Arsenal, Arteta, FA Cup, Match

【マッチプレビュー】19/20 FAカップ ボーンマス vs アーセナル(27/Jan/2020)ファイナルサードでどん

19-20FAカップフォースラウンドは、ボーンマス(A)。 去年末、アルテタがアーセナルFCにやって来てから最初の試合がボーンマスだったということは、彼のマネージャーキャリアの初試合がボーンマスだったということ。そのデビュー戦はホロ苦ドロウだった。 アルテタはアーセナルにとってのFAカップの重要さ(※アーセナルはFAカップの最多優勝クラブ)もよく理解している。勝つ気マンマンで試合に臨むはずだ。 しかしながらオバメヤンがサスペンデッド(3試合バンの最後)、そしてルイスもチェルシーのレッドカードで同じくサスペンデッド(1試合バン)。ふたりのレギュラーを欠く。 Bournemouth vs Arsenal preview

Arsenal, Arteta, Player

ムスタフィのキャリアを救うのはアルテタ

19-20FAカップのボーンマス戦を前に、ボスがチェルシーでミスをやったムスタフィについて語っていた。 試合のなかで、彼がああいったミスをやるのはもはや見慣れた光景といってよく、立場は悪くなる一方に思えたが、どうもアルテタはまた別の考えを持っているようだ。 Mikel Arteta backs himself to rescue Shkodran Mustafi’s Arsenal career

Arsenal, Arteta, FA Cup

【試合前記者会見】19/20FAカップ ボーンマス vs アーセナル(27/Jan/2020)セバーヨスはポジションを競う必要がある……

FAカップ。 リーズに辛勝しフォースラウンドへ。マンデイナイトでボーンマスとのアウェイマッチだ。彼らとはやはり12月末にも戦っており、チェルシーのように時期をあけずしての再戦となる。 アルテタの試合前プレス会見をお伝えしよう。 Arteta on Bournemouth, Ceballos, Auba: transcript

Arsenal, News, Transfer

【ブレイキング】元シティのCB、パブロ・マリがアーセナルへ

いきなり来た。ブレイキングしたのが日本時間の今朝だから、ロンドンもいい時間だったが。。 フラメンゴのCB、パブロ・マリ(Pablo Marí)がアーセナルへの移籍がまとまったという噂。。 Edu Gaspar, dirigente do Arsenal, e Pablo Marí no Galeão. pic.twitter.com/wcKhlL9D9r — Victor Gammaro (@vgammaross) January 25, 2020 選手とエドゥがいる現場も目撃されているということでこれはどうもマジっぽい。 この案件が明らかになってから、たった数時間で決定した?まで話が進むという。なんてこった。

Arsenal, Behind The Scene, Transfer

最近のアーセナル移籍ニュース(24/Jan/2020)セバーヨスが退団希望、オバメヤンがバルサへ?、待望の左脚CBマトイエンコ……

前回のアーセナル移籍ニュースからおよそ一週間。 19-20冬の移籍ウィンドウのオープン期間も残り一週間となり、ヨーロピアンフットボールは選手の行き来でますます賑わいを見せているところ。 アーセナル界隈でいまどんな移籍の噂が行き交っているか、まとめていこう。

EPL, Misc

ギャリー・ネヴィルが語る。英プレミアリーグ10年の変化

昨年末は2019年だけなく2010年代の終わりだったということで、メディアなどでは単に年の瀬に一年を総括するといった企画というより、2010年代のベストイレヴンを選ぼうとか「この10年」という時代を振り返る企画をところどころで見かけた。“XX of the decade”みたいなやつ。 そんななかSky Sportsが、現在はSkyでパンディットを務めるギャリー・ネヴィルによる、PLのこの10年の変化を振り返るというコラム(※Podcastの書き起こし)をアップしていた。 とてもおもしろそうと思いながら、後回しにしてしまっており、今回読むついでにざっと訳したのでシェアしようかと。 Off Script: Gary Neville on football’s decade of change

Arsenal, Arteta, EPL, Match, Player

【マッチレビュー】19/20EPL チェルシー vs アーセナル(21/Jan/2020)【試合の論点】不屈の闘志

Part.1につづき、EPL19-20チェルシー(A)のレヴュー。 この試合のトーキングポインツをまとめてみよう。長すぎたらごめんね。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】19/20EPL チェルシー vs アーセナル(21/Jan/2020)【コメント集とマッチスタッツ】不屈の闘志

