hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Transfer

2019夏ヨーロッパの移籍市場が終了。アーセナル夏のスクワッド大整理を総まとめ

やあついに終わりましたね。夏の移籍市場。今年のアーセナルはまじすごかったっす。

イングランドの移籍ウィンドウは、ほかのヨーロッパ諸国より一足先にクローズしていたため、獲得(補強)のほうはすでにこのブログでまとめている。

エポックメイキングな夏はアーセナルのターニングポイントになるか。2019夏の補強まとめ | ARSENAL CHANGE EVERYTHING

読み返すだけで、あらやだニヤニヤしちゃう。

そして、昨日ヨーロッパのウィンドウも閉じたということは、放出/売却についてもこれにてダンとなった。

なんとこの夏、アーセナルは「26名」という大人数を整理整頓したということ。これがこんまりメソッドか(違う)。

ここであらためてアーセナルの放出(売却)選手を含め、2019夏のアーセナルの大整理としてまとめておこう。

では、Here we go!



アーセナル2019夏の移籍市場で獲得/放出した選手一覧

ひとりづつ調べるのがちょっち面倒なのでこちらを元ネタに。

Arsenal put the emphasis on youth in summer of change

獲得した選手

  • Gabriel Martinelli
  • Dani Ceballos
  • William Saliba
  • Nicolas Pepe
  • Kieran Tierney
  • David Luiz

支出総額 £138m

クラブレコード(ぺぺの£72M)含む。そうそうたる顔ぶれですなあ。じゅるり。でも£45mの予算とはいったい!? 分割払いマジックの夏だった。

放出した選手(リタイヤ、ローン含む)

  • Aaron Ramsey
  • Stephan Lichtsteiner
  • Petr Cech
  • Laurent Koscielny
  • Cohen Bramall
  • Julio Plegezuelo
  • Charlie Gilmour
  • David Ospina
  • Daniel Ballard*
  • Jordi Osei-Tutu*
  • Ben Sheaf*
  • Xavier Amaechi
  • Krystian Bielik
  • Takuma Asano
  • Carl Jenkinson
  • William Saliba*
  • Danny Welbeck
  • Dominic Thompson
  • Vontae Daley-Campbell
  • Eddie Nketiah*
  • Alex Iwobi
  • Nacho Monreal
  • Henrikh Mkhitaryan*
  • Mohamed Elneny*
  • Kelechi Nwakali

*=ローン

※Sky Sportsのリストからはなぜか漏れているが、アカデミーのGK、Dejan Ilievもローンで出ている。つまり26人。

収入総額 £56m(ローンフィは含まず)

こちらもユース選手からローンで放浪していた選手からチームの重要選手たちまで名前がずらり。これだけ放出しても£56Mの収入とはこれいかに。

選手の放出で節約することになる給与がすごい

Arsenal to save £45m on wages as Emery’s squad overhaul continues

移籍金の収入自体は放出した人数にしては大したことがないのだが、それよりもクラブにとっては給与削減の影響が大きいと『Evening Standard』が報じていた。

今回の選手放出で節約する給与の額は、週給にしてざっと£900k。1年の総額では£50Mに近い金額になるそうだ。なんとこれはでかい。

アーセナルFCにおいては、選手たちの高すぎる給与総額(wage bill)がずっと悩みのタネになっていた。それもこれもガジディスの(以下略)ので、ここでクラブファイナンスの健全化に向けて、一気にリセットを推し進めることになった。

まったくもってポジティヴ。

フェアウェルメッセージズ

バタバタしていてこのブログでスルーしてしまっていた、退団選手のファン向けお別れメッセージを。

ダニー・ウェルベック

グーナーのみんなと過ごしたぼくの5年間はいろいろなことがあった。すごくよかったこと、それに悪かったことも。

ぼくは笑顔になったし、苦しみもした。でもそれでもぼくは学んで、成長したんだ。

アーセナルにはすばらしい思い出をもらった。クラブの隅々にいるグレイトなスタッフたちとともに働き、グレイトなチームメイトたちとも。ぼくが一生の友人になれると思えるひとたちだ。

