Arsenal, Emery, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】18/19UEL LAST32 BATEボリソフ vs アーセナル(14/Feb/2019)近年まれに見る最低試合だとか

最低試合だっていう感想をニュース、ツイッターやブログなどでいくつも見たので。 ぼくは今季これまでもっと悪い試合もあったような気がして、意外なほどショックを受けていない。 かなり弱いと思っていた相手に負けたのだからショックがないわけではないのだけど、これホーム・アウェイで戦うから「アウェイでの不利な前半」が終わっただけであることも事実で。 エミレイツでも彼らは勝ち抜けを目指してさらにガチガチに守ってくるだろうから当然キツいけど、われわれはアウェイゴールをぶっこまれたわけじゃないのだ。 いくらしょぼいアーセナルでもホームであのレヴェルのチーム相手に1-0の差をひっくり返せないほど深刻ではないだろうと。ぼくは珍しく楽観的に考えている。ほら、最近のアーセナル界隈では不寛容は許しませんブームだしそれに乗っておこうかと思って。 大丈夫大丈夫。イウォビもAMNもキツいピッチでよーやったわい! がっはっは(角栄)。 Bate Borisov 1-0 Arsenal: Gunners suffer defeat in Belarus や、来週負けたらさすがに怒るよ?

Arsenal, Emery, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】18/19UEL LAST32 BATEボリソフ vs アーセナル(14/Feb/2019)エジルをなぜ使わない……

弱ったもんだ。アーセナルはまたエジルを連れて行かないことに決めた。いったい何がどうなってんのかな? 18/19UELのノックアウトステイジ・ラスト32、アーセナルの相手はBATEボリソフ、ファーストレグはアウェイマッチとなる。 BATEボリソフとは去年グループステイジでもホーム+アウェイで戦っており、この短期間でベラルーシチームと2度も戦うことになった。不思議な縁である。 BATE vs Arsenal preview: Mesut Ozil and Aaron Ramsey left out of squad

Arsenal, Player, Transfer

アーロン・ラムジー、夏の退団が発表される。ユヴェントスと4年契約&驚愕のサラリー

驚いたよねえ。何がってお給料。 ちょうど昨夜は変な時間に目が覚めてしまってからどうしても再度眠りにつくことができず、諦めてツイッターを見るとちょうどオーンステインがブレイキングしていたところで。 その後には、本人、AFC、ユーヴェの三者が同じくらいのタイミングでSNS上でこの件を公表し、ラムジーの夏のフリーエイジェントでの退団は決定したのだった。

Arsenal, Misc, Player

ハダースフィールド戦でのイウォビへの批判が話題に

土曜のハダースフィールド戦、アーセナルは苦しい戦いを強いられながらなんとかアウェイで3ポインツをゲット。 試合内容は誰が見てもあまり褒められたものではなく、このブログ含めて選手への批判的な論調は少なからずあった。 そんななか、イウォビの交代時にステディアムの一部のファンから心無いことばがなげかけられたという事案があったそうで、試合後にはこのことを発端に、昨今のファンベイスの不寛容さが大きな議論になっていた。 このブログを読んでくれているひとたちはご存知のように、ぼくもアーセナルに関してはわりと沸点が低い人間なのでよくマネージャーや選手を罵倒している。 最近は、あとから自分でブログを見返して反省することも多いので近視眼的な批判はしないよう心がけているが、ここで批判されているような人種についてそれほど他人事のようにも思えず、自戒を込めてあえてこの話題を取り上げてみようと思った次第。

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチレビュー】18/19EPL ハダースフィールド vs アーセナル(9/Feb/2019)醜く勝つ?

圧倒的リーグ最下位チーム相手にこの苦戦。拙攻に助けられなければもっと悲惨な結果になっていたかも。 アウェイってだけでここまでパフォーマンスがひどくなるってのは逆にすごくない? Huddersfield Town 1-2 Arsenal: Gunners maintain top-four hopes with comfortable win ぼくねえ、そろそろ試合も終わりっていうころに、こんなしょぼい試合で今季初のアウェイクリンシートとかやるくらいなら、いっそ失点しろって思ったんですよ。もう今季はアウェイクリンシートなしで終われと。伝説をつくれと。 思ってみるもんだねえ!

