hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Player, Tactics

ラムジーは売るべきか? 売らないべきか?

売らないべき? 日本語ヘン?

さて、クラブはもちろん、多くのファンから期待されているにも関わらず、いまだ新契約にサインしていないアーロン・ラムジー。

彼の契約は来年で切れるため、彼が退団を選択するならアーセナルはこの夏のあいだに彼を売却することを余儀なくされる。いままさに交渉は大詰めを迎えているはずである。

そんななかで、いまredditのr/Gunnersでこんな話題が燃えていた。

不人気な意見:われわれはラムジーを売って3人MFを採用すべきか
Unpopular Opinion: We should sell Ramsey or move to a 3 man midfield

コメントも現在まで242とラムジーをめぐりファンたちのアツい議論が交わされている。

ちょっと長いけど、とあるグーナーの問題提起というか、彼がいうところの「不人気な意見」を引用してみよう。



われわれはラムジーを売るべきか?

たくさんのひとに即座に否定されるかあるいはダウンヴォートされることはわかってる。でもぼくの意見を聴いてほしいんだ。ぼくの考えを読んでほしい。オープンマインドでね。

ぼくが思うに、ラムジーを巡るシチュエーションにはふたつの「側面」があるんだ。変形の433的なフォーメーションにするか、あるいは442ダイヤモンド(幅がないとかなんとかっていわれなくてもわかってるよ)にする。

それかラムジーを売ってしまうか(彼はキャプテンだーとか、昨シーズンはかなり良かったーとかそういうのはいいから、とにかく聴いてほしい)。そしてどこか他のポジションに投資する。

なぜぼくがラムジーは売ってしまうべきだと考えているか説明するよ。まず彼がどんなタイプのMFなのかということから始めよう。

ラムジーという選手は間違いなくアタッキングMFだ。相手のボックスに走り込むことが大好きで、彼には得点できるMFというレアさもある。理論としてはこれは素晴らしいし、彼がうまくプレイするときはわれわれの攻撃に別の次元を加えてくれる。でも彼はある意味アレクシスに似てるんだ(またほら、聴いてって)。彼が素晴らしい得点を決めないとき、ほかの部分では大して役に立っていない。

MFとしてのラムジーはクリエイターでもないし、ボールウイナーでもなく、DFとMFをリンクさせる選手でもない。もし彼をサンティと比べたら、ラムジーはもっとアタック・ドリヴンで、しばしばMFのパートナーを放置してしまう(ここ数シーズンはそれはジャカだった)。サンティだったら、コクランからのボールを受けてリンクさせたし、深い位置からチームのプレイを司令した。これがエジルをより自由にさせていたわけだ(ゆえにエジルの15/16シーズンは素晴らしかったんだとぼくは思ってる)。

ラムジーの攻撃的なプレイというのは、ふたりのMFで成立させるには(トップ6と戦うときの話ね、ほかのPLのチームはもっとディフェンシブでここは問題にはならない)、深い位置に陣取るMFとコンビを組む必要があって、ボールを奪って、かつ賢く配球する能力が必要になる(これがコクランやジャカがラムジーの隣で苦労した理由で、彼らはボールを前に運ぶことができない。それにジャカは守ることができない。それはまた別の問題だからあとでやろう)。トレイラはある程度はこの役をこなせるようだけど、そのせいで彼のファースト・シーズンには大きなプレッシャーがかかるし、もし怪我でもしようものならたちまちトラブルになってしまう。

理想的なことをいえば、ラムジーはストライカーのうしろでNo.10をやるのがいいかもしれない。でも、彼はエジルより優秀とはいえない。アーセナルがエジルをスターティングイレヴンから外すなんてできない(そんなことをすればクリエイティヴィティがクソになってしまう)。もし何か可能性がある解決方法があるとしたら彼を左のウイングに移動させることかもしれない(ミキタリアンは右のほうがいい)が、いずれにせよこの件でラムジーをどこかに入れるのは無理やりっぽくなってしまうし、そうすべきでもないと思う。

ラムジーはアーセナルでふたついいシーズンを過ごしたことがある。13/14シーズンの彼はある種のランパード/ジェラードのハイブリッドに化けたみたいだった。スコアシートに名前を連ねコンスタントに攻撃で脅威になっていた。

いま問題になっていることは、ラムジーに巨大な契約を与えるリスクを冒すかどうかということ。それは30M以上のオファーを拒否して、彼がひどいスランプや不調に陥らないことに賭けることだ(怪我の影響は置いておこう。彼は平均以下だった)。彼がもしエメリの4231にフィットしなかったらと想像してみる。ぼくなら賭けたくないリスクだ。

