hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Behind The Scene, Misc

AFCファンズフォーラムのジョシュ・クロンキ(22/Apr/2021)ESL撤退後にオーナーがアーセナルサポーターに語ったこと

先週の木曜(エヴァトンの前日)、ヨーロピアンスーパーリーグの撤退を決めたアーセナルが、ファンズフォーラムを開催した。※Covid禍のいまであるので、当然ヴィデオ会議。

AFCマネイジングディレクターのヴィナイ・ヴェンカテシャンと、オーナーシップKSE(Kroenke Sports and Entertainment)から、スタン・クロンキの息子、ジョシュ・クロンキが参加。集まったサポーターたちにESLについての謝罪と説明を行った。

オーナーシップがアーセナルのサポーターたちと直接コミュニケイションをとるのは初ということで、なかなか画期的なときだったのではないだろうか。

少し時間がたってしまったが、ここでオーナーが実際にファンに向けてどのような発言をしたかは、アーセナルFCの今後を考えるとぼくらが知っておくことも重要だろう。

なので、このブログにも記録しておこうと思う。

テキスト元は、 『football.london』。Chris Wheatleyのグッドワーク。リスペクト。

Every single word Josh Kroenke said at the Arsenal Fans’ Forum on Thursday



AFCファンズフォーラムのジョッシュ・クロンキ。ファンとの直接のやりとり

以下、イニシャル表記の発言者はファン代表(ASTメンバー)。

ヴェンカテシャン :まず最初に、この電話会議に出ている皆さん、そしてもちろんアーセナルファンの皆さんに言いたいことがあります。

今週は、フットボール界、特にファンにとって非常に困難で心を乱すような一週間だったと思いますが、その中でアーセナルが関わってしまったことについて、本当に申し訳なく思っています。今週起こったことに対して、私はどれだけ申し訳ないかを明確にしたかったのです。

私は、この残念な物語の背景を少しでも皆さんにお伝えしたいと思いました。いずれも、起こったことについて言い訳をしたり、謝罪の気持ちを薄めようとするものではありません。しかし、私はこの話を少しして、世の中に出回っているいくつかの間違った情報を訂正したいと思いました。

まず最初にお話ししたいのは、いろいろと言われていますが、アーセナルは絶対に、100%、この提案の作者でも推進者でもありませんでした。何が起こったかを弁解するわけではありませんが、我々はこの提案の作者ではありませんでした。

前回のファンズフォーラムでも言いましたが、何度もされているスーパーリーグの提案は、アーセナルではなく、他の企業からされることが多いのです。

公的にも私的にも何度も言ってきたことですが、我々のアプローチはアーセナルの利益を守るために常に耳を傾けることです。この状況で、私たちにとって明らかだったのは、列車が駅を離れようとしていたということです。

このプロジェクトは、ヨーロッパのビッグクラブと一緒に立ち上げようとしていたのですが、もしこの立ち上げが我々なしで行われ、この大会が我々なしで実現した場合、それがクラブにとってどのような意味を持つのかを評価する必要がありました。それが現実のものとなり、我々が取り残されることを懸念して、参加を決断しました。それを正当化しようとしているわけではありません、100%そうですし、それでよかったのだと言いたいわけでもありません。説明をしたいのです。

私たちの決断が間違っていたことはすぐに明らかになりました。それはひどい決断でした。間違った決断をしたときには、次の決断をしたくはないものですから、私たちはすぐにできるだけ早く撤退しました。

今、私たちは多くの人々に謝罪しなければなりません。選手、スタッフ、当局、他のプレミアリーグのクラブ、そして何よりもファンの皆様。

個人的には、今回のことは非常に辛いことでした。私がこのフットボールクラブを愛していることを知っていただきたいと思います。最高のクラブにするために、そしてクラブとファンの間に最高の関係を築くために、私は毎日、毎時間、働いています。何ヶ月も何年もかけて、そのことを皆さんに示してきたつもりですが、一夜にして別人になったわけではありません。

私にとっては非常に厳しい状況でしたが、今はこれまでと同じことをしていこうと集中しています。起こったダメージを修復するためにできることをし、クラブを前進させるために前進する。私は、ここで犯した過ちを忘れることはありませんし、クラブを前進させるためにさらに強い決意を持っています。

ジョシュ・クロンキ(以下ジョシュ): 私は今日、話をするためにここに来たのですが、ヴィナイの言葉に多くの感情がこだましています。

私の視点では、リーダーシップとは、もし皆さんが自分の人生でさまざまな組織を率いているのであれば、人気のない決断をしても、時間が経てばより大きなグループに利益をもたらすと考えることもリーダーシップの一部です。

