hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(23/May/2021)5連勝&ヨーロッパを逃してシーズン終了

アーセナルはホームでBHAに2-0勝利。結局5連勝でシーズン38試合を終え、リーグテーブルでは8位でフィニッシュした。

PL20-21シーズンは、ミケル・アルテタのアーセナルでの、またマネジャーとしての最初のフルシーズンであったが、トップ4という最大の目標をかなえることはできなかった。

そして、これでアーセナルは5シーズン連続でトッナムより下位でフィニッシュとなり、さらにECLも逃すことになって、アーセナルにとって来シーズンは25年ぶりにヨーロッパのないシーズンとなることが決まった。

試合を振り返ろう。

Arsenal beat Brighton but miss out on Europe



アルテタの試合後コメンツ「これからはレヴェルを上げて安定させていくよりない」

試合後プレス会見。オフィシャルサイトより。

(ファンが戻ってきた……)

アルテタ:わたし自身、スタッフと選手を代表して感謝する。そして失望もしている。ヨーロッパに入れなかったので。われわれはポインツの面で去年よりも進歩した。61ポインツというのは去年なら5位だった。リーグの進歩のレヴェルがある。そしてそのレヴェルこそわれわれが入っていかねばならぬもの。

(ヨーロッパを逃したことは打撃……)

自分たち次第だったときもあった。最後の5試合は勝つために全力をつくした。だがそれでは十分ではなかった。

(ヨーロッパなしをポジティヴに観ることもできる?……)

わたしは悲しい。なぜならこのクラブはトロフィーズにもCLにもふさわしいから。それができなかった。とてもチャレンジングな状況だったが、われわれは団結してベストを出そうとした。それが十分ではなかった。

われわれは自分たちにもとても批判的になる必要がある。わたし自身もそうだ。来シーズンにはそこからアドヴァンテッジを得られるよう、可能なかぎりいい準備をしていく。わたしにはまだなかったが、今度はプリシーズンがあることを願う。選手たちと取り組む時間を得て、よりよいチームにしていく。

(試合に来ていたジョシュ・クロンキには何を云われたので?……)

いつも電話で話しているのと同じことさ。彼はとてもサポーティヴで、情熱的だ。彼はクラブを違うレヴェルにつれて行きたがっている。それが野心であり、彼がここにいた理由だ。

(来シーズン競争力を得るために忙しい夏にする必要がある……)

みんなよくなろうとするし、強化される。だからわれわれもそうする必要がある。まず、選手をよくする必要がある。より安定させて、成長をさせる。

すべての自分たちのプレイのしかた、自分たちのフィロソフィ、それをあるべきものにする。選手たちはそれを買っているから、これからはそれはネクストレヴェルにするときだ。それらを進歩させ、より安定性を得ていく。

われわれは12月以降では、リーグで2位か3位のチームだったのだから(※実際は3位)。それでは十分じゃない。半年レヴェルが高かったではなく、10ヶ月それをやらねばならない。

(マーティン・オーデガードは来シーズンもアーセナルにで観られる?……)

われわれは自分たちのやりたいことについては、とても明解で力強い意見を持っている。この数週間で話をしていくことになるだろう。しかし、まずは彼がレアル・マドリッドの選手だということを尊重せねばならない。われわれはコミュニケイションしていく。

われわれはマーティンがこのチームでパフォーミングできるよう全力を出してきた。それは彼がやってきたことであり、彼はわれわれのプレイ、クラブにとてもよく適応した。われわれが彼に望みを与えたこと、ここが彼にとってよき場所であると思ってもらうことを願う。

(オーデガードが残ることに自信がある?……)

わからない。われわれ次第ではない。

(われわれは正しい方向に向かっていると思う?……)

イェア。わたしの見解と考えを説明することもできるよ。わたしが云えるのは、数ヶ月前にこのチームを観たときと、いま観たときを比べれば、結果はともかく、いまはよりよい場所にいると思う。そしてこれからもよりよい場所にいけるだろう。

(ヨーロッパに1ポイント足らず……)

昨シーズンなら61ポインツは5位だったのだからフラストレイティング。今回は8位だ。それはステップだったが、同時にレヴェルがかなり上がっていることを理解しなければならない。来シーズンにはもっとよくなるしかない。より安定すること。それがわれわれの前にあるチャレンジだ。

以上

カラム・チェインバースのコメント「ケガをする前に戻ったみたい」

いつの間にかRBのレギュラー。CCの試合後インタヴュー。オフィシャルサイトより。

(勝利、だがヨーロッパなし。複雑な心境……)

チェンバース:もちろんとてもがっかりさ。みんなシーズン全体にがっかりだと思う。フィニッシュしたい場所じゃなかった。もちろん来シーズンに集中していく必要がある。変わらなきゃいけない。でもシーズンを力強く終えることはできた。だから来シーズンに向けていくらかの動機にはなっている。この勢いを来シーズンにも持ち込みたい。

(ぺぺのパフォーマンス?……)

ブリリアント。彼は守備でもぼくをカヴァしてくれるし、あれはアメイズィングだね! 彼はとても成長したと思うよ。彼はグレイトな選手。ぼくは最初にトレイニングで観たときから彼のクオリティを観ている。そしていま彼は自分ができることを見せ始めた。みんな喜んでるよ。

(来シーズンはぺぺのベストが観られる……)