最終的なソリューション(ぼくならそうする)は、ダイヤモンドか433にフォーメーションを変えること。433は合うはずなんだ。だってジャカとラムジーのいいところを使えるんだから。多くのひとがジャカについて彼は中盤の底に置くべき選手だと考えているけど、そうじゃないんだ。ジャカはもともと動きの少ないサンティ・カソルラなんだ。彼がファイナルサードで貢献するにはもっとポジションを上げる必要がある。彼はグラッドバック時代にワールドクラスだと思われていたわけだけど、彼は一番深い位置にいるMFじゃなかった。

グラッドバックにはKramerがいて(2014年のワールドカップで脳震盪を起こしたやつ)、彼がアンカーにいたためジャカが上がることができた。3人のMFなら、トレイラ(かAMN)がボールウイナー、ジャカがリンク役で、ラムジーが深いポジションから走り込んで攻撃の脅威になる。ダイヤモンドも同じだけど、エジルがウイングじゃなくてセンターにいる(ぼくはこれがいいな)と。よくダイヤモンドは幅がないなんていわれるんだけど、ぼくはこの意見にはまったく反対だ。

まず、われわれは前がかりになることが大好きな4人ものグレイトな攻撃的ウイングバックに恵まれている。その幅がないという状況で、ベレリンをウイングバックとして使えばどうなるかはわからないよ(もっと前に行けといわれる状況で)。そして、ラカ、オーバ、エジルがワイドでプレイできるだろう。とくにウイングの位置には山盛りのスペースができるわけで。彼らがセンターに位置するからといって、いつもセンターにいなきゃいけないわけじゃないんだから。

以上。長えな(笑い)。

皆さまの反応については元ネタで確認していただくとして(ぼくも多すぎて全部に目は通せていない)。

このひとは売ってしまえ派なのでラムジーについてわりと辛辣な評価(サンチェスに似て得点以外は役立たずとか)をしているけど、もちろんポジティブなコメントも多い。

コメントで気になったのは、エメリの「ラムジーを中心にしてチームをつくる」という発言がまゆつばらしいということ。どうもタブロイド的なセットアップ的なアレで、エメリが実際にそう発言したというソースはないらしい。ぼくも鵜呑みにしてどこかでそんなことを書いてしまったことがあると思うけど、いい加減なこと書いてすまんかった。めんごめんご。

まあただ、エメリがラムジーをかなり高く評価していることや彼の契約更新を強く望んでいることは間違いがないのだな。これは実際に公式サイトなどでもエメリの発言として記録がある。

ということで、アーロン・ラムジーの去就。どうなるんだろうねえ。下手すると週給300kくらい要求してたりとか?? エジル並にチームに貢献していると代理人が主張していてもまあおかしくはない。

今年はPLの開幕のときにはすでに移籍市場はクローズしているということで、ぼくは代役の獲得を考えれば今月いっぱいがリミットだと思っているけど、もう明日月末なんよね。。

あるいは、ラムジーの代役を取らないという選択肢もあるのかな。そうなると、エルネニー、AMN、ゲンドゥージあたりはかなり恩恵を受けそうだ。それも悪くないかな。

このエントリ、久々にVOTEにしようと思ってたら、すでにラムジーに週給200kの価値はあるかというVOTEをやってたことに気づいた。

最近のアーセナル移籍ニュース(2018.6.6)リヒトシュタイナーの獲得を発表

このエントリの一番下。まだクローズしてないんで、投票してないってかたは入れてみてください。

「ラムジーに200kの価値があるか」

NOが圧倒的で笑える。ラムジーって日本のグーナーにはあんま愛されてないのかな(笑い)。

ラムジーの代役?

これだけラムジーが退団するかもと騒がれているわりには、ラムジーが辞めたあとに取るべき選手については世間的にもあんまり騒がれていないのはなぜだろう。

実際ラムジーがアーセナルを退団するというのは、この状況ではかなりリアリティがあるように思えるのに。



11 Comments on “ラムジーは売るべきか? 売らないべきか?

  1. ミッドフィルダーは得点に直接関わらない時にいかに活躍しているかが重要だと思っている(モドリッチとか若い時のウィルシャーとか)ので売ってもいいと思います

  2. 売るべきでしょう
    今まではラムジーに代わるオプションがエルネニーだけだったけど、トレイラが加入してジャカ、ラムジー、エルネニー、ゲンドゥージ、ナイルズが2センターをやれるようになった
    エジル級の週給で契約するよりも、オファーがあるのなら売ってしまうべきだと思います

