hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Transfer

【移籍市場】すでに期待以上? アーセナルにさらなる補強は必要か【2018夏】

エメリ効果というべきか、ヴェンゲルアウト効果というべきか。

今年の夏はここまで、ファンの予想を超えるほどの精力的なリクルート活動を見せているアーセナル。おもにディフェンス面での課題だったGK、CB、RB、DMと、層の薄いポジションを着々と補強している。

リヒトシュタイナーにつづきベルント・レノの獲得も発表され、ウィルシャーが退団、ソクラティスとトレイラの獲得が内定しているという前提で、このあたりであらためてアーセナルFCの各ポジションの補強について整理してみたいと思う。

ここからさらに補強が必要なポジションはあるのだろうか。



現時点でアーセナルに必要な補強

ゴールキーパー

ベルント・レノの獲得が発表されている。

これでチェフ以降、その場しのぎでなく長期で任せられるファーストGKという大きな懸案はひとまず解決された。

ただ、来季のファーストGKは決まったとしても問題はセカンドだ。退団の噂があるチェフとオスピナのどちらも残ることなく、ふたりとも退団した場合のファーストチームでのバックアッパーはどうなるか。

チェフにはナポリから、オスピナにはフェネルバフチェやガラタサライといった複数のターキッシュクラブからの興味が伝えられている。

アーセナルは当然選手の契約の満期まで使う権利があるが、クラブでのプレイを望まない選手を置いておくことはリスクになる可能性がある。

また彼らの契約はふたりとも残り1年で(2019年6月まで)、移籍金を得るラストチャンスは今夏と2019年1月だけだ。もし選手が退団を希望するなら、なるべく多く移籍金を得るためには今夏の売却が望ましいことはいうまでもない。

したがって、セカンドGKはチェフとオスピナふたりの動向次第となるが、もしふたりが退団を希望するならば、新しいセカンドGKを取る必要があるかもしれない。なぜならば、アーセナルには残念ながら全幅の信頼をもってセカンドGKを任せられる選手がいない。

すでにファーストチームでもプレイ経験のある、エミ・マルティネスやマット・メイシーあたりが一番セカンドGKに近いが、もしレノが怪我などで離脱したときのことを考えると、彼らをセカンドGKにしておくには不安のほうが大きい。

No.1シャツを与えたばかりのチェフがいなくなるとも思えないが、せめてセカンドGK、そしてレノのメンターとして1年だけでも残ってくれれば理想的だが……。

補強必要:(チェフとオスピナ両方退団なら)セカンドGK

センターバック

ソクラティス・パパスタソプーロスの獲得はすでに決まっているといわれている。BVBの都合で発表は7月になるとか。

センターバックは、もしムスタフィが退団しないのであれば、さらなる補強の必要はない。

チェンバースやホールディング、マヴロパノスもいる。2CBを5人で争うなら弾数は十分だろう。3CBでもモンレアルやコラシナツもいることを考えればまあ問題なさそうだ。

問題はムスタフィだ。彼は去年の夏には移籍を志願したということが根強く信じられており、今夏もまた批判されることのほうが多かったであろうアーセナルからの退団を望む可能性がないとはいえない。

AFCにしてもさらなる補強の資金確保のために、比較的高額で売れるムスタフィを売却しないとはいえない。

いずれにせよ、もしムスタフィを売ってあらたにCBを取るのであれば、できればそれなりに経験のある即戦力のCBを取りたい。

フライブルクのシャラー・ソユンチュについては、代理人が「(決める必要があるのは)あとは選手の報酬だけ」と語ったという報道がされていたが、その後の進展を伝える報道がない。CBを補強するなら彼がもっとも獲得に近づいていると思われるが、もしムスタフィが退団して彼を逃すようなら、別のCBを獲得する必要があるだろう。

補強必要:(ムスタフィ退団なら)即戦力のCB

フルバック

RBのステファン・リヒトシュタイナーを獲得している。

RBは、ベレリンとリヒトシュタイナーで問題なし。

LBも、モンレアルとコラシナツで問題なし。

両フルバックともに、AMNというさらなるバックアッパーもいる。これならPLでもトップレベルで戦える。わりと盤石である。

補強必要:リヒトシュタイナーを取ったので補強の必要なし

セントラル・ミッドフィルダー/ディフェンシブ・ミッドフィルダー

ルーカス・トレイラの獲得が発表間近。

現状でのDM候補は、ジャカ、エルネニー。バックアッパーでAMN。ここにトレイラが加わる。おそらくそれでCM/DMは十分ではないだろうか。

もともと、エメリはジャカをこれまでどおりアンカーとして使うという憶測もある。

スティーヴン・エンゾンジに行くという報道があるが、さすがにそれは贅沢というものだろう。エンゾンジを獲得しても彼を使う場合はトレイラかジャカをベンチに置くことになるし、そもそもカップ戦要員として取るような安い選手ではない。補強予算が限られているクラブのターゲットにはいかにもそぐわない。

補強必要:トレイラを取ったので補強の必要なし

セントラル・ミッドフィルダー/アタッキング・ミッドフィルダー

ジャック・ウィルシャーが退団を発表した。

現有の攻撃的なMFとしてはもちろんアーロン・ラムジー。そしてトレイラあるいはジャカがアンカーポジションに入る場合は、そのどちらかが前目にポジショニングすることもあるだろう。

(エメリはビルドアップ時にひとりCMをCBのポジションに下げるというので、どちらがより後ろでプレイするのかはちょっと興味深い)

個人的には、ジェフ・レイヌ・アデレイドもここでプレイできると思う。ちょっとラビオっぽいところもないだろうか?

