Arsenal, News, Transfer

最近のアーセナル移籍ニュース(5/Jan/2020)ボアテング、アケ、アーロンズ……。それともアーセナル冬の補強なし?

19/20シーズン、冬の移籍ウィンドウがオープンしてもう5日。アーセナルではまだ大きな動きは見られない。最近の移籍ゴシップとニュースをまとめてお伝えしよう。

Arsenal, Arteta, FA Cup

【試合前記者会見】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)1月の補強、ジャカ、オバメヤン……

月曜のFAカップのプリマッチ会見がおととい行われるという早さで(試合の4日も前)、すっかりフォロウするタイミングを逸してしまった。 1月に入りますますにぎやかになっている、最近の移籍ニュースのまとめエントリを先にアップしたかったのだが、この会見でもボスがけが人や移籍ウィンドウについて話しているので、順序としてこちらを先にアップすることにした。 ではFAカップのサードラウンド、ホームでのリーズ・ユナイテッド、アルテタの試合前プレス会見を。 Arteta on FA Cup, rotation, Chambers: transcript

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】19/20EPL アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(1/Jan/2020)【試合について】ターンアラウンドの予感

シーズンベストのパフォーマンスで宿敵に2-0勝利&アルテタ初勝利✌ コメント集にひきつづき、試合内容について。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】19/20EPL アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(1/Jan/2020)【コメント集】ターンアラウンドの予感

な? Arsenal 2-0 Man Utd: Gunners secure first win under Mikel Arteta

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】19/20EPL アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(1/Jan/2020)いまこそターニングポイントに

(あけましておめでとうございます) さあ、新しい年が始まった。 休みがないどころか、とんでもない日程で爆進するフェスティヴピリオッドのEPLはマッチデイ21。アーセナルはチェルシーにひきつづき、ビッグ6の一角である5位マンチェスターUをエミレーツに迎える。 チェルシーの敗戦で、直近15試合でわずか1勝(※すべてのコンペティション)と、完全に降格フォームに陥っているアーセナル(W1 D9 L5)。ホームで4連敗するのは1959年以来だとか。 せっかく善戦し結果を出せればシーズンの巻き返しにふさわしい試合だったが叶わず、今回もまたいいパフォーマンスと、なにより結果でターニングポイントにしたい。 Arsenal vs Manchester United preview

Misc

読者の皆さんありがとう2019

親愛なる読者さまへ いつも読んでくれてありがとうございます。ブログ主でござい。大晦日にひとことごあいさつを。 今年はアーセナルにとっては激動の1年でした。ぼくらもファンとして忠誠心をだいぶ試された(笑い)。でもやっと前進できそうな気がする。2019年最後の試合は敗けちゃったけど、そういう気分で新しい年を迎えられるのはとても喜ばしいことだと、思います。 このブログもますます読者が増えていて、大変にありがたい。まじでありがとう。ブログのインプルーヴメントのためにぼくもハードワークしてきた甲斐がありました。 来年ももっと楽しみを共有できるよう、アーセナルファンのためのブログをやっていこうと思います。ぜひひきつづきお読みください。 つぎはマンU。またまたビッグゲイムですぞ。息つく暇もないとはこのことだね。彼らに勝てれば最高! ではみなさんよいお年を。 また来年このブログで会いましょう。風邪引くなよ! Come on you Gunners!!!   2019年12月31日 アーセナル・チェン

