hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Player, Transfer

ジャック・ウィルシャーが昨夏にクラブから退団の許可をもらっていたと明かす ※追記アリ

これはブレイキングなのか? ニュースバリューがいまいち読めないがグーナーにはもちろんトップニュースか。

先ほどBBC SPORTSが報じたところによると、アーセナルのジャック・ウィルシャーが昨夏にアーセン・ヴェンゲル監督からクラブを退団する許可をもらっていたと明かした。

Jack Wilshere: England midfielder was told he could leave Arsenal last summer



ウィルシャー:移籍ウインドウが閉まる3、4週間くらい前かな。彼(ヴェンゲル)がぼくにクラブを去るチャンスをくれたんだ。

そのときは全然うまくいってなかったし、あまりフィットもしていなかった。だから残ってフィットネスを高めていこうって決めたんだ。

ぶっちゃけトークだったよ。ぼくらはお互いを長いこと知っているし、そういう正直でいられる関係なんだ。ぼくの残り契約はあと1年だったことはみんなに知られていたから契約更新についてもしばらく騒がれていたね。しかもローンに出て、怪我をした。それは彼の計画にはなかったよ。

彼はぼくにこういったんだ。「正直にいおう。現時点ではキミに新しい契約をオファーするつもりはない。だからどこか別のクラブに行くというのなら、キミは行くことができる

もちろんぼくはうれしくはなかった。でも同時に、彼が正直でいてくれたことがぼくにはうれしかったんだ。

けっこう衝撃的? でもないか。いやまあ、ボスはこの件については去年の秋頃にも「ジャックが新契約を勝ち取れるかどうかは今後の彼次第」とか、ジャックの契約に慎重になっていたことは割と公にしていたんだけど、本人に直接こんなふうに伝えていたとはね。

もちろんジャックには厳しかったかもしれないが、その時点でのアーセナルで予想された出場機会を考えれば、それも彼の将来を案じたボスの親心だったのだろう。そしてフィットネスを取り戻して今季は見事に復活。代表にも選ばれて現在に至ると。なんというドラマ。

しかし、そのようなことを告げられてもそれでも彼はアーセナルに残ったということは、おそらく夏の時点ではアーセナルに残るよりいいオファーがなかったということなんだろう。しかし、今季の彼の働きぶりをみたら夏には多くのオファーが舞い込むのではないだろうか。ワールドカップという見本市もあるし。

今日日ジャックのレベルの選手がフリーで手に入るチャンスはなかなかないのだから(しかもアーセナルのオファーを考えれば給料もバカ高くない)。

ジャックはアーセナルに残るのか?

いまイングランドにも改めて選ばれて、3ヶ月後のワールドカップ出場が見えてきている。これは彼にとってさらに自信を増す出来事だったに違いない。

このインタビューでは、彼が現時点でアーセナルに残りたいと考えているかどうかがわからない。

ただ、今季はフィットネスを高めていってクラブでも存在感が出てきて、また代表にも選出されと、そのような自信をつけている現在の彼は、ボーンマスで怪我をしてしまった昨夏の彼とはもう別人と考えたほうがいいのかもしれない。だからまた大きな怪我でもしない限りは、安すぎるオファーはもう彼には受け入れられないのだ。

そういえば、ジャックがクラブに再度まともなオファーを出してくれと直訴したというゴシップもあった。これまでと同じ額(週給120k)なら残るとか。もっと出しそうなクラブもあるのに、いまどきそれでいいってんなら大したアーセナル愛である。ラムジーなんか絶対200k以上要求するぞ。

Jack Wilshere holds crunch talks with Arsenal chiefs and threatens to leave

※追記

昨日(3/21)にArsenal Officialから意味深なツイートがあったのを見落としていた。こりゃ契約更新くるな。



Leave a Reply

Your email address will not be published.