ガナーズで受け取ったファンからのすばらしい愛とサポートを、ぼくは忘れることはできないだろう。感謝します。

愛をありがとう。ピース。

ウェルブズより

泣いた。。

アレックス・イウォビ

ぼくはアーセナルでプレイすることを夢見ながら育った。ぼくの何人かのヒーローの足跡を辿れるよう。

こう云えるのは誇らしいけど、ぼくは23才にして夢のひとつを叶えたんだ。アーセナルキッズのぼくが、149試合シニアチームでプレイした。子どものころからサポートしていたクラブでプレイできたことは光栄だった。どの瞬間だって楽しんだ。

だからたくさんのひとたちにお礼を云いたい。ひとりひとりの名前を出すには多すぎるけれど、みんなにありがとうを!

とてもたくさんのグレイトなときがあった。エミレーツでのファーストゴールから、バクーでのラストゴールまで。17年というすばらしい年月の大部分が。

ファン、チームメイト、サポートスタッフにスペシャルサンクスを。それと、アーセン・ヴェンゲルとウナイ・エメリ、ぼくを信じて、選手として、そして漢として成長のチャンスをくれたふたりのコーチにも。

スペシャルなクラブに大きな愛を。アーセナルは永遠にぼくのこころのなかに。 #Gunners #BIG17

17年て。

ナチョ・モンレアル

 

この投稿をInstagramで見る

 

31st January, 2013. Malaga. I wake up, check my phone and have 2 calls from Santi Cazorla. I call him and he asks me if I want to play for Arsenal. 10 hours later I was an Arsenal player. Sometimes Football is simple. Different country, city, language, football style, team mates, where it’s not the best conditions for a shy person as me, but I knew I have to be there!! Almost 7 years later it’s time to say goodbye, it hasnt been an easy decision, but thinking of my family and my future it feels that it is the right decision.. I would like to say thank you to all my team mates, staff, and all the people who work for Arsenal and especially to the fans for all the respect and love they have always shown me. I’ll always remember you. THANKS. P.S Now it’s time to win the North London Derby 😉 🙌🙌 #COYG

Nacho Monrealさん(@nachomonreal_)がシェアした投稿 –

2013年の1月31日。朝起きて電話をチェックしたらサンティ・カソルラから2本の着信があった。かけ直すと彼はこう訊いてきた。アーセナルでプレイしたいかい?と。10時間後にはぼくはアーセナルの選手になっていた。ときどきフットボールはシンプルだ。

違う国、街、ことば、フットボールスタイルにチームメイト。ぼくみたいなシャイな人間にとっては最高な状況ではなかった。でもそこに行かなきゃいけないということもわかっていた!

かれこれ7年、お別れを云うときが来た。けして簡単な決断ではなかったけど、ぼくの家族とぼくの将来を考えるといまが正しいときだと感じるんだ。

チームメイト、スタッフ、アーセナルで働いているみんなにありがとうを云いたい。それととくにファンには。いつだってぼくに愛とリスペクトを示してくれた。これからもずっと忘れないよ。ありがとう。

PS さあノースロンドンダービーを勝つときだ。 #COYG

はあ。誰だい? たまねぎを切っているやつは。

2019夏の放出選手について雑感

残念だったことは、ラムジーやウェルベックのような選手のフリー退団や(ふたりを適切なタイミングで売却していれば今回の収入も倍以上にはなっていただろう)、事実上の戦力外を伝えられているのにクラブに残ることを決めたムスタフィ、それに高すぎる給与のためクラブが売却の道を探っていたというエジルの残留。また、アメイチやダレイ・キャンベルといった、これからアーセナルでキャリアを築いていくはずだったヤングプロスペクトの退団も。もちろんクラブレジェンドのジェンコの移籍も涙なしには。。

しかし、それ以外はおおむねうまいことやったのではないだろうか。

いずれにせよ近いうちに放出となっていただろうキャリア終盤の選手や、チームに必要のない選手をかなり整理できた。これでアーセナルのスクワッドはかなり若返り、理想に一歩近づいたと思う。まさに新生アーセナルである。

放出のハイライトはアレックス・イウォビの高額売却(エヴァートンへ€30M)と、デッドラインデイぎりぎりに発表となったヘンリク・ミキタリアンのローン(ASローマへ)か。

イウォビの移籍はほんとうに驚いた。彼はアーセナルでファンに文句を云われながらも生え抜きとしていつまでもプレイしつづけるものだと思っていた。ぼくは彼の大ファンというわけでもなかったが、彼の成長していくさまを見るのは楽しかった。エヴァートンでグッドラックを祈りたい。青いシャツは似合わないけどな!

