hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, FA Cup

【試合前記者会見】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)1月の補強、ジャカ、オバメヤン……

会見コメントのポインツ

ロウテイションについて

アルテタが来てからの3試合、エメリと違うやり方のひとつは選手をあまり変えないこと。でもどちらかといえば、こちらのほうがノーマルかもしれない。エメリはさすがに毎回変えすぎだった。

今回は初のカップマッチということもあるが、いちおうスクワッドをロウテイションすることを示唆している。

レギュラーでチャンスを失っている選手、またケガ明けの選手、それとアカデミーの選手。

全とっかえはないと思うが、レギュラーチームが疲弊していると考えれば大胆な変更は予想できる。どういう選手、どういうシステムを選ぶのか大変に楽しみである。4-3-3も観たい。

ジャカとオバメヤンの去就

1月の退団はなさそうだが、果たしてアルテタの慰留でジャカはどこまで翻意を促せるだろうか。

本人は今月ヘルタへの移籍をほとんど決めていたような報道もあったので、それを引き止めるのは並大抵のことではないと思われるが、アルテタが来て以降のチームの変わりようと見れば、もしかしたらという気はする。

誰よりも選手たち自身が、このチームに手応えを感じているはずだから。

そういう意味では、オバメヤンも同じような状況かもしれない。

本人は1月は残ると話していたが、新契約や夏のことは約束していない。まあやはりCL次第だろうか。

リーグでもトップ4フィニッシュはかなり難しいとなれば、ELに賭けることになる。もしELタイトルを取ってオバメヤンとラカゼットが契約延長となれば、アーセナルにとっては大成功だ。

チェンバースの重症と移籍ウィンドウ

このブログでフォロウするのを忘れていたかもしれないが、チェンバースは「6-9ヶ月のアウト」が報じられている。

シーズン絶望はおろか、来シーズン序盤もアウトの可能性。少なくとも2020年の半分以上が台無しになってしまったような重症だった。なんてこった。

すでにフルトレイニングに復帰しているホールディングが戻ってきそうではあるが、やはりCBは最重要補強ポイントになりそうだ。

アルテタも「プランが変わった」と予定外の補強に動くことを認めている。

どうなるか見てみよう。移籍ニュース&ゴシップのまとめはこのあとで。

エンケティアの復帰

ちょうど今回対戦するリーズに貸し出されていたおれたちのエディ。うわさどおりアーセナルに戻った。リーズとはプレイタイムによってローン契約を途中で終わらせることができる契約内容だったようである。

リーズから別のクラブにローンに行くという説が囁かれていたが、アルテタの話ぶりだと、ローンに出ない可能性もまだ残っているということか。それは興味深い。

いまCFはラカゼット、PEA、マルティネリといった選手がカヴァーできるが、仮にシーズン後半でまたケガ人が出れば、困ってしまう比較的層の薄いエリアではある。エンケティアはいてもらったほうが安全だが。どうなるか。

個人的にはレギュラーでのプレイを約束するクラブに行ったほうがいいとは思う。だって現状ではベンチを温めるだけになってしまうだろうし。

ビエルサを称賛

このひとは、マネージャーズマネージャーみたいなところがありますな。

ワールドカップやCLのようなメイジャータイトルこそないものの、彼を称える優秀なマネージャーがたくさんいる。

一般ファンだと、ビエルサを語れるとサッカー通みたいなとこある(笑い)。

ちなみにおれは名前以外はほぼ知らないのでご安心ください。

エジルについて

アルテタは彼を特別扱いしていないと云っている。

このブログのマンUのエントリで、ぼくは彼の2通りの扱いかたについて書いたんだけど、アルテタは彼のよさが活きるチームをつくると云っていたので、ぼくは「エジルを王様扱い」するほうに分けた。でもそうじゃなかったんだ。アルテタはエジルだけじゃなく全員がそれぞれ活きるようにチームをセットアップしている。

以前はエジルを中心に据えなければ、彼を特別扱いしなければ、彼がいるチームは決してワークしないとぼくは信じていた。しかし、いまのチームはそうじゃない。エジルは11人のなかのひとり。それでいて攻守に進化している。

以前に誰がそんなことを実際にできると思っただろうか。なんということだ。。恐るべしミケル・アルテタ。セイント・ミケルと呼ばれる日も近い(気が早い)。

 

