Tag: Alexandre Lacazette

Arsenal, News, Transfer

最近のアーセナルニュース(2017年11月14日)フェキルがトップターゲットにその他

イタリアがFIFAワールドカップ2018ラッシャ®の本戦出場を何十年かぶりに逃したそうで、ざわついているフットボール界隈。ブッフォンもさすがにこの結末は予想していなかっただろう。アーセナルの選手はどちらにもおらず高みの見物。 ハイライトを観たらほとんどイタリアしか攻撃しておらずワンサイドゲームだったようだ。あれだけ攻めて得点できなかったのはイタリアの不運もあったとはいえ、スウェーデンはよく守った。試合終了の瞬間、イタリアホームの沈黙したスタジアムでスウェーデン選手たちの雄叫びがやけに生々しかった。その後はもちろん大ブーイングである。ボスは攻撃だけが好きだけど、徹底的に守るのもフットボール。アーセナルなら絶対に守りきれていなかった。 さて、週末のノースロンドンダービーまで時間もあるし移籍関連や選手の話題などたまっていた最近のアーセナルニュースをこのあたりでまとめておきたい。

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL マンチェスター・シティ vs アーセナル(5/11/2017)

なかなかレビューエントリを書く気になれなかったが、いつか懐かしく思い出すこともあるだろうと形式的にでも書いてみようと思う。 試合結果はこの通りで、まあ最終スコアは下馬評通りの結果といえる。ヴェンゲル監督にしてみれば3点のうち2点は疑惑のゴールだったとして憤懣やるかたないという気持ちもわからないでもないが、試合を通して観ていればアーセナルの劣勢は明らかで、逆にアーセナルは1点を返すなど善戦したといわれてもいいくらいだろう。 Man City 3-1 Arsenal: Leaders continue unbeaten run with comfortable win 17/18シーズンのマンシティをバルセロナやバイエルンといった、かつてグアルディオラが率いた最強クラブと比べる向きもある。だが、われわれがそのバルサやバイエンにクソミソにやられたことを考えれば、マンシティの完成度はそれらにはまだ及んでいるとはいえず、彼らとわれわれを比して決して大人と子どもなんていうほどの差はなかった。せいぜい鹿島アントラーズと帝京高校程度の差しか感じなかった。

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL エヴァートン vs アーセナル(22/10/2017)

EPLで久々の快勝。今季アウェイマッチ初勝利となった。とくにマンU行きの噂が大きく報道されたメスト・エジルは、生まれ変わったかのようなキレキレのパフォーマンスでチームを牽引。アーセナルのゲームメイカーに相応しい活躍を見せた。 Embed from Getty Images Everton 2-5 Arsenal: Pressure piled on Ronald Koeman as Gunners run riot

Arsenal, Player, Wenger

ヴェンゲルはなぜラカゼットを90分使わないのか

Embed from Getty Images 今シーズンが始まってから何度かメディアでも指摘されているのが「なぜヴェンゲルはラカゼットを途中交代させるのか?」ということだ。せっかく史上最高額で獲得した選手を、べつに調子が悪そうに見えなくても真っ先に交代させることについて不思議に思った人も多いんじゃないだろうか。ぼくもずっと疑問に感じていたし、試合後の会見では何度かプレスからツッコミが入ったこともあるから、やはりふつうに奇妙と感じられるのだろう。 ラカゼットは今季リーグ戦8試合ですべての試合に出場しているが、そのなかで90分ピッチにとどまったのは、開始2分でいきなり得点を決めた初戦のレスター戦(アーセナルでのデビュー戦)だけで、その後の7試合で途中交代となっているとのこと(出場はそれぞれ78、28、75、66、83、71、68分)。彼だけが特別バテていたという様子がなくても、まるで最初から決まっていたかのように最初の交代はラカゼットOUT、ジルーINとなる。