JRAをカウントしないなら、ウィルシャーとカソルラのふたりが抜けたところに入るCMとして、ひとりはトレイラ、あとひとり補強枠がある。

が、ヘンリク・ミキタリアンもここでプレイできるし、あるいは若手を使うならジョー・ウィロックも悪くない。競争は激しい。

ラムジーもミキタリアンもおり、トレイラやジャカ、エルネニーがここでもプレイできるなかで、これ以上大金を投じてレギュラークラスのCAMを獲得する必要があるとは思えない。

もしさらに新しい選手を取るのであれば、それがバネガのような選手になるのかもしれない。バネガの噂を聞いたときはなぜ彼を取るのかちょっと理解できなかったが、こうして現状のスクオッドを俯瞰して、安価でそれなりに経験もあるベテラン即戦力と考えると腑に落ちるところがなくもない。

補強必要:バックアップのCAM

フォワード

現状のFWは、ラカゼット、オバメヤン、ウェルベック、エジルにミキタリアン。そしてもしU23の選手がここに食い込むなら、エンケティアとネルソン。

とりあえずここからこの夏に離脱しそうな選手はいまのところいない。

一見補強の必要はなさそうながら、アーセナルはスポルティングのゲルソン・マルティンスの獲得を狙っていたと伝えられている。マルティンスはウインガーである。

そう、いまのアーセナルにはサイドでスピードやドリブルで勝負する純粋なウインガーがいない。センターフォワードの後ろに陣取るエジルもミキタリアンも非常にアーセナルらしいゲームメイカータイプで走力を武器にするタイプではない。

マネ、サネ、スターリング、アザールにマルシャルとPLでも強力なウインガーがいるのがトップクラブのトレンドである。

リース・ネルソンは純粋なウインガーに近いプレイスタイルだが、まだ18才とPLでレギュラーでプレイする戦力としてカウントしていいかどうかは微妙なところだ。

ラカゼットオバメヤンという生粋の点取り屋を擁しフォワードの弾数は十分ながら、もしここからさらに補強をするとしたらそれはサイドで輝けるウインガータイプの選手だろう。アーセナルはすでに冬にサンチェスとウォルコットというふたりのウインガーを失っている。

補強必要:(強いていえば)ウインガー

まとめ

現状でアーセナルに必要な補強は、

  • レギュラークラスの経験あるCB(ムスタフィが退団するなら)
  • バックアップ、カップ戦が受け入れられるアタッキングMF
  • サイドで単独勝負できるウインガー

となる。

バネガ(29)とかいらねえんじゃねと思っていたけど、こう考えると意外に一番いい補強かもしれない。

以上



 

 

4 Comments on “【移籍市場】すでに期待以上? アーセナルにさらなる補強は必要か【2018夏】

  1. 昨日のポルトガル戦を見るとマルティンスやフェルナンデスはハズレでは? と思ってしまう程のパフォーマンスでした
    勿論クラブと代表では多少変わるでしょうが、ドリブルや低い位置でのロストしかなくてスポルティング産は地雷だと感じさせます
    分割で残った金があればCBやCMよりグエデスに注ぎ込んで欲しいですね
    多機能で決定力以外は素晴らしいですが、W杯後にはFFPに苦しんでるパリも多少値上げしそうなのが……

  2. それにしても現時点でも、なかなか効果的な補強をしていますね。
    ナイルズくんが万能でありがたい限りだ。シャツナンバーも15になったし、出場機会がより多くなることを願って止みません。
    ナイルズくんといえば、気になるのは母親の存在だけど、大丈夫かな?
    個人的には昨季ローン組だった若手に対してエメリがどう評価を下すのか、楽しみです。
    ふと気になってナブリのこと調べたら、来季からバイエルン復帰するみたいです。

  3. バックアップのCAMこそ、イウォビ、ナイルズが争う場所だよなーって思ってます
    (それか情報が錯乱気味のPSGからやってくるかもしれない彼)

    純粋なサイドのドリブル、クロス、カットイン、個人で打開できる選手は今のスカッドに必要ですよねー
    アデレイド君はどっちかというとこっち側のポジションの気がしますが、ここはそれこそ若手がでてくればいいのですが。。
    Nwakali がイングランドにいれるならお試しで半季。が理想ですが、、果たして労働許可証もらえんのかな?

  4. このエントリを書いたときにイウォビのことを忘れてたなんて。いまさらいえない……

Leave a Reply

Your email address will not be published.