そして、このウィンドウの成功をつよく印象づけたのはウィンドウクローズ間際のミキタリアンのローン移籍だ。チームにおける彼のペッキングオーダーは確実に下がっていて、大きなサラリーが負担になっていた。これはでかした!と云いたい。

一説によれば、ローマはミキタリアンのサラリー(約£10M/年)全額を支払い、かつローンフィ(€3M)も支払い、契約にはローン終了後の買取義務オプションまでついている(※25試合以上の出場で発生)というのだから、売りポジションは明白だったアーセナルにとっては渡りに船、破格の条件と云えそうだ。いったいどんなタフなネゴをやったのかと。サンレヒなのか、ライオラなのか。ふたりでなにかネタを掴んでローマを脅迫したのか。こわい。

アーセナルの若返り

大整理と書いたけれど、放出した人数としてはこの夏(19/20)がそれほど目立って多いというわけでもない。

Arsenal FC – All transfers

TMで過去の移籍ウィンドウにおける放出選手を確認してみると、ユースの選手なんかはここに含まれていないこともあるようなので正確な数はわからないが、10/11シーズン~14/15シーズンくらいまでは毎年かなりの人数が退団(ローン含む)している。

今回このアーセナルの移籍市場を「大整理」と呼びたい理由は、アーセナルがこれからキャリアのピークを迎える若い選手たちに積極的に活躍の場を与えようという、方針の転換を明確に打ち出しているからだ。

£100M以上かけて獲得した選手6人のうち25才以上は、その場しのぎとも云える短期契約のダヴィド・ルイスのみだし、しかもそのうちふたりはまだ10代だ。そしてコシエルニ、モンレアル、チェフら、去年レギュラーでプレイしていたヴェテランの高齢選手が揃って退団となった。

象徴的なのはミキタリアンの退団(ローン)だ。彼のポジションにはネルソン、ウィロック、ESRにTJJやマルティネリとヤングタレントが目白押しで、ミキの不在が彼らにファーストチームの門戸を開くとメディアやファンベイスでももっぱらポジティヴに受け止められている。

以前にこんなエントリをアップしたことがある。ちょうど去年の夏だった。

選手の年齢分布に見るチームビルディングの健全さ | ARSENAL CHANGE EVERYTHING

スペインとイングランドの主要チームの選手の年齢分布を比較したツイートを紹介したもので、アーセナルはチームの中心選手が比較的高齢選手に偏っており、エイジプロファイルとしては「不健全」なチームになっていた。

いままさにアーセナルは、アトレティコやリヴァプール、シティのような、これからピークを迎える選手がもっともプレイタイムを得られるような、いつも数年先まで明るい未来が見えているような「健全」なチームに生まれ変わろうとしている。おそらくはあと1-2年でこの傾向はさらに進むことだろう。現時点で30才を超えている、ルイス、ソクラティス、エジル、オバメヤンのような選手たちが数年先もプレイしているとは思いにくい(オバメヤンはもしかしたら)。

19/20プレミアリーグの登録スクワッド

昨日、移籍市場が終わったということで、EPLチームの登録スクワッドが発表された。

2019/20 Premier League squads confirmed

ここでPL全クラブの登録選手が一覧で確認できる。

以下、アーセナルFCの登録スクワッドをコピペ御免。

25 Squad players (*Home grown)

Aubameyang, Pierre-Emerick
Bellerin, Hector*
Ceballos, Daniel Fernandez
Chambers, Calum*
Holding, Robert Samuel*
Kolasinac, Sead
Lacazette, Alexandre
Leno, Bernd
Macey, Matthew Ryan*
Maitland-Niles, Ainsley*
Martinez, Damian Emiliano*
Mavropanos, Konstantinos
Moreira Marinho, David Luiz
Mustafi, Shkodran
Ozil, Mesut
Papastathopoulos, Sokratis
Pepe, Nicolas
Tierney, Kieran
Torreira, Lucas
Xhaka, Granit