マルティネリのゴールの瞬間はさすがに叫びましたよね。 ぼくの“The moment of the Season”に決定。あれ以上の瞬間が今年あるように思えない。ベレリンのは2位。 なんというカタルシス。それも90分で2回も味あわせてもらうという贅沢さ。 ついさっきまで有頂天だったにっくき相手を失望のズンドコに叩き落とす快感。物語はこうでないといけませんなあ! 結局得られたのはたった1ポイントでもちろん勝てなかったのは残念だけど、こんなポジティヴな1ポイントは昨シーズンのリヴァプール(H)以上かなと。今回はスタンフォード・ブリッジだったのだから、格別の味わい。 おいらこのブログで書いたことなかったかもしれませんが、じつはチェルシーが世界で一番キライ☆なチームなんすよ。毎年降格してほしいと思ってる。だからもう。ご飯が何杯でも。 あの流れ&ひとり少ない劣勢で2回も追いついたのだから、このチームのネヴァギヴァップのスピリッツは本当にすごい。すごくてすごい。感動した。 Chelsea 2-2 Arsenal: Hector Bellerin earns Arsenal point in London derby では試合をざっと振り返りましょう。 Part1はコメント集とマッチスタッツ。論点についてはPart2にて。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】19/20EPL チェルシー vs アーセナル(21/Jan/2020)学びを活かせ

PL week24。アーセナルの相手は、4位チェルシー@SB。 早くも再戦だ。彼らとホームで戦ったのは年末だったので、まだひと月もたっていない。ゆえにあの悔しかった敗戦の記憶が生々しい。。 アーセナルは現時点で4位の彼らと10ポインツ差。トップ4フィニッシュはわりと絶望的な状況であることには変わりがないものの、後述するようにここしばらくはトップサイズがポインツを落としまくっているということで、もしこの試合で最良の結果が得られるようだと奇跡を信じる力が生まれる。チームの雰囲気はがぜんアガるはずである。 逆にここでいい結果が得られなければ、自信回復にはまたしても急ブレーキがかかるだろう。 オバメヤンのいない2試合目。苦手な場所でリヴェンジなるか。ビッグマッチだ。なんか毎回ビッグマッチビッグマッチ云うとりますが、今回こそは(笑い)。 Chelsea vs Arsenal preview

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】19/20EPL アーセナル vs シェフィールド・ユナイテッド(18/Jan/2020)課題は守備から攻撃へ

期待してたんだけどなあ。ホームで1-1ドロウ。 PLテーブルで6位というシェフィールド・ユナイテッドのフォームを考えれば、いま10位のアーセナルがホームであっても苦戦することは予想できなくはなかったが、失点時のシーンを見れば大変に悔いの残る結果となった。 アルテタが来て以来、6試合でW2 D3 L1(※FAカップのW1含む)。PLではポッシボー15ポインツのうち取れたのは6ポインツ。5試合中4試合でポインツを落としている。 たしかに守備面ではエメリ時代にくらべて見違えたところがある。もう毎試合20本シュートを打たれるようなチームではなくなった。この6試合で敗けもひとつしかない(しかもチェルシーのアレ)。 守備は進歩のきざしがある一方で、今シーズンの攻撃の物足りなさは依然として課題でありつづけている。 ポインツを落としているこの4試合でのアーセナルの得点はすべて「1」。現在PLではかつてないほどに上下格差がなくなっているためか(リヴァプールを除く)毎週のようにトップチームがポインツを落としまくっている現実を見るに、PLで勝つにはもう得点1では十分ではないのだろう。 現時点におけるアーセナルの問題が浮き彫りになった試合であった。 Arsenal 1-1 Sheff Utd: John Fleck cancels out Gabriel Martinelli goal for draw 試合をざっと振り返ろう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】19/20EPL アーセナル vs シェフィールド・ユナイテッド(18/Jan/2020)アウェイにとても強い相手

PLのお時間です。 マッチデイ23のアーセナルは、エミレーツに絶好調のシェフィールド・ユナイテッドを迎える。 アーセナルにとってはメインストライカーのオバメヤンを欠く3試合の最初の試合。またチームはパフォーマンスの90分の一貫性を模索している最中で、ホームとはいえ手強い相手に対しどのように戦うのか。注目の一戦である。 Arsenal vs Sheffield United preview

Arsenal, Transfer

アーセナルがPSGのLBレイヴィン・クルザワ獲得で本気交渉とオーンステイン

昨日このブログの移籍ニュースエントリでも「ファンからヤヴァいほど不人気(笑い)」と書いたPSGのLBレイヴィン・クルザワ(Layvin Kurzawa)27才。 現時点ではファン界隈でもアーセナルとのリンクの噂もあまり歓迎されていない彼だが、昨日デイヴィッド・オーンステインを含む複数ジャーナリストが、アーセナルはクルザワの獲得に本気であると報じた。 Arsenal in advanced talks to sign Layvin Kurzawa, PSG’s… この動きの背景、LB補強の重要度、選手についてなどいくつか徒然に書いてみよう。

Arsenal, News, Transfer

最近のアーセナル移籍ニュース(15/Jan/2020)Part2 移籍ニュース&ゴシップ。来るかブルーノ・ギマラエシュ

昨日アップした移籍ニュースエントリのPart1のつづき。 最近のアーセナル移籍ニュース&ゴシップを。話題がたくさんで、いまChromeのタブが30くらい開いてて落ちそうズラ。。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【試合前記者会見】19/20EPL アーセナル vs シェフィールド・ユナイテッド(18/Jan/2020)オバメヤンの不在、移籍ウィンドウ進捗、チームニュース……

