Arsenal, Player, Transfer

マーティン・オーデガードのアーセナル復帰は実現するか?【2021夏の移籍ウィンドウ】

どうも。夏は暑い。 さて先日のエントリでも少し触れた、マーティン・オーデガードがレアル・マドリッドであまりうまくいっていないんじゃないかという件。 それ自体についてはともかく、ここ数日で彼がアーセナルに復帰するストーリーは予想以上に盛り上がっている感がある。 まだ移籍ウィンドウのクローズまでには時間があるので、これから何が起きるかわからないが、現時点でのオーデガードとアーセナルにまつわるもろもろを書いておこう。

Arsenal, Friendly Match, Match, News, Transfer

アーセナルがミルウォールとのフレンドリーマッチに快勝&移籍ニュースもろもろ

こんにちは。 プリシーズンのUSツアーをキャンセルしたアーセナルは、土曜日にミルウォールFCとフレンドリーマッチを行った。 この試合はライヴ中継は行われず、試合が終わったあとにAFCオフィシャルよりArsenal Playerでのストリーミング中継(録画)がアナウンス。それがストリーミング開始のたった1時間前だったということで、見逃したファンも多かった様子。ぼくもそのひとりで、その後フルマッチを見つけることもできず、またしてもハイライト動画しか観ていない。なんたる不覚。

Arsenal, Arteta

ヌーノの獲得、バロガンとオコンコのプロモーション、KTとESRのキャラクターを語るアルテタ

昨日アルテタがクラブのインタヴューでKTとESRについて語っていた。 それと、その前にもこのブログでスルーされていたボスインタヴューもあったので、記録のためにもまとめてカヴァしておこう。 まずは4日前のヌーノとバロガン、オコンコについて語ったインタヴューから。

Arsenal, News, Player

エミール・スミス・ロウが新契約にサイン。No.10シャツを勝ち取る #ESR10

©Stuart MacFarlane   こんにちは。 この夏、アーセナルのファンがもっとも楽しみにしていたことのひとつがようやく実現した。 Emile Smith Rowe signs new long-term deal ESRがアーセナルと新契約にサイン。クラブがそれに取り組んでいることはしばらく前から伝えられていたが、ついに。 そして、なによりも驚かされたのは20才の彼がクラブからNo.10を与えられたこと。まがうことなきエースナンバー。期待度の高さがハンパではない。

Arsenal, News

アーセナルがUSツアーをキャンセル【21-22プリシーズン】

驚きのニュース。 アーセナルがプリシーズンのUSツアーをキャンセルすると公式に発表した。アメリカ遠征の参加者のなかで数名のCovid感染が発覚したためということ。 US trip off after positive COVID tests

Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナルがアルバート・サンビ・ロコンガの獲得を発表(追記あり)

ながらく待たされた。 アーセナルFCがアンデルレヒトから21才のセントラルMF、アルバート・サンビ・ロコンガ(Albert Sambi Lokonga)の獲得を発表。 Welcome Sambi! | Lokonga joins Arsenal この夏ふたりめのサイン。またまた若く有望そうな若ものでナイス。

Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナル移籍合意が伝えられたベン・ホワイト。移籍条件が明かされる

先週金曜日に、アーセナルとブライトンとのクラブ間で、£50Mでの移籍で原則合意が伝えられた、ベン・ホワイト。 Arsenal reach agreement in principle for Ben White transfer アーセナルに比肩するようなライヴァルのオファーもなく、すでに選手とは個人条件では合意していたというので、なんだかんだほかの止まっている案件に比べると、わりあいすんなり決まったように見える。 そして、昨日『The Times』がこの案件について移籍の詳細について報じていたのが話題になっている。※念為The TimesはTier3メディアである

Arsenal, Player, Transfer

ロマーノ「ロカテッリはアーセナルを拒否しているわけではない」

この夏もますます大忙しのHere we goのひと、ファブリツィオ・ロマーノがアーセナルとリンクされるサッスオーロのマヌエル・ロカテッリについて、アーセナルとユヴェントスのファン向けに選手の現在状況を説明する動画を公開していた。 いまも彼についてファンから何度も繰り返し同じ質問されていることは想像に難くなく。こういう動画を公開したい気持ちはわかるよね…… いっぺんに説明してやるから、ちょっと待ってくれとでもいいたげでちょっとおもしろかったので内容をシェアしたい。

