Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL エヴァトン vs アーセナル(6/Dec/2021)アルテタのマネジメントは大丈夫?の巻

8試合勝ちがなかった相手に3ポインツを献上。これでアウェイ3連敗。エヴァトンにも3連敗。。アーセナルはトップ4を狙える? いやいやこれでは無理でしょう。 内容もひどかったなあ。ボールを持っても、とにかくプレイが遅くて攻め手なし。どこのミッドテーブルクラブかと。エヴァトンにはオフサイドで幻のゴールがふたつもあったから、われらは実質4失点。フォームテーブルでは、ボトムチームのエヴァトンに。さすがに、このアーセナルは悪すぎ。どこが堅守なのか。 試合後には、アルテタのマネジャーぶりに疑問の声も噴出している。 マンUにエヴァトンと勝たねばならなかったふたつの試合に敗けたことで、今後もこのチームを彼にまかせて大丈夫なのか、かなり心配になってしまっている。 試合を振り返ろう。 Stunning Gray strike earns Everton win

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL エヴァトン vs アーセナル(6/Dec/2021)グラニト・ジャカが復帰? ※追記あり

傷心から中三日。PLは早くもつぎの試合が訪れる。それは12月のよきところ。とくにヨーロッパのないわれわれにとっては。 アーセナルのMD15は、グディソン・パークのエヴァートン。アルテタの古巣。 シーズン序盤に12月のスケジュールを展望したときには、この試合も含めてさぞかしタフな期間になるだろうと想像していた。だがしかし、なんとエヴァトンは現在、絶不調に陥っていた。彼らは、10月に入って以降PLで勝ちがないという。もう12月である。昨日は、彼らのボードメンバーがラファ・ベニーテスの処遇について緊急会議を行うというニュースも。シーズンスタートはファインフォームだったのだから、そこから急転直下。 ただ、アーセナルの側からすると、こういうときにこそ相手に復活のチャンスを与えてしまいがちなイメジがある。先日のマンUでも、明らかに彼らは低フォームの影響下にあったろうが、結局アーセナルは自分たちから救いの手を差し伸べてしまった。 われらは、苦しんでいる相手でも容赦なく無慈悲な鉄槌をくださねばなりません。 マンデイナイトの試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル(2/Dec/2021)リードしたら下がる悪癖

なんなん。 鬼門のOTとかそんなの関係なく、この試合のスタートから見せたいまの自分たちのクオリティと、いまの相手のクオリティを考慮すれば、勝たなきゃいけない試合だった。いや最低でも1ポイント。それがゼロポインツとは。マンUのようなチームにいまここで勝たなくて、いったいいつ勝つというのか。 あんな年老いたロナウドがMOTMですと? キャリアXXX点め? ほんとうに腹立たしくて、やってられない。心底がっかりした。 くやしいのは、われわれはマンUに敗けたからじゃないからだ。自分たちで墓穴を掘ったのだ。トップを狙うなら、あのようなクオリティの相手に3失点してはいけない。ライヴァルに勝ちをゆずる余裕などどこにもないのに、なんという気前良さ。 だから、同じ敗けでも今回はリヴァプールの敗戦とは後味がまったく違う。くやしくてくやしくて、さっさと忘れようという前向きな気分にどうしてもなれぬ。 若いチームの経験不足だけの問題ならまだ慰めにもなったろう。あらかじめ覚悟しなきゃいけない類の敗けなら。だが、それだけでは説明できない部分もいくつか。それは最近のアーセナルでもうっすら課題になっていたことであり、敗ければ当然そこがフォーカスされる。 試合を振り返ろう。Let’s 苦行 with me。 Ronaldo passes 800 goals in Man Utd win

