hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery, Match, UEFA EL

【マッチレビューその1】18/19UEL LAST8 2ndレグ ナポリ vs アーセナル(18/Apr/2019)成熟した大人のパフォーマンスで完璧な勝利。ELはラスト4へ【コメント集】

ファーストレグを先勝しながらも、厳しい戦いが予想されたアウェイでのセカンドレグ。

アウェイゴール+クリンシートというこれまた最高の結果を出し、終わってみればホーム・アウェイで危なげなくELクオーターファイナル勝ち抜けに成功した。

今回は超苦手なアウェイマッチであったにも関わらず、ナポリというビッグクラブ相手にある意味「楽勝」といってもいい内容で、ナポリのファンには失礼ながら、個人的にはやや拍子抜けの印象だった。

しかし相手のことはともかく、エメリの戦術プランも選手たちの集中したパフォーマンスも文句なしの出来だったことは間違いない。

アウェイで意表を突くハイプレッシングから試合をスタートさせた前半、自陣でディープブロックを敷き試合を殺しにいった後半と、状況・時間に合わせて戦略を巧みに変えながらナポリの攻勢に対応。ポゼッションやシュートなど数字のうえでは一見圧倒されながらも、アーセナルは締めるべきところは締め、90分にわたり終始優位なポジションを維持しながら試合を進めることができた。

愚かな判断が一切入るスキのない、まったくもってプロフェッショナルのパフォーマンスだった。ちょっとアーセナルらしくなかったゾ?

では試合を振り返っていこう。

まずはコメント集から。つぎのエントリで試合について語っていこう。

Napoli 0-1 Arsenal (Agg: 0-3) Alexandre Lacazette nets as Gunners reach Europa League semi-finals



エメリの試合後のコメント

試合後のプレスカンファレンスより。

(今回は今シーズンのベストパフォーマンスでしょうか……)

エメリ:わからないな。もしベストパフォーマンスだったとしても、グッドというだけだ。ワトフォードでの勝利のあと、あれは難しい試合だった、それをナポリとのセカンドレグで繰り返すことができた。しかもこのビッグチーム相手にクリンシートだ。

わたしは一番重要なことはそれが自分たちのやり方であること、そして一貫性があることだと思う。わたしたちの最終的な目標は進歩しつづけることなんだから。

(アウェイまで来てくれたサポーター……)

サポーターたちにも感謝をしたいね。ここには1100人ものひとたちが来てくれて、いいアトモスフィアをつくってくれた。今日のチームは彼らにビッグパーソナリティを見せられたと思う。

(ビッグアトモスフィアへの対処……)

イエス。わたしは選手たちをとても誇りに思うし、自分たちのワークを誇りに思う。なぜならここで選手たちは強い相手とだってプレイできること、自分たちのアイディアをもってビッグパーソナリティを示したんだから。もしかしたらもう少しボールをもってポゼッションして試合をコントロールできていたらよかったかもしれないが、なんでも思い通りになったわけでもない。

しかしわれわれのファーストハーフはとてもよかった。よくプレスして彼らのコンビネーションを遮断した。たくさんプレスして相手ボックスに侵入していくこともできていた。目標は得点することだったので、90分間安定していることはマストだった。

(ヨーロッパでイングランドのクラブが躍進……)

わたしのキャリアのなかで違うときもあったね。ときにそれがイングリッシュチームであり、スパニッシュチームであり、ジャーマンチームだったりする。そしていまはイングランドのクラブがヨーロッパでいいときを過ごしている。

われわれが戦ったのはイタリアのセカンドチームで、とてもいい選手がいてコンビネーションも素晴らしく、リヴァプールを相手にしてもビッグパフォーマンスを出せていたし、同じポイントだったにも関わらずCLから敗退した。