Arsenal, Arsenal Academy, Arteta, Friendly Match, Match

【マッチレビュー】21/22プリシーズン フレンドリー レンジャーズ vs アーセナル(17/Jul/2021)タヴァーレスのデビューゴール

こんにちは。 やっとアーセナルの試合をちゃんと観られた。しかも内容も期待していたよりもずっとおもしろかった。フレンドリーマッチのPPVにはファンのあいだで是非もあるようだけど、課金をしたかいがあったというものだ。 新キットでの初試合、ヌーノ・タヴァーレスのデビュー&ゴールなど、少なからずみどころもあったこの試合。ざっと振り返ろう。

Arsenal, Arteta

21-22プリシーズンとサカを語るミケル・アルテタ

こんにちは。 昨日アルテタがアーセナルのオフィシャルサイトによるインタヴューにこたえていたので、それをフォロウしよう。 Arteta on… the pre-season, Florida and more

Arsenal, Arsenal Academy

20-21プリシーズンのスコットランドキャンプに参加していないAFCヤングスターズ

プリシーズンのスコットランドキャンプが始まっていて、昨日はすでにヒブズと最初のフレンドリーマッチを行ったアーセナル一行。惜しくも敗けてしまった。 このキャンプに参加しているたくさんの若い選手たちも試合に起用されたが、よく考えるとアカデミーの重要な名前がいくつも見られない。 このスコットランド遠征に加わらなかったキッズたちは、いまどうしているのか。 おなじみAFCユースエキスパートのジョージ・バード氏がまとめていた。この情報をざっくりフォロウしよう。 What next for the Arsenal youngsters that didn’t travel to Scotland?

Arsenal, Arsenal Academy, Arteta, Friendly Match, Match

21-22プリシーズンフレンドリー ハイバーニアン vs アーセナル雑感

こんにちは。 昨日行われたアーセナルとハイバーニアンとのフレンドリーマッチ。今回のプリシーズンの最初の試合。ご覧になりましたか。 おれは観なかったですね。今朝短いハイライト動画を観た。 今回のスコットランドでのプリシーズンマッチは有料配信ということで、日本円で1試合に1200円くらい(£7.99)とえらい高いが、財政難のクラブにお布施としてならアリかもと思いつつ、深夜2:00スタートのほうにめげた。 土曜のレンジャーズは22:00と大変に観やすい時間でスタートなので、そっちはお布施を検討しよう。 さて。ハイバーニアン。もろもろのファンの反応を観るに、なかなかストレスの貯まる内容だったようでライヴで観なかったのは正解だったかもしれない。たしかにハイライトでもひどいミスがいくつか。 ようやくアーセナルの選手たちが動いているのを観られてうれしい反面、あまり幸先のよくなさげなスタートになったっぽいのは少々残念。

Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナルがベンフィカからヌーノ・タヴァレスを獲得

アーセナルFCがベンフィカから21才のフルバック、ヌーノ・タヴァレス(Nuno Tavares)の獲得を発表した。 Welcome Nuno! | Tavares joins us from Benfica この夏の最初のサインである。

Arsenal, News, Transfer

ガブリエルがケガでサリバをキープするかもの件

いつもおなじみにArseblogが指摘していた件。サリバがチームに残る可能性がある? ガブリエルがケガをしてしまって、ブラジルの東京オリンピックスクワッドから外れたのは既報のとおり。 BOA RECUPERAÇÃO, GAROTO! 🙏 Quem você acha que André Jardine deve convocar para substituir o zagueiro? pic.twitter.com/PZ3Q6ZQ23V — TNT Sports Brasil (@TNTSportsBR) July 7, 2021 彼がPLのシーズンスタートに間に合わないと、CBの数が足りなくなり、もしかするとOMへローンするつもりだったウィリアム・サリバをキープしなきゃならなくなるかもしれないという。 まじか。

Arsenal, News, Transfer

アーセナルがボローニャのRBタケヒロ・トミヤスへ?

こんにちは。 いまから10日ほど前に、カルチョ情報Tier1のジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオが「トッナムがボローニャのDFタケヒロ・トミヤスを狙っている」と伝えていて、それ以降、オーンステインやロマーノもこの件をフォロウして、あの冨安がPLに来るのかあ、へえすごいねなんて思っていたら、なんと今度はアーセナルも彼に興味を持っているという報道が。 昨日、Sky Sports Italyがそれを伝えたというニュースを見たときは冗談だと思った。ディ・マルツィオってSky Sportsでもお仕事しているのだよね。 🔊🔛 Gianluca Di Marzio provides an overview of transfers that could take place this summer involving clubs in England and Italy, including Granit Xhaka and Rui Patricio ⬇️ pic.twitter.com/CFWqXpp9dC — Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) July 6, 2021 めっさイタリア語なまりな英語(笑い)。ジャカはチャカって云うのか。 トッナムのファンからしてみれば、完全な横槍のようなかたち。

