Arsenal, News, Player, Transfer

アルテタ「サリバはここに戻ってくる必要がある」 サリバ退団ストーリーはこれにて終了か

どうも。 昨日、ウィリアム・サリバの件が界隈でだいぶ盛り上がっていたようで。 『L’Equipe』などフランスでの各種報道によると、アーセナルはサリバのサイドに、選手は来年のプランに入っているし、契約延長も希望していると伝えたということ。 これまでアーセナルは来シーズン以降のサリバについてどうしたいのか、態度をはっきりさせていないと云われていたので、これで少なくとも親クラブとしての意向を選手サイドにはっきり伝えたということになる。 また、アルテタもあらためてサリバはわれわれの選手だと述べたということで、最近うわさされていたサリバが来シーズンもOMに残留するという憶測は、終了したようだ。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL アーセナル vs エヴァトン(22/May/2022)5位フィニッシュでシーズン終了

ファイナルデイのアーセナルは、ホームでエヴァトンに大勝。だが、奇跡は起きず。5位でシーズンを終えた。 なんというのか、アーセナルのファンとしては正直、いまはどういう顔をすればいいのかわからないでいる。あんなにたくさんゴールして試合に勝っても、有終の美を飾ったみたいにはまったく観られない。 いっそ、もっと悪いポジションから土壇場で滑り込んだ5位だったら、エヴァトンが降格圏脱出をリーグタイトルみたいに喜んだように、かなりポジティヴな気分になれたかもしれない。が、この流れではなあ。ついこないだまで、CLは自分たちの手のなかにあったのだから。 もう5年もずーっとCLを待っているのに、ここからさらに1年待ちが決まったこのやるせなさよ。精一杯やったアルテタとチームのことはあまり責める気になれなくて、よけいにこのモヤモヤのぶつけどころがない。 強いていえばノリッチ。彼らが弱すぎで憎たらしいことこのうえなし。心底がっかりだよ。ぼくは、となりのモニタでNORTOTをつねにチラ見しながらこの試合を観戦していたので、いつになくアーセナルの試合にも集中できなかった。5点も取ったのに。いや、これは完全に八つ当たりだけど。 すこし前に、Scott Willisが「シーズンを通してアーセナルのパフォーマンスはせいぜい5位か6位のもの。もしわれらが4位フィニッシュしたらちょっとラッキー」と述べていた。5位はアーセナルにふさわしい結果だったのだろう。なんなら、予想外に出来すぎな試合だってあったので、それより下で終わる可能性だってあった。 5位という結果をもっとポジティヴに受け止められるよう、これからのブレイク期間はなるべく楽しいことを考えたいものですね。未来に思いを馳せる。幸いにして、アーセナルでは夏の移籍ウィンドウで積極的な補強が見込まれているし、来シーズンのスクワッドにはかなり期待もできる。いやしらんけど。 苦しめば苦しむほど、喜びも大きい。と、信じることにしよう。 この試合を振り返る。 Arsenal thump Everton but miss out on top four

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs エヴァトン(22/May/2022)EPLファイナルデイの奇跡は起きるか?

EPL 21-22シーズンもついに最終日。今年もいろいろあった。それもこれで終わりである。 アーセナルは、つい最近まで4位フィニッシュの本命だったにも関わらず、まさかの2連敗で(いや、いま思えばまさかでもなかった)夢にまでみた4位は一転して絶望的な状況に。 だが、ミケルが云うように、なんでも起きるのがフットボール。ToTがノリッチに絶対敗けないとは云えない。 となれば、アーセナルはこのような状況でも当然エヴァトンには勝つしかない。ToTといっしょにこちらもすべって転んだらまさに大惨事。 また、もし彼らがノリッチに分けた場合は、ポインツで並ぶ。GD15を覆すには、われわれはエヴァトン相手にホームで16点差で勝つ必要がある。90分で16点は、5分ごとに1点づつ取ればよろしい。(何でも起きるってのはウソだな) 今シーズン最後の試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL ニューカッスル・ユナイテッド vs アーセナル(16/May/2022)資格なし

