Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナルがガブリエル・マルティネリの獲得を発表

さんざん取りざたされてきたけど、今年の最初のサイン(公式発表)はガブリエル・マルティネリ! 感慨深いぜ。 さっそくAFC公式サイトでインタヴューも公開されていたので、取り急ぎ。ざっくり紹介しよう。

Arsenal, Opinion, Player, Transfer

ウィルフレッド・ザハはいまアーセナルが大きなリスクをかけて獲得に向かうべき選手か?

ひきつづき、ザハの件。 来シーズンCL出場を逃し補強予算が制限されているアーセナルにとって、ウィルフレッド・ザハはニコラス・ぺぺなどと同格の手の届くはずのないドリームターゲットだと信じられている(た)。 にも関わらず、実際にオファーをしたっていうのだからみんなかなり驚いたと思う。それも£40Mという相手が要求する評価額の半分で。 ミランのトレイラへのふざけたオファーがぼくらを怒らせたように、クリスタル・パレスのファンがいま怒り心頭になっていてもおかしくはないだろう。 ところで、このブログを熱心に読んでくれているひとなら、ぼくがザハのような選手の獲得には以前から大いに期待していることは知ってくれていると思う。実現可能性はともかく、実際にもしほんとにザハがくるならそれはそれでぼくはうれしい。 しかし、それでもこの夏にアーセナルがザハに向かうことについては、少なからず疑問を感じている。 議論すべきポイントがふたつあると思っている。以下にぼくの意見を述べたい。

Arsenal, News, Transfer

アーセナルがウィルフレッド・ザハの獲得に本気だった件

今朝起きたらアーセナルがザハにまじでオファーしたとかでだいぶざわついていた。 Arsenal make £40m bid for Crystal Palace winger Wilfried Zaha. Zaha wants to move to Arsenal — Kaveh Solhekol (@SkyKaveh) July 1, 2019 Sky Sportsがブレイキングしたようだが、BBCのオーンステインやほかのジャーナリストたちも軒並みこれに反応していて、どうも真実らしい。£40Mでザハにオファー。 問題は、アーセナルのオファー内容とクリスタル・パレスの要求に大きすぎる乖離があること。 CPに断られることがわかりきったオファーをアーセナルが提示したことが、逆にその狙いについて、さまざまな深読み・憶測を呼んでいる。 アーセナルとウィルフレッド・ザハを巡るあれこれについて考えてみたい。

Arsenal, Transfer, Vote

【VOTE】ティアニー獲得前夜に問う。売却すべきLBは、モンレアルか? コラシナツか?

スコットランドの新聞が、アーセナルの3度めのオファーを報じているようだ。もちろんセルティックのヤングLB、キーラン・ティアニーに対してである。 Sunday Post: Having had two bids rejected for Tierney, #AFC third bid of 20m plus 5m in add-ons will see them matching Celtic’s valuation for the player.https://t.co/dScSmqO7WH pic.twitter.com/Df4oBRzXC1 — Arsènic™ (@MrArsenicTM) June 30, 2019 オファー内容は£20M+5Mのアドオンボーナスということで、これでセルティックが求めていたと云われる£25Mに限りなく近づいたことになる。 アーセナルのこれまでのオファーは£15M、19Mと来ていたので、今回はわりと本気で決めるつもりがあるオファーなのではないだろうか。 これがもし受け入れられれば、アーセナルの夏の最初のサインになるかもしれない。 今年も幾度となく噂に振り回されてきたが、さすがにこれは発表が楽しみと云いたい(←何度騙されても懲りないひと)。

Arsenal, Transfer

【移籍市場】オーンステインが、ザハ、サリバ、ティアニー、ムスタフィを語る【2019夏】その2

Arseblogが昨日のオーンステインのトークについて、なんか漏れてたっていうエントリをアップしていたので、それもフォローしておこう。 BBC 5LIVEの実際の番組を聴いてればすぐ気づいたはずだから、おいらが聴いてなかったってバレちゃったな。まあ許してくんろ。

