の試合で彼らは負けていたかもしれない。

彼らはサウサンプトンで勝てなくてもドローでいいかなという感じの試合をして(負けて)、リヴァプールではまったくいつもどおり(same-old)、いつもどおりだった。

今回についてはアーセナルに賭けるよ。だって……それがアーセナルだから。彼らはflat-track bullies(弱い敵に強く強い敵に弱い)で、弱いチームならいつだって勝てる。

試合のみどころ

新しい年の最初の試合だからいい試合を観たい。でもこういう試合でいくら勝ってもリヴァプールの傷はいえないのだよなあ。

以上

キックオフは今晩24:00。もう2時間もなかった。。COYG



One Commnet on “【マッチプレビュー】18/19EPL アーセナル vs フルアム(1/Jan/2019)今年最初の試合

Leave a Reply

Your email address will not be published.