この2レグでの結果はいいものだが、これはわれわれが彼らをたくさんリスペクトしたからでもある。われわれの彼らに対するリスペクトが2試合にわたるシリアスなパフォーマンスを引き出したんだ。でもナポリはヨーロッパのビッグチームだよ。とてもビッグチームだ。

(ヨーロッパリーグでのあなたの記録……)

わたしはこのELという大会でたくさん成長してきた。そしてCLでプレイできないときには大きなチャンスを与えてくれたと思う。これは何か大きなことを成し遂げられるチャンスなんだ。来季のCLにとってもそうだ。

国内リーグではたくさんのチームがトップ4を狙っており、ELはチームにとってもわたしにとってもとても重要なんだ。

今日ナポリはサポーターに野心を見せようとしていた。もしわれわれが勝てた理由があるとしたら、それはとてもよくワークしたおかげだ。

(ナポリを2度破りました……)

この2試合での勝利はわれわれがふさわしかったと思うよ。だって彼らのことをとてもリスペクトしたのだから。われわれはプレッシングを使いよくワークして彼らのベストタクティクスや個人に好きにさせなかった。たくさんプレスしてとてもよく守った。とてもハードに戦ったよ。

(パレスではローテーションするか……)

いくつかのローテーションはとても重要になっているね。なぜなら何人かの選手はケガをしているし、今日のような試合のあとには新しいエナジーが必要になる。日曜はとても難しいものになる。ソクラティスがサスペンドでプレイできないし。

今日プレイした何人かの選手は日曜にはプレイできないだろう。たくさんの試合、難しい試合をプレイしたいと思っているが、それにはよく準備することも必要だ。

いまはとにかく休息が重要で、明日は今日プレイしていない何人かの選手たちとワークすることになるだろう。正しいコンディションのチームを準備するよ。

相手をリスペクトしたから勝てた。わかる。

相手をリスペクトするってことは、油断せずに事前にたくさん研究することでもある。エメリのいつだって相手をリスペクトするという姿勢。ぼかあ好きだなあ。

エメリ、負傷交代のラムジーについて語る

エメリはもも裏をおさえて途中交代となったラムジーについてもコメントしている。

エメリ:彼はとても調子がよくて、ビッグビヘイヴィアとコミットメントでプレイしていたし、チームと何か重要なことをやろうとしていた。

今日のケガで何試合かは彼抜きで戦うことになるだろうね。

(彼のシーズンは終了したのか?)わからないね。シーズン終了までにどうなるか見ていく必要がある。

ラムジーは恐れられていたように、どうもほんとにアーセナルでのキャリアがこれで終了の可能性があるっぽい。そ・そんなあ。。

PLの最後の試合は3週間後で、場合によってはその試合(バーンリー)に間に合うかもしれないし、ELでファイナルまでいけばそれにも間に合う可能性はあるが、それらのかなり重要な試合でケガ明けの選手をわざわざ使うかどうかというと。。

こんな幕切れはいやですなあ。

コシエルニとラカゼットのヒーローインタビュー「つぎはコクランとの戦いだ」

頼れるキャプテンとフリーキックで決勝点のメインストライカー。ラカゼットはBBC、SkyでMOTM。

(試合について……)

コシエルニ:ぼくらは野心をもってここに来た。得点して勝ちたかった。ラカと一緒にやったんだ。クリンシートもだね。自信をつけるには重要なことだった。月曜にもクリンシートをキープしていたし、残りのシーズンに向けていい自信がついた。ここからはどの試合もファイナルみたいなものだ。今日ここへやってきてセミファイナルへ勝ち抜けた。明日にはもうPLに気持ちを切り替えるよ。

(ゴールについて……)

ラカゼット:トレーニングのなかでもフリーキックの練習はしてるからね。チームメイト全員がぼくを信じてくれた。得点できてやり遂げたのだからハッピーだよ。

(もっとやれた……)

