hotいま読まれているエントリ

Arsenal, News, Player, Transfer

デニス・スアレスのアーセナル移籍が近づく。スアレスってどんな選手?

バルセロナの24才、デニス・スアレスの噂は長らくされてきたが冬の移籍ウインドウがオープンしてからは日に日にその声は高まっている。

そして、昨日(今日)アーセナル情報通のイタリアン、Di Marzio氏が「スアレスのアーセナル移籍は近づいている」とコメント。秒読みっぽい雰囲気になってきた。

Arsenal, vicino Denis Suarez del Barcellona



「デニス・スアレスの獲得が近い」by ディ・マルツィオ

デニス・スアレスのバルセロナからアーセナルへの移籍が近づいている。アーセナルには彼のセヴィーリャ時代のコーチ、ウナイ・エメリがいる。

バルセロナからアーセナルの移籍という意味では、ファブレガスの足跡をたどることになる。バルサのMFはリーガで出場機会に恵まれず、クラブを変える運命しかなかった(彼にはミランやローマからの引き合いもあった)。そして出場機会を求めてクラブを探した結果そこにはウナイ・エメリがいた。セヴィーリャ時代のコーチであり、ヴィヤレアルで爆発する前に彼のタレントを見抜くことができた漢だ。

今季はここまでリーグ、CL、コパ・デル・レイでもそれぞれ2試合づつしかプレイしておらず、素晴らしいクオリティのある選手にしてはチャンスが少なすぎる。そして彼はいまだに25才にもなっていない。イングランドへの移籍はますます近づいている。ガナーズはどのクラブよりも獲得レイスで先を行っており、最後の一発をかます準備ができている。

だそーです。

すでにオファーはテーブルにあって、来週には決まるとか。来週ってもうすぐじゃんね。

パーマネントか? ローンか?

これまでずっと、アーセナルはスアレスをローンで獲得するという噂が主流だったのだけど、どうもパーマネントディールもありそうな雲行きである。

Arsenal offered Denis Suarez as Aaron Ramsey replacement

『Independent』が報じているところによれば、彼はすでにヴァルヴェルデのプラン外ということで(今季リーグ出場2試合)、バルサは喜んで彼を放出したいらしい。

それでもコストをかけたくないアーセナルに慮った結果なのか、バルサが要求するスアレスの対価は「14Mユーロポンド」だという。バルサの選手でなくとも今日日トップリーグでプレイする24才の選手にしては破格の安さである。

当初ローンを希望したアーセナルながら、この金額なら財布の紐がゆるむかもしれない。

アーセナルはリスクをかけてパーマネントで獲得する決断をするんだろうか。

ちなみにこのIndependentの記事によれば、バルサはバイバッククロースを付けて選手を売ることもあるが、今回はクラブに戻す可能性よりも売り切りの移籍金のほうを選ぶ意向だという。どんだけ売りたいんだ。

デニス・スアレスのポジションとプレイスタイル

TMによれば、メインのポジションはCM。その他LWとCAM。

フースコによれば、彼のキャラクターは

クロスとパスがストロング。フィニッシュ、空中戦、タックルがウィーク。

ショートパス、レイオフを好み、タックルに行かない。

まあこの2年バルサで満足できるプレイタイムがないということではあるけれども。

それにしてもパッとしねえなあ(笑い)。

スアレスはアーセナルが求める選手なのか?

アーセナルのファンがもっとも気になっているのは、彼の適正ポジションとクオリティだろう。

バルセロナにいた選手とはいえ、何度もローンで別のクラブへ行き、現在のマネージャーからはほぼ戦力外待遇。在籍期間に反して、バルサではほとんど定着できていない。

彼にアーセナルが必要としているクオリティはあるのだろうか。

バルサファンのデニス・スアレスに対する評価

バルサファンの評価はわりとさんざんなようである。

Arsenal fan wants to get infos about Denis Suarez.
https://www.reddit.com/r/Barca/comments/abfext/arsenal_fan_wants_to_get_infos_about_denis_suarez/

redditのr/Barcaにアーセナルファン(韓国人)が凸。デニス・スアレスの情報提供を呼びかけるサブを立てた。

このなかからいくつかのレスをピックアップしてみよう。

「ぼくが云えることは、彼は自分が試合を変えられると思ってたってこと。彼はペイシーで前向きで攻撃する意志もあった。ボール扱いも上手だし、自由を与えてもらえるチームなら彼のプレイスタイルは恩恵を受けるかもね」

