Behind The Scene, EFL, Misc

EFLカップ(英リーグカップ)は人気なし。どうにかしたほうがいいんじゃないかという話

アーセナルがドンカスター・ローヴァースと戦った先日のカラバオカップ(EFLカップ/リーグカップ)で、エミレーツ・ステディアムの観客動員数が過去最低だったという件。どうもアーセナルだけじゃなくて、ほかのクラブの試合も含めてこのカラバオカップは全般的に観客動員が低迷していたらしい。 その日に台風がきたとかストがあったとかではなく、単に大会の「人気がない」というのが理由だという。たしかに平日夜でクラブも大して重視していない大会とあっては、熱心なファンにとっては普段見られない選手のプレイが観られるチャンスだが、多くのファンにとってはわざわざ足を運ぶ価値もない大会となってしまっていると。そんな話があった。(このESPNの記事によるとクリスタルパレスとハダースフィールドの試合に訪れたのはたった6,607人だったとのこと。J3かな?) Stagnant League Cup needs reforms to inject life into failing competition ※追記 グアルディオラも文句をいい始めた。 Pep Guardiola: Manchester City boss says Carabao Cup is a ‘waste of energy’

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsWBA(25/09/2017) 予想スターティング

アーセナルのEPL第6節の対戦相手はWBA。9/25月曜夜(日本時間9/26火曜早朝)のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦となる。早くもキーラン・ギブスがエミレーツに帰ってくるホームでの一戦。 現在アーセナルはプレミアリーグで2勝2敗1引き分けの12位と思わず目を覆いたくなるようなポジションにいるが、目隠しプレイをしている場合ではない。3位のチェルシーまで3ポイントしか離れておらず、WBAに勝利すれば、ジャンプアップする可能性はある。 ちなみに昨シーズンは初戦のリヴァプールに敗れてから14試合負けなかった(その間6連勝と3連勝があった)。EPLでは、10月末のマンシティ戦まで比較的イージーな相手が続く。連勝を期待したいものだ。

Arsenal, EFL, Match

【マッチレビュー】17/18EFL (Carabao Cup) アーセナルvsドンカスター・ローヴァース(20/09/2017)

観終わったあとにどっと疲れが出る試合だった。これを平日早朝にやられるのは辛い。ほとんど仕打ちである。お勤めの方にはお気の毒なことこの上ない。 結局なんとか勝ったもののしょぼい試合をしてしまったガナーズは、今回エミレーツ・スタジアムの最低観客動員の記録もつくってしまったようだ。水曜夜とはいえ、とくに上のほうの席はガラガラに見えた。こんなしょうもない試合をしていたらそりゃお客さまも離れますわね。相手の拙いフィニッシュに助けられたけど、下手すりゃ負けてたぞ。 Arsenal set record for lowest ever Emirates attendance during Doncaster Rovers victory

Arsenal, Wenger

ヴェンゲルはスター選手の扱い方がわからない

昨日、少し遅れて先日の日曜のチェルシー戦レビューエントリをアップした。 【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし このなかで、サンチェスとエジルについて書いているうちにヒートアップして軽く追記なんかもしていたらすっかり長文になってしまったのだけど、まだ語り足りない気がしていてしつこく続けたいと思う。 そこではこんなふうに書いた。 彼らがこの試合にいなくてうまくいったという事実はあるにせよ、エジルもサンチェスもいい選手だということは間違いがないのだ。当然ながら決して選手に問題があるんじゃない。 問題は彼らを適材適所で使えないとか(強豪相手にあえてエジルを外すなんて采配をかつてボスがしたことがあったろうか?)、プレイの自由を与えすぎだとかそういった思考停止の放任マネージメントのほうだ。 たぶんシメオネのような監督なら、必要があればエジルだってサンチェスだって外すし(サンチェスは外さないか)彼らにもほかの選手と同じコレクティブなプレイを求めるだろうさ。ときにサッカーチームを軍隊に例えたりするが、規律を重んじない軍隊など存在しないのだ。規律がなければ戦争に勝てないからだ。フットボールも同様である。 エジルやサンチェスが試合のなかで時折見せる不貞腐れたようなふるまいを見ていると、いかに彼らが普段から傲慢な態度を取ることが許されているかがわかるし、彼らとの人間関係でボスが主導権を握っているように見えないのだ。