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチプレビュー】18/19EPL ハダースフィールド vs アーセナル(9/Feb/2019)チャンスをつくり勝て

イングリッシュ・プレミアリーグweek26、アーセナルはハダースフィールドタウンと戦う。 ハダースフィールドが現在ダントツのリーグ最下位ということを考えれば、アーセナルはシティでの敗戦から立ち直るきっかけにすべき試合だ。 そしてもちろん今シーズン求めている結果が得られるかどうかの大きなカギになる、アウェイフォームの克服も大きなテーマとなるだろう。 とくに先週チェルシーがホームで5-0大勝によって4位に返り咲いたが、その試合相手もハダースフィールドだった。アーセナルも勝つことはもちろん、クラブの格に見合った結果を要求したい。 Huddersfield vs Arsenal preview: Visitors could hand Denis Suarez full debut ハダースフィールドのピッチは去年のヴェンゲルさんのラストマッチも思い起こされるが、トップ4フィニッシュを目指して感傷に浸っている場合ではない。

Arsenal, Transfer

BBCオーンステインが語る2019冬の移籍市場裏側とアーセナルの現在

昨日、BBCのデイヴィッド・オーンステインがArseblogのポッドキャスト番組、Arsecast(Ep.513)にゲスト出演した。 Arseblog – the Arsenal blog うほ。いい声。Arseblogのひとってたしか声優もやってんだよね。さすがしゃべりもイケてる。ポッドキャストは無料で視聴可能。 この内容をredditの有志がまとめてくれているので、今回はそれを紹介したい。 なおネタ元のサブはコメントのポイントをまとめた抜粋版?で、より詳細な完全版?はこちらのサブにある。リスペクト。

Arsenal, EPL

アーセナルのPLトップ4フィニッシュに好材料?

下馬評どおりにシティに完敗、このところのバッドフォームの流れでいまのアーセナルは最高潮に悪い空気になっているに違いない。 しかし、このブログでも何度か指摘しているように、アーセナルのシーズン終了までのフィクスチャにおいては、トップ4を競うライヴァルたちと比べてやや有利な状況にある。 それを詳しく見ていこう。 xGunners: Arsenal’s top four race 多くのファンがシティ戦で絶望的な気分になっているのはぼくも知っているが、これを知ればシーズン終了までまた別の期待を持って楽しいアーセナルライフが送れるかもしれないよ☆

Arsenal, Emery, EPL, Match, News, Transfer

【マッチレビュー】18/19EPL マンチェスター・シティ vs アーセナル(3/Feb/2019)最強の矛と最弱の盾

なんという無矛盾。どうりで予想通りの虐殺ショーだったわけだ。3失点で済んでほんとによかった。 Man City 3-1 Arsenal: Sergio Aguero hat-trick cuts Liverpool’s lead to two points 光年単位でクオリティの差を見せつけられた。遠いなあ。

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチプレビュー】18/19EPL マンチェスター・シティ vs アーセナル(3/Feb/2019)「ビッグテスト」と云いたいが……

昨日チェルシーがハダースフィールドに大差(5-0)で勝ち、暫定ながらまたリーグ順位が入れ替わった。 今回アウェイのシティでアーセナルがそれと同等の結果が出せるとはファンですら誰も思っていないので、ほんのいっときとはいえ4位にいたことは、いま思えば短い夢を見たとしかいいようがない。 シティでは下馬評どおりに虐殺されるか、あるいは予想に反してToTやリヴァプール、チェルシー戦のようなビッグマッチをやるか、どちらかになるのではないかと予想するファンがいたが、それはそれでなるほどという気がした。気持ちはわかるというか。 しかしよく考えればファンとして最高に楽観的に予想してもそれは難しいだろう。なぜならアーセナルが今季トップチーム相手にやったいい試合はすべてホームなのだから。今回はアウェイだ。 アーセナルが最後にアウェイでトップ6に勝ったのは2015年1月のシティだったらしい。ちょうど4年前。いまだに語られる例のカソルラとコクランのCMコンビの評価を決定づけた試合だな。 それくらい勝っていない、に加えてこのディフェンス惨事である。いままでダメだったのにこの試合で突然よくなるなんてPLはさすがにそんな甘くない(まあアーセナルではそういうのもごくまれに見かけるけど……)。 ということで、戦力差や練度、フォームからしても負けてもともと。ポイントが取れるようなら最高にラッキー。そんな試合である。 Manchester City v Arsenal この試合負けると、ユナイテッド(vs レスターでアウェイ)の結果によってはアーセナルは6位に転落する。ついに追いつかれるわけだ。

