hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Friendly Match

【マッチレビュー】フレンドリー アル・ナスル vs アーセナル(26/Mar/2019)これにてドバイキャンプ終了

シーズン中というややおかしな時期に行われたドバイキャンプ。

疲労やケガなどのリスクも心配されたものの、トレーニングでは終始充実した様子も伺われ、2週間のブランクを有意義に過ごしたようだ。

大きなトラブルもなく最終日を迎え、アーセナルとアル・ナスルの新ステディアムこけら落としマッチでドバイキャンプをめでたく完了。

試合では若い選手たちの大量起用もあり、彼らにとってはシニア選手とともにプレイすることができたこともよい経験になったのではないだろうか。

26/03/2019 – Al-Nasr Dubai SC – Friendly Match – First Team – A



エメリの試合後のコメント

ウナイ・エメリがキャプテンのコシエルニとともに試合後にキャンプの感想を述べた。

(パフォーマンスについて……)

エメリ:今日の選手についてわたしの目的はリズムをつくっていくこと、最近取り組んでいた課題をつづけていくことだった。それができたと思う。

(ロンドンでの試合にくらべて……)

わたしたちがここへ来た理由はまずスポンサーのエミレーツのために大きな責任があるからだ。そして違う天候、違う気温を求めてここへ来た。良かったし、いい施設でトレーニングすることもできた。ここにはわたしたちが望むすべてのものが揃っていると発見できたし、現地のサポーターといい試合ができた。ドバイにはたくさんのアーセナルサポーターがいたし、わざわざここへ来てくれたひとたちもいる。とてもとてもポジティヴだ。

(メスト・エジルについて……)

われわれの第一の目的はつぎのニューカッソー戦、それにつづくPLやELの試合への準備だった。われわれにはすべてがとても重要な試合だ。そしてどの選手も重要な選手だ。何人かの選手はナショナルチームのためにここにはいなかったが、それ以外は来ていた。2週間試合なしで空いてしまうから、トレーニングや試合で前進しつづけるためにはこれが重要だった。どの選手にも違いがあるが、大きな責任を持っていることについては同じで、みんなよくワークしていた。

(トップ4レース……)

それが目標だが、待たなければならない。わたしたちはワークしているし競争力を持とうとしている。これからの8試合はマンチェスター・ユナイテッドで見せたようなたくさんのパーソナリティでプレイする必要がある。

難しいことはわかっている。なぜならビッグチームとの競争だからだ。しかしわたしはチームがとてもよくワークしていると思うし、最近の試合では自信をつけることもできている。いつでもつぎの試合のことを考えていく。つぎの試合はホームでサポーターとともに戦えるNCで、3ポインツを取ることができるかどうかは自分たち次第だ。

そしてCL出場するためにはELで勝つという方法もある。タイトルに向けてプレイできる状況で、CL出場に別の道もあるということだ。いまチームにはいい自信があり、フィジカルでもいい。

(このキャンプについて……)

コシエルニ:ドバイに着いたときは大歓迎があったね。人々はとても親切で、選手もスタッフもこの5日間のトレーニングキャンプをとても楽しめたと思う。できれば来シーズンも来たいくらいだね! ステディアムもナイスなステディアムだった。いいピッチで、フットボールプレイヤーにはいいクオリティのピッチがとても重要だ。このステディアムにはプレイするためのすべてがあるよ。

(アル・ナスルのパフォーマンスについて……)

ファーストハーフは落ち着きがあって集中していてとてもよかったね。フットボールではワークにワークにワークが必要で、もしそれをやるならよりいいプレイができるし、ピッチ上で必要な自信を得ることができる。そしてチームとしても自信を得られるだろう。ファーストハーフの彼らはとてもよかった。団結していい動きがあった。だからこれからもワークをつづけていけば結果はついてくるはずだ。

(このキャンプがチームにもたらすもの……)

エメリ:わたしたちは一歩一歩進めていっている。そして良くなってきている。適応や選手たちのワークはよくなっているし、自信を持ち続けている。選手たちは彼らが今シーズンに何か重要なことをやりたいという気持ちを見せている。このブレイクが来月へのカギになる。先月集中していたように。

エジルについてははぐらかさないで何か語ってほしかったな。やっぱり出たら出たで違いをもたらす漢だもんな。

タイリース・ジョン・ジュールスのコメント

フレンドリーマッチということで公式にはこの得点はキャリアにカウントされないようだが、初めてのファーストチームで初めての得点。TJJにはずいぶんと自信になったことだろう。

試合後にインタビューに応えた。

(キミのファーストゴールだね。感想は……)

TJJ:素晴らしい感じだね。生まれてからずっとこの瞬間を待ってたんだ。だからもうハッピーとしか云えないね。

(ファーストチームでプレイする意味……)

いい感じだった。だってぼくがU-18、U-23、それにこれまでの人生でハードワークしてきたすべてで、ついにここに来たんだから。報われたんだ。誇らしいし信頼してくれた監督さんに(感謝の気持ちを)見せられたと思う。

(ゴール前でのクールでいること……)

U-18でも似たような状況で似たようなゴールを決めたことがあるんだ。クールでいようとトライしているだけだね。同じことをやっただけさ。

(キミのこれからにもっと期待していいかな……)

いいとも! イエア、できればね!