ニューカッスルにいいところなく敗け。シーズンワーストパフォーマンスの評価も。 もちろん、この試合には大いに期待していたものの、試合前からうっすらあった予感が当たったようなところもある。 これで残り試合はひとつのみ。最終日に奇跡でも起きないかぎり、CLは絶望的だ。 いまとなっては、NLDの前にToTに4ポインツ差をつけていたとは信じられない。 どうしてこうなったかといえば、やはりいろんな理由があるんだろう。理由はいくつも思い浮かぶし、なるべくしてこうなったと思える。 Newcastle deal big blow to Arsenal top-four hopes

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL ニューカッスル・ユナイテッド vs アーセナル(16/May/2022)新・最大のビッグマッチ

NLDでの悔しい敗戦から、昨日はToTがバーンリーに勝ったため(あのペナルティさえなければ……)、すでにテーブルでは彼らがアーセナルを2ポインツ上回り、順位が入れ替わっている。 何度も繰り返すように、彼らの最終戦はノリッチであり、シーズンでもっともイージーなフィクスチャのひとつ。3ポインツはかたい。ということは、アーセナルはここで彼らを上回らないかぎりは、CLの夢はついえたも同然。 したがって、アーセナルはここで敗けても分けても目標達成はかなり厳しい。希望をつなげるには、今回はインフォームな相手に、アウェイで勝つしかない。 NLDが今シーズン最大のビッグマッチだとおもったら、今回のニューカッスルが最大のそれになってしまった。というか、NLDで4位を決めてしまわなかった時点で、仮にわれわれがここでニューカッスルに勝っても4位はまだ決まらず。最後のエヴァトンがシーズン最大のビッグマッチに。ビッグマッチビッグマッチ云いすぎて、ビッグマッチがインフレしている。途中ビッグマック™を挟んでもわからないくらいである。 もし来年CLがなければ、思い描いているもろもろのプランも絵に描いた餅になりかねず。 この重要な試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL トッナム・ホットスパー vs アーセナル(12/May/2022)いろいろ台無し

惨敗。 いまは非常に虚無的な気分になっている。とても期待していたから。近年最大の試合に敗けちゃあいけませんねえ。 それにしても内容がひどかった。前半にペナルティとレッドカードで、実質試合は終了。アルテタとコンテの戦術バトルとか、もうそんなのなし。フットボールとしてのみどころなんてほとんどなかった。 ぼくもそれなりに熱心なファンとして、これまでもアーセナルにはさんざん煮え湯を飲まされてきたと思うが、今度もそうとうだった。ほとんど1時間近くの苦行。滝行。白装束。ほんとうにツラかったな。いや、あんな時間にライヴで観ていたみんなには、ほんとお疲れさまだ。 Spurs beat 10-man Arsenal to close in on top four

Arsenal, Match

セスク・ファブレガスがCLをかけた近年最大のNLDを前に展望を語る

今日はエントリを乱発してすまない。 重要なNLD前だからというのもあるが、スルーできないネタが多く。。 ついいましがた、セスク・ファブレガス氏のノースロンドンダービーに際してのインタヴューを見つけてしまい、これがなかなか興味深かったのでシェアしたくなった次第。 ファブレガスといえば、インヴィンシブルズ以降のアーセナルを若きキャプテンとして支えただけでなく、バルサからイングランド出戻りで加入したチェルシーでは、アントニオ・コンテの下でもプレイしており、今回の試合についてなにかコメントをするなら、うってつけの存在でもある。 ざっと訳してみよう。 Cesc Fabregas exclusive: Arsenal legend shares secrets on how to beat Antonio Conte

Arsenal, News, Transfer

ガブリエル・ジェズース代理人がアーセナルとの接触を認める

こんにちは。NLD直前ながら、これはいまここで伝えておきたいニュース。 昨日、おなじみファブリツィオ・ロマーノが独占で報じていたこの件。 Exclusive. Gabriel Jesus agent Marcelo Pettinati tells me: “We had talks with Arsenal about Gabriel Jesus, we like the project – it’s a possibility we’re discussing”. 🚨🇧🇷 #AFC “There are 6 more clubs interested in Gabriel – he’s focused on final games with Man City, we’ll see”. pic.twitter.com/kEHF2LqAdC — Fabrizio Romano (@FabrizioRomano) May …

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【試合前記者会見】21/22EPL トッナム・ホットスパー vs アーセナル(12/May/2022)「チャンスが目の前にある」