「無謀なチャレンジをたくさんする。ボールをたくさん失う。でも中盤でボールを奪われるとかじゃなくて前に行こうとしてだけどね」

「デニス・スアレスがアーセナルが求める選手とは思えないな。アーセナルはCLとリーグで勝つためにチームをつくろうとしているんだろ。スアレスがバルセロナに戻ってきたのはクオリティのある選手がシーズンで25-35試合戦っていくためのバックアップのためだよ。彼はもっとエヴァートンとかレスターみたいなELを目指してるようなクラブに合う。でもバルセロナにいたときよりはマシになることは間違いないだろう。もっとプレイするようになればいいプレイをするかも」

「彼は去年のアンドレ・ゴメスに似た状況にいると思う。いい選手だよ。単に試合で活躍できるほどたくさんの試合に出るには足りなかっただけ。ゴメスはエヴァートンでうまくやってるじゃないか。デニスもアッパーミドルクラスのクラブのレヴェルでなら成功できると思う。アーセナルみたいなクラブなら最低でもローテイション用の選手だな。いいフォームのときならレギュラーでプレイできるかもしれないけど。シティ(サネ、スターリング)やMUFC(ラッシュフォードやマルシャル)以外のEPLクラブならスタートできるかも」

「人気のない意見かもしれないけど、ぼくはデニス・スアレスのいかなる部分にも特別なところがあると思えなかったな。彼に6番を与えたことはひどい決断だよ。彼は特別優れたクオリティがあるわけでもなく、せいぜい中位クラブの選手だね。アーセナルにとってすら全然十分だとは思えない。平凡そのものだよ」

おうふ。

でもアーセナルも近年、中位クラブのレヴェルに片足突っ込ん…… ん? なんでもないよ。

アーセナルの選手で一番近いのは「イウォビ」

そうなんですって。

redditで別のサブなんかを見ると、彼のポジションやプレイスタイルなどから、どうもそういう評価になるらしい。

なんだよラムジーの代わりじゃないのかよ。

ポジションはTMではCMがメインとなっているけれど、前目(ワイド)のプレイメイカーと考えるのが一番しっくりくるようだ。

イウォビに似てるって云ったときに、「おお」という反応と「おぅふ」という反応があるのがおもしろい。

でもまあどっちかというと、うれしくはないかな(笑い)。イウォビはイウォビで間に合ってるし。

来シーズンのアーセナルには、そのポジションはミキタリアン、イウォビ、ネルソンにオバメヤンがいるはず。

オバメヤンはCFとの兼任だし、ウェルベックもいない以上、スクワッドデプス的にはいないよりはいたほうがいいけれど、「ワイドのプレイメイカー」というヴェンゲルさんの獲得っぽい中途半端な選手を取るより、トップ4を争うライヴァルチーム全部にいるドリブルができるピュアウインガーを取ってほしいんだよなあ。

デニス・スアレスの獲得には疑問も残るが……

そういう意味では、デニス・スアレスの獲得には疑問が拭えない部分もたしかにある。

選手としてアーセナルにマッチするかどうかお試しができる半年のローンならまだしも、ビッグクラブとはいえ戦力外だった選手を比較的安価とはいえ長期契約で取っていいのかどうか。

しかし、アーセナルが彼を獲得するにあたっては、彼を直接指導したことがある元コーチのエメリと元バルサのサンレヒという、ともにデニス・スアレスという選手をよく知っているはずの人たちが主導しているということも忘れるべきではない。もちろんミズリンタットだって彼のことをそれなりに知っているだろう。

彼らが選ぶのなら、きっといい補強になるに違いない。うんそうだそうだ。

アーセナルは冬の移籍市場で使える金がない。

しかし補強は必要という状況。

ユーヴェのベナティア(31)というまたしても高齢CBにオファーをしたという噂からもわかるように、どうも今回もまたアーセナルはベテランや無名の若手(こっちはワクワクする)、そしてデニス・スアレスのようなB級品(失礼)など、徹底してローコスト戦略で行くらしい。

まるで『マネーボール』である。

でも、成功したからサクセスストーリーとして語り継がれているのであって、アーセナルレヴェルのクラブがそれで失敗していたら間抜けもいいところである。

今季の重い敗戦を思い出すと胃がキリキリと痛むが、中途半端なローコスト補強がまたかえってコストにならないか、心配である。

いい選手だといんですけどね。デニス・スアレス。



3 Comments on “デニス・スアレスのアーセナル移籍が近づく。スアレスってどんな選手?

  1. ローマのUnderはどうなってるんだろう…
    個人的にはかなり好きな選手なんだけど(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.