Arsenal, Player

もはや公式ですら透明な存在として扱うドビュッシーという漢

ベレリンがノースロンドンダービーで足首を負傷していたということで、今後4週間の離脱をボスが認めた(BBC)。 そしてさきほど公式にアップされたのがこのポスト「ライトバックを誰と置き換える?」。もちろん11月はArsenalにとって魔の月であり、週末には大事なマンテッドとのアウェイゲームも控えるというタイミング。アレクシスが出場できるのかどうかとともに、Goonerのいま一番の関心事といっていい。だがいろいろ物議を醸しそうなのが、候補にマシュー・ドビュッシーのマの字もないこと。

Misc

サッカー用語「トップ下」は英語で何という?

「トップ下」。それは日本のサッカーの世界で特別な意味を持つことば。 キャプテン翼の主人公、翼くんがストライカーではなくトップ下の選手であったことは興味深い。ゲームの中心にいつもいて、ゲームの流れをつくっていくゲームメーカー、花形であり主役だと認識される日本における特別な役割。それが「トップ下」と呼ばれるポジションである。「キラーパス」ということばも流行ったように、得点でゲームを決めるというよりも「得点を決めさせる」選手に注目がいくのは、いかにも裏方の職人気質を尊ぶ日本人らしい価値観かもしれない。 4-2-3-1 (ManU)

Arsenal, Neta, UEFA CL

Arsenalの人間関係がかいま見えるCL前日の練習風景

www.mirror.co.uk 英ミラーから。ブルガリアのルドゴレツ(PFCルドゴレツ・ラズグラド)をホームに迎えるチャンピオンズの一戦を前にした練習風景。Arsenal公式だときれいに編集されていて観やすいが、記者が撮ったであろうこういう雑なビデオも臨場感があっていい。ボール回しやストレッチなど、リラックスした選手たちの姿を延々5分間堪能できる。

Arsenal, Neta

Arsenal学園のお友だちの誕生月を知る

Arsenalのニューボーイ、シュコドラン・ムスタフィのリーダー適正について考えた以前のエントリ、 シュコドラン・ムスタフィとアーセナル学園 そして、Arsenal内で話されている言語の勢力について考えた昨日のエントリ Arsenalにおける言語勢力図 Arsenalにおける年齢や出身地域の相関関係を示した。どちらのエントリも苦労して図表をつくったりと地味な作業をしたわりには誰からも評価されていない。 そして今回「聖アーセナル学園」の考察シリーズの続きとして、よりいっそう需要のなさそうな誕生月のまとめである。前回の学年図表を利用したそれがこちらである。 ※学年(Grade)は、ムスタフィを中学1年としたときの相対学年である。詳しくは前述の既エントリを。

Arsenal, Misc

Arsenalにおける言語勢力図

アーセナルのチーム内において話される言語勢力について考えてみた 図A アーセナル16/17 言語勢力図(ローンで出ていった選手も含めてある) イングランドのクラブで英語が使われて当たり前じゃないかと思われるが、ヴェンゲル監督以降フランス人プレイヤーを重用した歴史もあり、ロッカールーム等の選手間コミュニケーションにおいて必ずしも英語がメインの言語でないと思われるのがアーセナルである。(※とくにアーセナルに限った話しでもないだろうが) 図Aは、16/17スコッドの選手の出身地域を言語別におおまかに分けて整理したものである。

Misc

Optaこぼれ話

先日アップしたエントリでスポーツのデータプロバイダー「Opta」に触れたのだけど、Opta社の各国語版のツイッターアカウントがおもしろいことになっていた。 www.optasports.com フッターにあるソーシャルサイトのアカウントのリストを見ると 各国のツイッターアカウントがOptaXXXと「Opta+人名」になっていることに気付く。

Data, Misc

WhoScored vs. Squawka フットボール情報サイトの採点方法について

このブログでもよくお世話になっている「WhoScored.com」と「Squawka」というOptaデータを使ったフットボール情報分析サイト。メディアでの引用も多く、とくにWhoScoredはこの手のデータプロバイダーのデファクト・スタンダードともいえる。 どちらのサイトでも試合後にプレイヤーのレイティング(評価)を行っており、データが示す客観的な評価として非常に参考になっているが、どちらも独自のポイントになっていることが以前から個人的に気になっていたので調べてみた。赤の印はブログ主による。 まずはWhoScoredから。 WhoScored.comのレイティングについて こういうサイト。 採点の説明を見てみよう。