Arsenal, Transfer

【移籍市場】オーンステインが、ザハ、サリバ、ティアニー、ムスタフィを語る【2019夏】

昨日(日本時間今日早朝)、BBC Sportsのデイヴィッド・オーンステインがRadio 5 Liveに出演して、最新の移籍情報についてトークしていた。 ダイジェスト。 The moment that all Arsenal fans have been waiting for…@bbcsport_david delivers an update on #AFC transfer plans. 📻📱 – https://t.co/LKqz8tOG90 #bbcfootball pic.twitter.com/4yXOSdiKkl — BBC 5 Live Sport (@5liveSport) June 26, 2019 さっそく、これをおなじみのArseblogが全文テキストに起こしていたので、ありがたく拝借。読みながらざっくり訳してみよう。 まったくRespectしかできない。

Arsenal, Player, Transfer

Sky Sportsのセルティック番記者がキーラン・ティアニー移籍を解説

(スコットランド方面の担当というだけでセルティックの番記者じゃなかったらごめん。。) さて、セルティックのレフトバック、キーラン・ティアニー獲得の噂について、ここ数日のアーセナル界隈はますます盛り上がりを見せている。 ぼくは彼のことをよく知らなかったが、最近の騒ぎを見ていていろいろなことがわかってきた。 スコティッシュリーグのクオリティはお世辞にもとても高いとは云えないものの、一説にはティアニーはヨーロッパでも屈指のLBだという評価もあるようだ。しかもまだ22才とかなり若い。素晴らしい。 これを書いている時点でまだ決定的なことは起きていないが、多くの報道を信じるならば、すでにアーセナルはセルティックに正式なオファーを提示、この最初のオファーはを断られ、さらなる好条件で再度チャレンジするといったフェイズにある模様である。 BBC Sportsのオーンステインがこの取り引きについて「楽観的」と指摘していたくらいで、現時点では獲得の障害となるような強力なライヴァルもおらず、見通しは暗くないように思われる。 そんななかSky Sportsが、ティアニーの移籍についてざっくりとした(笑い)記事をアップしていた。 Why do Arsenal want Kieran Tierney? How would Celtic replace him? 今回はこれをざっくり紹介しよう。

Arsenal, Transfer

カラスコとフレイザー、ウインガーの獲得交渉が進まないアーセナル。その他ウインガー候補の状況

アーセナルのこの夏のターゲットと云われるふたりのウインガー、ヤニク・カラスコとライアン・フレイザー。 両者ともそこまで苛烈な獲得競争があるわけでもなく、アーセナルにとっては比較的話が進みやすい案件かとおもわれたが、その後もなかなか交渉が進展しているという報せは聞こえてこない。 もちろんアーセナルは予算が限られているため、条件交渉で相手の希望に歩み寄れないという理由も大きいだろうが、それ以前にこのふたりにはそれぞれ所属クラブの事情があるようだ。 後述するようにアーセナルはふたりを獲得できなかったときに備えて、別のウインガーのターゲットを揃えておく必要があるのかもしれない。

Arsenal, Transfer

ACミランがルーカス・トレイラを熱烈にほしがっている件

まあアーセナルのファンにとってはいろんな意味で片腹痛いわけですが……。 Il Milan si muove per Torreira: prima offerta all’Arsenal – Sportmediaset 『Sport Mediaset』というサイト(イタリア語)によれば、現在コパ・アメリカを戦うルーカス・トレイラについて、昨日ACミランが最初のオファーを持ってアーセナルとの交渉を始めたということ。 一説によればアーセナルはトレイラに最低€50Mのプライスタグをつけたというが、よりによって去年獲得したばかりのニュースターをいま手放すわけないじゃないか。チームのなかでも一番可能性が低いわ。もしかして◯◯なの?? なーんて思っていたらどうもこの件のビハインド・ザ・シーンはそこまでシンプルでもないようで。

