Tag: Alexandre Lacazette

Arsenal, EPL, Match

【マッチプレビュー】17/18EPL アーセナルvsWBA(25/09/2017) 予想スターティング

アーセナルのEPL第6節の対戦相手はWBA。9/25月曜夜(日本時間9/26火曜早朝)のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦となる。早くもキーラン・ギブスがエミレーツに帰ってくるホームでの一戦。 現在アーセナルはプレミアリーグで2勝2敗1引き分けの12位と思わず目を覆いたくなるようなポジションにいるが、目隠しプレイをしている場合ではない。3位のチェルシーまで3ポイントしか離れておらず、WBAに勝利すれば、ジャンプアップする可能性はある。 ちなみに昨シーズンは初戦のリヴァプールに敗れてから14試合負けなかった(その間6連勝と3連勝があった)。EPLでは、10月末のマンシティ戦まで比較的イージーな相手が続く。連勝を期待したいものだ。

Arsenal, EPL, Match

【マッチレビュー】17/18EPL チェルシーvsアーセナル(17/09/2017) サンチェス・エジルの不在で成功のきざし

イングリッシュ・プレミアリーグ序盤の見どころであったチェルシー対アーセナルの一戦。好調を維持するチェルシーと不調のアーセナルの対戦ということで、ほとんどのメディアや識者が順当にチェルシー勝利を予想するなか、結局0-0のスコアレスドローに終わりアーセナルがアウェイでポイントをもぎ取るかたちとなった。※アーセナルがスタンフォード・ブリッジでポイントを取るのはじつに6年ぶりとのこと。 引き分けという結果だけ見れば強豪クラブに勝てないいつものアーセナルだったが、今回はその試合内容ゆえに戦前にアーセナルを酷評した多くのメディアやパンディットも手のひらを返したように賞賛している。我々もこんなに褒められるアーセナルを見るのは久しぶりじゃないだろうか。引き分けでここまで賞賛されるというのも複雑だが……。それだけアーセナルが絶望的な状況だったということだろう。 Chelsea 0-0 Arsenal: David Luiz sent off late in goalless draw

Arsenal, EPL, Match

アンリ、EPLデビュー戦のラカゼットを賞賛

Arseblog Newsによると、SKYのフットボール番組「MNF(Monday Night Football)」で、パンディットのティエリ・アンリ氏がEPLデビュー戦でのラカゼットのプレイを分析。賞賛するも、チームメイトたちとのコンビネーションにはまだ時間が必要だと語った。

Arsenal

イアン・ライトが考える17/18シーズンにアーセナルに起こる5つのこと

Embed from Getty Images 週末に17/18EPL開幕するというタイミングで、クラブレジェンドのイアン・ライトがアーセナルの新シーズンを大胆予想。 5 things Ian Wright thinks will happen to Arsenal this season 目を覆いたくなるような項目が並んでいるが。この低評価にも今さら驚かない。

Arsenal, Misc

アーセナル公式動画、プレシーズン・ニューカマー・コンピレーションとアーセナル撮影部

アーセナルが公式プレシーズン・コンピレーション動画を配信。 リース・ネルソン、セアド・コラシナツ、アレクサンドル・ラカゼットそしてチェンボと、新加入選手たちのプレシーズンのハイライトのハイライトを独自素材でお届け。 おや?おま国エラーで観られない? そんなあなたはArsenal Playerへ。 アーセナル公式動画はいい アーセナル公式動画のなにがよいかといえば、公式映像という安心感もさることながら(YouTubeとかほとんどイリーガルですからね……)、アーセナル撮影部の皆さんががんばって撮ったオリジナルの素材がいいんだよね。普段EPL公式なんかで観られるものとはまた別アングルの映像で。とくにグラウンドレベルで撮られた素材は見慣れたハイライトシーンでも迫力いっぱいでいつも新鮮。

Arsenal, Player

ラカゼットはアーセナルで本当に輝けるのか

  アーセナルOBのスチュワート・ロブソン氏は「ラカゼットよりモラタやオバメヤンのほうがよかった」と主張しているらしい。 Ex-Arsenal man names striker Gunners should have bought instead of Lacazette ラカゼねえ。結構彼のプレイは観てるよ。わたしは彼の継続性についていまいち確信が持てなくてね。ていうかワークレート? トップクラスになるまでのここまでの積み上げっていうか? 何度か彼を観て、彼はトップレベルでやるには十分じゃないってレポートをしたことがあるよ。 わたしはアーセナルがオバメヤンやモラタみたいなプレイヤーに行かずにラカゼに行ったのには正直驚いたんだ。 大した中身のないコメントであることはぼくにもわかっているが、何度も試合を観ているというこの人みたいな人にどう反論すればいいのかがわからない。 よく考えるとラカゼットに全幅の信頼を寄せるには彼のことを知らなさすぎるのである。せいぜいYouTubeでゴールを決めまくる彼を知っているというだけで、本気のプレイを1試合通してまだまともに観たことがないのだ。 ボールがないときはどんなふうに動いているのか。ボールを奪われるのはどんなときか。どんなパスミスをするのか。どんなシュートミスをするのか。チームメイトに怒ったりするのか。喧嘩っ早いのか。ほとんど何も知らないようなものだ。