Arsenal, Player, Transfer

18/19シーズン後半をドイツでプレイすることになったエミール・スミス・ロウ

昨日(日本時間今朝)、ヨーロッパの移籍市場がクローズした。 デッドラインデイとなった昨日、アーセナルでは獲得はデニス・スアレスただひとりとややがっかりなところは否めないが、誰かが来ただけまだマシだと考えよう。 そして、移籍(デパーチャー)についてはエミール・スミス・ロウのRBライプツィヒへの移籍が発表されている。シーズン終了までのローン移籍。 18才という彼のような年齢の時期ならプレイタイムは非常に重要で、しかもドイツのトップリーグでのプレイは彼のさらなる成長を促すことだろう。 リース・ネルソンに違わぬ活躍を期待したい。 😃🇩🇪 #DieRotenBullen pic.twitter.com/aEd3vBrCb8 — Emile Smith Rowe (@emilesmithrowe) January 31, 2019 そんなスミス・ロウについて、さっそくブンデスリーガ公式サイトが特集記事をアップしていたので、今回はそちらを読むついでに紹介したい。

Arsenal, News, Transfer

アーセナルの2019年冬の移籍市場デッドラインデイ

昨日の予告どおり、冬の移籍市場のデッドラインデイについてお送りしよう。 なお、現時点()ではデニス・スアレスの当確が出ているほかはメジャーな動きはまだ見えていない。 イングランドでは1/31が始まったばかりでまだまだ時間はあるが、ここまでの動きをまとめてみよう。 内容の薄いエントリだったらすまん。※現在イングランドはちょうど1/31のお昼くらい。

Arsenal, Player, Transfer

【Welcome】デニス・スアレスのパーソナリティ【to Arsenal】

冬の移籍市場デッドラインデイを迎える今日1/31。 かねてよりアーセナルがローン獲得を希望していたと云われるバルセロナのデニス・スアレスについて、一時は破談を噂されるなど紆余曲折ありながらも昨日から当確印が各所から出ていて、日本時間深夜にはBBC Sportsでもニュースで報じられた。 Denis Suarez: Arsenal sign Barcelona midfielder on loan

Arsenal, EPL, Misc, Neta

プロジェクト84進捗はどうなってるのか(epl week24)#project8x4

毎回申し訳ない。Twitterでアレどうなってんの?って訊かれるまで忘れてた。 さて、アーセナルはチェルシー戦(H)みたいなファインフォームをときおり見せたりしながら、概ねグダグダなときを過ごしている。前半連勝をやっていたことがウソのようだ。 ヘッドコーチは何度もインプルーヴメント、インプルーヴメントと口にしながらも、どうも成長も改善も進歩もしてるような気がしない。気のせいかな。 そんなアーセナル。とりあえず現在のプロジェクトの進捗状況をご報告しよう。

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチレビュー】18/19EPL アーセナル vs カーディフ(29/Jan/2019)定着しない安定感

や、エモい雰囲気でやりにくかったってのはあると思うのだけど。 まあ、勝ったんだけどさあ。どうなのこれ。 とても今季PLアウェイで1勝しかしてないチームとの対戦とは思えない。ドローだって2回しかやってないんだぜ。あとは全部負け。そんなカーディフ相手に。 Arsenal v Cardiff City またしても選手を大きく変えてきたのは日曜のシティに温存した説あるけど、そんなのウソだよね? バッドフォームは選手の問題が大きいと思ってきたけど、マネージャーの責任もけっこうあんじゃねえのか。そんなふうに思いました。

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチプレビュー】18/19EPL アーセナル vs カーディフ(29/Jan/2019)悲しみを乗り越えて