イェア。彼はいいフォームだし、とてもいいプレイをして得点し、自信も高まっている。そのことをみんなが観ていて、彼のクオリティもわかっている。だから彼がいまやっていることを観るのはとてもナイス。

(キミはいまどれだけフットボールを楽しんでいる?……)

大好きさ。もちろんケガで長いことプレイできなかったので、戻ってこれて、ケガする以前のように感じている。ケガする前はいいフォームだったし、ケガのタイミングは残念だった。だからうれしい。夏のあいだも強くフィットしつづけて、来シーズンにアタックしていきたい。

(PL5連勝でシーズンを終えた件……)

勢いをつけた。これをつづけないと。

(ファンズが戻ってきた……)

アメイズィング。ファンが戻ってきたのを観るのはアメイズィングだった。ぼくらは彼らにすごくいてほしかった。今日はすごくよかった。

CCとぺぺは右サイドでコンビというあいだがらだけども、来シーズンのぺぺについてとか、アルテタに聞けよっていう(笑い)。

トマス・パーティのコメント「ファンのサポートは美しかった」

初めてエミレーツで観客の前でプレイしたというパーティ。珍しい試合後コメント。オフィシャルサイトより。

パーティ:(ファンが戻ってきた)今日の彼らのサポートはとても美しかった。励まされたり落ち込んだり、彼らがサポートしてくれた。彼らがぼくらをプッシュしてくれて最後には必要なものが得られた。とても感謝している。

いい試合だったし、みんなが全力を出した。ハードワークして、準備して、よく終える必要があった。来シーズンに向けても準備をしなくちゃね。

(ヨーロッパなし)がっかりだ。でも来シーズンはカムバックするチャンスができた。すべてについてファイトするよ。

あの声で再生されたかな?

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

9 Comments on “【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(23/May/2021)5連勝&ヨーロッパを逃してシーズン終了

  1. お疲れ様でした。
    2点取った後は、主にレスターvsトッテナム見てました。
    シュマイケルのやらかし、ケインのハンド見逃しに発狂しながら・・・
    終わったものは仕方ない。オフのトレーニングに期待して来シーズンを待ちます。
    シーズンオフのアップも楽しみにしております。
    では、COYG!

  2. 今シーズンも毎回楽しみに読ませていただきました。ありがとうございました。

    いよいよヨーロッパなしまで来ましたね。
    次のシーズン開幕までの準備期間がどのようなものになるかとても楽しみです。
    誰が出て誰がくるのか、ウィリアンはなんだったのか、考えるときりがないですが、あれを連れてきた人たちがまた同じようなことをしないことを祈ります。
    マーティンもいいですが、あたしはブエンディアおしです。
    試合が少なくなるので厳選したチームとなるはずで、スミスロー、Bを中心にバログン、ガビ、アジーズなどヤンガナのブレイクに期待ですね。
    シニアプレイヤーの動きも気になりますし、夏まですぐ時間がたちそうです。
    引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m
    COYG

  3. お疲れ様でございます。
    ヨーロッパがなくなって試合数が減るのは残念なのですが、PLに専念でアルテタさんがどこまでやれるか楽しみでもありますね。

    coyg

  4. 今シーズンも更新お疲れ様でした。
    この試合はジャカとトーマス2人とも縦への意識が高くて、面白かったです。あとぺぺはシュートほんと上手い。
    来シーズンこそは巻き返してくれると信じて、オフは移籍関連のゴシップ記事を楽しみたいと思います。
    COYG

  5. お疲れ様でした。ペペが最後の最後で二けたにスコア数を乗せたので来年は期待大、逆にオーバは、どうしちゃったんでしょうね。いつもならカウンターでかわしたりぶっちぎっているところを、ことごとくDFにブロックされたのを見ると・・・。あれならウィロックやバログンの1トップのほうがいい結果がでると思うのですけど。もうベテランと若手の融合、というコンセプトは捨てて来期に臨んでほしいなあ・・・。ベテランに出場時間与える余裕は、もう無い、と割り切ってほしい。もやもやした1年でしたが、このブログのお蔭で乗り切れました。プレシーズンから全力疾走してほしいっすね。COYG

  6. ワンシーズンお疲れ様でした。

    今年は厳しいシーズンだったけど、失点数がリーグで3番目に少ないというのは、長年のアーセナルにあってかなり大きな収穫だったと思います。あの守備陣で。
    ぺぺは結果的に活躍するのですが、何度もボールを失うので、いいのか悪いのか。

  7. お疲れ様でした!

    なんだか今年はこのブログのコメントでストレスぶちまけた事もあったので、とても申し訳ないです…。

    来期のレンタルバックを含めた新戦力を夢見てしばらくは楽しみます。

  8. お疲れさまです。大事な試合前のエントリとかで自分がコメントするとあまり良くない結果になるジンクスがありそうな気がしてコメント控えてたら最後連勝するという。
    完全にコメントするタイミング失ってましたがひとつだけ、チェンバースがこの試合と特にひとつ前の試合は守備が改善してたかなと。
    攻撃の時のポジショニングは相変わらずだしドリブルで持ち上がることも出来ないのも弱点だけど今後そういうところを改善して良い選択肢になって欲しいと思いました。はじめCBでSBで大成した選手もいるし期待も込めて。

Leave a Reply

Your email address will not be published.