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル(2/Dec/2021)OTで勝て

早くも12月。師走に突入。 2021年なんて見慣れない年号がもう終わりとはなんてこった。年をとりますと、時間が過ぎていくスピードがほんとうに早くなりますね。びっくりする。 さてPL GW14のアーセナルは、13試合消化して5位という悪くないポジションでオールド・トラフォードへ。例年どおりシーズンのハイライトとなる試合のひとつだ。 現在、いろいろ問題がありつつも、それでもしぶとく結果を出しているアルテタのアーセナルに対し、マンUはここしばらくは悲惨なフォームで、クラブはPLで7戦でたった1勝、しかも最後はワトフォードに4失点で敗け、ついにマネジャーOGSを解任。またインテリムのインテリムとしてマイケル・キャリックが暫定的にマネジャーを務めているものの、先週末のチェルシー戦もドロウ。8戦で1勝という低フォームを継続中。もっとも、彼らとしては前回はチェルシー(A)だったため、それでもポジティヴな1ポイントだったろうが。 そのような好対照なチーム状況ながら、アーセナルがアウェイで勝てないのがマンU。お互い、かつてのビッグ2としてこれまで浮き沈みもあったが、昨シーズンのOTでのアーセナルの勝利は14年ぶりだったというのだから、われらにとってOTは鬼門と呼んでも差し支えないような場所のひとつである。 ただ、先週のニューカッスルと同様に、彼らがどん底にいるのはいまだけという可能性も高い。金があるクラブはいずれ勝つようになるのが運命だ。 あとで後悔しないよう、いまのうちに勝っておきたい。 この試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL アーセナル vs ニューカッスル(27/Nov/2021)クリエイションとフリーダム

フラストレイションのたまる前半から、後半の2発。 ヤングアーセナルは、なんだかんだでクオリティを見せてボトムチームに順当に勝利。またクリンシート。リヴァプールでの惨敗からちゃんと立ち直って、ウィニングウェイに戻ることができた。 今月はこの試合で終了で、アーセナル恒例「11月のジンクス」もあの1敗だけで乗り切ったことに。結局、あらたに大きなけが人も出なかったこともよかった。 これでわれわれはPLでは5位をキープし、シティに敗けた4位のWHUにポインツで並んだ。 つぎのマンUから始まる週3でPLをプレイする12月の過密日程に向けて、この試合をポジティヴな余韻を残して終われたことがすばらしい。 試合を振り返ろう。 Arsenal too good for Howe’s Newcastle

Arsenal, Arteta, EPL, Match, Wenger

【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs ニューカッスル(27/Nov/2021)メガクラブ誕生前夜 ※追記あり

1週間ぶりのPL。やっぱりヨーロッパがないと平時でもブランクがけっこう長く感じてしまうずらねえ。 この週末、MD13のアーセナルはエミレーツにニューカッスル・ユナイテッドを迎える。 NUFCといえば、アーセナルにとってはわりとお得意さまな相手であり(※アーセナルがPLで彼らより多く勝っているのはエヴァトンのみ)、これまで対戦相手としてあまり苦労した印象もない。 だが、ご存知のように、今年サウジ系投資ファンドグループが彼らを買収したということで、クラブに巨大な投資が行われるのは時間の問題、彼らがつぎのチェルシー、マンシティになるのはほとんど必至という情勢に。 今シーズンの彼らはここまでかなり低迷していることもあり、トップになるまでにはそれなりに時間もかかるかもしれない。だが、かけた資金と成績はだいたい比例しているのがこの世界の常識であり、アーセナルが彼らを与しやすい相手と認識できるのは、もしかしたら今シーズンが最後になってしまうかもしれない。 アーセナルは自分たちの問題を解決するのに精一杯なのに、それを取り巻く現実のほうがますます厳しくなっているという。マンUなあ。。 試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, Opinion, Tactics

ブカヨ・サカとアーセナルの左右攻守バランス問題

こんにちは。界隈がしずかだと思ったら今週はCLか。やっぱりヨーロッパがないとすごく物足りないですね!!! 先日のリヴァプールの惨敗のあと、アーセナル界隈ではxGなどのスタッツをつかったチームパフォーマンスの分析がとても盛り上がっていた。課題は当然攻撃。リヴァプール戦のレヴューエントリでもちょっと触れたように、アルテタのチームは守備はともかく攻撃のほうが相変わらずかんばしくない。 われらはいちおう現在リーグテーブルでは5位という、ボトムテーブルから始まったシーズンにしてはなかなかの好ポジションにいるが、実際のパフォーマンスからすると、ほんとうにそこが適性な居場所なのかという。まあ、大いにあやしいというのが大方の見立てなのだけれど。 そういったもろもろの議論がありつつ、なかでもブカヨ・サカのパフォーマンスについて言及しているブログ記事が興味深かった。 Is something wrong with Bukayo Saka? サカのパフォーマンスもアーセナルの攻撃の停滞に影響しているかも?していないかも?みたいな。短い記事だからお時間あれば読んでくだされば。 この件について、すこし思うところがあったので書いてみたい。

