Tag: Jack Wilshere

Arsenal, EFL, Match

【マッチレビュー】17/18EFL (Carabao Cup) アーセナルvsドンカスター・ローヴァース(20/09/2017)

観終わったあとにどっと疲れが出る試合だった。これを平日早朝にやられるのは辛い。ほとんど仕打ちである。お勤めの方にはお気の毒なことこの上ない。 結局なんとか勝ったもののしょぼい試合をしてしまったガナーズは、今回エミレーツ・スタジアムの最低観客動員の記録もつくってしまったようだ。水曜夜とはいえ、とくに上のほうの席はガラガラに見えた。こんなしょうもない試合をしていたらそりゃお客さまも離れますわね。相手の拙いフィニッシュに助けられたけど、下手すりゃ負けてたぞ。 Arsenal set record for lowest ever Emirates attendance during Doncaster Rovers victory

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL アーセナルvsFCケルン(13/09/2017)

17/18シーズン、UEL初戦となったホームでのFCケルン戦。試合内容も決してほめられたものではなかったが、終わってみれば3-1と勝利。面目を保った。 そして今回もしかしたら試合そのものよりも注目を浴びたのが、2万人ともいわれるケルンサポーターが大挙押し寄せたことで生じたトラブルだ。試合時間も1時間遅れ、怪我人や逮捕者も出るなど、結果的に両クラブともにUEFAからペナルティが与えられるらしい。アーセナルはとんだとばっちりである(とばっちりといえば、ぼくは試合を1日間違えて前日にも4時起きしているわ、当日も1時間待たされるわで散々だった)。 ケルンサポーターの大行進やエミレーツ・スタジアム前や試合後のスタジアム内での暴れっぷりなどの映像もちらりと見たが死人とかでなくて本当によかったと思う。FCケルンは今回ヨーロッパの舞台に立つのは25年ぶりらしく、サポーター諸君はうれしすぎではしゃいでしまったということらしい。 Arsenal 3-1 FC Cologne

Arsenal, Transfer

【移籍情報まとめ】泥舟、アマチュア、無計画……。2017夏アーセナルのデッドラインデイ その1

さて、今年も楽しかった英国の移籍市場は本日8/31木曜日の夜11時にクローズする。デッドラインデイである。英国と日本の時差は8時間ということで、終わりは日本時間では明日(金曜日)の朝7時。もう24時間を切った。なんだかんだあっという間だったな。 アーセナルのデッドラインデイまでの動き アーセナルのこれまでの動きについては、ヴェンゲル監督が「獲得より放出を優先する」と語っていたとおり、全夏を通して新規獲得はたったの2名。さすが有言実行の男である。 ※画像はArseblog Newsより

Arsenal, Player

アーセナルにジャック・ウィルシャーは必要か

ジャックはアーセナルを放出されるならACミランに行きたいのだそうだ。 なんでもローンでボーンマスに行く前から興味があったとのことで、デビッド・ベッカム氏の推薦だという。ジョー・ハートからもセリアAの評判を聞いて心が動いている模様。 www.dailymail.co.uk ACミランといえば、綺羅星の如くトップ選手たちプレイする往年の姿はすでに見る影もなく、若手選手が多くプレイする過渡期のチームであり、ジャックのような25歳という年齢に見合わない経験、人気や知名度を考えれば、これからグローバルで成り上がろうというミランが獲得を希望してもおかしくはない。 中国の投資家がクラブを買収するということでいささか混沌とした状況であるが、ビジネス的にもスター選手の獲得は必須といったところだろう。 ベッカムがアーセナルに練習参加していたときの写真。今となってはすでに懐かしい3ショットである。

Arsenal, Player

なぜジャック・ウィルシャーはボーンマスで怪我をしないのか

今晩(日本時間明朝)、プレミアリーグではボーンマスとマン・シティの一戦が行われることもあり、ジャック・ウィルシャーにまつわる記事が何本かあった。 www.skysports.com ジャック・ウィルシャーは、今シーズン始めからボーンマスにローン移籍して以来、アーセナルとの対戦を除くすべての試合に出場しているということもあって、すでにボーンマスの攻撃のキーマンとして期待に違わぬ活躍を見せている。今節の対戦相手の監督であるグアルディオラもジャックの才能を口にしている。 これまでのボーンマスでのプレイタイムは1525分と、すでにアーセナルでの過去2シーズンの合計(873分)の2倍近くになっているという。 アーセナルでの14/15シーズン、15/16シーズンはシーズン中は怪我でほとんど欠場していたとはいえ、それ以前の怪我履歴を見れば、今シーズン、ボーンマスで出場を続けていることは彼にとって非常に珍しいことのように思える。ボーンマスに移籍する前は、90分通してプレイしたのは2014年9月のカップ戦が最後だったというから、アーセナルのファンにとってジャックの今シーズンの好調ぶりはちょっとした驚きである。

Arsenal, Transfer

アーセナル、移籍にもっとも近いのは誰だ予想2017冬

全世界のグーナーが購読しているArseblog。毎日更新される記事では定期的に移籍予想をやっているが、昨日最新の移籍予想エントリがきていた。 arseblog.com アレクシスやエジルはもちろん、同じく残り期間が迫るOxやジャック方面にも契約更新難航の予感の足音がする昨今。ジルーやコシエルニ、メルテザッカーといったベテランたちが契約更新をしていくなか、ちょっと読み流せない予想もあったので簡単に紹介したい。