Arsenal, Arteta, EPL, Match, News, Transfer

【マッチレビュー】19/20EPL アーセナル vs チェルシー(29/Dec/2019)アルテタ10日間のインパクト

あまりにもショッキングな敗けかたで、昨日まる1日何も考えられず。 今朝からあらためて後追いでいろいろな情報をチェックしているけれど、やっぱりネガティヴよりもずっとポジティヴが多い。アルテタがの下でチームはほんとうに生まれ変わったみたいに見える。彼が来てたったの10日しかたっていないというのだから、これはもう劇的なインパクトだ。 年の瀬になんちゅー試合を見せてくれるのかと、試合の直後は腹がたってしかたがなかった。でも、1日置いたおかげでだいぶ考えも整理できた。昨日なにも書かないでよかったよ。。 あんな敗け方でもこころが平静でいられるのは、<きざし>を見たからだ。たしかなサインを。 このブログでも「進歩のきざし」についてしばらくしつこいくらい書き続けたけど、それがあった。あったどころか、ありまくりだ。ボーンマスとこのチェルシーで見たチームパフォーマンスはまぐれでもたまたまでもない。攻守にオーガナイズが進歩していて、1+1がちゃんと2以上になってる。そう感じられた。意図やアイディアがあり、チームにまた血が巡り始めた。 いまだこのチームには問題も多い。しかし、その多くはマネージャーに責任はない。つまり、アルテタにはこのまま続けてもらい、そしてクラブが適切なバックアップをすれば、必ずまたトップを争える競争力のあるチームになる。そう信じられる。いまはそれだけでも十分だ。ほんとうに信じられるという、それだけでもすごい変化だと思う。 暗中模索の時代は終わって新しい時代が来る。この2010年代のラストゲイムはホロ苦だったけど、全然悲観することはない。We go againだ。 試合をざっと振り返ろう。 Arsenal 1-2 Chelsea: Mikel Arteta loses first home game as Gunners boss

Arsenal, Arteta

チェルシー戦前、アルテタのインタヴュー「アーセナルはイングランドで最大のクラブ」

すでに現在はチェルシー(H)の直前だが、Sky Sportsの独占だというアルテタのインタヴューが数時間前にアップされていたので、そちらをフォロウしておこう。 Mikel Arteta exclusive: New Arsenal head coach outlines blueprint to winning fans back

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】19/20EPL アーセナル vs チェルシー(29/Dec/2019)アルテタのホームデビューと2010年代ラストゲイム

PL マッチデイ20はチェルシーをエミレーツに迎えるビッグマッチ。ロンドンダービー。 この試合はミケル・アルテタのホームデビュー戦であり、シーズン後半スタート(※ボーンマス戦を後半スタートと勘違いしてごめん修正済)であり、2019年最後でかつ2010年代でも最後という、いろいろが詰まった試合になる。最近はなにかと節目ばかりである。 PLチームの超過密フィクスチャで、例年どおり何人かのマネージャーからは恨み節も出ているようだが、この試合もまたミッドウィークの前試合から中二日。なかなか選手たちとの時間が取れず、自分のアイディアをチームに浸透させたい新任のヘッドコーチにとっても厳しいものとなっている。 アルテタが来てたった数日にも関わらず、ボーンマス(A)では驚きの進歩を見せたガナーズ。アルテタの2試合目はホーム、どのようなパフォーマンスが見られるかワクワクである。 Arsenal vs Chelsea preview

Arsenal, Arteta, EPL, Match, News, Tactics, Transfer

【マッチレビュー】19/20EPL ボーンマス vs アーセナル(26/Dec/2019)アルテタのたしかな一歩

アルテタの初試合はジャスト1ポイント。でも今年のどんな勝利よりもポジティヴな1ポイントに思えた。 あんなふうにアーセナルが「まともなフットボール」をやっているように見えたのはいつぶりだろうか? みんなもそう思っただろう? アーセナルのプレイを久しく観ていなかったひとがいたとしたら、ファンの興奮した様子に驚くはずだ。「ドロウのこの試合のどこがすごかったの?」と。 そりゃあひとことでは云えない(にんまり)。 云えないが、あえて云えば「生まれ変わった」。あるいは「これから生まれ変わりそうな未来を感じた」。 望んでいた結果も出せなかったし、理想的な姿にはまだまだ遠い。見えたのはほんのひとすじの光明だったかもしれないよ。でも絶望が深ければ深いほど見えた光は輝いている。まあわれらが現状にどれだけ絶望していたかということだ。そして絶望していたのは、われらが熱心なファンだからこそ。熱心であればあるほど苦しんでいた。この喜びを同じチームを愛するみんなと共有できることがぼかあうれしいね。 ミケル・アルテタのヘッドコーチとしてのデビューゲイム。振り返ろう。 Bournemouth 1-1 Arsenal: Gunners come from behind to draw in Mikel Arteta’s first match

