Arsenal, Transfer, Wenger

【16/17シーズン】ヴェンゲル後任候補まとめ【ゴシップ】

「契約をまっとうする」と事あるごとに発言しているように、ヴェンゲルは自ら退任を希望しないし、クラブもヴェンゲルが続投を望むようならあえてリスクを取る必要性もないので、ファンやメディアがいくら騒ごうが、来季以降もヴェンゲルは続投するはずだ。 とはいえ、タイトルを賭けた崖っぷちの試合で、もっとも負けたくないチームに見るも無残に敗れるという、一般のビッグクラブであれば解任は避けられない事態が起きているのは事実。 #WENGEROUTのハッシュタグが盛り上がるなか、各メディアが「ヴェンゲル後」の監督候補をこぞって挙げている。これまでにあまり噂のなかった人選をしているメディアもあったりで、なかなか面白いのでこれまでに候補に挙げられた次世代アーセナルの監督候補の一覧をまとめてみたい。 ヴェンゲル・アウト! 次の監督候補 www.thesackrace.com

Arsenal, Match, Wenger

ヴェンゲルは解任されるべきか ギャリー・ネヴィル、ジェイミー・キャラガー、ナイアル・クイン

あまりにも毎度の光景だったからか、思ったより盛り上がってないAW批判。 www.skysports.com 先週末の敗戦以降、議論も一巡してとりあえずこの辺りがまとまっているかなということで、SKY SPORTSの記事「アーセン・ヴェンゲルの時代は終了? ギャリー・ネヴィル、ジェイミー・キャラガー、ナイアル・クインの議論」を簡単に訳しておきたい。※超訳である。

Arsenal, EPL, Match, Wenger

16/17チェルシー戦(A)が歴史に残るゲームになる可能性

「いっそのこと4位に入れなければいいのに」 そう考えるグーナーは少なくない。毎年、そこそこの選手でそこそこのチームをつくり、シーズンが終わってみれば「4位以内」とそこそこの成績を残し、なんとなく「来季こそは」という空気が蔓延している。 EPL4位以下でチャンピオンズの出場権を逃すという、それくらいの大きな刺激がなければこのぬるま湯から脱っすることはできない。そう信じる人がいても不思議ではない。 シーズンが始まれば、はじまりはいつもだいたい好調で我が世の春を謳歌し、いつもの時期にけが人が続出&失速し、格下を取りこぼし、ライバルに破れ、格上にコテンパンに破れ、やがて危機的状況が訪れるとメディアはチームのメンタリティに疑問を呈しファンはこのままでいいのかと喧々諤々やりあう。 ほうぼうでこの世の終わりかのような悲観論が叫ばれるなか、シーズン終了までには帳尻合わせが行われ、終わってみれば4位以内に潜り込んでいる。それがインヴィンシブルズ以降のアーセナルで繰り返されてきた光景である。 EPLを勝てないだけじゃなくて、浮き沈みまで定期的にくることがわかってしまっている。そんなチーム。それがわれらがアーセナルである。

Arsenal, Match, Wenger

Same Old Arsenalとヴェンゲルの限界

ミッドウィークにワトフォードに負けたせいでいつものアーセナル批判が渦巻いている。怖いくらいいつもの調子で若干聞き飽きている。そして、メディアにそういう記事をせっせと飽かずに書かせているのがわれらが”Same Old Arsenal”である。 www.bbc.com

Arsenal, Player

フランシス・コクランというセントラル・ミッドフィールドのジレンマ

FAカップのサウサンプトン戦の爆勝の興奮から以下のようなエントリを書いてしまったあとに、衝撃の事実が。ある意味ワトフォード戦の敗戦よりも。 アレックス・オックスレイド=チェンバレンにアーセナルの中盤を任せていいのか   Sky Sportsのこの記事「チェルシー戦を前にAWに疑問符がたくさん」によると、 www.skysports.com コクランがスターティングに含まれたときのアーセナルの勝率が、1/2を切っていたというまさかのスタティスティクス。寝耳に水とはこのことだ。

Arsenal, Player

アレックス・オックスレイド=チェンバレンにアーセナルの中盤を任せていいのか

先日のFAカップ、サウサンプトン戦で見せたアレックス・オックスレイド=チェンバレン(以下Ox)のセントラル・ミッドフィールドでの活躍が話題である。ざわざわ。 昨日のプレスカンファレンスでボスはこう語った。 彼(Ox)はいいウインガーであり、いいCMだと思うよ。彼の将来はワイドよりは中盤にあるだろうね。 若いときはワイドがいいんだよ。CMてのはもっと経験が必要で、もっとやるべきことが多くて、もっと戦術的なんだ。ワイドは頭空っぽでも本能的に動けるっていうのかな。アッハッハ。 とはいえ本来は彼はもっとゲームに絡んでいきたいタイプの男だよ。そういえば、彼は中盤でプレイしたときにはいつもよくやっているよね。

Misc

英国人フットボーラーはなぜ海外でプレイしないんですか問題

プレミアリーグでは英国人選手が育たない? 英国にも今のEPLは外国人偏重であると憂えている人たちがいる。外国人ばかりがプレイするリーグで自国の選手が育たないことを問題だというのはおかしなことでもない。優秀な外人選手ばかりが活躍し、なかなか自国選手が育たないことに危機感を覚えるのは英国に限らないからだ。 実際にイングランドを含め、英国4カ国(イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド)はFIFAランキング等で必ず上位にいるかというとそんなこともなく、目覚ましい結果を残した大会というのも近年は記憶にないから、それを外国人選手のせいだと主張する勢力があったらそれはそれで耳を傾けるべきなのかもしれない。 念のため21世紀に入ってからのイングランド代表チームの成績を調べてみた。フットボールの母国としてはいかにも物足らないものだろう。スリー・ライオンズはぼくが知る限りの歴史においてずっと批判され続けている。

Arsenal, Neta

Don’t you want me baby? アレクシス・サンチェスのチャントに見る俺たちおっさん世代ミュージック

♪ァレクシス・サンチェス、ベイベー ♪ァレクシス・サンチェス、アーアアアー なんかずっとRick Astleyだと思いこんでいて。ストック・エイトケン・ウォーターマンだと思いこんでいて。 アレクシスのチャントの元ネタは、The Human League、1981年の大ヒット曲『Don’t You Want Me』だった。5400万再生の名曲。80年代後半に活躍したRick Astleyとは時代も全然違ってた。

Arsenal, Neta

【ビッグロンドン・ダービー】アーセナル vs チェルシー チーム夕食会7つの違い

こういうしょうもない話題も嫌いじゃない。 www.mirror.co.uk 今週ガナーズのみんなが、レッド喰らうわ空港で捕まるわでシッチャカメッチャカ傷心のジャカを励ますために(?)ディナーパーティを開いたのはご存知の通り。エジルがいねえ。 Dinner with the boys ? pic.twitter.com/Wo4JneQjr1 — Alex Ox-Chamberlain (@Alex_OxChambo) 2017年1月24日

Arsenal, Misc, Player

プレミアリーグ、今季のベストCM/DMは誰だ?

ジャカ問題でちょうどアーセナルのセントラル・ミッドフィールドについて考えていた流れで来ていたSquawkaのエントリ。 『カンテ vs エレーラ vs ヘンダーソン vs コクラン vs ワニヤマ 誰がEPLのベストCDMか?』がなかなか面白かった。トップ6のチームを対象としているようだが、どっかのチームが足りないような気がしないでもない。気のせいか。