Category: Transfer

Arsenal, News, Transfer

最近のアーセナルニュース(2017年11月14日)フェキルがトップターゲットにその他

イタリアがFIFAワールドカップ2018ラッシャ®の本戦出場を何十年かぶりに逃したそうで、ざわついているフットボール界隈。ブッフォンもさすがにこの結末は予想していなかっただろう。アーセナルの選手はどちらにもおらず高みの見物。 ハイライトを観たらほとんどイタリアしか攻撃しておらずワンサイドゲームだったようだ。あれだけ攻めて得点できなかったのはイタリアの不運もあったとはいえ、スウェーデンはよく守った。試合終了の瞬間、イタリアホームの沈黙したスタジアムでスウェーデン選手たちの雄叫びがやけに生々しかった。その後はもちろん大ブーイングである。ボスは攻撃だけが好きだけど、徹底的に守るのもフットボール。アーセナルなら絶対に守りきれていなかった。 さて、週末のノースロンドンダービーまで時間もあるし移籍関連や選手の話題などたまっていた最近のアーセナルニュースをこのあたりでまとめておきたい。

Player, Transfer

NEXTエジル? Berkay Özcan(ベルカイ・エズジャン)て誰?

ゆうべたまたま、シュツットガルトのライブ中継を眺めていたら、おれたちのタクマ・アサノと一緒に先週アーセナルとのリンクが話題になったシュツットガルト期待の19歳、Berkay Özcan(ベルカイ・エズジャン)も出場していたので興味深く見た。 ほとんどアーセナルの試合しか観ないもので、シュツットガルトvsフライブルクという渋いカード、しかも前半早々にフライブルクが退場者を出し一方的な展開、はあまりにも退屈すぎて前半でギブ。今朝ハイライトを観たところでは前半の2-0からもう1点を追加しシュツットガルトが3-0で勝っていた。エズジャンは前半のふたつのゴールをアシスト(記録みるとアシスト1になってるのはなぜだ)。コメンタリーによるとブンデスリーガは初スターティングだったとのことで、それを考慮しても立派なパフォーマンスだったと思う。 アーセナルが1月最初の契約に近づく? Arsenal closing in on first signing of January transfer window さて、この件。アーセナルがエズジャンの獲得を目指しているという。これが単なるゴシップではないのは、本人がもうアーセナルとの接触を認めている点だ。エズジャン本人が「beINターキー」のインタビューに応えた。

Arsenal, EPL, Player, Transfer

アーセナル、EPL17/18序盤戦レビューと解決すべき問題点

イングランドでは、EPL17/18シーズンの7試合を消化してインターナショナルブレイクに入った。 アーセナルの17/18序盤ここまでの成績 アーセナルのEPLのフォームはここまでを振り返ると、WLLWDWWといかにもスロースターターらしい結果となっている。とりわけ8月のレスター戦、リヴァプール戦はそれぞれ3失点、4失点とほとんど守備崩壊ともいえる試合をしていた。 スロースターターといえばなんとなく聞こえはいいが、昨シーズンも初戦で破れて結局最後はUCL出場圏内に1ポイント足らず涙をのんだことを早くも忘れてしまったようだ。同じ過ちを何度も繰り返す学ばないクラブである。 ただ、その後のスタンフォードブリッジでの善戦が示すように、戦い方がいくらか改善されたおかげか9月はカップ戦含めて6戦で無敗(5勝1分)という結果を残してもいる。 対戦相手はカップ戦リーグ戦ともチェルシー以外はすべて格下だったとはいえ、取りこぼさなかったことはやはり褒められるべきだろう。またヨーロッパリーグでは控えとユースの選手を中心に戦ってある程度失点しているものの、9月のリーグ戦はボーンマス、チェルシー、WBAを相手にすべての試合を無失点で終えた(10月1日のブライトンもクリンシート)。試合内容からするとまぐれっぽくはある。

Arsenal, News, Transfer

エジルはマンUに行きたい。アーセナル最近の契約/移籍の話題

Exclusive: Ozil will snub Arsenal contract offer and wants to join Man United Mirrorの独占スクープだというこの記事。エジルは来夏のマンU移籍を希望しているのでアーセナルの契約更新オファーは拒否するという内容。夏の移籍市場が終わったばかりのこの時期に出るゴシップなどどうでもいいのだが、エジル to マンUというのは、これはけっこう現実味あるかもなと思った。