リーグ・アン、ナントから今月PLカーディフ・シティに移籍したストライカーのエミリアーノ・サラ。 搭乗した飛行機が失踪するという痛ましい事故からすでに捜索は打ち切られているが、今後も有志が資金を募って私的に捜索がつづけられるという。 同じ時期にチャイナクラブからのオファーを断ってカーディフを選んだのは、本人のPLでプレイしたいというたっての希望だったというのだから悲しい。 Arsenal v Cardiff City アーセナルにとっては今回のカーディフ戦は、ホームでしかも相性のいい相手ということで、厳しいシーズンのなかで比較的精神的余裕をもって戦える数少ない試合ながら、プレイに集中することが難しい試合とも云えそうだ。

Arsenal, Player

アーセナルユースウォッチャーによる浅野拓磨リポート【2019Jan】

Arseblogにユースウォッチャー、Jeorge Bird(@jeorgebird)氏のタクマ・アサノについてのリポートが来ていた。 彼は2016/17シーズン夏にアーセナルに獲得されて以来、ワークパーミットのため一度もアーセナルでプレイすることなく、ジャーマンクラブに3シーズン連続でローンとなっている。 この間、残念ながらドイツでとくに目立った活躍をしているわけでもなく、日本人のファンですら大半は彼のことは忘れていると思われるので(極論)、現在の彼の状況を伝えるありがたい報告となっている。 といっても、パフォーマンスに突っ込んだ内容ではなく、あくまで彼の置かれている厳しい状況をあらためて確認するものだが。 ざっくり紹介しよう。

Arsenal, Emery, FA Cup, Match, News

【マッチレビュー】18/19FAカップ アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(25/Jan/2019)いつもと同じアーセナル

やあ、いつものおれたちのアーセナルで安心しましたなあ。 試合後のArseblogの指摘が的を射ていた。 元ストライカーで失点  短時間でつづけて失点  複数のケガ人  追いかける展開からカウンターでとどめ  もう一個付け足すなら、少ないチャンスを確実に決められる。かな。 今回、CBふたりがケガで交代となってしまったため、この結果をアンラッキーだと見る向きもある。たしかに1-3という点差は実力差ではなかったとぼくも思う。いまのマンUがそこまでいいチームとは思えないし。 でもあまりアーセナルを擁護できないのは、この敗戦のなかにいまのアーセナルの改善できないままになっている諸問題が凝縮されていたからでもある。 Arsenal 1-3 Manchester United in FA Cup fourth round

Arsenal, Emery, FA Cup, Match

【マッチプレビュー】18/19FAカップ アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(25/Jan/2019)FAカップの重要度と両クラブの現在地

今季FAカップは早くもビッグチームとの対戦。 成績不振のモウリーニョからマネージャーを引き継いだスールシャールで好フォームを維持するマンチェスター・ユナイテッドが、エミレイツステイディアムを訪れる。 アーセナルとマンUはPLでもトップ4入りを直接争うライヴァルで、それぞれ並行してELとCLという重要なカップコンペティションを戦っている。今回はお互いにとくにけが人が出るとキツい状況で戦うFAカップとなる。 それぞれどのようにこのコンペティションの重要度を位置づけしているか、まずはどんなスクオッドで試合に臨むかが注目される。 Arsenal v Manchester United

Arsenal, News, Transfer

最近のアーセナルニュース(23/Jan/2019)ベレリンが長期離脱へ。D.スアレス交渉決裂?

チェルシー戦の勝利から、このブログ的には少し落ち着いていたが、冬の移籍市場オープン中でアーセナル界隈は相変わらず話題に事欠かない。 最近のアーセナル関連ニュースをまとめよう。今回は、デイヴィッド・オーンステイン(BBC Sports)の昨日のツイートを中心に。 As per @DaveHytner Bellerín ruptured ACL confirmed in scan today, 6-9 months. Rest of squad were paintballing pre #MUFC. Francis Cagigao tipped by many to succeed Mislintat as HoR with Monchi among names for TD (no timescale). #AFC want 2 loan deals, 1 being Suarez but not close — David Ornstein (@bbcsport_david) …