Arsenal, EFL, Match

【マッチプレビュー】17/18EFL(Carabao Cup) アーセナルvsドンキャスター・ローヴァース(20/09/2017) 予想スターティング

今季のリーグ・カップは「カラバオ(Carabao)」というタイのエナジードリンクの会社がスポンサーということで「Carabao Cup」。毎年名称が違うのがなんだかわかりづらい。ちなみにグーナー御用達のアーセナルフィクスチャーGoogleカレンダーでもいまだに”CaraboaCup”になっていて(2017/9/17現在)、いかに名前が浸透していないかという。 EFL Official Website – Homepage

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし

イングリッシュ・プレミアリーグ序盤の見どころであったチェルシー対アーセナルの一戦。好調を維持するチェルシーと不調のアーセナルの対戦ということで、ほとんどのメディアや識者が順当にチェルシー勝利を予想するなか、結局0-0のスコアレスドローに終わりアーセナルがアウェイでポイントをもぎ取るかたちとなった。※アーセナルがスタンフォード・ブリッジでポイントを取るのはじつに6年ぶりとのこと。 引き分けという結果だけ見れば強豪クラブに勝てないいつものアーセナルだったが、今回はその試合内容ゆえに戦前にアーセナルを酷評した多くのメディアやパンディットも手のひらを返したように賞賛している。我々もこんなに褒められるアーセナルを見るのは久しぶりじゃないだろうか。引き分けでここまで賞賛されるというのも複雑だが……。それだけアーセナルが絶望的な状況だったということだろう。 Chelsea 0-0 Arsenal: David Luiz sent off late in goalless draw

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) 予想スターティング

アーセナルとチェルシーの一戦ということで、さすがにビッグマッチで各メディアでもそれなりに取り上げられているが、アーセナルのファンとしては悲観的にならざるを得ない予想が大半でこのプレディクションもあまり気乗りがしない。試合を薄目で見ればダメージはいくらか軽減できるだろうか。 ボーンマス、ケルンと2連勝したとはいえ、それでチームが自信を付けたとは思えない。チームが本当に自信を付けるには強者に勝つしかないが、残念ながらチェルシーはいまのアーセナルが勝つには強すぎる。勝てばアーセナルにとってはこれ以上ないものとなるが、この世界そんなに甘くはない。せめて恥ずかしくない試合をしてほしいと思う。 とりあえず予想スターティンを。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017)

17/18シーズン、UEL初戦となったホームでのFCケルン戦。試合内容も決してほめられたものではなかったが、終わってみれば3-1と勝利。面目を保った。 そして今回もしかしたら試合そのものよりも注目を浴びたのが、2万人ともいわれるケルンサポーターが大挙押し寄せたことで生じたトラブルだ。試合時間も1時間遅れ、怪我人や逮捕者も出るなど、結果的に両クラブともにUEFAからペナルティが与えられるらしい。アーセナルはとんだとばっちりである(とばっちりといえば、ぼくは試合を1日間違えて前日にも4時起きしているわ、当日も1時間待たされるわで散々だった)。 ケルンサポーターの大行進やエミレーツ・スタジアム前や試合後のスタジアム内での暴れっぷりなどの映像もちらりと見たが死人とかでなくて本当によかったと思う。FCケルンは今回ヨーロッパの舞台に立つのは25年ぶりらしく、サポーター諸君はうれしすぎではしゃいでしまったということらしい。 Arsenal 3-1 FC Cologne

Arsenal, UEFA EL

17/18 UEFAヨーロッパリーグ、アーセナル優勝の現実味

今日(日本時間明日9/15早朝)から始まるアーセナルのヨーロッパリーグ。UCLを目指していたアーセナルにとっては不本意ながらの出場ということで、彼らがどのようにこのコンペティションを戦うのか初戦のFCケルン戦に注目が集まっている。 ところでメディアを眺めていると、当初目立っていたアーセナルは思い切ってUELの優先順位を落としリーグ戦に集中するべき(アウェイはスティーブ・ボールドに任せてしまえとか……)といった意見よりも、最近はUELを真剣に戦ってタイトルの獲得を目指すべきという意見が目立ってきたように感じる。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017) 予想スターティング