Arsenal, Transfer

残り契約2年。オバメヤンの去就がアーセナルの補強を決める

5月16日にEPLの移籍ウィンドウが開いてからすでに一ヶ月以上がたつが、契約満了で退団する選手たちの発表を除いては、いまだに誰の獲得も放出もアナウンスされていないアーセナル。 ウィンドウが閉まるまで(※今年のデッドラインデイは8/8)、まだ一ヶ月以上はあるものの、トップ4およびELタイトルを逃したアーセナルでは補強が熱望されているためか、ファンベイスからもだいぶイライラしている様子が伺える。 この補強のスロースタートぶりについては、一部では、その原因は選手の売却/放出が進んでいないからではないかという指摘がある。なるほど、Net(※選手売却益含まず)で£40~45Mと云われる補強予算では、アーセナルが必要としている選手の多くを買うことはできない。先立つものがないという理由はたしかにあるかもしれない。 また当然ながら、選手の登録は人数が限られるため、新しい選手を迎え入れるためにはその場所を空けなければならない。売却/放出の停滞が、補強の進捗を妨げているという説は大いにありそうだ。

Arsenal, Player, Transfer

【Welcome】ブラジリアンワンダーキッドこと、ガブリエル・マルティネリって誰?【to Arsenal】

各所でブレイキングしているとおり、本日6/18をもって18才になったガブリエル・マルティネリの獲得をアーセナルが正式に発表するのはすでに秒読みのようである。今日とか明日とか云われている。ほんとかな? さて、彼はブラジルのItuanoという「ブラジリアン・セリエD」クラブから来るということで、彼のプレイはおろか存在すら知らなかったひとがほとんどだろうと思う。 このブログでも何度か書いたし、すでにいろいろなところで彼のプロファイルについては紹介されているが、アーセナル移籍前夜ということであらためて彼について情報をまとめておきたい。 ガブリエル・マルティネリって誰だよエントリである。

Arsenal, Arsenal Academy, Behind The Scene, News

ユングベリがファーストチームのアシスタントコーチ就任。アーセナルは戦略的人事で“トランジションチーム”へ

昨日、AFCの人事異動が公表された。 Developing our young players: key appointments 数日前から噂されていた、フレディ・ユングベリのファーストチームでのエメリのアシスタントコーチ就任および、スティーヴ・ボールドのU-23コーチ就任。噂どおりの役職交替となった。 この交替や異動について、アーセナルはアカデミー選手をファーストチームに昇格させる道筋をつくるためだと説明している。 公式サイトでのクラブの発表をざっくりと訳してみよう。

Arsenal, Transfer

アーセナルが選手サイドと個人条件合意と伝えられた3人

2019夏の移籍市場まっただなか。 アーセナルは「あらゆる選手とリンクされている」などと揶揄されがちなように、周囲が騒がしいのだけはトップクラス。そのわりには大きな動きもなく、ファンをやきもきさせている。 さて、アーセナル界隈では奇しくもいくつかの案件が、似たような状況になっている。 それは選手個人とは条件で合意しているが、クラブ間での合意がまだ、というもの。

Arsenal, Player, Transfer

「エジルは100%アーセナルに残る」ドイツ人ジャーナリストが断言

Goal日本語版みたいなタイトルでなんかゴメン。 昨日、Sky Sportsのポッドキャスト「Transfer Talk」で、ジャーナリストのラファエル・ホーニグステイン(Raphael Honigstein)がメスト・エジルについて語ったことが話題になっている。 ざっくり訳してみよう。 ちなみにホーニグステイン氏は、ドイツ方面の情報で大変に信頼できるジャーナリストで、r/Gunnersおよびr/Soccerでも信頼度“Tier2”ランカーである。

Arsenal, Behind The Scene, EPL, Wenger

「英プレミアリーグのクラブ運営モデル」ディック・ロウ2017年のプレゼンより

先日、2019夏のアーセナルの移籍ポリシーについてのオーンステインのリポートを紹介したエントリで、来月アーセナルの新テクニカルディレクターに就任するという元アーセナルMF、エドゥについて示唆的なことが書かれたブログ記事を読んだと書いた。 その記事のなかで、2017年にブラジルで行われた「Somos Futebol 2017」というフットボールコンヴェンションでのプレゼンの様子が紹介されているのだが、デイヴィッド・デイン、ディック・ロウ、エドゥ・ガスパールという新旧アーセナルのディレクターが揃い踏みでプレゼンテイションを行うというアーセナルのファンにとっては特別に興味深い内容となっている。 なかでもEPLのクラブ運営モデルを詳しく説明しているディック・ロウのプレゼンが興味深く、今回はそれを紹介したい。 フットボールクラブの「運営モデル」という若干マニアックなトピックながら、基礎的なクラブのストラクチャについて紹介されていたり、ヴェンゲルさん時代のモデルなども紹介されているので、クラブの裏側を知りたいフットボールファンのみならずアーセナルのファンも楽しめる内容だと思う。