  3. 売らないべき。
    そもそも現状で、そこまで高く売れないと思うし、代役(投資先)が見当たらない。
    ラムジーのプレースタイルって上に書いてあるけど、じゃあ今現在どの金満クラブが高いカネ払って獲得しにくるのよ?って思う。
    アーセナル以外でも使いづらいというか、ウェールズ代表みたい戦い方するクラブにはピンズドだけど、そういうクラブってお金ある?
    (少し前のユベントスあたりならあったけど、、)

    まあでも中盤は一気に若手増えたんで、ナイルズ、トレイラ、ゲンドゥージ、スミスーロウ! ラムジー放出しても単純な代役確保いらないのが素晴らしいと思う。

  4. 見たか!去年の12月8日のユナイテッド戦
    もうエジル級のファンタジスタだよ彼は

  5. ラムジーはますますノーマルなクラブになってきたアーセナルにとっては、もはやロマン枠になりつつあるんだよなあ。良くも悪くもあのプレイスタイルはやっぱり個性的だし。

    ぼくはあまりに大きな契約(たとえば週給200kを大きく越えるとか)には反対だけど、なんとかうまくまとまってほしいと思っております。

    しかしエジルのケースはアーセナルにとっては呪いというかみごとに悪しき前例になってますなあ。ゴネ得で高給を勝ち取った実例だから、そりゃスター選手の代理人だったら誰だって参考にするよな。

  6. ラムジーは、前のボスのときにはかなりの自由が与えられていただろうはずで、だからこそ輝けたのだろうなと思います。
    私もダゾーン入っちゃいまして、プレマッチ2試合見ましたが、あれラムジーいないの?と感じました。昨シーズンまでは、ときにはCFかよってポジショニングだったのに。たったの2試合、さらにプレシーズンの試合で結論なんてだめなんでしょうが、よくも悪くも『なぜそこにいる(綾南の監督調)』がラムジーの個性だと私は思うので、そのロマンよりも、もはやスミスローのロマンにかけたいとゆうグーナーの方が多いのでは。
    残ったとしたら、スーパーサブかな。

  7. なんか自分のゴチャゴチャしてたんで、再度

    ラムジーは既にゴネ得期間に入ってるとは思うから、残留するとしたら高額契約で中心選手の扱い、売却するとしたら足元見られてそこそこの額での売却になると思ってる。

    プレースタイルに関して言えば、システマチックなボールの運び方、持ち出し方、崩し方がシステムとしてエメリ色として見えてきてるから、むしろラムジーの足りなかった部分をオートマチズムで補ってくれるから、割とプラスに働いていくんじゃないかとも思うんだけど。。
    中盤起用としてエジルをカウントすると、少し中盤が人員過多に見えるけど、エジル(体調不良+怪我)、ラムジー(怪我)、トレイラ(適応)があるから丁度いいっちゃ丁度いい。

    (仕方なし)キープが最良だと思うけどなあー
    アーセナルにとっては。

  8. ウェルベックの去就次第な部分もあるかなと思います。
    ウェルベック、ラムジーを同時に放出したら、試合で使えそうなHGはチェンバース、イウォビ、ベジェリンくらい。リーグ、EL、カップ戦のローテを考えたら使えるHGの放出は少ない方が良い。
    今期の予算が不明ですが、現在の移籍収支は70m近い赤字なので、ラムジーとウェルベックを売っても、優良HGを取る金を出すか怪しい所ではないかと。

  9. 以前スカッド記事がありましたが、オスピナやジェンキンソン、キャンベル等を省いてみると、下記のように(U21は制限なしなので省略)。

    非HG(16) チェフ、レノ、リヒトシュタイナー、コシェルニー、ムスタフィ、ソクラテス、モンレアル、コラシナツ、ジャカ、トレイラ、エルネニー、ムヒタリアン、エジル、ペレス、オバメヤン、ラカゼット

    HG(7) マルティネス、ベジェリン、チェンバース、ホールディング、ラムジー、イウォビ、ウェルベック

    最大25人(非HGは17人まで)ですが、現在23人でまあまあバランスは良さそうな。
    ここでラムジーウェルベック両方放出、即戦力一人獲得となると、獲得する候補が悩ましい所ですね。

    1. おっさん(ん?)まとめ乙です。。

      なるほどっすなあ。たしかにウェルベックとラムジーを同時に放出という線はないか。

  10. シティのデブライネとシルバにエジルとムヒタリアンはなれないのかな。。4-3-3と4-2-3-1で違ってきますよねえ

Leave a Reply

Your email address will not be published.