Arsenal

ワールドベストDMエンゴロ・カンテ、ラカゼットはアーセナルにとっていい補強だったと語る

土曜日に開催される上海でのフレンドリーマッチ、そして来月にはコミュニティ・シールド(EPLの優勝クラブとFAカップの優勝クラブが天下一を決める大会)とアーセナルとの連戦が待つチェルシー。FAカップ決勝の相手もチェルシーだっただけに、若干食傷気味というファンも多いかもしれない。食中毒だけに。 さてそんな青油の優勝の立役者こと、ワールドベストDMのエンゴロ・カンテのインタビュー。今後対戦を控えるアーセナルについても語っている。 Chelsea want to go one better than Man United next season

Arsenal, Transfer

BBC SPORTS、アーセナルのラカゼッテ獲得は間近だと報じる

Alexandre Lacazette: Arsenal close to agreeing deal for French striker from Lyon BBC SPORTSが大スクープ(白目)。「アレクサンドル・ラカゼッテ:アーセナルがリヨンのフランス人ストライカーと契約合意に近づく」。 ガナーズは断られてもめげずここ数日リヨンとの交渉を続けていたという。 移籍金は2013年にエジルに使った42.4Mポンドを超えると予想されている。 それが噂通りの金額であれば、アーセナルとしては大幅更新の記録的な移籍金の額となる。 リヨンの会長もラカゼ自身がOLの退団を希望していると白状していたし、さすがにBBCに来てしまってはこれはもう確定だろう。数日内に決まるようならコラシナクに続く2番めの補強となる。 つい先日にはイヴァン・ガジディスが、トップクオリティを獲ると宣言していただけに、早くも実現させた格好である。

Arsenal, Player

オリビエ・ジルーとアレクサンドル・ラカゼの比較は意味なし?

※写真はESPNより 今夏の移籍市場でウエストハムが熱烈なラブコールを送るジルー。アーセナルが獲得を熱望するラカゼッテの入団が実現するようなら、ますますスターティングが遠のくジルーが退団へと近づくだろうというのが大方のメディアの観方である。 また、リヨンのプレジデントであるジャン・ミシェル・オラスがジルーの獲得にも興味をいただいているということで、「どうせアトレチコ(※現在移籍市場からバン中)が1月にラカゼを獲るんだから急ぐことはない」と語っているオラス会長に、ジルーを含めたビッグオファーを出すことも大いにありそうな雲行きになっている。 ちなみにOLがアトレチコから受けていたラカゼへのオファーは45M+アドオン12Mとのことで、アーセナルにも同等の移籍金(57Mポンド)を要求するという。 ウエストハムがジルー獲得に出そうとしている金額が20Mポンドといわれているので、ラカゼの獲得にはジルーに加えておよそ37Mポンドという巨額が必要になりそうだ。サンチェス安かったんだな。 ジルーがフランスで絶好調(17戦17得点)なだけにジルーを惜しがる声もグーナーの間からは聞こえているが、そんななかで、ジルーとラカゼのスタッツ比較をしてみたというESPNの記事『フランスではジルーが優先されているが、それでもアーセナルにとってはラカゼのほうがいい』が目についた。 タイトル通り、彼らのスタッツを比較していかにラカゼのほうが優れているかを説明した記事。ESPNらしくコメントで罵倒されているが、そのコメント含めてなかなか面白いので簡単に紹介したい。 www.espnfc.com

Arsenal, Player

アーセナルは完成されたセンターフォワードを獲るべき。ラカゼットとサンチェスの比較

移籍ニュースはゴシップが楽しい。アーセナル界隈で今一番アツいのはOx。進まないアーセナルとの契約交渉にチェンボが苛ついているというゴシップから、いつの間にかリヴァプール、シティ、チェルシーに行くのがまるで既定路線かのような扱いに。ゴシップのうえにゴシップが重なるとこういうことになるといういい見本である。 Squawkaではご丁寧にこんな記事まで。コラ画像までつくってご苦労。気が早いにもほどがあんぞ。 www.squawka.com ウイングならリヴァプール、CMならシティ、ウイングバックならチェルシーとそれぞれのクラブで使いたい場所が違うらしい。知らんがな。