Arsenal, FIFA World Cup

ガナーズたちのワールドカップ予選結果まとめ FIFA World Cup 2018 Russia™

2018 FIFAワールドカップロシア大会の予選、続々と出場国が決まり、あとはいくつかの予選試合とプレイオフを残すのみとなった。 それにしてもアメリカの敗退には驚いた。アメリカ国内ではほかのスポーツに比べサッカーの人気はさほど高くないとはいえ、サッカーのワールドカップが世界的なイベントであることくらいはアメリカ人だって知っているだろう。しかし誰が一番ダメージを受けたかといえば、間違いなく主催のFIFAだ。どうしても出場してほしい中国は相変わらず出てくれないし、アメリカまで予選敗退してしまうとはまったくの予想外だったに違いない。世界大会とはいえ、中国やアメリカのような大国が出ない大会では収益に影響が出るのは必至だ。 アメリカでは1986年から続いたワールドカップ出場を逃したということで国民の「サッカー熱」が冷めるのではないかと危惧している人もいるという。2年連続南米王者のチリが最終節で本大会出場を逃したり、ヨーロッパでは強豪国のオランダやイタリアの不調もあったりと今予選は予想外の展開が多かった。 日本は早々に出場を決めることができてほんとうによかったと思う。 US fails to reach 2018 World Cup; Argentina breathes sigh of relief さて、アーセナルの選手たちももちろんたくさんの選手たちが各国の代表としてプレイしている。ガナーたちの国を中心にここまでのワールドカップ予選の結果をまとめてみよう。

Arsenal, News

最近のアーセナルニュース(2017年10月9日)ムスタフィ離脱その他

最近のアーセナルのニュースをまとめてお届け。インターナショナルブレイク中で各国のワールドカップ予選もアツい展開に。 ワールドカップ予選のガナーズ まずはホヤホヤのこのニュース。 ムスタフィが腿(ハムストリング?)の怪我で途中交代 Arsenal’s Shkodran Mustafi ‘could be out for a while’ after picking up injury in Germany win ムスタフィがワールドカップ出場を賭けたアゼルバイジャン戦で腿をやってしまった(試合はドイツの勝利)。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL BATEボリソフ vs アーセナル(28/09/2017)

平日深夜を週2はキツい。ゆうべのBATEボリソフ戦はさすがに何度も寝そうになった。そしてアーセナルはアウェイで控え中心、ユース選手も含んだスコッドだったとはいえ、相変わらずの体たらくぶり。二重でキツかった。 今朝一応各メディアをざっと確認したけれど、あまり褒められていない代わりに、4点取ったからかさほどけなされてもいない。たぶん、記者たちもちゃんと観てないんだろう。そんなしょぼくれたUELである。ここでちゃんとけなしておこう。 Bate Borisov 2-4 Arsenal

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsWBA(25/09/2017) 予想スターティング

アーセナルのEPL第6節の対戦相手はWBA。9/25月曜夜(日本時間9/26火曜早朝)のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦となる。早くもキーラン・ギブスがエミレーツに帰ってくるホームでの一戦。 現在アーセナルはプレミアリーグで2勝2敗1引き分けの12位と思わず目を覆いたくなるようなポジションにいるが、目隠しプレイをしている場合ではない。3位のチェルシーまで3ポイントしか離れておらず、WBAに勝利すれば、ジャンプアップする可能性はある。 ちなみに昨シーズンは初戦のリヴァプールに敗れてから14試合負けなかった(その間6連勝と3連勝があった)。EPLでは、10月末のマンシティ戦まで比較的イージーな相手が続く。連勝を期待したいものだ。

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし

イングリッシュ・プレミアリーグ序盤の見どころであったチェルシー対アーセナルの一戦。好調を維持するチェルシーと不調のアーセナルの対戦ということで、ほとんどのメディアや識者が順当にチェルシー勝利を予想するなか、結局0-0のスコアレスドローに終わりアーセナルがアウェイでポイントをもぎ取るかたちとなった。※アーセナルがスタンフォード・ブリッジでポイントを取るのはじつに6年ぶりとのこと。 引き分けという結果だけ見れば強豪クラブに勝てないいつものアーセナルだったが、今回はその試合内容ゆえに戦前にアーセナルを酷評した多くのメディアやパンディットも手のひらを返したように賞賛している。我々もこんなに褒められるアーセナルを見るのは久しぶりじゃないだろうか。引き分けでここまで賞賛されるというのも複雑だが……。それだけアーセナルが絶望的な状況だったということだろう。 Chelsea 0-0 Arsenal: David Luiz sent off late in goalless draw

Arsenal, EPL, Match

アンリ、EPLデビュー戦のラカゼットを賞賛

Arseblog Newsによると、SKYのフットボール番組「MNF(Monday Night Football)」で、パンディットのティエリ・アンリ氏がEPLデビュー戦でのラカゼットのプレイを分析。賞賛するも、チームメイトたちとのコンビネーションにはまだ時間が必要だと語った。