hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match, News

【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs バーンリー(23/Jan/2022)CMがいない

スパーズ(A)を延期したアーセナルにとって、PLの試合は1月1日のシティ(H)以来。かなりブランクを感じる。

今月は、FAカップとリーグカップで敗退してしまい、まったく不本意な1月となっているアーセナルながら、この試合に勝てれば(そして満足いく補強ができれば)また、残りシーズンはいい流れにもっていけそうな予感はあるっちゃある。元日のシティまではいちおう5連勝だったわけで(※すべてのコンペティション)、そこからチームのコアが大きく変化しているわけでもない。

逆にいえば、ズタボロの1月を払拭するためにも、この試合は必ず勝たねばならない。このあと2週間のIBに入るため、もしそれに失敗するとチームのムードにとっては非常によろしくない。ファンのメンタルヘルスにも。

リヴァプールの敗戦にひきつづき選手のフィットネスには注目ながら、最大の問題はパーティとジャカというレギュラーCMのふたりをサスペンションで欠くこと。

現在リーグテーブル最下位のバーンリーとホームで戦うということで、われらにとっては、勝って当然の試合がむしろプレッシャーになりかねない状況でもある。

試合をプレヴューしてゆこう。



アルテタの試合前コメンツ「敗戦のあとでこの試合は非常に重要になった」

リヴァプールの翌日にはもうアップされたボスコメント。今回はプレス会見はなく、インタヴューのようだ。オフィシャルサイトより。

アルテタ:敗戦、失望のあとで、この試合は非常に大きな試合になる。われわれは早く戻っていきたい。

つねに難しい試合なので、わたしは競争力あるチームを予想する。

わたしは、リヴァプール相手にやったことを選手たちに見せるだろう。そして結果についても。なぜなら、チームはたくさんいいことも行ったのだから。

彼らに2試合の勝負で勝つには十分ではなかった。そこがわたしが探っていかねばならないレヴェルなんだ。

(チームを強化)1日づつやっていかねばならない。選手を欠いているのはさまざまな理由であり、そこを評価していく。

彼らはみんなできるだけ早くチームに加わりたがっているということ。だが、何人かはまだ無理だ。だから、日曜に向けてはもう誰も失わないことを願う。

われわれは試合に勝つためにここにいる。それがプレッシャーになる。試合の量もわかっているし、目標を達成したいならそれに勝たねばならない。だが、あまり遠くを見通すことはできない。

この数週間でもたくさんのことが起きた。スクワッドとチームをマネジするのはかなり大変だったのだ。たくさんの選手を失っていて、あらためてまとめねばならない。日曜の試合にも勝たねばならない。そして、そこから観ていく。そのあとには、ウィンドウがあるから。何人かの選手も戻れるといい。

以上。

ラカゼットのコメント「自分のチャントを聴くのはグレイト」

マッチデイプログラムのなかでのインタヴューがオフィシャルサイトで伝えられていた。

♪”He’s our Frenchman, he’s our No 9. He plays for Arsenal in red and white. Scoring goals is what he does best… and he goes by the name of Lacazette!”

ラカゼット:‘Spirit in the Sky’にのせたチャント)そうだね。あれを思い出すと鳥肌がたつよ。自分のうたがあるなんて、すごくすごくナイスだ。あれをステディアムで聴くときは、もうグレイトなフィーリングさ。

どういうわけか、最近は選手たちがそれをよくうたうんだよ。なんでかな! ブカヨなんてぼくにずっとうたってくるんだ。でもすごくナイスだ。

リヨンでもあったし、ここでもある。ぼくにはとても名誉なことだ。アーセナルのようなビッグクラブでファンからうたをもらえる。それはとてもとても特別なことだよ。

(高まるファンとのきずな)出かけるとたくさんのファンに会う。でも最近はCovidもあるからできるだけ家にいるんだ。だから以前よりは彼らに会うことは減ったかもしれない。

でも最初にここに来たときは笑えたな。ロンドンの街に出ると、ファンベイスの大きなに気づくんだ。あるとき出かけたら、20人か25人くらいに会って、全員がアーセナルのサポーターだと云う。

最初はそんなわけあるかーいと思ったんだ。ぼくに気づいてそう云っただけだと。「ロンドンにはアーセナルのファンしかいないの?」って思った。でも、すぐにそうじゃないとわかった。ただ、アーセナルはそこらじゅうにファンがいる巨大で有名なクラブなんだと。ロンドンだけじゃなく。

以上。

あのチャントは、「ふんふんふんーふ……、ラーカゼーット」しかわからなかったからありがたい(笑い)。

質問にもあるように、最近はずっとラカゼットとステディアムのファンはうまくいっているように見えたけども、いっぽうで彼の得点能力に不満をもつファンも多い。今シーズンもなんだかんだ、PLではゴールは3つしかとってない。リヴァプールでもそうだったが、ゴールのチャンスがないわけでもないので、フォルス9だからといういい訳もあまりできないし。

個人的には、ラカゼットの契約延長は賛成ではあるが、過渡期のチームにおける一時的な役割があるというだけで、アーセナルがトップチームになりたいのなら長期的なプランではありえない。とは思う。

ストライカーの補強については、毎日毎日つたえられるヴラホヴィッチのニュースが、代わり映えのしない内容ばかりで(本人も代理人もアーセナル移籍に後ろ向き)、ほんとうにうんざりしている。さっさとつぎへ行ったらいいと思う。ただし、そのつぎもかなり難しそうだ。

