hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery, EPL, Match, News, Transfer

【マッチプレビュー】18/19EPL アーセナル vs チェルシー(19/Jan/2019)トップ4フィニッシュに希望をつなげるため

勝てば首の皮一枚、負ければ絶望的。今シーズンのEPLトップ4フィニッシュを占う4位と5位の直接対決はロンドンダービーでまさにシックスポインター。

Premier League (Sky Sports)

チームのフォームは落ち気味でただでさえ厳しい戦いだというのに、よりによってこんなときにアーセナルではさらに問題が噴出している。

最悪のタイミングで最重要な試合を迎えるという意味では、今シーズン序盤の2試合(シティとチェルシー)に似たところがあるかもしれない。

結果まで似ないといいのだけど。



ボスの試合前コメント

彼には珍しくうっすら無精ひげをはやし、心なしか疲労しているように見えるのはきのせいだろうか。

まずは、今週フットボールからのリタイヤを発表したペトル・チェクについての質問から。

(ペトル・チェクの現役引退についてとこれまでの彼との仕事について……)

エメリ:グッドアフタヌーン。まず彼はとてもビッグパーソンだと思う。ひととしては、わたしが彼を知っているのはほんの6ヶ月に過ぎない。わたしが彼を知っているのは選手としての彼だ。キャリアにおいてたくさんのタイトルを取ってきた偉大な選手で、彼に対する尊敬はわたしのなかでもとても大きいし、このフットボール世界においてもそうだ。彼の決断はとてもとても個人的なもので、彼の決断を尊重するよ。

今週始めに彼はわたしたちにそのことを伝えたが、わたしは驚きはしなかった。わたしは彼の決断を尊重する。なぜなら彼は自分の家族のためにそれを選んだのだし、わたしたちが彼に云えることは、チームにいる選手みんなもそうだが、キャリアの終わりによかったと実感できるよう、自分たちのやり方を続けていきたい。

(チェクがアーセナルでコーチをやるという選択肢も……)

いまそのことについて話すのはとてもむずかしいね。わたしはあと4ヶ月を彼とともに楽しみたいし、ともいい感じで終わりたい。彼と目標を達成する。そのことを彼と楽しみたいね。

(チェルシー戦でチームに何を求める……)

勝利。まずは。勝利が第一だが、われわれにはふたつの異なったパフォーマンスがあると思っている。ホームとアウェイだよ。わたしたちはそのふたつのバランスを取りたいと思っている。まずわれわれは一試合づつ戦っていく。そして土曜はホームでとてもビッグマッチをサポーターとともに大きな自信を持って戦えると思う。土曜のチェルシーでそれをやりたい。

難しいタフな試合で自分たちにとってはいいテストにもなる。3ポインツ差でこの試合に挑みたかったが、ウェストハムでの敗戦が痛かった。しかし土曜の試合には期待しているんだ。なぜならわれわれのチームを見たとき、いいパフォーマンスを見せているし、サポーターにわたしたちが何ができるか見せたい。

(フォームについて……)

土曜はビッグテストだと思う。わたしたちの第一の目標はトップ4に入ることだ。ウェストハムで負けたことでさらに難しくなったが、土曜に勝つことでそれをポジティヴに受け取ることもできる。いいテストだしチャレンジだよ。

勝てば彼らに近づける。この試合はわたしたちを目標に近づけてくれるものだ。38試合のなかには小さな決勝戦があるが、土曜はわたしたちには小さな決勝戦だ。

(チェルシーはどんな感じだと……)

とてもオーガナイズされたチームでとても重要な選手たちがいる。難しいだろうが、わたしはホームでサポーターとともに戦うときの、わたしたちのスピリット、クオリティ、オーガニゼイションを信じている。エミレイツで行われる試合はどれもとても特別なんだ。タフな試合になるだろうが、わたしたちがビッグパフォーマンスとオーガニゼイションでプレイできれば勝つことはできると思う。

シーズン最初に戦った試合と今回、シーズン23試合めとなるが、いい試合になるだろうし、とてもいいテストになる。

(サリはうまいことPLに適応しているか……)

ポジティヴだね。思うに彼のチームにはひとつのとてもいいアイディアがあり、とてもいいパーソナリティがある。それはわたしたちが望むものでもある。ナポリでのプレイのようにね。いま、チェルシーの試合を見れば、彼らはいいプレイをしているし、アイデンティティのあるプレイをしている。

