hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】21/22EPL トッナム・ホットスパー vs アーセナル(12/May/2022)不言実行でCLへ ※追記あり

We don’t speak we do it.

グラニト・ジャカ

不言実行。フットボーラーはピッチで語るんですね。

 

さて、ついにこの日が来てしまった。PLも残り3試合という局面でNLD。

アーセナルは、勝てば来年のCL確保。最高の舞台で悲願達成&パーリータイム。ここは朝まで飲みたいところだが、残念。極東はもう朝である。ポカリでがまんだ。

いっぽうトッナムは、ホームでそれを阻止するためにも絶対に敗けられない。このあと残り2試合で、彼らにとりドロウでは不十分(※ドロウなら4ポインツ差ママで、アーセナルは残り2試合で1勝すれば4位確保)。つまり、ここで勝つ必要がある。

なんと、お互いがこんなにも勝ちたがっている!

まさにシーズンがかかった試合。伸るか反るか。これはヒリヒリした試合になりそう。

近年最大のNLDになるだろうこの試合。プレヴューしてゆこう。



アルテタの試合前プレスコンファレンスはまだ

ビッグマッチゆえ、試合の2日前となる昨日やってもおかしくないように思えたが。

おそらく今日、現地午前・日本時間夕方くらいに行われるのではないかと予想。オフィシャルサイトでリポートされ次第、こちらでもフォロウしよう。

あとでまた来てください。

追記:アルテタのプレスコンファレンスを訳したのでどうぞ。キャプテン・オーデガードのインタヴューも。

【試合前記者会見】21/22EPL トッナム・ホットスパー vs アーセナル(12/May/2022)「チャンスが目の前にある」 | ARSENAL CHANGE EVERYTHING

アントニオ・コンテの試合前コメント「アルテタはとてもいい仕事をしている」

チェルシーのボスは、昨日プレス会見を行っていた。ポインツだけ伝えよう。『football.london』より。

ノースロンドンダービーについて

コンテ:重要な試合だ。いろんな意味で重要。まず、われわれは重要なターゲットのためにこの試合を戦う。CLだ。それがまず第一。試合に勝つためにトライする。

それと、わたしもこのダービーがファンにどれほど重要か知っている。ノースロンドンダービーだ。これは新しいステディアムになって、ファンの前でプレイする初めてのNLDになる。

われわれはアーセナルに3ポインツ取らねばならない。彼らはいいチームだ。とてもオーガナイズされている。アルテタはとてもいい仕事をしている。彼は仕事を得て、チームを進歩させている。

シーズンのここだから、それが大きなプッシュになる。

NLDの延期について

過去に起きたことについて話すのは、あまり意味がない。Covidのためにあの試合が延期されたことはとても奇妙で、アーセナルにはCovid感染した選手はひとりしかいなかった。

そしてわれわれは、10人のCovid感染した選手がいたのにPLは延期を認めず、3-0で試合に敗けた。あのときもアンフェアだったが、それは過去のことだ。最高の結果を得るために、目の前のことに集中しないと。わたしは、これは3ポインツを取るいいチャンスじゃないかと思っている。

延期の件、まだ引きずってんのか。過去のことだと云いながら、恨み節。いまだに根に持っている様子。この試合で敗けて、一生それをいいつづけてほしい。

※追記:チームニュース

トマス・パーティについては、チャールズ・ワッツとクリス・ウィートリーがふたりとも「もっとも楽観的なシナリオで最終日に復帰するかも(よくてベンチ)」と報じていた。

その前には、彼はプリシーズンにも間に合わないみたいな報道もあったので、それがほんとうならかなりポジティヴ。

こちらもくわしくは、アルテタのプレス会見で明かされるだろう。追って更新する。

※追記

アルテタのプレス会見によると、ベンジャミン・ホワイトは難しそうだ。

サカについてもやりとりがあったが、彼はそんなに悪いんだろうか。アルテタは彼は(以前と)同じと述べているので、問題ないことを祈ろう。

※追記ここまで

予想ファースト11

当ブログの予想スターティング。

4-2-3-1

エンケティア

ESR、オーデガード、サカ

ジャカ、エルネニー

セドリック、ガブリエル、ホールディング、トミヤス

ラムズデイル

 

ホワイトがスタートしない想定で、ホールディングがひきつづきRCBでスタート。そして、トミヤスはRBに復帰。

彼は先日の試合でもLBでかなり安定したプレイを見せていたが、今回は右に戻りたい。なぜならば、今回アーセナルのディフェンスにとってもっとも重要なテーマは、あきらかに、ToTの左サイドでプレイするだろう、ソンをどう止めるかだから。

なんとなく知ってはいたんだけど、ソンてひとはかなりすごい。

今シーズンのモー・サラーとの比較。注目すべきはxG。サラーはゴールとxGがほぼ同数なのに対し、ソンの実際のゴールはxGを大幅に上回っている。コンヴァージョンがよすぎ。すくないチャンスを決めてしまう。

こういうタイプはいわゆる一発屋か、スーパーストライカーかどっちかなんだけども、彼の一貫したアウトプッツを観るに、どうもスーパーのほうなんだよな。

スーパーにはスーパーをぶつけるしかない。

トミヤスの出番でしょう。対人にめっぽう強い漢。ToTに彼を取らなかったことを、あらためて後悔させてやろう。

そのほかは、エンケティアは当然そのままトップのポジションをキープ。

左サイドはマルティネリのスタートがつづいたが、ここはESRを予想してみた。

そして気になるLBは、やはりヌーノはこの重要すぎる試合で使うのは難しい。セドリックで。

右足のセドリックはずっとRBでプレイしているので、もちろん左より右のほうが安定するだろうが、ここは左サイドにおけるセドリックの安定よりトミヤスの守備を取った。

どうだろう?

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

6 Comments on “【マッチプレビュー】21/22EPL トッナム・ホットスパー vs アーセナル(12/May/2022)不言実行でCLへ ※追記あり

  1. セドリックやタヴァレスの守備がアーセナルの不安の種であるように、トットナムはエメルソン・ロイヤルの守備に頭をかかえているようです(コンテが本来使いたいドハーティは大ケガ中)
    すでに決着はついてますが冨安・エメルソン論争にダメ押ししてやりましょう

    1. 同じくエルネニー砲に期待!(というかビッグゲームでみてみたい)
      起きて勝って、寝て起きて、最高の金曜日にしましょう!
      COYG!!

  2. ベンホワイトがいけるなら右、トミヤスが左、中がロブホとガブリエル、でもいい気がしますが。いずれにせよ、いまこそ、ここ5年の我らの溜飲をおろす日がくるのか。全力で応援しましょう!COYG

  3. 今回はチェルシー戦のように4バックと3バックを使い分けるような気がします。4バック時は右FBにホワイトを起用した試合です。あの時のホワイトの位置にトミーを使い、必要によってはサカ、タヴぁレスをWBのように対応する。特に守備時ですね。で、相手コーナー時はサカやエディを上げておき、跳ね返りのボールを若手前線が猪突猛進しロングカウンターで仕留める。どうでしょう?私は左FBもしくはWBはタバレスとよんでます。彼、守備はめちゃくちゃですが、攻撃は面白いのでチェルシー戦のようにあっさり点取ってくれるような気がします。エメルソンとのマッチアップも楽しみです。いろんな意味でハラハラしますねー。

Leave a Reply

Your email address will not be published.