hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery, Match

今週の木曜と土曜はシンガポールでフレンドリーマッチ(アトレティコ&PSG)

さて、シンガポールを訪れているアーセナル御一行。

連日灼熱のなか楽しげにトレーニングしている様子が伝えられ、8月なかばに開幕するEPL初戦のマンシティに向けて着々と調整が進んでいることがうかがえる。

そして明日の木曜、そして土曜には、”International Champions Cup Singapore”で、それぞれアトレティコ・マドリッド、パリ・サンジェルマンとのフレンドリーマッチが行われる予定だ。



エメリ軍曹のみことば

われわれのボスが古巣対決を前にインタビューに答えたゾ。

(シンガポーはどうっすか?)

エメリ:落ち着いてアトレティコ・マドリッドとPSGとの2試合に向けて準備をしているよ。昨日と月曜もめちゃハードにやったし、今日は明日の試合に備えて少し抑えるつもりだ。これまでヤヴァイくらいハードにやってきたことを考慮すれば多少は手を抜かないと。アッハッハ。

(暑くないっすか?)

暑いよ。湿度も温度もまあ少し。でもここにいるすべての選手もコーチも世界中を飛び回ってるんだ。いまさら天気にどうこういうことはない。われわれにとっては暑いくらいがちょうどいいのさ。

(早くも古巣のPSGと対面します……)

わたしのキャリアでもいくつかのクラブで仕事をしてきたし、ときには以前いたクラブと戦うこともある。まあたしかにいつもとは少し勝手が違うけど、いまは試合の準備のことだけ考えているよ。

(アトレティコに対して攻撃的に行くかどうかっていう……)

どの試合でもアプローチは異なる。アトレティコ・マドリッドやPSGはボーレムウッドとやるのとはレベルが違う試合だ。どちらのチームもワールドカップを戦った選手はいないが、依然レベルは高い。われわれも自分たちが使える選手しかいないので、ワールドカップから選手が戻るのを待っているのは同じだが。いずれにせよ、わたしは毎日の練習で彼らのパフォーマンスにも満足だし、明日もアトレティコ戦の準備はするだろう。われわれにはまだ3週間はある(※リーグ初戦まで)。

エジルとエルネニーが復帰

これまでの地元でのフレンドリー2試合(クロウリータウンとの試合は非公開)との違いは、相手のレベルが高いということ以外では、エジルとエルネニーがワールドカップ後の休暇から戻っていること。

渦中のひと、エジルはすっかり元気そうな様子を見せておりファンはひとまず安心していいかもしれない。

エルネニーもご覧のとおり、70年代のMPBアーティストのジャケット写真みたいな顔で元気そうにしている。

呼んだ?

エメリがエジルをどのように使うかもこのフレンドリーマッチの見どころかもしれない。

エジルはちゃんとエメリが要求するハイ・インテンシティ・プレッシングに参加するのか??とか。

選手の休暇問題

以前、このブログでワールドカップ出場した選手たちが、ワールドカップ出場していない選手たちと同じくらい休暇を取るという前提で、ワールドカップに出場した多くの選手がPLの初戦にもチェルシー戦にも間に合わないと書いてツッコミをいただいたんだけど、その後PL各クラブの休暇状況を見ていたら、ワールドカップ出場組はだいたい「3週間の休暇」がスタンダードのようだった(おれ調べ)。

ちなみにワールドカップに出場していない選手たちは、(アーセナルだと)10週間休んでいるのでだいぶ差はある。

というわけで、コンディションの差はあれど、多くの選手たちがリーグ戦の初戦には間に合いますよと。いうことらしい。いい加減なことをいってまじすまなかった。

こちらはredditでの拾い物であるが、トップ6チームの選手疲労度が一覧できるというスグレモノグラフ。

これを見ると、今回ワールドカップに多くの選手を送り込んでいない恩恵を一番受けているのがアーセナル(とチェルシー)であることがわかる。

逆にひどいのはシティとToTであり、レギュラー選手たちの多くがチームへの合流が遅れ、トレーニング期間が非常に短くなっている(真っ赤)。

われわれにとってはシティと比べて、初戦はコンディション的なアドヴァンテージがあるということだ。

なお、アーセナルの欄をよくみると、今月末にチームに合流するというトレイラの休暇日数と色が合っていないのはご愛嬌である。わざとだろこれ。

ライブ中継あり

日本ではなんとDAZN様がライブ中継を予定している。使える~。

最近になって、シーズンオフの解約(一時停止)できることを知ってショックだったけど、全部許そう。

アトレティコ VS アーセナル
インターナショナル・チャンピオンズ・カップ2018年7月26日 20:35 START
【解説:戸田和幸 実況:西岡明彦】22シーズンにわたったヴェンゲルの長期政権が幕を閉じ、新たな時代に突入したアーセナル。偉大な名将の後任という大役を仰せつかったエメリ新監督は、アトレティコ相手に手腕を発揮することができるか

解説はワールドカップもありめっきり日本のサッカーファンのあいだで株を上げている戸田和幸氏に、グーナー実況の西岡明彦氏という、考えられるかぎりのベスメン。

そしてこの試合がうれしいのはどちらも日本時間20:35キックオフということ。老若男女がお茶の間で観戦できる日本人にやさしい時間帯。シンガポールさまさまである。

お勤めの皆さんもこの日は飲み会も残業もお断りいただいて急いで帰ろう。それでもダメなひとは会社のトイレでもどこでも観られるという。さすがおれたちのダズンありがてえ。

ところでDAZNの予定見てたら、どのフレンドリーマッチも「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」で、いったいどういう大会なんだろうか。



Leave a Reply

Your email address will not be published.