われわれにとってもまたいいテストであるし、自分たち自身をインポーズできることを期待している。彼らはたいていは試合のなかで自分たちを相手にインポーズしていき、マンチェスター・シティにも勝った。今回も同じテストだ。もしわれわれがアイディアやゲイムプランをインポーズできれば、ベストなテストになる。

冬の移籍についてや退社が噂されるスヴェン・ミズリンタットの去就についても訊かれている。

(今月の補強と進捗について……)

エメリ:この移籍ウインドウでいまよりいる選手たちよりもチームを助けてくれるような選手を連れてくることは簡単ではない。クラブは動いているし、スヴェンやラウルとも可能性については話している。

わたしたちは見てはいるんだ。クラブもローン選手について取り組んでいる。

(デニス・スアレス……)

それはプライヴェイトな会話になる。クラブとのプライヴェイトな会話について話したくない。

(ミズリンタットの件はどうなっているのか……)

わたしはこの2週間、彼と一緒に働いていたよ。2回か3回はミーティングもしたし、ふつうに働いている。何かほかの問題があるかは知らないね。

(彼は去るんですか……)

知らない。彼との会話はすべて普段どおりだよ。移籍に関してこの2、3週間わたしたちはやりとりもしている。

(スヴェンの退職について気がついてないだけでは……)

ノー、ノーだよ。今日だってはいつもどおりなら彼と仕事をしているところだ。

(今日彼と話したんですか……)

いや今日はしていない。でもこの2週間で2、3回ミーティングをした。一緒だったよ。

エジルについても。

(エジルは結婚したんですか……)

エメリ:そうだね。彼とは夏に話したとき今年には結婚すると云っていたよ。シーズンが終わってからだと思っていたが。しかし彼のプライヴェイトライフは彼のものだ。

わたしは彼に継続性がほしいということも話したんだ。彼は何度かけがをしてしまって、使えたり使えなかったりした。わたしはどの選手にも毎日同じ取り組みを求める。すべての試合に出られるようにね。メストについても同じだ。彼は前回プレイしなかったが、ほかの選手たちと同じだ。土曜も彼に問題がなければ出場の可能性はある。

(エジルが週末にプレイするチャンス……)

いま? 彼はこの2週間継続してトレイニングに励んでいるから、可能性はあると思う。

(エジルの状況にフラストレイション……)

わたしは全員に同じスピリットを求めたい。そしてそのスピリットは選手たちみんなが継続した取り組みであり時間だ。簡単ではない。ときにはよくなることもあり、ときには悪くなることもある。わたしは全選手と同じやり方で取り組んでいるところだ。もっとも重要なことはどうやって彼がチームを助けてくれるのか、どうやってみんなが継続性を持ってチームを助けてくれるのかということ。

(エジルが1月に退団する可能性……)

それについては考えていない。わたしが考えているのはどうやって彼がチームを助けてくれるのかということ。彼はけがで出られない試合もあったが、そこから2週間たってこの土曜には準備ができているかもしれない。

ビエルサのスパイ行為についての質問

会見のヴィデオを見ると、文字起こしされていないトピックがあった。

マルチェロ・ビエルサについての質問で、例のスパイ事件に関連したものだ。

ビエルサといえば、現在はリーズ・ユナイテッドを率いており(現在チャンピオンシップで首位)、先日ダービーのトレイニンググラウンドをドローンを使ってスパイしたことで話題になっていたが、その後対戦相手をことごとくスパイしていたことを認めて、ルール違反ではないがモラルや倫理的にどうなのかと論争を巻き起こしていた。

エメリはこれが正しいやり方なのか間違ったやり方なのか問われて、ビエルサをリスペクトしているからか「いろんな考え方がある」みたいに曖昧に答えたが、さらに「コルニーがスパイされたらどうなのか」と厳しくツッコまれている。エメリの会見ではちょっとめずらしいシーンではないだろうか。

エジルについて

現在チームにとって最大の問題は、明らかにメスト・エジルである。

エメリ本人こそ今回のプレスカンファレンスでエメリについて訊かれても無難なコメントに終始したが、メディアからはエメリはもうエジルとの確執を隠すつもりもないと思われている。

実際に会見でもエメリはエジルが土曜のチェルシーに出場するかもしれないと可能性について言及しているだけで、出場を明言することは避けているように思われる。

昨日、レディオ番組BBC 5 Liveに出演したオーンステインが語ったところによれば、エメリはすでにエジルに退団許可を出しているという。好きに交渉していいということだ。

ぼくはこのチェルシー戦のエジルはよくてベンチ、悪ければこれまでのようにベンチにも入らないのではないかと思う。

そして、エメリの態度よりももっと気になるのはエジルサイドが発しているサインがどこかこの騒動とはちぐはぐなこと。

普段どおりジムでワークするところをツイートしたり、地球温暖化を憂えるツイートをしてみたり、TwitchでFortnite実況してみたり、極めつけはエメリも質問されている結婚の件。いつしたって構わないが、いまこの状況でするものだろうか?