Arsenal, Behind The Scene

アーセナルの新エグゼクティヴ、リチャード・ガーリックが自らの役割を語る

昨日、アーセナルのオフィシャルWEBサイトにリチャード・ガーリック(Richard Garlick)のコメントが掲載された。素材は、マッチデイプログラムのためのインタヴューということ。 Official Voice: Richard Garlick 元WBA、元PLの彼は今シーズンから、アーセナルの“director of football operations”に就任。その仕事の全貌はあきらかにされてこなかったが、そんななか、こうしてファン向けに自らを語るのはほとんど初めてということで、注目を集めていた。 基本的には、リーガル担当だったハス・ファーミーの後任として認識されていたガーリックは、実際にはクラブでどのような役割を担っているのか。 読むついでにざっくりと訳してみよう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL リヴァプール vs アーセナル(20/Nov/2021)未経験者たち

やられっちまいましたね。なんというか、ズタズタに。失点までは悪くなかったが、堰を切るとはあのことか。 試合後の世間の反応としては、CLタイトルを取っているような経験も実力もあるチームに対して、アーセナルはあまりにも若く経験不足で未成熟なチームだったということ。 われらはここまでPLで10試合無敗をやっていたこともあり、今回は試合前から絶望しているような事態にはなっておらず、それなりにいい試合をやってくれるという期待もあったのだけども。まあ、現実はそんなに甘くはなかった。 でもズタボロにやられながらも、90分のなかでポジティヴなところがまるでなかったわけでもない。若ものたちは、前を向くべきだろう。 試合をざっくり振り返る。 Liverpool end Arsenal’s unbeaten run

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL リヴァプール vs アーセナル(20/Nov/2021)ビッグテスト

PL is back! 2週間ぶり。今回のIBはやけに長く感じたのはなぜ。みんなも元気にしてたかい。 おれはこの間、新宿2丁目の「ハイバリー」というパブに初めて行ったりしましたよ。お客さんはそこそこいるのにすごい静かで「これがあのハイベリーライブラリか!」と。ちがいますね。いや、いい店でしたので皆さまもぜひ。 さあ待ちに待ったおひさしぶりのアーセナルは、MD12でリヴァプールと対戦。リヴァプールが4位(22pts)、アーセナルが5位(20pts)と、結果によっては順位が入れ替わるというまさに6ポインター。 最凶リヴァプールがこのタイミングでこのポジションにいることもすこし予想外だが、なによりわれらアーセナルだ。シーズンを3連敗スタート以降、なんと敗けなしというファインフォーム。今シーズンここまでのアルテタと彼のチームにはだいぶ懐疑的になった時期もあったものの、いまようやくたしかな一貫性のようなものを得つつあることはファンなら誰しもが感じているだろうと思う。 アーセナルからすると、今回この流れから、アンフィールドのようなタフな場所でいい内容でパフォームできたなら、その自信はより確固たるものになる。 またリヴァプールからすると、PLで直近2試合勝ちなしで(D1 L1)ここで結果を出さないわけにはいかないという。それと彼らは1月のAFCONでサラーとマネを失う時期があるため、いまポインツを落としている場合じゃないのだよね。 歴史的にも、リヴァプールとアーセナルの試合はゴールがたくさん入る楽しい試合になることが恒例なのに、ここ数年は実力差がつきすぎて、アーセナルのファンとしてはあまりいい勝負になっているという実感はない。だが、今回のお互いのフォームからすると<もしかしたら>という予感はなきにしもあらず。またいまリヴァプールは、けが人続出という不安要素もあるというおまけつき。 すごく楽しみである。 試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, News, Transfer

オバメヤン、ラカゼット、エンケティアにバロガン。21/22シーズン後半のアーセナルのストライカー事情

昨日、エディ・エンケティアがアーセナルに退団希望を伝えたというニュースが話題になっていた。 先週には、フォラリン・バロガンがプレイタイムを求めて1月のローン移籍をほのめかしたということで、オバメヤンがチームを離れる来年1月のAFCON(African Cup of Nations)期間のあいだ、それとそれ以降のシーズン後半のアーセナルのストライカーオプションは若干不透明になってきた。 現在と今後の状況をまとめてみよう。