Arsenal, Arteta, EPL, Match, News, Transfer

【マッチプレビュー】19/20EPL ボーンマス vs アーセナル(26/Dec/2019)シーズン前半最後とアルテタのデビュー

クリスマスが終わりBoxing dayの本日。ウィークデイフィクスチャながらPLもランチタイムからスタートということで、イングランドもまさにホリデイ気分である。 さてPLも早くも「マッチデイ19」、つまりここでシーズンのファーストハーフが終了する。そしてアーセナルにとってはミケル・アルテタの新体制で臨む初めての試合となる。 アーセナルがクリスマスをボトムハーフで迎えるのはじつに1983年以来(36年ぶり)。問題山積で前途多難は間違いないが、この試合が転換点となることを大いに期待したい。 Bournemouth vs Arsenal preview ボーンマス(A)をプレヴューしよう。

Arsenal, News, Transfer

アーセナル2020冬の移籍ウィンドウについて。キーエリアと補強ゴシップ

1月の移籍ウィンドウまであと1週間。 ラウル・サンレヒいわく「冬の移籍ウィンドウは補助的なもの」。しかしながら、重要なエリアで負傷者が出ていることなどいくつかの要因のおかげで、高みの見物を決め込むこともできなくなった。にわかにアーセナル周辺での移籍ゴシップが活気づいてきている。 今回は、アーセナルの冬の補強のポインツと、現在ソーシャルメディア等で取りざたされている獲得ターゲットをざっとまとめてみよう。

Arsenal, Arteta, Ljungberg

アルテタのスタッフ発表。FLに加え2人の新アシスタントコーチとGKコーチ

かねてより噂されていた、ミケル・アルテタのコーチングスタッフが正式に発表された。 Coaching team named 昨日公開されたファーストトレイニングといい、「チーム・ミケル」の本格始動を感じさせるニュースである。

Arsenal, Arteta, EPL

【試合前記者会見】19/20EPL ボーンマス vs アーセナル(26/Dec/2019)「正しいマインドセットが必要」

昨日(月曜)行われた、ミケル・アルテタのボーンマス前のファースト・プリマッチプレス会見。 試合は木曜の夜なのにだいぶ前倒しで行われたのは、やはり記者たちのためにもクリスマス(※水曜)にはやらないという配慮なんだろうか。 さて、アルテタが来てまさに新時代が始まったということで、当ブログもしばらくつづけてきた<試合のプレヴュー/レヴュー>というエントリのフォーマットを少し柔軟に変更していこうかと思っている。 いつもだとプレス会見が先にあっても試合直前のプレヴューエントリでそれをまとめるのだけど、それを待たずに先に出してしまおう。 いま、アルテタのインタヴューやプレス対応が完璧であるという、大変に高い評価をジャーナリストなんかからも軒並み受けているようで、なるべく旬のタイミングでシェアしたいという理由もある。 『Arseblog』のような、というとチラ裏の分際で少しおこがましいけども、分析や考察のエントリはそのままのボリュームで、ニュースな話題はより小分けにして旬のトピックをタイムリーにお届けしていくブログにシフトできるか。試してみよう。 Arteta pre-Bournemouth: every single word

Arsenal, Arteta, Behind The Scene

新ヘッドコーチ、ミケル・アルテタ指名の舞台裏 その2

アルテタ指名の舞台裏Part1につづいて、このPart2では、この件についてのデイヴィッド・オーンステインのLive Q&Aからのトピックを紹介。これは発表の日、つまりエヴァートンの前に行われたものだ。 ユーザから質問を募って、それにオーニーがライヴで個別に応えていくという企画。彼はこれをわりとよくやっている。 Live Q&A: Discuss Mikel Arteta’s unveiling as Arsenal’s new… 『The Athletic』はもちろんご存知のように有料サイトなので全文の引用はしない。r/Gunnersで要点がサマライズされていたのでそちらから紹介しよう。 <広告>『The Athletic』はこのリンクを踏んでへ行くといまなら40%オフで購読できます(年間で3,000円ほど)。わたくしが喜びますのでぜひどうぞ。</広告>

Arsenal, Arteta, Behind The Scene

新ヘッドコーチ、ミケル・アルテタ指名の舞台裏 その1

週末の狂騒から若干タイミングを逸した感もあるが、新ヘッドコーチ、ミケル・アルテタに決断するまでのクラブの舞台裏について。 オフィシャルサイトで、ラウル・サンレヒとエドゥがインタヴューに応えている。 ‘We’re very sure Mikel is going to do a great job’ クラブが目指す方向性を知るうえでは重要なコメントだ。今回もかなり長いが、ざっと訳してみよう。 それと、デイヴィッド・オーンステインが『The Athletic』で発表後に、それの舞台裏にまつわるQ&Aセッションを行っていた。クラブのオフィシャルな発表だけでない情報も。そちら(Part2)もこのあとに。