Arsenal, Neta

シュコドラン・ムスタフィとアーセナル学園

16/17シーズンよりお目見えのArsenalのニューボーイこと、シュコドラン・ムスタフィ。現地・国内のフットボールメディアでも、ここまでに見せているローラン・コシエルニとの息の合ったコンビネーションで「コスタフィ(Kostafi)」の呼び名もすっかりおなじみとなった。 そんなおり、Arsenalレジェンドのひとりアラン・スミス氏がムスタフィをべた褒めするコメントを発表。ロッカールームにおいてもすでに存在感を出しつつあるという指摘もあり、チーム内での人間関係や力関係について考えたときに、これが本当だとしたらすごいことなんだと思われるのだけれど、どれだけすごいのかをちょっとはかってみたくなった。 www.telegraph.co.uk www.squawka.com metro.co.uk ところでフットボールのチーム内において、リーダー的存在になるためには、いくつかの要素があると思う。年齢、リーダーシップを取れる勝ち気な性格、コミュニケーション能力、ことば、そしてもちろんプレイヤーとしての実績や能力が必要なのはいうまでもない。

Misc

Premier Leagueの新VIについて DesignStudioの仕事

週末、ついに16/17シーズンのEPL(English Premier League)が開幕した。オープニングゲームから数日のあいだ気を失っていたので、ちまたの喧騒について詳しくはわからないが、フットボールの季節がやってきたことに興奮しているファンも多いに違いない。 今季からプレミアリーグのロゴが変わったことも、事前にニュースになっていたから知っていた人も多いのではないだろうか。試合中のスコア表示や画面切り替えのトランジション効果が新しくなっていて新鮮に感じた。今季からはスポンサー企業の名前(バークレイズ)が入らないごくシンプルな名称とライオンをかたどっただけのロゴマークになった。

Arsenal, Neta, Player

アレックス・イウォビ「イヴァン・カンポみたいな髪型にしたかった」

イヴァン・カンポって久しぶりに名前を聞いた。 マドリーにいたときもカンポ(ワラ)みたいな感じだったけど、プレミアリーグ(ボルトン)に移籍したあとも、てかまだいたのかよカンポ(ワラ)みたいな感じで愛されていたよね。風貌と名前の響きの楽しさもあいまってフットボール界に独特のポジションを築いていたと思う。 そんなカンポに憧れていたという奇特なヤングガナーを発見。それが、このたびオリンピック・ナイジェリア代表を華麗に辞退した超新星アレックス・イウォビだ。 www.fourfourtwo.com あごに手をやるポーズもしぶい。フットボーラーでこういうポートレートもあまり見ない。 

Misc, Transfer

Sky Betに登録を試みた件

フットボールファンにとって毎年シーズンオフの楽しみといえば、トランスファー情報につきる。信頼できるメディアとそうでないメディア、老舗メディアから聞いたこともない現地メディアなど、情報の楽しみ方はいろいろ。 Sky Sportsといえば、BBCに次ぐ信頼性ある情報源として認識されている巨大メディアカンパニー。そのSkyは、オンラインベッティング(ブックメイカー)「Sky Bet」を運営している。 www.skybet.com Sky Betについて そして今日、移籍の確からしさをはかるうえで多くの人が指標のひとつにしているのがSky Bet内の人気コーナー「Transfer Specials」だ。実際には、SNS等で飛び交っているリアルタイムの最新情報との乖離を感じることも多いが。 www.skybet.com

Arsenal, Player

ティエリ・アンリ氏、三度目のアーセナル退団。愛ゆえの暴言をまとめる

www.bbc.com 何度退団すりゃ気が済むのか。 ボスは言いたい放題のアンリにおかんむりだ。TVのパンディットとアーセナルのコーチどっちを取るのか迫られた挙句、結局TVのお仕事を取ってU18コーチをファイヤード。お給金0ポンド(※0円)のコーチ稼業と年間400万ポンド(※5-6億円くらい)といわれるTV解説業を比べられるはずもない。 とはいえ、アンリはいまコーチライセンスを取得するために勉強中の身であるので、そのためにはほかのクラブに行かざるを得ない。生きる伝説である。引く手はあまただろう。シティに行きそう。同じロンドンでチェルシーもふつうにありえそうで怖い。 ところで彼はSKYのパンディットであったが、EUROではBBCのパンディットとしてリオ・ファーディナンドらとともにTV出演していた。結構柔軟な契約なんだなと感心した。 こんな記事も来ていた。いつものメトロ。 metro.co.uk こんなこと言ってっからボスの逆鱗に触れたんじゃねえのかという、アンリの暴言をまとめた記事。 以下、抄訳。アンリ氏のこころの声を忖度して少し追加した。ジルーについての暴言も追加。超訳あしからず。