(自分をどんなストライカーだと思う……)

ぼくはいいフィニッシャーで、ボールを持ってリンクプレイも好きだね。裏に抜けるランも好きさ。

(このドバイの経験はどんなふうだった……)

素晴らしい経験だった。選手たちを知ることについても。試合についてはU-23よりももっと速かったけど、自分も選手として成長できる。吸収してそれを活かせるようがんばるつもり。

(もっと若い選手たちがいることが助けになる……)

まったくそうだね。若い選手たちがいることで緊張しすぎないし、それがより過ごしやすくさせてくれる。友だちもできれば、ダウンの時間だって退屈しない。

(ラカからのアドヴァイス……)

彼からはずっとこの経験を楽しめって云われてたよ。彼はぼくにとってとてもいいメンターだね。ぼくが正しいことをすべきだとか、たくさんジョークを云ってくる。大好きだね。

(キャンプから何を学ぶ……)

ステイ・クール。トレーニングでも試合でもハードワークをつづけること。そうすればつぎに行ける。できればまたチャンスがほしいよ。

(ファンについて……)

ホテルのまわりにもたくさんのファンがいたんだ。ビーチでもみんなが写真を取っていた。これもまた違った経験だけど楽しんだよ。

いいとも!

試合について

アーセナルのファースト11

4-2-3-1

ラカゼット

スアレス エジル アメイチ

シーフ ギルモア

メドリ― マヴロパノス ムスタフィ ジェンコ

レノ

スアレスが初スタート。

だいたい予想どおり。メドリ―のLBは予想外だった。

後半は、チェフ、コシエルニ、AMN、プレゲズエーロ、トンプソンがINでスタート。

その後ベンチにいた残りの選手も全員サブで起用され、チームシートに名を連ねた全員がプレイしたことに。90分プレイしたのは、マヴロパノス、シーフ、スアレスの3人のみ。

エジルとラカゼットというスター選手も67分に交代するまで、きっちりファンを楽しませてくれた。スポンサーもご満悦であろう。

どれもプランどおりと思われる。

そういえば、アル・ナスルにはかつてエメリの下でもプレイしていたアルヴァロ・ネグレドがいたのも何かの縁だろうか。

エメリの伝記本『ウナイ・エメリ:エル・マエストロ』がおもしろそう

エメリの伝記本にも登場している。

試合の論点

新ステディアムのこけら落とし

Arsenal Playerの中継コメンタリでゲストのガナーズOB、ナイジェル・ウィンターバーンが「アーセナルはフレンドリー、アル・ナスルはカップファイナルのように戦っている」と云っていたように、おそらく両チームのこの試合に対するモチベーションにはだいぶ違いがあったが、それが試合を均衡させていた面はあったかもしれない。

序盤から組織的な守備をなかなかこじ開けられず、逆に多くのチャンスをつくられるなど、とくに前半のアーセナルはアル・ナスルにだいぶ手こずっているように見えた。アーセナルの選手にとっては予想外に歯ごたえのある相手に思えたかもしれない。

しかし終わってみれば順当なアーセナルの勝利で、試合の流れはまるでシナリオがすでにあるかのようなものだった。

新しいステディアムの記念となるホームチームの先制点、しかもファインゴール。その後には世界中のファンが望んでいたアーセナルの逆襲。そして最後は善戦していたアル・ナスルがビッグチーム相手に一矢報いるという、フレンドリーマッチとしてファンはもちろん、両チームや関係者の誰もが満足できる内容だったのではないだろうか。

エメリもコメントしているようにこのイベントはスポンサー主導のもので、アーセナルには出資者に対して果たすべき義務があったが、結果としてエメリとアーセナルは大スポンサーのエミレーツ航空の期待に十分に応えることができた。100点満点である。

デニス・スアレスがシャイン☆

長らくお待たせしましたという感じで、スアレスがアーセナルのファンの前で初めて90分プレイした。

そしてここまでサブの出場のみに限られ、短い出場時間で印象的なパフォーマンスを見せられなかったが、今回はこれまでで一番よい出来だったのではないだろうか。

ジェンキンソンが42分に決めたイコライザーは、彼からジェンコへの決定的なスルーボールから生まれたもので実質アシストのようなものだし、そのほかにも気の利いたプレイを随所に見せていた。