Arsenal, Arteta, EPL, Ljungberg, Match

【マッチレビュー】19/20EPL エヴァートン vs アーセナル(21/Dec/2019)さよならフレディとおかえりミケル

グディソン・パークで行われた19-20PLエヴァートン v アーセナルは0-0のドロウで終了。 PLでは9試合ぶりのクリンシートもさることながら、0-0はアーセナルにしては非常に珍しいスコアだなあと思って調べたら、今シーズンすべてのコンペティションで初めてだった。さすが、アメリカ人オーナーのクラブらしく得点の入らないつまらない試合はしないというアーセナルらしさ(※皮肉)。 アウェイでまあよくやったという評価もあるが、内容的にはとくに語りどころのない双方ともに低調かつ凡庸な試合だった。 プレイ内容はともかく、フレディ・ユングバーグのラストゲイム、そして新ヘッドコーチ、ミケル・アルテタの前で選手たちがプレイしたファーストゲイムという節目の試合ではあった。 プレヴューではてっきりアルテタがサイドラインに立つのかと思ったら、キックオフの前になってスタンド観戦を知った。 プリマッチ会見までやってんだから、ダグアウトに入ると思うよなあ。でも、まあ当然といえば当然か。就任のタイミング的にもこのチームにアルテタができることはほぼ何もなかった。彼が試合前に選手たちにかけたことばというのが話題になっていたが、それはあとで触れよう。 Everton 0-0 Arsenal: Carlo Ancelotti & Mikel Arteta watch goalless draw from stands

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】19/20EPL エヴァートン vs アーセナル(21/Dec/2019)アルテタのタフ過ぎる船出

ミケル・アルテタのヘッドコーチ就任から昨日の今日でもう試合である。しかも降格フォームがつづくなかでの厳しいアウェイマッチ。 PL Week18、10位でアーセナルが迎える相手は16位とこちらもまた今シーズン絶不調のエヴァートン。直近2試合でチェルシー、マンUと戦って敗けていないということで暫定マネージャーのもとで上向くきざしを見せながらも、今日カルロ・アンチェロッティのマネージャー就任が発表される見込みだという。一足先にフォームを取り戻しつつあるように見えるエヴァートンにどう立ち向かうか。 アルテタについてはもちろん準備はほぼ何もできない状態で結果は望むべくもないが、ついにパーマネントのマネージャーがやってきたことによる選手たちへの心理的なインパクトのようなものがパフォーマンスに見られるかどうか。チェックしたい。 Everton vs Arsenal preview

Arsenal, Arteta, EPL, Match

ミケル・アルテタ、ヘッドコーチとしてのファーストプレス会見(PLエヴァートン)「準備はできている」

エヴァートンのプレヴューエントリに入れるか迷っただが、あんまり長いので独立することにした。 ファーストインタヴューにつづき、長文だ。がんばって読もう。 Arteta press conference: every single word

Arsenal, Arteta

ミケル・アルテタ、ヘッドコーチとしてのファーストインタヴュー「やるべきことはわかっている」

昨日正式に発表となったミケル・アルテタのヘッドコーチ就任。一部を除き界隈は祝福ムードに包まれているが、早くも今日最初の試合を迎える。 非常にあわただしいなかで、アルテタに関するいくつもの重要なコンテンツがドロップされており、このブログでもめぼしいところをざっくりフォロウしておこうと思う。 ひとつは、アルテタのオフィシャルインタヴュー。それに、エヴァートン戦のプリマッチカンファレンス。メディアや選手たちの反応に、デイヴィッド・オーンステインの舞台裏Q&Aみたいなものもある。エメリやモウリーニョのコメントとか。とても全部は無理だ。。 ではまずヘッドコーチとして初めてのインタヴューから。おそらくは、公式発表の直前に収録していたのだろうと思われる。背後から柔らかな自然光が、まるで五光が差しているように見える(笑い)と評判のインタヴューだ。