エマニュエル・プティが、エジルはもうフットボールへの情熱やモチヴェイションを失ってしまっているのではないかと指摘しているが、そんなばかなと思いつつ、なんだか表側に見えている数々の彼の振る舞いが、その節を強めているようにも感じられてならない。

ちなみにエジル関連でおもしろいなと思った説は、redditで見かけた「チーム vs エメリ」という構図が生まれつつあるというもの。

エジルはチーム全体では人気者だから、もしエメリがこれまでのように引き続き理不尽にエジルに接するようなら、これまでのやり方を信じてついてきた選手たちの心がエメリから離れていくのではないかと。それがウェストハムでおれたちが見たものではないかと。

もちろん1000%ただのファンの憶測だが、もしこのチェルシー戦でエジルを外してウェストハムのような創造性のまるでない試合をやるようなら、今度は世間の関心はエメリの能力そのものにフォーカスされていくことになりそうな気がする。

すごい深読みしちゃったよねこれ。シンプルに温暖化のことだとするとわりと肩透かしというか。まあフラミニとエコ・プロジェクトもやってるしいんだけど、いままさにチームから干されつつあるというこのタイミングでそこですかという。。

チームニュース

ミキタリアンが来週にはフルトレイニングに戻るということ。2月に復帰予定だったから早すぎではないかもしれないが、骨折という診断だったはずだからえらい早すぎない?

ホールディングとウェルベックはリハブ中。

基本的にこの3人以外はフィットしているということで、いつものアーセナルに比べてびっくりするぐらいけが人が少ないということだ。

予想ファースト11

当ブログの予想スターティング。

3-4-2-1

ラカゼット

オバメヤン、イウォビ

コラシナツ、ジャカ、トレイラ、ベレリン

モンレアル、ソクラティス、ムスタフィ

レノ

前回のWHUとまったく同じ予想をする。手抜きじゃない。

ぼくはコシエルニが長期離脱から復帰以来、ちゃんとフィットネスが戻っているという気があまりしておらず、できれば3CBの左にはモンレアルを使ってもらいたいと思っている。

それと真ん中はさすがにジャカとトレイラでお願いしたい。

エジルを使ってくるとは思えないなあ。

アーセナル移籍ニュース

簡単に。

ペトル・チェフがリタイヤ

ミズリンタットの件があったから、スルーしてしまったけれど、これも大きなニュースだった。

まだ将来は決めていないというが、アーセナルからのコーチ職のオファーはなく、チェルシーからのオファーはあるという憶測もある。

考えてみれば、彼はアーセナルで指導職をやるよりもチェルシーでやるほうがずっと似合っている。チェルシー・レジェンドだからな。

この試合で何らかのセレモニーはあるんだろうか。

アーセナルはこれでチェフの契約延長の線は完全に消えたわけで、来シーズン新しいGKの補強はマストになった。

デニス・スアレスのローン移籍が近づく

ゆっくりだが近づいているようだ。

ローンフィーが2Mユーロで夏に20Mユーロの買い取り義務。買い取りオプションじゃなくて買い取り義務というのがポイントか。もしこの半年悪いパフォーマンスでも夏には買い取らねばならないという。

このツイートではバルセロナがスアレスの契約を1年延長してから移籍させると書いてあるようで、それもよくわからないが、まあとにかくアーセナルに非常に不利な、足元を見られた契約になりそうなことだけは確かなようだ。

ちなみに、ミズリンタットはこの契約に賛成していないようで、彼がこのまま辞めていくようなことがあると、デニス・スアレスの成否によっては今後「負の象徴」になるかもしれない。

活躍してくれれば問題ない。

モー・エルネニーがフェアウェルメッセージをツイート

エルネニー:1月14日は記念すべき日。。3年前同じ日にアーセナルファミリーの一員になったんだ。。ぼくはそれを家族と呼ぶよ。だってアーセナルではそんな感じだったんだから。この3年間すべての時間が素晴らしかった。タフなときもあったし、ハッピーなときもたくさんあった。それとファンの優しさには感謝したい。コーチにも、リアルブラザーになってくれた仲間たちにも、みんなにも。過去に感謝して、未来にはとても期待している(ハート)。