昨日の移籍ニュースのつづきをアップする予定だったが、アルテタの試合前プレス会見があったのでそちらを先に。移籍についての質問も出ていたので、こちらを先にすべきだろうと。

Arsenal, Arsenal Academy, News, Transfer

最近のアーセナル移籍ニュース(15/Jan/2020)Part1 ヤングガンズのローンが続々と決定。オーンステインリポート

前回の移籍ニュースのエントリからおよそ10日。クラブからはいまだ補強の知らせはない。。 今日は1/15。冬の移籍ウィンドウもちょうど半分ということで、アーセナル界隈の移籍ニュースをまとめてよう。 長くなりそうなのでPart1とPart2に分ける。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】19/20EPL クリスタル・パレス vs アーセナル(11/Jan/2020)ため息しかできない

悪いときは悪いときでなにか書きたくなるし、いいときはもちろんなんでも書きたい。どっちの感情もなにかを書くパワフルなモチヴェイションになってる。 でもこの試合はなんというか。 いいところも悪いところもあって、でも何かを責める気にはなれなくて、かといって絶賛するようなこともなく。無反応になってしまった。 さて。土曜のいい時間に行われたパレス(A)は結局1-1のドロウ。試合前にはかなりワクワクしてたし、なんなら始まってから30分はワクワクしてたんだけど、そこからズルズルと。必ず勝つという期待は裏切られた。 運は悪いのはたしかなんだろう。けれど、それを引き寄せる「なにか」もまたまだ持ち合わせていないような、そういう印象を受けた。 そんなになんでもがすぐにうまくいくはずがないか。。道は長いよ。 Crystal Palace 1-1 Arsenal: Pierre-Emerick Aubameyang sent off 試合をざっと振り返ってみる。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】19/20EPL クリスタル・パレス vs アーセナル(11/Jan/2020)さらなる進歩はあるか

PLイズバック! FAカップを挟んだのでアレだけど、じつは年始のマンU以来という。10日ぶり。 さあ、あらためて本番である。 EPLマッチデイ22、アーセナルの相手は難敵クリスタル・パレス。セルハーストパークでのアウェイマッチだ。 この試合に勝てば、オープニングの2試合(ニューカッスル、バーンリー)以来初めての今シーズンPL連勝となるアーセナル。 ここからトップ4フィニッシュという奇跡のターンアラウンドを実現するには、アウェイでの弱さ克服もカギになってくる。 テーブルでは9位と10位の6ポインターマッチであり、またアルテタ以来フォームを取り戻しつつあるアーセナルにとっては、さらなる進歩を見せるためのビッグテストになる。 Crystal Palace v Arsenal 今回もまた見逃せないゾ☆

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【試合前記者会見】19/20EPL クリスタル・パレス vs アーセナル(11/Jan/2020)パレス、移籍ウィンドウ、オーバ去就、ジャカ慰留……

明日土曜のランチタイムキックオフ。 元日以来ひさびさのPL week22はクリスタル・パレス(A)。 アルテタの試合前プレス会見を。 ※ダヴィド・ルイスについてのコメントを追記(1/11)

Arsenal, Arteta, FA Cup, Match

【マッチレビュー】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)アルテタのヘアドライヤー

相手のインテンシティ、クオリティに驚かされた前半。そしてそっくりそのままインテンシティ、クオリティでアーセナルが圧倒した後半。 結果はホームで1-0勝利となったものの、予想外の前半の停滞はなんだったのか? 後半のカムバックの背景にはいったい何があったのか?? 謎が謎を呼ぶ。 今回もまた語りどころが多いっすなあ。 Arsenal 1-0 Leeds: Reiss Nelson strike sees Gunners progress 試合を振り返ってまいろう。

Arsenal, Arteta, FA Cup, Match

【マッチプレビュー】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)今年のFAカップがスタート

FAカップサードラウンド。唯一のマンデイナイト(なぜ?)はアーセナル vs リーズ・ユナイテッド。 アルテタのヘッドコーチとしては初のFAカップだが、なんとAFCでの選手時代も最初のFAカップの相手はリーズだったそう。イングランドに数え切れないほどのフットボールクラブがあることを考えれば、どえらい偶然でありますなあ。 アーセナルにとってはアルテタが来て以降のPL3試合で見せた改革への道のりを、カップ戦でもどう見せるか。 またマルセロ・ビエルサのリーズは、現在チャンピオンシップでリーグリーダーという油断のならない相手。 通算13回の優勝を誇るFAカップマスターであり、今シーズンのタイトルにも本気だというアーセナルは、サードラウンドとはいえ細心の注意を払って挑む必要があるだろう。 PLの過密フィクスチャでロウテイションが必須ということもあり、なかなかトリッキーな試合になりそうである。 Arsenal v Leeds United, FA Cup third round