今日はNLD当日である! アルテタの試合前プレスコンファレンスは昨日行われていたので、遅ればせながら、それをお伝えしよう。 Arteta on Tottenham, the top four and transfers

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL トッナム・ホットスパー vs アーセナル(12/May/2022)不言実行でCLへ ※追記あり

Xhaka when asked what will happen on Thursday against Spurs 💪 #afc pic.twitter.com/sZSZDhEfpV — Arsenal Harmony ⚡ (@ArsenalHarmoni) May 10, 2022 We don’t speak we do it. グラニト・ジャカ 不言実行。フットボーラーはピッチで語るんですね。   さて、ついにこの日が来てしまった。PLも残り3試合という局面でNLD。 アーセナルは、勝てば来年のCL確保。最高の舞台で悲願達成&パーリータイム。ここは朝まで飲みたいところだが、残念。極東はもう朝である。ポカリでがまんだ。 いっぽうトッナムは、ホームでそれを阻止するためにも絶対に敗けられない。このあと残り2試合で、彼らにとりドロウでは不十分(※ドロウなら4ポインツ差ママで、アーセナルは残り2試合で1勝すれば4位確保)。つまり、ここで勝つ必要がある。 なんと、お互いがこんなにも勝ちたがっている! まさにシーズンがかかった試合。伸るか反るか。これはヒリヒリした試合になりそう。 近年最大のNLDになるだろうこの試合。プレヴューしてゆこう。

Arsenal, Player

モー・エルネニーはアーセナルのサイレントリーダー

PLリーズ戦の前後でファンのあいだで話題になっていた、ピラミッド・ピルロこと、モハメド・エルネニーのTVインタヴュー。 ざっと訳したのでシェアしよう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(8/May/2022)4連勝でCLまであと一歩

ホームのアーセナルが10分で2-0にしたとき、相手に退場者が出たときには、「このあとこの試合はいったい何点入ってしまうのだろう?」と、長い残り時間に期待してかなりワクワクしたのだが、10人のチーム相手になかなか追加のゴールができず、残り30分で失点(しかもコーナーから)、万が一さらに失点すればポインツを失ってしまうという、精神的にギリギリまで追い詰められる状況に。最後まであんなにヒヤヒヤさせられるとは、快勝の予感しかなかった序盤には想像もしなかった。 あいかわらず、そうかんたんには楽にしてくれないチームである。 それにしても、大きな3ポインツ。この土壇場で4連勝。われわれは、絶対に取らねばならないポインツを取った。これで5位のToTに残り3試合で、4ポインツ差をつけることに。 これで、来年のCLを決めることができるつぎのNLDが、ほんとうに近年まれにみるビッグマッチになってしまった。 この試合を振り返ろう。 Nketiah scores twice as Arsenal sink 10-man Leeds

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(8/May/2022)アルテタ新契約でブースト

やあ。 昨日は、アルテタの契約延長発表があって、アーセナル界隈はお祝いムードに包まれていた。これでチームにとっても、ひとまず心配のひとつがなくなったのはポジティヴ。 だが、忘れちゃならないのが残り試合である。PLは残り4試合。 現時点でわれらは来年のCLを確保できる4位をキープしているが、まだそこから脱落する可能性もある。 今週末は、2ポインツ差でわれらを追うトッナムが、このあとのNLDをひかえ、本日アンフィールドでリヴァプールと戦うということもあり、またもやビッグウィークになっている。リヴァプールはリヴァプールでシティと僅差のタイトルを争っているのだから、ポインツは落とせない。そちらもアツい試合になりそうだ。 ベストシナリオはもちろん、トッナム敗け&アーセナル勝ち。これでNLDのときには5ポインツ差がついていて、その試合の結果では順位が変わらない。それだけでなく、なんとわれらは敵地でCLを決めることができつつ(目標達成でわれらのシーズンは実質そこで終了)、やつらをCLから排除できるという。まさにチャンス到来。なんというモティヴェイション。 そのためにも、この試合には勝たねばならぬ。おそらくこの試合はホームでプレイするアーセナルがかなり有利だと思われているが、なぜか道中、随所にバナナの皮が落ちているのが今年のアーセナル街道。このところは失点もつづいている。求む一貫性。 試合をプレヴューしてゆこう!