Arsenal, FIFA World Cup, News

サカとESRとラムズデイルのイングランドがワールドカップへ

こんにちは。 IBたけなわで静かな日々がつづいていたなか、今朝(現地夜)はひさしぶりにアーセナル界隈もだいぶ盛り上がっていましたな。 もちろん、ワールドカップ予選のイングランド。すでにチームのなかで居場所をかためつつあるサカとともに、ESRとラムズデイルがシニアスクワッドで初スタート。チームは快勝、グループ無敗でワールドカップ出場を決めたという。 Qualification: secured ✅ The #ThreeLions are heading to next year’s @FIFAWorldCup! pic.twitter.com/x6cgOojZph — England (@England) November 15, 2021 ワールドカップ出場を祝うtweetのグループショットには、われら的にあまり気に入らない顔も含まれているが、いまは気にすまい。 ひとまず、Three Lionsにおめでとうだ。

Arsenal, Player

ベン・ホワイト前史。アーセナル加入前の初期キャリアを語る

こんにちは。 11/8にAFCオフィシャルサイトにベンジャミン・ホワイトのインタヴューをまじえた特集記事が掲載されていた。素材はマッチデイプログラム用のインタヴューのようだ。恥ずかしながら全然気づかず。 これがおもしろかったので、ざっくり訳そう。 ‘That was a shock for me at Newport’

Arsenal, Misc

「この10~15年といまの選手はどこが変わった?」セスク・ファブレガス氏の質問

すこし前に、元ガナーで、現在もリーグアンのモナコでプレイするセスク・ファブレガス氏(34)が、twitterユーザにこんな質問を投げかけていた。 What is the biggest difference between the modern day player and the players of the last 10/15 years? Opinions please. — Cesc Fàbregas Soler (@cesc4official) November 5, 2021 ファブレガス:最近の選手たちと、この10-15年くらいの選手たちとのいちばんの違いはなんだろうね? ご意見をどうぞ。 このtweetをみかけたとき、なかなかおもしろげな問いかけであるなと感じたものだが、その後リプライは大いに盛り上がっていた。 もちろん10-15年前のセスクといえば、アーセナルがもっとも創造性豊かだったときのNo.10であり(※彼は2011年にバルサ復帰)、ある意味前時代を象徴する選手。その時代の変化をダイレクトに肌で感じている彼のような選手が、いまこうした質問を投げかけたこともまた興味深い。 とくに反応の多いものや、目についたリプライを取り上げてみよう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL アーセナル vs ワトフォード(7/Nov/2021)ついに5位

アルテタのアーセナル100試合めは順当に勝利。 Job done. ∠(`・ω・´) 最後はけっこう危なかったし、ここ2試合で垣間見せたようなベストパフォーマンスとまではいかなかったものの、1得点しかできなかったことが残念(あるいは奇妙?)という内容でもあり、チームはひきつづきいいムードを維持している。 これでアーセナルはPLで8試合敗けなし(W6 D2。すべてのコンペティションでは10試合敗けなしW8 D2)。リーグテーブルでもついにトップ5に入った。これは期待しちゃってもいいんだろうか? 試合を振り返ろう。 Arsenal players lacked respect – Ranieri

Arsenal, Arteta

ミケル・アルテタの100試合。アーセナルライフを振り返るロングインタヴュー

今晩のPLワトフォード(H)は、2019年12月にアーセナルに来たミケル・アルテタにとって、記念となる100試合めということで、クラブ周辺はお祝いムードとなっている。 その試合を前に、オフィシャルサイトに彼のロングインタヴューが掲載されていたので、読むついでにざっくり訳してみよう。拙訳で失礼。 ‘I felt energised, like vitamins through my veins’ 映像はなんと30分もある。。 インタヴュワーは、アーセナルファンにはおなじみのジャーナリスト/ライターのエイミー・ロウレンス氏。 彼女は、たしか、10代のころからアーセナルのファンジンをつくっていたというハードコアなグーナーでもあり、いわばわれらの大先輩ですな。ふしめのミケルに話を聴くにふさわしい人選。グッドジョブAFC。 ではHere we go.