「17/18シーズン、UEFAヨーロッパリーグのグループステージ。アーセナルにとっては重要な初戦となるこの試合、ドイツ・ブンデスリーガで開幕3連敗と不調のFCケルンをホーム、エミレーツ・スタジアムに迎えます。解説はおなじみの……」 と、TV実況風に始めてみた。ここは倉敷さんヴォイスで再生していただきたい。 さて、まずは以前にアーセナルがUELをどう戦うべきか書いた拙ブログのエントリを紹介。ていうかUELってなんだよという人も読んでみてほしい。UCLとの賞金の違いなどについても言及した。 アーセナル、17/18 UEFAヨーロッパリーグ(UEL)の重要度 ファン目線では、EPLで成功するためにアーセナルは明らかにUELに注力している場合ではないのだが、融通のきかないヴェンゲル監督なら手を抜かずにケルン戦に挑むというのは大いに考えられる。そして週末のチェルシー戦で惨敗を喫すのだ。あると思います。 では予想スターティングを。

Arsenal, Arsenal Academy, Player

17/18アーセナル集合写真にネルソン、ウィロック、エンケティアらが含まれる【ファーストチーム】

アーセナルファーストチームスコッドオフィシャルピクチャー17/18が来た。写真はもちろんアーセナル公式サイトより。 EPL2(U23)で8月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスに輝いた超新星リース・ネルソンとジョー・ウィロック、エディ・エンケティアらアカデミー登録の選手が含まれていることと、おれたちのサンチャゴ・カソルラがいないことが話題。 どうでもいいけど写真データにEXIFが残っているってどうなのか?(NIKON D5で撮影)

Arsenal, EPL, Misc

【2017年版】英プレミアリーグとアーセナルFCの情報源まとめ

ぼくが日々更新しているこのブログのために(または単なる趣味で)読んでいるフットボール情報元をここらでまとめておきたい。 ほぼプレミアリーグ(アーセナル)にしか関心がないのでイングランドのメディアが中心である。別に珍しい情報源があるわけではないが、ある程度網羅的にまとめるので興味をもってくれる人がいれば幸い。※基本すべて英語なので、英語にアレルギーのある方にはオススメできなくて申し訳ない。 日本語のメディアもフィードを購読しているものがあるが基本的には二次情報三次情報だと思っていてこのブログの情報源としては利用していない。 (海外メディアのニュースをそのまま翻訳してエントリを乱発している日本の某サッカーニュースサイトがあるが、記事内でソースにリンクを貼らないのが個人的にはちょっと不誠実だなあと思っている。営利サイトだと思うけどああいうサイトのふるまいとしてはどうなんだろうか?) それとぼくはtwitter、instagram、FacebookなどSNS系からはほとんど情報を得ていない。本人の発言(一次情報)や速報性ということではおそらくtwitterに勝るものはないが、メディア、ジャーナリスト、クラブや選手本人など追うべき対象が多すぎる。事実一時期からアーセナル関連で重要なアカウントをリスト化していたがいまはもう放置状態だ。もちろんひとりひとりを追うよりもインフルエンサー的なアレでアルファ・ツイッタラーのツイートから間接的に情報を得ている人のほうが多いと思うが、ぼくは日常的にtwitterを使っていないのでそういうアカウントのTLを後から追うのもなんだか億劫なのだ。

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL アーセナルvsボーンマス(09/09/2017)

イングリッシュ・プレミアリーグ第4節、ホームでのボーンマス戦は久しぶりに見る快勝。狭い局面でもワンタッチでポンポンとリズムよくパスを回し、スペースを目ざとく見つけては走り込み、プレッシングでボールを奪いまくり、カウンターではつねに3~4人が相手陣内に殺到しパスコースがありすぎて迷ってしまうほど。始めから終わりまで、やることなすことうまくいくというアーセナルにとっては理想的な展開だった。やりたい放題であった。これまでの陰気なムードを一掃したな。 それにしても前節リヴァプール戦との落差。インターナショナルウイークを挟んだとはいえ、この好調ぶりはいったい何が原因だったんだろう? まさか催眠術? Arsenal 3-0 Bournemouth: Danny Welbeck strikes twice in comfortable win Embed from Getty Images

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsボーンマス(09/09/2017) 予想スターティング