リーダーシップとは、自分が間違っていることを認識することでもあります。速やかに自分の行動を修正し、謝罪し、今後より良いリーダーシップを発揮するための教育を行うことです。それが今日の私の目的です。私は説明し、話を聞くためにここにいます。

このプロジェクトが非常に速いスピードで具体化していく中で、私たちは2つの重要な質問を自分たちに投げかけました。

最初の質問は、スーパーリーグとアーセナルのいないスーパーリーグのどちらが悪いのか、というものでした。これは私たちにとって非常に難しい問題でしたが、基本的には、アーセナルのいないスーパーリーグが最悪の答えであると判断しました。それが私たちの行動の基準となりました。

2つ目の質問は、「ファンは何を望んでいるのか」というものでした。私たちは、可能な限り多くの方法でその質問に答えようとしました。私たちが考えていた決断には、当然、ある種の守秘義務のようなものがあります。それは、私たちが熟考する時間がないほど、はるかに複雑な答えでした。

グローバルのファンは、アーセナル対バルセロナをできるだけ定期的に見たいと思っていると思います。

ヨーロッパのファンは、国内リーグが予測可能であるため、トップクラブ同士のビッグマッチをもっと見たいと思っていると思います。

英国のファンの視点から考えると、この24時間から48時間、36時間前に遡っても、私には非常に教えられる内容だったと思います。イギリスのファンは、もっと大きな試合を見たいと思っていますが、先日ネットで見たあるチェルシーのサポーターのサインには、「寒い夜はやっぱりストークで過ごしたい(you still want your cold nights in Stoke)」と書かれていました。これは、EPLやイギリスのフットボール全体、そしてイギリスのファンの気持ちに対する強いメッセージだと思います。

私たちは間違っていたので、今日ここで謝罪し、皆さんと話し合うことにしたのです。だからといって、私たちの懸念や不満の多くが解消されなかったわけではありませんし、今でも懸念がないわけではありません。

このプロジェクトの一環として、私たちにはプレミアリーグやイングランドのフットボールを害そうなどという意図は一切ありませんでした。

私たちの不満のほとんどは、欧州フットボール全体についての大きな話の中にありました。私たちは主にフットボールのピラミッドの安定性について話をしてきましたが、ここ数週間、これらの会話に参加していたとき、私たちが達成しようとしていたのは概してそれでした。

私たちは、FFPの施行についても、あるいは人種差別と戦うために欧州レベルで十分な努力をしているかどうかについても話をすることができます。

しかし、フットボールのピラミッドを安定させるために、草の根のプログラムについても私たちは賛成していますが、一方でこれらの収入や機会を最大限に活用したいと考えています。

今回、私たちのやり方は間違っていたのでしょうか? その通りです。しかし、私たちはまだこれらの問題が残っていると考えています。

個人的な例で言うと、バクーでの試合です。試合の90分を除けば、素晴らしい人々に出会い、旅をとても楽しむことができました。しかし、旅行の手配からチケットの割り当て、スタジアムの環境に至るまで、ロンドンの2大巨頭による欧州決勝戦が、フットボールのピラミッド全体の利益のために、本当にその可能性が最大限に発揮されているのか疑問に思いました。

ヨーロッパの政治には、アメリカに住む私には理解できないものがあります。

その年は、シーズン中の最も重要な試合にスターティングメンバーの一人を連れてくることすらできず、クラブの観点からは非常に悔しい思いをしました。ガバナンスの透明性という点では、そうした問題がまだ残っていると感じており、引き続き取り組んでいきたいと思っています。

感情があることは理解していますが、その感情を聞きたいし、理解したいし、そのために今日ここで話を聞いています。私自身、父、そしてKSEから、皆さんにご迷惑をおかけしたこと、そして私たち自身が置かれた状況についてお詫び申し上げます。私は謝罪し、皆さんの話を聞くためにここにいます。


AV:ジョシュ、あなただけが寝ていないわけではないんです。私たちの多くは、この問題に立ち向かうために本業をこなしながら、5日間ほど寝ていません。

あなたは自分自身に2つの質問をしたといった。アーセナルが入ったESLがある方が悪いのか、ない方が悪いのか、そして「ファンは何を望んでいるのか」ということです。この質問は、私にとって興味深いものです。というのも、私だけでなく、ここにいる誰もが聞かれたことのない質問だと思うからです。

あなたは、クラブのために決断を下すというリーダーシップについて話していますね。リーダーシップとは、「お客様(customer)」の声に耳を傾けることでもあります。この言葉をわざわざ使うのは、私があなた方にとってお客様であると感じているからです。

あなたは一度たりとて私たちの意見に耳を傾けたことがないので、それには大いに反論します。

3つの質問があります。

最初の質問は実際のスーパーリーグに関するものです。あなたは、ほんとうにスポーツ的なメリットのないトーナメントが、実際に良いことだとお考えですか?

