Category: UEFA EL

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL アーセナル vs レッドスター・ベオグラード(2/11/2017)

早朝5時というキックオフ時間。現地時間20:00ということで、観戦しやすいんだかしやすくないんだか空席の目立つエミレーツの観客席。眠い目をこすりながら観る価値のない試合だった。相手の拙攻に助けられた無得点&無失点のドロー。それでもアーセナルはグループステージの勝ち抜けが決まった。 Arsenal 0-0 Red Star Belgrade これで例のホーム13連勝という記録は途絶えたのかな? 運良く負けなかったのでホーム16戦無敗のほうは続いているようだ。話題にもならない。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL アーセナル vs レッドスター・ベオグラード(2/11/2017)

UEFAヨーロッパリーグ、ズヴィズダーことレッドスター・ベオグラードをエミレーツに迎える今節。日曜のマンシティが気になりすぎて、おろそかにしつつあるUELは今夜(日本時間明日の朝5時ってまじか?)行われる。 UELはここまで全勝とアーセナルは優勝候補に恥じない成績を残しているが、やっぱりUCLを戦いたかったよなあというのが、逃してわかるありがたみである。ToTがどこかの国のとてもつよいクラブに歴史的勝利を収めたおかげでわれらは余計な赤っ恥をかいてしまったじゃないか。

Arsenal, UEFA CL, UEFA EL

17/18 UCLグループステージからUELに落ちてくるのはどのクラブだ予想

今季はUEFAヨーロッパリーグ(以下UEL)という誰が観ているのかもわからないカップ戦を戦うアーセナル。UEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)は気分が落ち込むのであまり観ないようにしていたが、これだけ騒がれては目にしないわけにはいかない。グループステージも佳境に差し掛かっておりそろそろグループの趨勢も見えてきたようだ。 UELレギュレーションによると、UCL各グループステージの3位クラブ(※UCL予選敗退)が、UELのラウンド32(ベスト32)から組み込まれることになっている。アーセナルがUELで優勝するためには、UELのグループステージから参加しているような弱小クラブとはひと味違う、彼らUCL脱落組というより難しい相手に勝っていかなければならない。ゆえにわれわれはこのUCLのグループステージを一般のファンとは違った角度から見ていかねばならないことになる。 UELの大会について詳しくはWikipediaや拙ブログの過去エントリなどもご参照願いたい。わかりにくくて困る。 UEFAヨーロッパリーグ 2017-18 – Wikipedia 17/18 UEFAヨーロッパリーグ、アーセナル優勝の現実味

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL レッドスター・ベオグラード vs アーセナル(19/10/2017)

セルビアという慣れない異国での厳しいアウェイマッチだったとはいえ、ほとんど90分にわたり駄試合を行って、終盤に劇的な得点をすると、終わってみればなんとなくポジティブな雰囲気。起死回生のジルーさんのアレをくさすわけでは決してないけどこんなでいいのか。UCLのハイクオリティな試合を観たすぐあとにこれを観させられると余計にモヤモヤする。 Crvena Zvezda 0-1 Arsenal これでUELグループステージの前半戦は終わり。3連勝は素直にめでたい。ケルンとか苦戦した印象だけど全敗か。残りの3試合はホームが2試合。グループ1位が決まれば一気に楽になりそうだ。じつはアーセナルはUELの優勝候補だからね。これくらいの結果は残して当たり前なのである。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL レッドスター・ベオグラード vs アーセナル(19/10/2017) 予想スターティング

UELの時間がやってきた。現在公式戦100連勝中で絶好調のアーセナル、今回の相手はRed Star Belgrade(レッドスター・ベオグラード/レッドスター・ベルグレイド)またの名をFK Crvena Zvezda。ズヴィズダってなんだよと思っていたら、現地では「FKツルヴェナ・ズヴェズダ」という呼称を用い、インターナショナル(英語圏)では「レッドスター・ベルグレイド」と呼ばれているらしい。いずれも意味は「赤い星」とのこと。ニッポンとジャパンの違いみたいなことかな。 すでにボスがセルビアで試合前のプレス会見を済ませているので、タイミング的にどのような選手で試合に臨むのかわかってしまっている部分もあるが、まずはスターティン予想から。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL BATEボリソフ vs アーセナル(28/09/2017)