涙なしで読めなくね? 泣いてないけど。

彼は去年契約更新したばかりで、今シーズン、アーセナルの進む方向が変わった直接の影響(被害)を受けている選手と云える。これはさすがに本人には気の毒に思える。

レスターが興味を持っていると云われていたが、続報はない。ローマがローンでの獲得を目指しているという報道がある。がんばってほしいね。

ちなみにこのタイミングでこういうことを書いてもだけど、ElNenyの正しい(本来の発音に近い)発音は「エンネニー」らしい。エジプシャンが云ってた。

今月彼が去るということは、代わりの選手を取るんだろうか。

ラムジーのユヴェントス行きが決定

何度決定するのか(笑い)。

今度こそ、夏の移籍でユヴェントスと契約完了したそうだ。良かったねアーロン。きっとイタリーで素晴らしいフットボール人生が待っているだろう。

チェルシーについて

70Mポンドで買ったモラタを損切放出してイグアインを取る気マンマンなようで、サリにはアーセナル戦にイグアインを使いたいという要望まであるそうな。

イグアインのACミランでの今季成績は全然振るわなくて、なんならモラタと比べても悪いくらい(だからフースコはこのレイティングの矛盾を説明してほしい)。もし本当にイグアインがこの試合に出てくるようならアーセナルのファンは喜ぶべきかもしれない。

けが人は、クリステンセンにロフタスチークら。レギュラーラインナップにはほぼ影響はないようだ。

今季のチェルシーといえば、中盤の一番うしろにDMではなくプレイメイカータイプを置く、アーセナルと似たようなMF構成のチーム。今回はジョルジーニョの前にカンテとコヴァチッチを置くフォーメイションが予想されている。そういやファブレガスはモナコに行ったんだな。

前回対戦について

【マッチレビュー】18/19EPL チェルシー vs アーセナル(18/Aug/18)まだまだポジティヴ

おぼろげに思い出せるのは、あのハイラインの裏をロングボール一本で狙われまくったやつと、アーセナルもハーフスペイスから攻略してマイナスのクロスで何度もチャンスをつくったこと。

あの状況(エメリで2試合目)を考えれば、負けたとはいえアウェイでだいぶポジティヴな試合をやったように思う。

しかし今回はまただいぶ違った試合になりそうな気がしてならない。リヴァプールやToTのような試合を夢見ているんだが。

試合結果予想

BBC Sports (Lawro’s prediction) 2-1

SKY Sports (Paul Merson)  N/A

WhoScored.com 1-1

思ったよりいい予想?

試合のみどころ

何度も書くように、割と最悪なタイミングで最重要な試合が来てしまったのはアーセナルにとって不幸としか云いようがない。

仮にチームのフォームだけならともかく、ヘッドコーチと中心選手のトラブルだけじゃなく、クラブ内の人事みたいなスポーツに関係ないところにまでトラブルの火種があるなんて。

でも、この試合に勝つことでそういったネガティヴな空気を排除することもできる。すべてはパフォーマンスにかかっているのだ。

とくに選手たちには発奮してもらいたい。

ぼくの注目選手はジャカ。

フォームが落ちてくるのに合わせてまたジャカ批判が高まっているが、彼が活躍してチームを盛り返すべきだ。

キックオフは日本時間で土曜深夜(日曜)26:30。

勝とう。COYG



2 Comments on “【マッチプレビュー】18/19EPL アーセナル vs チェルシー(19/Jan/2019)トップ4フィニッシュに希望をつなげるため

  1. エジルは動機が低下しているかもしれませんが、以前彼の学校の先生が語っていたように「少しばかり自閉的」であることが原因だと思うなあ。やることなすことちょっとずつずれるのはチェンさんも「異能の人」と表現した通り、本当に異能だからじゃないかしら。でも彼はスターですから。みんなからいらない人扱い(ガジディスまで)だけれども、本人が残るって言うなら案外面白いチャレンジが見れるんじゃないかと期待しております。

  2. スタートが気になります。
    ハムと同じとなれば最強ツートップにパスが出ない可能性が高い…。
    エジルを使うのか現状維持か、トレイラを入れて引き分け狙いか、とにかく負けはイヤだな…。

Leave a Reply

Your email address will not be published.