ジョシュ:私は、スポーツ的なメリットを信じています。

AV:では、なぜスポーツ的なメリットがないかもしれない、国内のゲームを殺してしまう可能性のあるスーパーリーグにサインしたのですか?

ジョシュ:最初の答えに戻りますが、私たちが最初に問いかけたのは、スーパーリーグか、それともアーセナルのいないスーパーリーグかということでした。

AV:アーセナルはまだスーパーリーグと契約しているのですか? アーセナルはここでコストを負担しているはずです。アーセナル・フットボール・クラブではなく、KSEがその費用を負担するのですか?

ジョシュ:その通りです。ご質問の2番目の部分については、複雑な答えになるので、法的手続きの状況については、ヴィナイに照会します。

ヴェンカテシャン: 契約の状況については、法的な問題があるので、発言には注意が必要です。事実上、私たちは撤退することになりますが、それが契約上どのような意味を持つのか、そのプロセスを進めているところです。それが何を意味するのか、法的な手続きに取り組んでいます。

AV:このようなことが二度と起こらないと、私たちに保証できますか?

ジョシュ:あの提案が作られたときのようには。イエス。

AV:もしあなたが本当に反省しているならば、実際にファンともっと関わるようにしてくれますか? それがあなたの重要な質問の一つであり、あなたがそれをしたことがないことを考えると、あなたは実際にファンともっと関わることを約束するつもりですか?

そして、役員レベルでのレップを検討してくれませんか? このクラブには、役員会レベルでのファンの代表が必要なのです。あなたは今週、この点で誤解していました。

あなたのやり方は恥ずべきものであり、卑怯であり、あなたはそれを打ち出し、それを正当化しようとさえしませんでした。今でも個人的には正当化していないと思います。

あなたが私たちのゲームについて十分に知らないことは明らかです。私たちのクラブについても十分に知らない。私たちのクラブは、伝統、価値、そしてクラスの上に成り立っています。私たちはそのことについては何度も話してきたのです。

ジョシュ:もしあなたが私にもっと会うことを期待しているなら、完全に理解できます。今すぐこの電話会議から始めましょう。

理事会の観点から言えば、私たちはクラブとしてまとまり、理事会として決定を下しました。だからこそ、あのような声明を出し、すぐに謝罪したのです。今後、より有意義な形で私と交流することを期待しているのであれば、それは絶対にそうすべきです。

AV:欧州スーパーリーグは何度も断ってきました。ボードルームレベルの担当者がいたのなら、そう言ったはずです。


JC:2019年、あなたは私たちが「ワクワクする(be excited)」べきだと言いました。何にワクワクすべきなのでしょうか? スーパーリーグですか?

ジョシュ:いいえ。

JC:それでは、そのコメントについて詳しく説明していただけますか?

ジョシュ:アーセナル・フットボール・クラブの未来にワクワクしましょう、という意味です。

JC:今のところ、私はアーセナル・フットボール・クラブの一員であることが恥ずかしいと感じています。いま起きていることのためです。

ジョシュ:その気持ちはよくわかります。

JC:KSEは、スーパーリーグとは別に、アーセナルに対して長期的な投資計画を持っているのでしょうか?

ジョシュ:もちろんです。


ZW:私はアーセナルのファンであることを恥じています。自分が大切にしているクラブがこんなことをするなんて、と憤慨して眠れませんでした。

あなたのお父様はいつになったら私たちやアーセナルファンに話してくれるのでしょうか? 彼は大株主であり、クラブを運営していますが、なぜアーセナルファンと話したことがないのでしょうか?

第二に、アーセナルがイズリントンから離れた場所でホームマッチを行わないことを保証できますか?

そして3つ目は、あなたが今日話したことをなぜ一言も信じられないのかということです。あなたの声のトーンから、あなたがこの場にいることにあまり興味がないことが伺えますし、そのような印象を受けます。次にあなたやお父様とお話できるのはいつでしょうか?

ジョシュ:私から話をするということは、父から話をするということだと思います。もう何年もそう言い続けてきました。

私が話すときも、彼が話すときも、あなたはいつも私たち二人の声を聞いているのです。私は父ではないかもしれませんが、だからこそ私は今日ここにいるのだと思います。

私の声のトーンに関しては、私の心の中にある感情を伝えるために最善を尽くしています。信頼という観点からは、私を信頼してほしいと乞うてはいません。

今週、私たちの信頼はすべて失われてしまいましたが、それは十分に理解しています。だからこそ、皆さんをはじめとするサポーターの皆さんとの関係を再構築したいのです。

ZW:あなたとKSEがアーセナルを所有している間は、ロンドンから離れた場所でホームマッチを行うことはないと保証できますか?