Arsenal, Arsenal Academy, Transfer

新星ジョン・トラルは16/17シーズンはグラナダにローンか

15/16シーズン、バーミンガムでブレイクしたバルセロナ産で現在はアーセナル所属のヤング・タレントでありヘクター・ベレリンのマブダチ、Jon Tral(ジョントラル)が16/17シーズンまたしてもローンに出される模様だ。 バーミンガムでの大活躍でアーセナルのファーストチームにようやく上がってくるかと噂されていたトラル。Kike Marinというジャーナリストのツイートによると、トラルは今度はリーガ・エスパニョーラのグラナダCFにローンされるようだ。 Jon Toral, gran promesa del #Arsenal jugará cedido en el #GranadaCF (on loan from Arsenal) https://t.co/HzP5701Ryn — Kike Marin** (@Kike_Marin_) 2016年7月4日 本人もおそらくアーセナルに戻るつもりで、プレシーズンを楽しみにしていたであろうことを考えるとさすがに寂しい気持ちになってしまう。  

Arsenal, News, Player, Transfer

Welcome to Arsenal Takuma Asano 浅野拓磨アーセナル移籍発表報道まとめ

www.arsenal.com 英プレミアリーグの名門Arsenalがサンフレッチェ広島の浅野拓磨を獲得を発表。 以下英国を中心にした主要メディアの反応。  

Arsenal, Misc

フットボーラーの名前の日本独自表記

またプレミアリーグを愛すおれがお送りするフットボール駄話であるが、毎度気になって夜も安らかに眠れないのは、現地読みでも英語読みでもない選手名表記である。 いまもっとも気になっているのはJ-SPORTSのコラムで使われる「バルディ」。 たとえば、英語読みと現地読みで微妙に発音が違うということはままある。先日話題になったスイス人のグラニト・ジャカも、本人が「ぼくはジャカだよ」と言っている映像でファイナルアンサーだったわけだが、確かに英語コメンタリでシャカと濁さずに発音しているのは聞いたことがある。  

Arsenal

ホセ・モウリーニョはエミレーツで勝ったことがないって知っていた?

ESPNのArsenal系記事で「モウリーニョはエミレーツスタジアムでまだ勝っていない」というコメントを見つけて、おやっと思いざっと調べてみたら本当っぽかったのでちょっと驚いた。知らない人も結構いるんじゃないだろうか。ぼかあ恥ずかしながら知らなかった。

Match, Misc

【EURO2016】イングランド VS ロシアでのおもしろい言い間違い

日本時間の昨夜おそくに行われた、欧州選手権いわゆる「EURO2016」の注目カード「イングランド vs ロシア」を見た。プレミアリーグのファンである自分は、イングランドに肩入れをして見たがトテナム・ホットスパーの選手が11人中5人いるということで、素直に応援していいものかどうか微妙なところではあった。 www.bbc.com

Arsenal, Transfer

ジェイミー・ヴァーディ氏、ガナーに?

www.bbc.com 朝起きたらBBCがBREAKING。ArsenalがJamie Vardyの契約解除金£20mをレスター・シティにお支払いしようとしているとか。 ジェイミー・バーディといえば、ちまたでは岡崎慎司の相棒という以外では、ダイバーとかレイシストとかエヴァンゲリオン初号機に似ているだとかで認識されており、人間についての評価は実際まちまちなのであるが、PL連続ゴール記録とか奇跡の優勝の立役者とか、純粋に点取り屋としてみたときの実績は、去年1シーズンに限れば一流選手と呼ぶに申し分ないものである。果たして彼は来季も活躍できるのだろうか。  

Arsenal, Arsenal Academy, Player

バーミンガムでアウォード総なめの「ジョン・トラル」て誰やねん

Jon Toral (Arsenal公式より) Jon Toral(ジョン・トラル)が話題だ。イングランド2部リーグ、バーミンガムで今季の「選手が選ぶプレイヤー・オブ・ザ・シーズン」「サポが選ぶプレイヤー・オブ・ザ・シーズン」「ゴール・オブ・ザ・シーズン」の三冠を達成したアーセナルからのローニーだ。 以下、みんな大好きゴシップ満載、おれたちの「Metro」から超訳。

Arsenal, EPL

15-16英国プレミアリーグの仁義なきノーロンダービーとチャンピオンズ争い

先日レスター・シティの優勝が決まったイングランドのプレミアリーグ。優勝が決まってしまい、もはやサッカーファンの興味が尽きかけたゴールデン・ウィーク最終日、2位のスパーズが破れ、3・4位の直接対決でシティがアーセナルと引き分けという上位陣の思いもよらぬ足踏みで、少なくとも2位から5位までのチームのサポーターは、最終節までまったく目が離せない展開となった。 Arsenal 2-2 Man City (Away) | Jack Wilshere Was Outstanding!