Arsenal, Arteta, News

【ブレイキング】ミケル・アルテタがアーセナルFCと契約を延長

たまたまtwitterを観たらAFC公式がブレイキングしていた。 Congratulations Mikel and Jonas ミケル・アルテタとJonas Eidevall(AFC Womenのヘッドコーチ)がそろって、アーセナルFCとの新契約にサイン。 これでアルテタは、2024/25シーズンまでの契約延長となった。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL ウェスト・ハム・ユナイテッド vs アーセナル(1/May/2022)まずはUELを確保

今回のWHU(A)が、アーセナルにとって、来年のUELを確保できる試合だったというのは気づいていなかった。 ということで、われわれはこの貴重な勝利で、まずは来年のヨーロッパを獲得。おめでとう。 クラブとしては、今年の目標はまずUELへの復帰だったと云われているので、すなわちこれで当初の目標を達成したことに。これは、わりとすごい。そして、まだUCLのチャンスを残している。 今回は、お互いにとってビッグマッチだったためか、どちらのチームもかたさがあって、本来の実力を発揮していたようには観えず。試合自体は、全体的にもあまり語りどころのない大味な試合だったように思える。本来、日程にも余裕があったアーセナルは、そのアドヴァンテッジを活かして戦うべきだったはずなのだが。 ま・勝ったからいっか。 試合を振り返ろう。 Arsenal beat West Ham to reclaim Champions League spot

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL ウェスト・ハム・ユナイテッド vs アーセナル(1/May/2022)WHUのトリッキーな状況

こんにちは。前回の試合レヴューのあと、なにか書くつもりで、今日まで来てしまった。時間がたつのが早い。 さあアーセナルのPLも残り5試合となった。こちらもなんだかあっという間である。 あらためて確認すると、今回を含めたわれらのフィクスチャは以下のようになっている。 WHU(A) リーズ(H) ToT(A) NUFC(A) エヴァトン(H) これ、われらが安心して観ていられそうな試合はたぶんリーズ(H)だけかもしれない。NLDは間違いなくタフな試合になるし、現在超絶フォームのニューカッスルもまた厳しい相手。そして、エヴァトンはいまだに降格を争っている。 大丈夫だろうか。 まあ、しかしそれを心配する前にここだ。 ToTはまだリヴァプール(アンフィールド)を残しているので、ここでアーセナルがWHUに勝てば、NLDの日に5ポインツ差がついている可能性が高い。NLDの結果で立場が逆転するみたいな状況になっていると、彼らに無駄なやる気を与えてしまいかねない。そのような最悪の事態を避けるためにも、NLDまで勝ちつづけるしかない。NLDの勝利で8ポインツ差にして、そして残りの2試合はいくらかこころの余裕を持ってプレイする。 また、取らぬ狸の皮算用をやってしまった。 試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(23/Apr/2022)ゲイムオン

なんという試合だったのか。 開始2分のいきなりのゴールで、アーセナルがノリノリに試合を始めたときは「これは8点いけるでえ!」と思ったものだが、そのあとはごらんの通りのケイオスっぷり。攻撃は問題なし、守備はなぜかいつも不安定という。われらは優勢に試合を進めながら、なぜにあんなふうにナーヴァスになる必要があったのか? しかしそのおかげで、チェルシーにひきつづき今回もまたたくさんゴールが決まる、ある意味では楽しい試合になった。 1-6の3連敗からの、7-3の2連勝。相手を考えたら、これは予想できない。なんかヘンだ(©The Meters)なチームである。 そして、この勝利でアーセナルはトップ4レイスに生き残った。ライヴァルもポインツを落とした。これで、ゲイムオンである。 試合を振り返ろう。 Arsenal beat Man Utd to boost top-four hopes