コシエルニ:ナポリのことはわかっていたよ。彼らは今季CLでプレイしていていいチームだと知っていた。いいスクワッドといい選手がいる。ホームでクリンシートと2点取れたことが大きかったと思う。今日はこちらが1点とれば、むこうは4点が必要になるとわかっていた。彼らをリスペクトしてがんばったよ。1-0にしたあとは、ゴール前に陣取るようになった。しかし、守るためにファイトしたしいいチームスピリットだったと思う。

(つぎはヴァレンシア……)

ラカゼット:そうだね。フランシス・コクランとの戦いでもあるよ。彼が敵になるんだ。試合が楽しみだよ。

ガブ氏も出るかな。

ソクラティスのコメント「ファーストゴールのあとは楽になった」

今回もまたソリッドなパフォーマンスでしたなあ。

(勝利について……)

ソクラティス:ぼくらには完璧な夜になったね。ほんとによくプレイしたし、ファーストゴールのあとは楽になったよ。

(つぎはヴァレンシアと戦います……)

ヴァレンシアはとてもいいチームだね。とてもいいプレイをするしいまいい調子だ。でもぼくらだってかなりいい。ビッグチームもある。リスペクトをもって勝ちに行くよ。

(トロフィを掲げたいですか……)

は? 当たり前じゃん。もちろんだよ。ラストゲームのペトル・チェフには大きなチャンスだし、100%以上を出す必要がある。



メイトランド・ナイルズのコメント「ラカゼットはいつもフリーキックの練習をしている」

今回もまたソリッドなパフォーマンスでしたなあ。

AMN:(フリーキックのとき)ぼくはすぐそこにいたんだよね。真ん中らへんにいて、うしろでキーパーが逆方向に動くのが見えて、ボールがトップコーナーに飛んでいったんだ。

彼はいつもフリーキックの練習をしているから、いずれゴールを取るんじゃないかと思ってた。そしたら今日こんなビッグゲームでやっちゃった。

いつも一所懸命だよ。彼はワークがしたくてとにかく勝ちたい選手だ。いつだって勝つことにこだわってる。自分のフットボールに情熱を持ってるし、今日のゴールを見れば彼にとってそれがどんなものかわかったと思う。

(結果は)肩の重荷が下りたような感じ。チームはそれにふさわしかった。今日はストライカーからキーパーまで全員が守備の義務を果たした。みんなが自分の役割を果たさねばならなかった。よかったよ。

カルロ・アンチェロッティのコメント「先制されて自信を失ってしまった」

試合後のBT Sportsのインタビューで。どうしちまったんだナポリ。

アンチェロッティ:もちろん全然ハッピーじゃないね。でもこの2試合でわれわれはまったくよくなかった。とくにファーストゲームの最初の20分。

今日だってトライした。でもファーストゴールでほとんど不可能になってしまった。われわれには4得点が必要になって、自信を失ってしまったんだ。もっと早く得点すべきだった。2回チャンスがあったからね。

アーセナルはいいチームだ。だから難しかった。しかしわれわれも前を向かなければならない。アーセナルが得点するまではいい試合をやっていたんだから。

ナポリはよくなかったねえ。まじで。いい選手が揃っているように見えるから、やっぱりマネジメントの問題もあるのではないだろうか。

彼らのリーグでの戦いや最近の不調のこともよく知らないが、アーセナルを相手にしたときの彼らのプランには、エメリが云うところの相手へのリスペクトはあまり感じなかった。この敗戦ではアンチェロッティの責任は軽くないだろう。

コメント集は以上。追って論点エントリを。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

One Commnet on “【マッチレビューその1】18/19UEL LAST8 2ndレグ ナポリ vs アーセナル(18/Apr/2019)成熟した大人のパフォーマンスで完璧な勝利。ELはラスト4へ【コメント集】

  1. 祝ベスト4!
    ナポリを引いたときはどうなることかと思いましたが、シーズン最大級の山場を乗り越えましたね!
    アウェイでのこの完封勝利は選手に自信を与えたのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.