アーセナルのリストにあると云われるジョナサン・デイヴィッド、アレクサンダー・イザック、DCLにディエゴ・コスタ(笑い)。どれも冬に実現するのは、難しいようで、そうなると別のターゲットにする必要があるが、極論ラカゼットより信頼できるストライカーとなると、ある程度実績ある選手でなければならず。謎のアフリカ人とか、謎の東欧人とかの出番ではない。どうなってしまうのか。

最近ふと思うのは、オリヴィエ・ジルー氏はいまなにをしているんだろうと。彼は、半年ローンみたいな条件なら、わりと適役ではないだろうか。クロスを放り込みたいアルテタの戦術にも合っている。(※ACミランで5点も取ってたから来ない)

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

10 Comments on “【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs バーンリー(23/Jan/2022)CMがいない

  1. Twitter見てても思うけどホントアルテタ嫌いだよね。遠回しにネチネチと

  2. 私もアルテタ嫌いです。
    権力を振りかざすようなやり方には賛同できない。

  3. セントラルはホントに大事なポジションですよね。
    前と後ろにどれだけいい選手がいても、セントラルがつなげなければ機能しない。
    その大事なセントラルのレギュラー二人がどっちもレッドカードで出られないって、かつてそんなチームがあったのだろうか。

    とは言っても相手は最下位でこちらはホーム。
    絶対に勝たないと。COYG

  4. これは難しいと思う。パーティとジャカのプレーが良くなってこそのシティ戦だったし連勝だったと思うんで、それを新人やコンバート組がやるわけで。一から立ち上げるのに近い難易度だと思う。

    僕はロコンガのポテンシャルを疑ってはいないけど、チームにフィットするかどうかは別の作業だと思う。パーティはあれだけ能力があってもチームにフィットするのには時間がかかった。しかもロコンガはパーティですら機能しない4-1-4-1のバランスをゼロから作ってる。チームマネージメントへの不満は置いといて(誰のせいなのか分からん)、この選手がやってることは応援したい。若い選手が困難に立ち向かってるわけだし、3ポイント取るために必要な事でもあるから。

    あと個人的にはホワイトのDMFよりは4-1-4-1を選択しそうな気もする。基本的に前を向いてプレーするCBのスキルセットでは本職と同じサッカーになるかどうか。単調な攻撃になっていいならアリだと思うんだけど、この相手はそれが一番やばい気もする。

    おそらくお互いに額面通りの実力が出せない状況だから、相手が最下位とか関係ないと思う。楽しいショーを期待してる向きには辛い試合になるかも。しかしどういう試合でもこの3ポイントはCLに直結する3ポイントなので。
    勝ちましょう。COYG!

  5. 正直正解がわからん。相手がターゲットマンをサウジマネーで引き抜かれたのは知ってるが、それでも割とロングボール主体だそうで、そしたら中盤にホワイト置きたくなるが、ぶっつけでやるのか??
    アズィーズは他レンタル路線が濃厚とのことで、相変わらずユースレベルでも試せる人は少ない。

    こういうネガティブな空気を払拭する勝利を!
    アルテタの契約延長は僕もひとまず保留派。
    フェルマーレン引退だそうで、ベルギーNT指導陣らしいけど、呼んじゃえないかな?
    次第にエクandアンリらインビンシブル世代 と 現ボードandアルテタ筆頭ベンゲル末期世代の逆世代闘争風になるのも一興なんだが

  6. シーズン中のアルテタ契約延長、直後にPL3連敗 & ファンからの不満爆発、そして最後の最後でトップ4滑り込み。
    というふうにAll or Nothingの台本に書かれているらしいです。

    シーズン中の延長には賛成です。良い仕事をしていると思います。

  7. ラカゼットと契約延長できないというのは、シティがデブライネ、リヴァプールがマネサラーと契約延長ができないのと同じくらいに捉えるべきだと思うんですけどね。オーバやエジルの失敗でシニア選手に慎重になるのもわかるけど、、

    バーンリーくらいだったらロコンガでもいけるかもしれないけど、リーズでもやってたんだからホワイトのアンカーを期待したい。

  8. ジルーはもう流石に無理かと。今のアーセナルのインテンシティについて行けない。ミランの試合見てても、「そこもっとチェイス!」とストレス溜まりまくります。 マルティネッリみたいなガツガツ行ける若手の方が皆ハッピーになれます。

  9. ロコンガの1ボラに賛成。
    ジャカとパーティが二人揃っていないのはびっくりだがここでバーンリーなのは正直助かる。
    ここは内容ダメダメでも結果勝てれば良し。
    頼むぞロコンガ君。

  10. 私は今季は6位以内でEL出場権得れば十分アルテタは及第点だと思います。
    アーセナルというチームの格として4位以内には入ってもらわないとというのもわからなくはないですが、ここ数年CL争いを続けてたわけでもなく、他チームに比べても若手の比率が多く層の薄いチームで4位に入らなければ監督交代やむなしみたいなのは期待値が高すぎかと。
    とはいえ冬と夏でまたしっかり金使った来シーズンでEL争いしてたらその時は解任やむなしだと思いますが笑

Leave a Reply

Your email address will not be published.