hotいま読まれているエントリ

Arsenal, News, Transfer

ルーカス・トレイラ続報。アーセナルが獲得に近づく

Arsenal ‘closer and closer’ to Lucas Torreira transfer as €30m talks progress

アーセナルがルーカス・トレイラの獲得に向けて、ますます自信を深めている。



キープレイヤーであるナポリの動き

Napoli, attento all’Arsenal: Gunners su Torreira

サンプドリアのDM、ルーカス・トレイラの移籍を巡ってはアーセナルとナポリが本命と見られているが、ここへ来てナポリが動き出したようだ。

そもそもナポリは今夏の退団が濃厚であるジョルジーニョ(シティ行き……こちらもまだ余談を許さない……)の後釜を探してトレイラに目をつけていたところが、リリースクロースにある25Mユーロにさらなる上乗せや選手給与に3.5Mユーロを要求するなど、選手側の要求が過大であるとしてターゲットを変えたという。

そしてナポリはロボツカというMFの移籍でセルタ・ヴィーゴとすでに合意したというので、これが事実上のトレイラ獲得レースからの撤退だと見られている。ちなみにロボツカの獲得は同郷(スロヴァキア)のハムシクの推薦があったようだ。

Esclusiva: Napoli, Lobotka è caldissimo. Quando Jorginho… | Alfredo Pedullà

また、この選手側の大きな要求については、アーセナルならそれに対応できると考えられている。

移籍金については契約解除の25Mユーロに上乗せも辞さないと。ただし分割払いで30Mユーロのようなものになるらしい。

給与については、前回のエントリにも書いたように21才の選手に対して「税込金額」であればアーセナルなら問題にならないレベルながら、もしそれが「税別(税引き後)金額」であり要求どおりに払うとなれば、週給100kあたりまで行くことになる。それは多くのシニアの選手の給与を超えてしまうため、ドレッシングルームのパワーバランスを考慮すればアーセナルにとっては悩ましいものとなる。

このあたりの着地点さえ見つかれば……

トレイラ本人はアーセナルに行きたがっている?

トレイラのアーセナル行きが濃厚であるとされる根拠のひとつに、本人がアーセナル行きを望んでいるというものがある。が、べつにそういったコメントがあったわけではないようだ。

ひとつその証拠として挙げられているのが、トレイラのSNSでの動きである。

mirrorによれば、トレイラの自身のインスタグラムでアーセナルオフィシャルとエジルをフォローしているそうだ。

ただ、これこの噂が出てきたあとにフォローしたとなれば決定的と思われるが、そうでなければ決定的とまではいえないかもしれない。AFCもエジルも世界中でリスペクトされているわけだから、若いフットボーラーが彼らをフォローしていてもいうほどおかしくはない。

そう。まだ決定的とまではいえないのだ。

トレイラ to アーセナルにいまだ不安があるとすれば……

誰あろう、アーセナル情報で世界でもっとも信頼できるジャーナリストのひとり、BBCのオーンステインが沈黙を保っていることである。

多くの情報はイタリア経由で、肝心のもっとも信頼できるソースからの情報がまだない。ここまで騒がれていてオーンステインが登場していないのも不思議な話だが、一節にはバカンス中だとか……。たしかに6月に入ってからのツイートはない。

ええい、早くしろい。

いつ決着?

トレイラの代理人は、6/15までに評価すると話していることで、要するにワールドカップが始まる前に決着させたいのかもしれない。

待ちきれないよう。



2 Comments on “ルーカス・トレイラ続報。アーセナルが獲得に近づく

  1. トレイラのスタイルならばアーセナルが求めるアンカーに相応しいと思います
    だけれども、やはりオンスタ神のツイートが待ちきれない……

  2. ルーカスちょっと掘り下げてみるとかなりよさげな選手ですね
    攻撃面もさることながら空中戦以外の守備面にかなり期待できそう!

    アカデミーの選手たちの契約更改も済み(放出される選手も。。)コーチ陣もメルテザッカー以外にも新加入が2人ほどいそうだったりと、アーセナルの新シーズンにむけての動きが着々と。。
    あとはW杯後の発表になりそうな感じですかね~

Leave a Reply

Your email address will not be published.