U21 players (Contract and Scholars)

Alebiosu, Ryan
Azeez, Miguel
Ballard, Daniel George
Balogun, Folarin Jerry
Bola, Tolaji
Burton, Robert
Butler-Oyedeji, Nathan Jerome Chatoyer
Cirjan, Catalin-Ionut
Clarke, Harrison Thomas
Cottrell, Ben
Coyle, Trae
Dennis, Matthew
Ejeheri, Ovie Prince
Flaherty, Stanley James
Graczyk, Hubert
Greenwood, Sam
Guendouzi, Matteo
Hein, Karl Jakob
Hillson, James Andrew
John-Jules, Tyreece Romayo
Kirk, Alexander Michael
Laing, Levi Alexander
Lopez Salguero, Joel
Matthews, Alfie
McEneff, Jordan John
McGuinness, Mark James
Medley, Zechariah Joshua Henry
Nelson, Reiss
Nketiah, Edward Keddar
Ogungbo, Mazeed
Okonkwo, Arthur
Olayinka, Olujimi James Ayodele
Olowu, Joseph Olugbenga
Omole, Tobi
Osei-Tutu, Jordi
Oyegoke, Daniel Oladele Akinbiyi
Plange, Luke Elliot
Saka, Bukayo
Saliba, William
Sheaf, Ben
Smith, Matthew Gerrard
Smith, Tom
Smith Rowe, Emile
Sraha, Jason Robert Osei
Swanson, Zak
Taylor-Hart, Kido
Teodoro Martinelli Silva, Gabriel
Tormey, Nathan Alexander
Willock, Joseph George

お気づきだろうか。シニアの25人スクワッドに20人しか登録されていない。うちホームグロウンは6人だから、非ホームグロウンは14人しかおらず(※ルールでは17人までは登録できる)。えらい少ないな。。

そのかわり、ファーストチームでプレイしそうなヤングたちはみんなU21登録されている。

U21登録はなんと49人。とにかく手当り次第に全員ぶち込んだみたいなリストで初めて見た名前もたくさん含まれているが、このなかに、今季ファーストチームでもチャンスがありそうな、ウィロック、スミス・ロウ、サカ、マルティネリ、ネルソンにTJJといった選手たちが含まれている。つまり、アーセナルは今季U21登録の選手をより多く使っていくつもりということだ。

ローン選手も登録?

ちなみにこのU21登録選手のなかに、サンテティエンヌにローンバックされたウィリアム・サリバの名前が入っている。ローンの選手なのになぜ? と思われるかもしれないが、これにはどうもからくりがあるようだ。

サリバがリストに含まれているのは、彼が18才で、もし彼をこの3年登録しておくと21才までに3年選手登録されていることになり、彼を「ホームグロウン」にできるから。

おお。。U21リストにローンで出ているベン・シーフやオセイ・チュチュらの名前も含まれているのはそういう理由か。

この件、以前からいない選手が登録されていることがあるのが不思議に思っていたがなるほどそういう目論見があったと。これいかにもルールに穴があるように思えるが大丈夫なんだろうか?

まとめ

この移籍市場、現在のチーム状況をひとことで云えば、ポジティヴ。

先日のNLDではまたディフェンスの問題が出てきてしまったけれど、もっと大きな絵で見れば、全部ポジティヴ。チーム状態もクラブ運営も。

いまアーセナルFCのやっていることは、正しい方向に向いていると感じられる。未来に向けて。

とにかく今回の移籍市場に関しては、ファンはみんな安心したのではないだろうか。もしかしたら何か騙されているんじゃないかと心配になるくらいだ。

ひとまずはラウル・サンレヒとハス・ファーミー、それとエドゥ、このプロジェクトを動かしているすべてのスタッフにお疲れさまを云おう。あとは影からサポートしているっぽいジョッシュ・クロンキにも。