おわり



9 Comments on “【試合前記者会見】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)1月の補強、ジャカ、オバメヤン……

  1. オーバは売り時じゃないですかね。あとやれて3年。やれても運動量は確実に落ちるし、もし急に衰えたり怪我したらもう移籍金は期待出来ず高い年俸払いながら来ないオファーか契約満了を待つといういつものアーセナル。冬はいいとして夏には必ず売ってもらいたいです。

  2. ここにもいたセイント・ミケル!
    もはや神です。
    サイドバックの補強は必要ですよね。
    センターバックもですが、パパルイスが覚醒しつつあるのでホールディングとローテでもいいのかなと思ってしまうとゆう。

  3. アンチェロッティとの合意を反故にした事で、粕谷氏いわく、アーセナルの市場における信頼度が下がり、その事が今後の移籍市場で少なからず影響するだろうとのことです。だとしたらもったいない話ですよね。アルテタの意思は最初から決まってたでしょうから。

  4. 途中送信してしまい、すみません
    エンケティアには残ってほしいです 残りのシーズンはアルテタの下で練習させた方が、来夏のFW補強についても考慮しやすくなるのではないでしょうか オバ、ラカ、補強資金と不安が沢山ですし、来シーズン頭からアルテタのチームにフィットできるように、出場機会よりも戦術理解を優先するのが良いと思います 勿論、今シーズン後半から大活躍してくれれば最高ですね!
    チェンバースの怪我が本当に残念です 一推しの選手が存在感を出した矢先に重傷とは、、、本当に悲しいです

  5. ファイナルサードの決定力は本当に個人技なのでオーバの売り時は難しいと思います
    彼を出しても良いってくらいの代わりのFWがいませんから
    ペペかマルティネッリが更にゴール量産計算できないと安易に売れないかなと

  6. ジャカ残ってほしいですけど、アルテタのサッカーが魅力的でも情熱的に残留を促されても、ジャカがサポーターに愛されてプレーしたいと思ってるならこんなクラブでプレーしたくないやろうししょうがないな

  7. >>誰がそんなことを実際にできると思っただろうか。僕は妄想でも思わなかった!ただの一度も!

    ジャカは正直まだ迷いはあると思う。ビッグクラブのファンには結果だけ見て文句言いたがる人も多くて、その点は快適じゃないと思う。ジャカ自身も気が強そうだ。

    ただ例の騒動でジャカが怒ってたのは要するに「客がプレー(内容)を見てないから」だと思うんだけど、今はより多くのファンがプレーを見るようになってきてる(内容が楽しいから)。アルテタも、ファンにそれを要求する監督だ。ジャカが望んだものはもう手に入ってると思うんだけどな。

  8. エンケティアは個人的には残って欲しい気持ちがあります。
    もし攻撃的な選手ですでに主要リーグでも経験のあるような選手をこの冬取るなら別ですが。
    攻撃的なポジションだったらどこでもやれると思っているし高いクオリティとポテンシャルを持っていると思います。(なんなら将来の中心選手的な)
    個人の理想を言えばレンタルはエンケティアではなく、ネルソンかサカを出すべきだと思っていました。(プレシーズンの頃)
    今はサカはLBやってもらってるのでいてもらわないと困りますが。
    前線の層の厚さという意味でも残ってもらうのもありかなと。

    結局はアルテタがどのように考えているか次第って言ってしまう形になってしまうかもですが。
    アルテタがCFやトップ下に限らずサイド含め起用するつもりがあるなら残って欲しいし、
    そうでないなら主さんとかが言うように試合に確実に出れるところにレンタルに出した方がいい気がします。
    個人的にはけっこうすぐにでも使って欲しいと思っているので。
    カップ戦のスタメンやPLならマルティネッリ、セバージョスらと出番を競って欲しいし競えると思っています。
    競える人が多すぎて結局ベンチが増えるならという懸念もあるのかなぁ。。。

    チェンバースのケガは残念。。。まさかそんな長くなるとは。。

    カップ戦はローテーションで出てくる選手がどんなパフォーマンス見せてくれるか楽しみですね。
    代役やオプションの可能性やクオリティを見極める、作るのに重要になりそう。
    なるほど4-3-3ですか。エジル使わない場合にどうするのかとかそういうのも見れるのかなぁ。期待。

Leave a Reply

Your email address will not be published.