Arsenal, Arteta, EPL, Misc

【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(23/Apr/2022)必勝の方程式

今朝はすこし早起きしたら「3人めのガブリエル」でアーセナル界隈はたいへんに盛り上がっていた。 🚨 Arsenal exploring possibility of signing Gabriel Jesus from Man City. Clubs yet to speak but talks between Edu + reps for months. 25yo open to idea, #AFC current favourites. Calvert-Lewin among options @TheAthleticUK #MCFC #EFC 1st reported @jorgenicola https://t.co/jOu4Es7nT7 — David Ornstein (@David_Ornstein) April 22, 2022 ガブリエルはガブリエルでも、ジェイズース。 以前からアーセナルが彼に関心を持っているといううわさはあったが、今回はデイヴィッド・オーンステインがリンクをリポート。オーニーがBBCにいた時代なら、もう決まりも同然みたいなニュースですぞ。 彼のストライカーとしてのパフォーマンスについてはいいのか悪いのか諸説あるようだが、25になったばかりとまだ若く、PLの実績と経験は間違いなし。シティも売る気ありでビジネス的にも悪くなさげ。これは大注目案件ですな! おっと、マンU。忘れるとこだった。ていうか早い。チェルシーが終わって、今晩もうつぎの試合とは。 マンUといえば、来シーズンからのErik ten Hagのマネジャー就任を発表したり、クリスチャーノの私生活での悲劇があり、キャプテンのマグワイヤが爆弾魔に脅迫されたりと、最近はなにかと彼らのニュースを目にする機会が多かった。 …

Arsenal, UEFA CL, UEFA EL

EPL 22-23シーズンのヨーロッパ出場権の解説

こんにちは。 桜が咲いたとおもったら、なんと4月もそろそろ終わり。21-22プレミアリーグもシーズンを8割がた消化した佳境にありながら、いまだトップのゆくえも、トップ4のゆくえも定まらず、なかなか盛り上がっているシーズンと云えるのではなかろうか。 そして、もちろんわれらアーセナルファンの関心はトップ4フィニッシュ。すでにほとんどあきらめていた目標のつもりだったのに、昨日のチェルシーでの予想外の勝利のおかげで、すこし息を吹き返したところがある。 もっとも、ここからアーセナルがトップ4フィニッシュするとなれば、実際奇跡的なことだろう。シーズンを通してのフォームの一貫性のなさや、いまのスクワッドの現状からしても、そこまでうまくいくとは限らない。現実的な見方としては、5位や6位でも納得せねばならないとは思う。 そんなとき、PLでの最終順位によって、来年のヨーロッパ(CL/EL/ECL)の出場権はどうなるのか。 先日このブログでもすこし触れたように、今年は、シティとリヴァプールがCL、WHUがEL、レスターがECLのセミファイナルに残っていて(※あれを書いたあとパレスはFAカップ敗退)、PLの最終順位と関係なく、彼らが来年のヨーロッパの出場権を得る可能性がある。 PLで4位フィニッシュなら問題なくCLへ? 5位のとき、6位のとき、あるいは7位のときはどうなるか? ぼくもUEFAのレギュレイションが、よくわかっていなかったところで、たまたま『ESPN』の解説記事をみつけた。どうも、自分はそれを誤解していたらしいこともわかった。 今回はそれを紹介しよう。 Which Premier League clubs will qualify for Europe?

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL チェルシー vs アーセナル(20/Apr/2022)Top4 is NOT dead

We’re fucking ALIVE! これだからアーセナルのファンはやめられねえ。 どんなに繰り返し苦痛を味あわせられても、こうして思いもよらぬタイミングでこのうえない歓喜をもたらしてくれる。まさか、スタンフォード・ブリッジで3ポインツとは。しかも、このとんでもなく重要なタイミングで。 試合自体もたいそうおもしろかった。オープンだった2-2の前半はとくに。最後には6点も入ったのだから、じつにエンタテインニングな試合だった。やっぱりゴールがないとフットボールはつまらない。 ぼくもマッチプレヴューでは「信じよう」なんて殊勝なことを書きはしたのだけど、正直このような結果は全然信じてなかった! すまん! 敗けそうにない試合で敗けたり、勝ちそうにない試合で勝ったり。このチームにはほんとに驚かされてばかりである。 ミッドテーブルチームスに3連敗で、そうとう追い詰められていたこの瀬戸際での勝利。しかも相手はロンドンのライヴァル、チェルシー。去年のCLウィナーで現在のヨーロピアンベストのひとつ。アウェイ。この勝利の心理的効果はとてつもなく大きい。まさにバウンスバック。二度追いつかれても振りほどいたタフネス。レジリエンス。 われらはまたトップ4フィニッシュを信じていいのだろうか? 試合を振り返っちゃおう。 Chelsea 2-4 Arsenal: Mikel Arteta’s side reignite Premier League top-four hopes with thrilling win