Arsenal, Transfer

BBC SPORTS記者がアーセナルの2017夏の移籍市場をいろいろ暴露

アーセナルファンにはおなじみのBBC SPORTS記者、デイビッド・オーンスタイン氏が投下したツイートが物議を醸している。 Quick attempt to answer some Qs on #AFC window. Likes of @SwissRamble @AST_arsenal far better & more forensic on finances + results/AGM soon pic.twitter.com/LSDoAfZ1kp — David Ornstein (@bbcsport_david) 2017年9月4日 訳す。雑に。

Arsenal, Player, Transfer

2017アーセナルの移籍市場雑感。サンチェスはなぜ移籍志願を明確にしなかったのか?

フットボールファン注目のデッドラインデイが昨日8/31(日本時間本日朝)に終わった。EPLトップ6で一番補強が必要といっても過言ではなかったアーセナルは、ファンの期待に反して結局たった2名の獲得という残念な結果に。また既存スコッドの人員整理についても思い通りにいかず、試合だけでなく移籍市場という大事な局面でも大きな不満を残す結果となってしまった。斜陽のアーセナルという印象をさらに強くした格好だ。

Arsenal, News, Transfer

2017年8月末日、アーセナル衝撃の移籍市場終幕劇

いやあ終わったね。キミが来てほしかった選手は来たかな? ワクワクして夜なべでSKY SPORTSをチェックしていたような人は早朝の日本で奇声を発していたかもしれないね。近所迷惑だからやめようね。 アーセナル2017夏の補強は2名のみに終わる衝撃の展開 そう、おれたちの移籍市場は今朝終わった。2017年、今夏おれたちが獲得したのはセアド・コラシナツ、それにアレクサンドル・ラカゼット。以上。最終日、謎のアフリカ人も東欧人もロシア人も韓国人も誰も来なかった。それでもういいじゃないか。彼らだってすごい選手たちだぞ? でも「補強」ってなんだっけね。改めて意味を考えているうちにゲシタルト崩壊を起こして意味がわからなくなってしまったんだ。

Arsenal, News, Transfer

【移籍情報まとめ】2017夏アーセナルのデッドラインデイ その2

その1に引き続き、デッドラインデイを迎えたアーセナル情報をお届け。 【移籍情報】泥舟、アマチュア、無計画……。2017夏アーセナルのデッドラインデイ その1 Arseblog氏がアーセナルの情報でもっとも信頼できるソースのひとつだという、BBC SPORTSのDavid Ornstein氏によると、「(デッドラインデイまできて)ガナーズにはもう大物を獲るだけの予算がない」とのこと。ただし、サンチェスの移籍でビッグマニーが入ってくれば状況は変わるというが。もう1日もないがな。。エンバッペへの125Mオファーは何だったんだ?

Arsenal, News, Transfer

【移籍情報まとめ】泥舟、アマチュア、無計画……。2017夏アーセナルのデッドラインデイ その1

さて、今年も楽しかった英国の移籍市場は本日8/31木曜日の夜11時にクローズする。デッドラインデイである。英国と日本の時差は8時間ということで、終わりは日本時間では明日(金曜日)の朝7時。もう24時間を切った。なんだかんだあっという間だったな。 アーセナルのデッドラインデイまでの動き アーセナルのこれまでの動きについては、ヴェンゲル監督が「獲得より放出を優先する」と語っていたとおり、全夏を通して新規獲得はたったの2名。さすが有言実行の男である。 ※画像はArseblog Newsより

Arsenal, News, Player, Transfer

【もうなにが】ムスタフィがローンでインテルへ?【なにやら】

アーセナル界隈では不可解なことがしばしば起こるが、さすがにこれより意味不明な取引はないのではないか。 Shkodran Mustafi agrees to leave Inter for Arsenal 事前にボスがムスタフィ放出の噂をはっきりと否定しなかったことで一部メディアでは騒がれていたが、SKY ITALIAによるとシュコドラン・ムスタフィとインテルが合意したらしい。あとはクラブ間合意を残すが、インテルは買い取りオプション付きのローンを希望しているのに対し、アーセナルは彼を放出するならば昨シーズンにムスタフィを獲得したフィーでの完全移籍を望んでいるという。