いやあ、久しぶり。EPL第4節。インターナショナルウイークを挟んで久しぶりのプレミヤである。まあ普段から文句ばかりいっているが、やっぱり観たいのだよ。アーセナルが。どんなにダメでも。 さて次はボーンマスを迎えてのホームゲームとなる。ボーンマスといえばヴェンゲルの跡継ぎ候補のひとり、エディ・ハウ率いる中堅クラブ。そして昨シーズン、ジャック・ウィルシャーがお世話になったクラブ。今回ジャックがベンチに入るという噂もあるけどどうなんだろうね。ボスは明言しなかった。 さあ移籍市場、そしてEPL第3節まで何事もなかったかのように、さっくりと予想スターティングからいこう。

Arsenal, Wenger

ヴェンゲルはチェンバレンのような若手とうまくコミュニケーションが取れていない

おれたちの仲間だったチェンバレンが移籍先のリヴァプールで最初のインタビューに応えている。彼が移籍を決断するための要因のひとつだったというユルゲン・クロップを賞賛しているコメントも見ることができるぞ。 Read or watch in full: Alex Oxlade-Chamberlain’s first LFC interview クロップにまつわる一部分を雑に訳してみよう。

Arsenal, Transfer

BBC SPORTS記者がアーセナルの2017夏の移籍市場をいろいろ暴露

アーセナルファンにはおなじみのBBC SPORTS記者、デイビッド・オーンスタイン氏が投下したツイートが物議を醸している。 Quick attempt to answer some Qs on #AFC window. Likes of @SwissRamble @AST_arsenal far better & more forensic on finances + results/AGM soon pic.twitter.com/LSDoAfZ1kp — David Ornstein (@bbcsport_david) 2017年9月4日 訳す。雑に。

Arsenal, Player, Transfer

2017アーセナルの移籍市場雑感。サンチェスはなぜ移籍志願を明確にしなかったのか?

フットボールファン注目のデッドラインデイが昨日8/31(日本時間本日朝)に終わった。EPLトップ6で一番補強が必要といっても過言ではなかったアーセナルは、ファンの期待に反して結局たった2名の獲得という残念な結果に。また既存スコッドの人員整理についても思い通りにいかず、試合だけでなく移籍市場という大事な局面でも大きな不満を残す結果となってしまった。斜陽のアーセナルという印象をさらに強くした格好だ。

Arsenal, News, Transfer

2017年8月末日、アーセナル衝撃の移籍市場終幕劇

いやあ終わったね。キミが来てほしかった選手は来たかな? ワクワクして夜なべでSKY SPORTSをチェックしていたような人は早朝の日本で奇声を発していたかもしれないね。近所迷惑だからやめようね。 アーセナル2017夏の補強は2名のみに終わる衝撃の展開 そう、おれたちの移籍市場は今朝終わった。2017年、今夏おれたちが獲得したのはセアド・コラシナツ、それにアレクサンドル・ラカゼット。以上。最終日、謎のアフリカ人も東欧人もロシア人も韓国人も誰も来なかった。それでもういいじゃないか。彼らだってすごい選手たちだぞ? でも「補強」ってなんだっけね。改めて意味を考えているうちにゲシタルト崩壊を起こして意味がわからなくなってしまったんだ。

Arsenal, News, Transfer

【移籍情報まとめ】2017夏アーセナルのデッドラインデイ その2

その1に引き続き、デッドラインデイを迎えたアーセナル情報をお届け。 【移籍情報】泥舟、アマチュア、無計画……。2017夏アーセナルのデッドラインデイ その1 Arseblog氏がアーセナルの情報でもっとも信頼できるソースのひとつだという、BBC SPORTSのDavid Ornstein氏によると、「(デッドラインデイまできて)ガナーズにはもう大物を獲るだけの予算がない」とのこと。ただし、サンチェスの移籍でビッグマニーが入ってくれば状況は変わるというが。もう1日もないがな。。エンバッペへの125Mオファーは何だったんだ?

Arsenal, News, Transfer

【移籍情報まとめ】泥舟、アマチュア、無計画……。2017夏アーセナルのデッドラインデイ その1

さて、今年も楽しかった英国の移籍市場は本日8/31木曜日の夜11時にクローズする。デッドラインデイである。英国と日本の時差は8時間ということで、終わりは日本時間では明日(金曜日)の朝7時。もう24時間を切った。なんだかんだあっという間だったな。 アーセナルのデッドラインデイまでの動き アーセナルのこれまでの動きについては、ヴェンゲル監督が「獲得より放出を優先する」と語っていたとおり、全夏を通して新規獲得はたったの2名。さすが有言実行の男である。 ※画像はArseblog Newsより