hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】18/19UELグループステージ スポルティングCP vs アーセナル (25/Oct/2018)アウェイで勝負強さを見せ連勝つづく【マッチスタッツとボスコメント】

アウェイで勝っちゃったよwwwwwwwwwww しかもクリンシートとかwwwwwwwwwww

wwwwwwwwwwwってツイッターなんかでいっぱい見るんだけど、日本人の感覚からすると、Wが11個も連なると草生えまくりで爆笑してるみたいだよね。まあ笑ってはいるんだけど。

どうもスポルティングがホームで負けるってのは相当レアだったらしく。去年CLでバルサに負けたのを除けば36試合?無敗だったとか。しかもアーセナルはポルトガルで勝ったことがないと。でも勝っちゃいましたね。

試合前から「ビッグテスト」といわれていたように、これまでのようになかなか得点が取れず厳しい試合であった。

しかしながら苦しくても勝つのがウィニングメンタリティ。こんなに粘りがあって勝負強いアーセナルを見るのは何シーズンぶりだろうか。

正直試合自体は観ていてあんまり楽しいものでもなかったが(寝そうになった)、アウェイで強敵に勝ってすらそんなふうに感じるってことは、いかに自分が欲深くなってるかを実感する。もっともっとと思ってしまう。勝ち慣れるってこわいね。

Sporting Lisbon 0-1 Arsenal: Danny Welbeck gives Arsenal 11th straight win

まずは、マッチスタッツとコメントからお届け。試合の論点については続けてお送りしよう。



アーセナルのファースト11

公式には4-3-3と。

ほとんどの時間は2CMに見えたけど、まあラムジーも前半なんかはよくCMをサポートしてはいた。

もちろん最大のサプライズはLBに入ったジャカ。まさかのレフトバックにあのジャカ。思わず目を疑った。

アーセナルのLBに要求されるモビリティに圧倒的に欠ける漢。それがジャカ。それでもジャカ。よりによってジャカ。

こりゃ驚いた。奇策とはまさにこのこと。

マッチスタッツ

アウェイでもポゼッション67%という。

ざっと見ると一見互角に見えるがよく見ると極端なスタッツが。それはSoT。

シュートはそれなりに打たれていながら、スポルティングのSoTは90分を通してなんとゼロ。どんなチームとやっても毎度チャンスをつくられまくるアーセナルなのに。

枠内にシュートが飛ばなければ勝てるはずがない。

つまり、結果を見るとじつはアーセナルにしては守備がかなり改善された試合なのだった。ジャカがあんまり上がらなかったから?

以下、Arseblogより。

相手のショッツ・オン・ターゲットがゼロなら、こういう結果になるわな。

アーセナルは過去に勝ったことのないというポルトガルの地で順当な勝利を収めた。

🔙 🔛 🔝!

そういえば、試合前に『ガーディアン』に掲載されたおなじみエイミー・ロウレンス氏の記事によると、

After the chaos, the revival: Sporting take aim at Arsenal in Europa League | Amy Lawrence

スポルティングはあの襲撃事件のあと、中心選手やマネージャーが契約破棄してクラブをやめてしまい、残った選手たちもいつかまた襲われるのではないかとトラウマのようになってしまったらしい。

彼らのサポーターがこの試合を見て、超強いアーセナル相手ならしょうがないと思ってくれていればいいが、SoTがゼロではまたサポーターの神経を逆なでしそうな結果ではあった。ちょっち心配である。

ボスの試合後のみことば

試合後にはワンニウ・トゥ・ザ・アーセナルとサポーターにメッセージ。

エメリ:(一週間に)3試合。とてもたくさんの試合だ。われわれはもうつぎのクリスタル・パレス戦を考えている。そしてわれわれのサポーターとともに楽しんでいる。

今日、チームはサポーターとともにいた。ロンドンから来たり、ここからも来ていたひともいるだろう。サポーターとともに楽しめることはわたしたちにとってとても重要なことだ。わたしもこの取り組みとプロセスを続けることを楽しんでいる。

チームへの要求が高いのは、どの試合も簡単ではないからだ。歴史的にもこの試合はとても難しいものになることはわかっていた。いまはCPとの試合で3ポインツ取ることを考えているが、あそこで勝つことは難しいことも知っている。

考えるべきことはベストパフォーマンスを出すことだけだ。勝ち続けていきたいし、進歩させていきたい。試合はどの選手にとっても、自分たちなりにプレイするというパーソナリティで大きな責任を持てることを示せるチャンスだ。われわれにはどの選手も必要なんだ。

(ハーフタイムに何を話したか)

エメリ:試合は90分間で、戦術的にも個人でも毎度異なることが起きるものだ。この試合ではチームは勝ちに値した。しかしファーストハーフはそうだったかわかならい。

2チームのバランスのなかで、たくさんの得点チャンスがあったと思う。そしてセカンドハーフ、思うに、ちょっとづつ、いいプレイができるようになっていった。

グループでトップに立てたことはとても重要だ。相手はスポルティングでアウェイだったのだからハッピーだよ。でもこのプロセスを選手とともに続けていくこと、違う選手がプレイしたこと、今日はここでポジティヴなことがいくつもあったと思う。

試合は進歩を続けるためにとても大きな機会で今日もそんな試合だった。今日は試合前にドレッシングルームで話したことはわたしたちの目標についてだった。ひとつの目標が今日の勝利だ。しかし一番重要だったのは、ハーフタイムにドレッシングルームで話したことだ。

わたしたちは最初の45分間、自分たちのアイディアを実現することができなかった。しかしセカンドハーフには自分たちのプレイを続けることで、結果を変えるチャンスがあった。この試合に勝つことだけを考え、セカンドハーフには改善した。それがセカンドハーフの45分でできたと思う。

しかしいずれにせよファーストハーフを改善する策を見つけていかなければならない。

だよなあ。いまアーセナルはノリにノッていると表現してもいいくらいだが、前半になかなか調子が上がらないスロースタートだけは改善しないといけない。

相手がもっと強くなれば、前半にもたもたしているだけで、後半に追いつけないほど差をつけられる可能性だってあるのだから。

ひとまず以上。

論点エントリにつづく。。



3 Comments on “【マッチレビュー】18/19UELグループステージ スポルティングCP vs アーセナル (25/Oct/2018)アウェイで勝負強さを見せ連勝つづく【マッチスタッツとボスコメント】

      1. ありがとうございます!
        2007年もガナーズを応援していたはずなんですけど12連勝もした記憶がないんですよね…笑
        13連勝達成してリバポ迎え撃てればいいですね!

Leave a Reply

Your email address will not be published.