Arsenal, News, Transfer

ウィリアム・サリバはオリンピックを辞退しマルセイユへローン

おそらくはいまはもうロンドンに滞在しているであろうベンフィカのLBヌーノ・タヴァレスは、すでにリスボンでアーセナルのメディカルを終わらせていたそうで。 書類の手続きのあと、もろもろの撮影やインタヴューセッションを行って、来週早々に発表みたいな流れだろうか。 アーセナルのこの夏の最初のサインは、ヌーノ・タヴァレスになりそうである。 さて今回はウィリアム・サリバの件で進捗があったので、それをお伝えしよう。

Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナル2021夏の最初のサインはサンビ・ロコンガとヌーノ・タヴァレスか

すでにデイヴィッド・オーンステインやファブリツィオ・ロマーノも報じているように、アーセナルはアンデルレヒトのMFサンビ・ロコンガと、ここ数日で急浮上していたベンフィカのLBヌーノ・タヴァレスのふたりの獲得に近づいているということ。 どちらも数日以内にはサインの見込みということなので、もう取り引きは最終的なステイジにいると見てよさそうである。 アーセナルのファンとしては、ターゲットの噂ばかりが先行して、なかなか案件が決まらないことにやきもきしていたが(いつものことか)、必要だったCMとLBというふたつのエリアの補強がここで成立するとなれば、これはめでたい。

Arsenal, Transfer

ホームグロウンとNEWブリティッシュコアとPLプルーヴン

おはよう。 昨日は珍しく遅くまでこのブログを書いていたので(レノのリプレイスGKについて書いた)、その流れでEUROのイングランド v ジャーマニーを観てしまった。サカがスタートするというので。今回のEUROで初めて90分観た。 Well played, @BukayoSaka87 👏#ENG | #EURO2020 pic.twitter.com/vdKpiITmHl — Arsenal (@Arsenal) June 29, 2021 しかし、正直国内リーグのシーズン終了後ということもあってか、どちらのチームも非常にインテンシティに欠けるというか、チームワークに欠けるというか、大味な試合だったなあと。サカが出ていなければたぶん途中で寝ていた。あ、リーズのカルヴィン・フィリップスというCMは際立ってよかったと思う。 そしてサカが交代でさあ寝るかと思ったら、グナブリとグリーリッシュ登場で寝られなくなった。 それにしてもEUROも本命がつぎつぎに脱落していて、やっぱりCovid下のアブノーマルなシーズンがつづいていることを思い出させられる。 さて、そのGKについてゆうべ書いたエントリにいただいたコメントのなかに、この夏のアーセナルの補強ターゲットが英国人、PLの即戦力に向かっているという指摘をいただき。じつは、ちょうどそれは界隈で少し話題になっていたことで、このブログでもフォロウしようと思っていた内容だった。 ちょうどいいので、それについてざっと書いてみようと思う。

Arsenal, Data, Player, Transfer

ベルント・レノをアップグレイドする? アーセナルはなぜアーロン・ラムズデイルを狙うのか

やあどうも。 昨日のエントリでは、アーセナルがバックからのプレイやボールプログレッションを改善するためにCBのベン・ホワイトに巨額を投じるなら、同時にGKをアップグレイドしようとしていなければおかしいと書いた。 アルテタがバックから始まるビルドアッププレイを志向していることは明らかで、であれば、その要求に完全にマッチしているとは思えないベルント・レノこそ、アップグレイドしなければならないはずだと。 では、もしレノをアップグレイドするなら、どんなGKがふさわしいのか。 今回は、データ(スタッツ)を使ってざっくり調べてみたので、それをシェアしたい。 いまアーセナルが交渉中と話題になっている、シェフUのGKアーロン・ラムズデイルについても少しチェックしてみた。

Arsenal, News, Player

ウィリアム・サリバが東京オリンピックへ。アーセナルでの将来に暗雲

こんにちは。 世間ではEUROが盛り上がっているが、観てないのでいまいち乗り切れずにさびしい。 さて今回は、ウィリアム・サリバの例の件について書きたい。 Les 1️⃣8️⃣ joueurs (et un réserviste) retenus par Sylvain Ripoll pour participer aux Jeux Olympiques de Tokyo, qui se tiendront du 21 juillet au 7 août 2021 🇫🇷 Sous réserve de la validation de la Commission Consultative de Sélections Olympiques du CNOSF pic.twitter.com/avUnPANUSm — Equipe de France ⭐⭐ (@equipedefrance) June 25, 2021 …