平日深夜を週2はキツい。ゆうべのBATEボリソフ戦はさすがに何度も寝そうになった。そしてアーセナルはアウェイで控え中心、ユース選手も含んだスコッドだったとはいえ、相変わらずの体たらくぶり。二重でキツかった。 今朝一応各メディアをざっと確認したけれど、あまり褒められていない代わりに、4点取ったからかさほどけなされてもいない。たぶん、記者たちもちゃんと観てないんだろう。そんなしょぼくれたUELである。ここでちゃんとけなしておこう。 Bate Borisov 2-4 Arsenal

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL BATEボリソフ vs アーセナル(28/09/2017) 予想スターティング

いやあUCLおもしろいね。今朝ハイライトを夢中で観てしまった。きら星のごとくスター選手たちの夢の饗宴とはこのことだわ。とくにおれたちを粉砕したバイエルンを粉砕したPSGにはしびれた。奴らがあんなふうにやられたのは近年初めてなんじゃないのかな。エンバッペのあのスピードなんだあれ。彼は人間なの? これでアーセナルがPSGをコテンパンにやっつければじゃんけん状態でおもしろいんだけどね。対戦する機会すら得られるかわからないという。わからないという。。 さて気を取り直して。アーセナルにとっては今回のUELで最初のアウェイマッチとなる今節。相手はベラルーシの強豪クラブ、BATEボリソフ。アレックス・フレブが在籍したクラブとして知られていることは前回のエントリで触れたとおり。 今回、ユース選手を何人か連れていくということでちょっとした話題になっているが、シニアをメインにユースを織り交ぜてとヴェンゲル監督が語っているので、ケルン戦のようなスターティングになることが予想される。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017)

17/18シーズン、UEL初戦となったホームでのFCケルン戦。試合内容も決してほめられたものではなかったが、終わってみれば3-1と勝利。面目を保った。 そして今回もしかしたら試合そのものよりも注目を浴びたのが、2万人ともいわれるケルンサポーターが大挙押し寄せたことで生じたトラブルだ。試合時間も1時間遅れ、怪我人や逮捕者も出るなど、結果的に両クラブともにUEFAからペナルティが与えられるらしい。アーセナルはとんだとばっちりである(とばっちりといえば、ぼくは試合を1日間違えて前日にも4時起きしているわ、当日も1時間待たされるわで散々だった)。 ケルンサポーターの大行進やエミレーツ・スタジアム前や試合後のスタジアム内での暴れっぷりなどの映像もちらりと見たが死人とかでなくて本当によかったと思う。FCケルンは今回ヨーロッパの舞台に立つのは25年ぶりらしく、サポーター諸君はうれしすぎではしゃいでしまったということらしい。 Arsenal 3-1 FC Cologne

Arsenal, UEFA EL

17/18 UEFAヨーロッパリーグ、アーセナル優勝の現実味

今日(日本時間明日9/15早朝)から始まるアーセナルのヨーロッパリーグ。UCLを目指していたアーセナルにとっては不本意ながらの出場ということで、彼らがどのようにこのコンペティションを戦うのか初戦のFCケルン戦に注目が集まっている。 ところでメディアを眺めていると、当初目立っていたアーセナルは思い切ってUELの優先順位を落としリーグ戦に集中するべき(アウェイはスティーブ・ボールドに任せてしまえとか……)といった意見よりも、最近はUELを真剣に戦ってタイトルの獲得を目指すべきという意見が目立ってきたように感じる。

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017) 予想スターティング

「17/18シーズン、UEFAヨーロッパリーグのグループステージ。アーセナルにとっては重要な初戦となるこの試合、ドイツ・ブンデスリーガで開幕3連敗と不調のFCケルンをホーム、エミレーツ・スタジアムに迎えます。解説はおなじみの……」 と、TV実況風に始めてみた。ここは倉敷さんヴォイスで再生していただきたい。 さて、まずは以前にアーセナルがUELをどう戦うべきか書いた拙ブログのエントリを紹介。ていうかUELってなんだよという人も読んでみてほしい。UCLとの賞金の違いなどについても言及した。 アーセナル、17/18 UEFAヨーロッパリーグ(UEL)の重要度 ファン目線では、EPLで成功するためにアーセナルは明らかにUELに注力している場合ではないのだが、融通のきかないヴェンゲル監督なら手を抜かずにケルン戦に挑むというのは大いに考えられる。そして週末のチェルシー戦で惨敗を喫すのだ。あると思います。 では予想スターティングを。