とくに発表などはなかったようだが、もしこの試合のMOTMを決めるなら個人的には彼にしたい。

ボールタッチもやわらかくライン間でのパスやドリブルも効果的、云われてみればなるほどイウォビっぽくもある。

ただしイウォビと比べるとやはりフィジカルの弱そうなところは気になる。本気の本番インテンシティMAXのPLで屈強なDF相手にこの試合と同じプレイができるか。これからはトレーニングのあとには毎日ちゃんこを食べてもらわなければなるまい。

シーズン終了後に20Mユーロを払って獲得すべきかどうかは、ファンであってもまだ意見が分かれるところだと思われるが、少なくともエメリが高く評価しているというクオリティの片鱗は見ることができた。

超重要なシーズンの残りの試合で、来季CL出場という大きな目標に向かって彼がチームに貢献できるチャンスは訪れるだろうか。

がんばれよ。

その他

  • エジルはさすがだった。2点目を取ったラカゼットへのフリックのようなプレイをもっと見たい。
  • ゼック・メドリ―のLBは悪くなかった。長身でテクニックがある。
  • ザビア・アメイチは気負いがあったか。ひとりで空回りするシーンが何度かあった。でも彼のようなポジションでチャンスがあるならどんどんやるべきである。ボールを持って光るものもあった。
  • マヴロパノスはもっと試合に出続けるべき。来シーズンはベンチにいるよりローンで出たほうがよい。
  • ムスタフィはどうすりゃいいんだ。
  • プレゲズエーロのペナルティのアレはもしかしてわざとだったのか?

そんなところ。

プレゲズエーロといえば、アーセナルユースウォッチャーのBird氏のツイートによると、彼とベン・シーフはそれぞれ22と21才で、来季以降どうするか決める時期に来ているとのこと。

たしかプレゲズエーロにはスペインクラブなどから引き合いがあるという噂もあったと思うし、このまま残るかどうかは微妙なところかもしれない。もし残ったとしてもファーストチームでの出場機会は限られるであろう。マヴロパノスもいる現状では、アーセナルに必要なのは即戦力のCB。現状では、彼のアーセナルでの将来については悲観的にならざるを得ない。

ベン・シーフも同様で、トレイラやゲンドゥージといったレベルの高い若手がすでにいる現在のファーストチームのCMのなかに食い込むには、相当に目覚ましいパフォーマンスを見せる必要がある。並のクオリティでは難しい。

試合については以上。中東合宿&お勤めご苦労さまである。

NT組の情報

ラムジーがケガでウェールズチームを離れ、すでにノースロンドンに戻っているとのこと。悲報。来週プレイできるだろうか。

それとコラシナツはケガの情報もあったが、昨日のギリシャ戦に出場してソクラティスと対戦している。

そしてスイスでキャプテンのジャカ。

ズドン。それも右足で。それにしてもジャカさんは充実のシーズンを過ごしているね。

※追記:ジャカがこのあと交代になったのはケガのためであること。彼もまた来週プレイできるかどうか。。

ゲンドゥージ(フランスU21)、バカヨ・サカ(イングランドU19)などヤンガンもたくさんNTでプレイしている。

みんな元気に戻ってきてほしい。

さあ、来週はやっとプレミアリーグが帰ってくる。4/1のニューカッソー(H)。3位を目指して残り8試合。まさに死闘。

COYG



4 Comments on “【マッチレビュー】フレンドリー アル・ナスル vs アーセナル(26/Mar/2019)これにてドバイキャンプ終了

  1. フレンドリーマッチまでレビューしてくれるなんて有難いですね。(どうやって見たんだ?)
    マヴロパノスには期待してたんですが、どうやら今シーズン戦力にはならないですか?
    スアレスに関しては楽観視してます。
    短い時間しか見てませんが、きっと戦力になってくれるでしょう。
    ジャカはやっと戦力になってきたのに、退団の可能性も出てきたのが頭に来ますね。

    1. Arsenalのオフィシャルサイトでライヴ中継されるっておっちゃん口を酸っぱくして云ったやないかーい。

  2. ムスタフィどうすりゃいいんだ!笑
    本当にその通りですね….安定感がなさすぎる。
    夏にはきっと放出だろうけど、どこか引き取ってくれるのかな

    自分もスアレスに関しては楽観的に観てます。
    トレイラですら最初は出れていなかった訳ですからね!
    これから勝利に貢献してエメリの期待に応えてくれると思います

  3. 大型の休みを主力の多くが取れたのは大きい
    親善試合だから相手に花をもたせた見方もできるけど、かなり格下相手でもアウェイの弱さを露呈したとも
    噂に上がったCB候補がゴリゴリのディフェンスマンなので、組み立てはとりあえず横に置いて、最終ラインはがっちり守るつもりかも(3バック継続の場合)

Leave a Reply

Your email address will not be published.