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL アーセナル vs ワトフォード(7/Nov/2021)ミケルの100試合

先日のサカのプレイ100試合につづき、今度はミケルのマネジ100試合という節目の試合。 アーセナルのMD11は、ワトフォードをエミレーツに迎える。 現在アーセナルはPLで7試合無敗(W5 D2)と結果を出していて、直近2試合は内容も改善し始めたように見える。チームの精神状態はまさに秋晴れといったところか。 昨今はもはやPLではどんな相手も難しいといわれつつも、現状のアーセナルのフォームも加味すると、今回のホームでのワトフォードは、シーズン38試合中ではもっともイージーな試合のひとつになりそう。 フットボールワールドはこの試合のあと2週間のインターナショナルブレイクに入る。100%出し切って勝たねばならぬ。 試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Behind The Scene, Misc

オーナーは金をつかい続けろ?

今回のエントリは、先日見かけた『BBC Sports』の興味深い記事を元ネタに。 Do Newcastle need to spend £1bn to reach top four? 「ニューカッスルがチャンピオンズリーグに出場するためには£1bnの投資が必要?」 新しい金満オーナーがニューカッスルを買収したことは、すでにご存知のとおり。新しいオーナーがサウジ系ということで各所でいろいろ反発もあったようだが、結局ここまでは彼らがオーナーとして認可されないというような大きな動きはなく、英国に新たな金満メガクラブが誕生することは必至。最近では、彼らの選手補強やマネジャーの噂もよく見かけるようになっている(新しいニュースとしては新マネジャーはエディ・ハウに決まったとか)。 BBCの記事では、今後ニューカッスルがPLにおける金満先輩のチェルシーやマンシティのようになるには、どのようなオーナー行動が求められるか、これまでの実績をもとに考察している。 基本的にニューカッスルと成功したPLの金満クラブの記事なので、アーセナルFCのことはまったく触れられていないが、ようやくオーナー投資が始まったり、買収話もしばしば持ち上がるアーセナルもまるで他人事というわけでもない。アーセナルのファンにとっても、金満クラブの金の使い方や、新たなライヴァルになる可能性のあるニューカッスルの動向も興味深いものだと思う。 この記事をざっくり紹介しよう。

Arsenal, Player

シーズン1/4が終了。アーセナル好調のカギは5人の新顔【2021秋】

こんにちは。「なにもかもアーセナル」で検索して来てくれたひともこんにちは。 先週末のPLレスター(A)がアーセナルのマッチデイ10だったということで、2021-22シーズンも38試合中の1/4を消化したことに。 今週ミドウィークは試合もなくヒマなためか、アーセナル界隈ではここまでのシーズン1/4を振り返るような話題がちらほら見られている。 当ブログもそれにあやかって、軽くここまでのシーズン振り返りたい。とくに2021夏に新加入した5人について。 この5人は、ここまで期待以上、というかそれをだいぶ上回るパフォーマンスを見せていることは、アーセナルファンのぼくらみんなが毎週目撃しているとおり。 もちろんそれぞれ苦しんだ試合もいくつかあったものの、概ね思っていたよりもずっと好印象で、そのことには誰も異論はないだろうと思う。ぼくも正直、この早い段階で彼らがここまでフィットするとは思っていなかった。しかも、貢献度には大小あれど、5人そろって印象的なパフォーマンスを見せているということが驚き。とくにトミヤスを始め、今年からイングランドに来た選手たちは、リーグのインテンシティなどへの適応もここまでとくに問題になっていない。 大金をかけて若い選手ばかり獲得し<即戦力がいない>とだいぶ懐疑的に見られていたところもあった夏の移籍戦略も、いまではかなり見直されているのではなかろうか。こうした野心的ともいえるプロジェクトがここまでは大いに報われていて、いまいちばんほっとしているのは、エドゥかもしれない。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL レスター・シティ vs アーセナル(30/Oct/2021)ラムズデイルの驚愕セイヴ。アーセナルのグッドフォームつづく

アウェイで勝った。そしてこれでPLスタートの3連敗以降、アーセナルはすべてのコンペティションで9戦無敗(W7 D2)。GDは+13。 今週はわれらも勝ったし、AFC女子もFAカップファイナルに進出したし、PLのライヴァルたちの結果もまあまあよかったりと、ファンにはとてもナイスな週末だった。 試合を振り返ろう。 Resurgent Arsenal win at Leicester