ジョシュ:それは保証できます。


M:あなた方はまだ自分たちがクラブの適切なオーナーであり、管理者であると考えているのですか?

KSEは、ファンの大多数が、あなた方が私たちのフットボールクラブのオーナーとしてふさわしくないと考えていることを十分に理解していますか? このダメージは修復可能だと思いますか、それともKSEはアーセナルの株式売却を検討しているのでしょうか?

ジョシュ:私たちは、アーセナルの管理者(custodians)としての立場を続けることができると信じています。私たちは、クラブ外部の力によって非常に困難な状況に置かれました。

私たちが間違っていた最初の質問に戻ると、それは私たち自身に問いかけたことであり、だからこそ私はここにいて、時間をかけてすべてを再構築しようとしているのです。

すぐに信頼してほしいとは思っていません。夏の計画は数週間前と同じで、私はそれをとても楽しみにしています。不信感や懐疑的な見方をされるかもしれませんが、時間をかけてサポーターグループとの関係を再構築し、私たちがクラブを前進させる能力があることを示したいと思います。


BG:あなたは『ファンの声を聞いている』と言い続けていますね。でもあたなは、そもそもこの件について私たちに話していないじゃないですか。

私たちは、役員会レベルでファンの代表権を得るために政府に働きかけるつもりです。それについてはどうお考えですか?

この馬鹿げた決定を下したのは誰ですか? あなたなのか、お父さんなのか、ハリス卿なのか、それとも取締役会なのか?

ジョシュ:取締役会です。クラブとして決断を下したわけですが、非常に難しい質問を自分たちに投げかけ続けました。

私が何度も繰り返してきた2つの主な質問があります。これはグループでの決定でした。みんながどう思っているのか、みんなの意見を聞きたかったのです。取締役会レベルであれ、ファンズフォーラムであれ、もっと意味のある方法で交流したいと思います。世界中のフットボールファンの力、そしてアーセナルファンの力を目の当たりにすることができて、とても勉強になりました。

BG:ファングループやファンの代表が役員レベルになることについてはどうお考えですか?

ジョシュ:うーん、これはとても難しい質問ですね。長所もあれば短所もあると思います。

ここ数日に起きたすべての出来事を受けて、私たちは今あなたが私に尋ねたことを含め、多くの質問を自分自身にすることになるでしょう。ですから、イエスかノーかの答えは出せませんが、議論すべきことであることは間違いありません。


B:ファンとの信頼関係を築くための手っ取り早い方法のひとつとして、こういったときのミーティングノートを見せることがあります。

ジョシュ、もし私がアーセナル・フットボール・クラブを運営する機会を得たならば、世界中の何百万人もの人々があなたをヒーローのように見ているだろう、と私は言い続けています。私たちと一緒に、このクラブを再び偉大なものにしませんか?

あなたには、他の誰にもないチャンスがあります。あなたは私たちのために何かをする必要があります。明日は2万人のファンがスタジアムの外に出ることになりますが、これはすべて金銭的な利益のためのひどい決断のせいです。イングランドリーグの他の360のクラブはどうなんだ? それがアーセナルウェイなのか? 彼らを見捨てるのか? 呆れてしまいますね。

ジョシュ:私が言えるのは、あなたたちには約束するということです。ここ数年、うまくいけばロンドンのクラブで私の姿をよく見ることになるでしょう。

先ほど申し上げたように、信頼関係が損なわれていることは承知していますが、今も、そしてこれからも、信頼関係を回復しようとする私の姿を目にすることになるはずです。

願わくば、それが何年も先のことであろうと、直接座ってパイントを一杯やることであろうと、私は直接会って話をしたいと思っています。パンデミックのせいで会話が遅れたという話をしましたが、これは間違いなく、私が人と直接会うことを好むからです。これからは私と会う機会が増えますが、皆さんと交流して信頼関係を回復するのが楽しみです。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

One Commnet on “AFCファンズフォーラムのジョシュ・クロンキ(22/Apr/2021)ESL撤退後にオーナーがアーセナルサポーターに語ったこと

  1. クラブは持続可能な自立運営モデルを目指してると信じてたからこそ、今回のESL案件は金に目が眩んだ姿勢をクラブ内外に露呈してしまったことが問題かなと思いました。カッコ良いこと言っといて結局札束かよ、という。こちらの方も一貫性がないですね。

    成績が上向かない今、持続可能な運営モデルであるかどうかは、ファンの(少なくとも私の)心の拠り所でもあると思うのですが、ぺぺやトーマスの案件はそれを逸脱したのでしょうか。それも、何気に気になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.