Arsenal, EPL

【速報】2019/20プレミアリーグフィクスチャが発表される。アーセナルの初戦の相手はNC(A)

予告どおり日本時間今日17時に発表された模様で。。 もうプレミアリーグ公式サイトで来シーズンのすべてのクラブのすべての日程が確認できるぞい。 Premier League fixtures for 2019/20 announced

Arsenal, News, Transfer

ヤニク・カラスコがチャイナクラブへ移籍した真相

しばらく以前からアーセナルの夏のウインガー獲得候補の本命だと云われているヤニク・カラスコについて、とある事情通がアーセナルのカラスコ獲得は間近だとツイートしていた。 #Arsenal is defining for #Carrasco from #DalianYifang. Contacts ongoing with chinese club to finalize the last detalis of the deal. The belgian player has already an agreeement with #Gunners. #transfers #AFC — Nicolò Schira (@NicoSchira) June 10, 2019 アーセナルがDalianYifangのカラスコの獲得を決めようとしている。取り引きの最後の詳細を詰めるために、チャイニーズクラブとのコンタクトはいまも続いている。ベルジャンプレイヤーはガナーズとすでに合意済み。 だとのこと。 Nicolò Schiraは、日本でもおなじみの『ガゼッタ・デロ・スポルト』の記者で、r/GunnersではTier4ソースながらアーセナル移籍関連情報でも最近はよく見かける名前だ。 別のソースによれば、彼の獲得に要する移籍金は€30M(約£27M)でボーナスがつくとのこと。 これは決まりだろうか? 若干の不安が残るのは彼が若くしてチャイナへ渡ったこと(モナコ→アトレティコ→チャイナ)。これからキャリアを積もうというプロフットボーラーが、ヨーロッパや南米のような国からクオリティが格段に劣る中国へ行くということは、特別な理由がない限りはあまり尊敬される行為ではない。その点について興味深い話があったのでシェアしておきたい。

Arsenal, Behind The Scene

ヴェンカテシャン&サンレヒ公式独占インタヴューその2「アーロン・ラムジーのようなことは二度と起こさない」

かなり遅くなってしまったが、先日アップしたPart1につづいて、ヴェンカテシャンとサンレヒのインタヴューPart2の翻訳をざっくりお届け。 Part1はこちら。 ヴェンカテシャン&サンレヒ公式独占インタヴューその1「われわれはウーナイのインパクトにとても満足している」 映像の尺はPart1よりだいぶ長いが、公式サイトにスクリプトがアップされている部分だけをざっくり翻訳した。文字起こしされていない部分もかなりありそうだ。 本来は映像を見ながらヒアリングして翻訳すべきなんだろうが、正直その作業はPart1で懲りた。終わったあと公式サイトにトランスクリプトがアップされたときは骨折り損だったと悟りましたよ、ええそうですとも。。 ちなみに今回自分のなかでは過去最大級に訳に苦労したのが遅くなってしまった原因で。そして誤訳もあるかもだ。どう訳していいかわからないところは文脈から意訳したりしている(戸田奈津子リスペクトかもだ)。それでもよければ。 ではPart2を。 今回はリクルートに関する質問がメインだからか、サンレヒが答え、ヴェンカテシャンがそれをフォローしていくかたちが多くなっている。 ※アップが遅れてしまったが、このインタヴューは5月の20日ごろに行われたもので、PLのシーズン終了後&ELファイナル前となっている。タイミング的にはCL出場のチャンスがまだあったときと要ご理解。すっかり旬のタイミングを逸したよ。ごめんね。

Arsenal, News, Transfer

最近のアーセナル移籍ニュース(8/Jun/2019)待望のウインガーはカラスコで決着?【獲得の噂まとめ】

アーセナルの最新の移籍関連ニュースをまとめてお届け。今回はお待ちかねの獲得選手について、最近のうわさ話やゴシップをざっくり紹介しよう。 ポジション別でまずはディフェンダーから。 あ・長いのでがんばって読んでね。。