ドン・ラウルに敬礼。



PS

Bleacher ReportがSky Sports Italyのジャーナリスト、Fabrizio Romanoの移籍ウィンドウオープン中のある一日に密着したこの10分ほどのドキュメンタリ。なかなかおもしろい。

26才?という若いジャーナリストながら、ツイッターのフォロワーは44万人。この夏はぼくもHere we go!の彼のツイートを何度もRTした。楽しそうな仕事でなにより。

7 Comments on “2019夏ヨーロッパの移籍市場が終了。アーセナル夏のスクワッド大整理を総まとめ

  1. ミズリンタートが離れ、補強資金が限られていると報じられ、EL決勝で敗れたときには、どうなることやらといった感じでしたが、アーセナルは確実に前進しているのではないでしょうか。

    長期的に見ると、
    高齢化が進み、中途半端な補強が多かった前体制から、
    将来性があり、確実にチームを強化する現体制に移行していますよね。

    目ぼしいタレントがいない左SBにティアニー、アシストとゴールの両方を期待できるウイングにぺぺ、
    推進力にかける中盤にセバージョス、ビルドアップができるCBとしてダビ・ルイス、
    将来性豊かなCBのサリバとウイングのマルティネリ

    これからも意図のある補強をしてくれるだろうという確信を持てる移籍市場でした。ありがとう、サンレヒ。

    残る補強ポイントは、ベジェリン以外に本職のいない右SB、フィジカル系MF、ポストプレーのできるFW、
    一線級のCB、最終ラインならどこでもできるプレーヤーといったところでしょうか。

    フロントがしっかりと仕事をしたので、あとはエメリの手腕に期待するだけですね。

  2. 夢と希望がたくさんつまってた夏でしたね。
    シーズン前のサンレヒとカテシャンの対話をこのブログで見せてもらいましたが、写真からどう見ても悪役のボス対談みたいにしか見えませんでさしたが、マーケットの立ち回り方はこれまでのアーセナルでは全く味わったことがない的確な取引ばかりでした。正にビジネスマン。今でこそあれですけど、個人的に一番のサプライズはルイスでした。
    そのサンレヒの目に、ジャカやエジルがどううつってるのか気になります。
    それにしてもトットのエリクセンはどの面下げてプレイするんだよってゆう。

  3. ミズリンタットが退社したときは、ダイヤモンドアイ捨てて大丈夫かよ・・・。フロントもゴタゴタして暗黒時代到来の雰囲気を醸し出したかと思いましたが、蓋を開ければ放出・補強ともに文句なしという。サンレヒさん!すいませんでした!!

    さすがにここまでスカッドをお膳立てしてもらったからには、エメリはCL権確保しないと確実にクビでしょうね。がんばってほしいものです。

    あとは、オーバの契約延長?もしくは放出の判断と、セバージョスの買い取りに向けた活動をお願いしたいところですな。

  4. このブログでも紹介されていたSD候補としてあがっていたリヨンのSDでしたっけ?
    その人の言う通りのフロントリッチで後ろはアレな補強そのままだったなあ、と
    ティアニーとサリバという若い逸材は獲得したけれど、かたやケガ持ち、かたや一年レンタルの18歳

    急激な若返りで20代中盤の働き盛りでリーダーになるべき年代が主力に少ないのもバランス的にはいかがなもなのか
    その年代がムス、コラシナツ、ジャカと批判の対象になる選手が多いのが…

    冬と来夏にこの懸念を吹き飛ばして欲しい
    そのためにCL権獲得が必須だと思うけど

  5. 唐突なこんまりメソッド

    アヤックス視点の記事で「オーフェルマルスが必死にアーセナルへ売り込んでいたシエシュも買ってもらえなかった」と書かれていて、そういう見方もあるんだ、と思いました。だからどうした、と言われればそれまでですが、、、。

  6. ローンとはいえミキを出せたのがナイスだったと思う。
    プレーメーカーとして見れば決して悪くなかった(余剰だっただけで)と思うし、ローマで居場所を見つけて欲しい。

    ウィロックが順調に成長してセバージョスの完全移籍が実現すれば、1月にエジルがMLSに引き抜かれても問題ないかも。
    各ポジションに未来予想図が見えてきた夏でしたナ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.