hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery

エメリがファンミーティングに登場

昨日だかおとといだかに、アーセナルFCがエミレーツ・ステイディアムで恒例のファンミーティング(サポーターズ・イヴェント)を行った。

アーセナルCEOのアイヴァン・ガジディスがクラブの改革や来シーズンに向けての抱負を語り、サポーターからの質問に答えたりというイヴェントで、ウナイ・エメリはスペシャルゲストとしての登壇。

Arseblogさんがいち早くテキストをアップしていくれているので興味がある方はこちらをどうぞ。



さて。内容の前に、ざっと読んで、まずエメリの英語の上達っぷりに驚いた。

イヴェントで話し始めに、まだ上手じゃないけど英語で話すよとおどけているが、これがなかなか。

彼がAFCに来て一番最初のプレス会見で見せた英語はとても流暢とはいえないもので、ヘッドコーチとして選手を指導する際のひとつのハードルになりそうだと思えたのだけど、文字起こしを読むと、たった一ヶ月でまるで普通に英語を話している。

エメリの英語が上達している。。

いやいやヴィデオを見るまでは信じないぞと思っていたら、AFC公式がさっそくイヴェント動画を公開していた。

英語しゃべっとるがな……。

YouTubeのコメントでもエメリの英語が進歩していることを指摘する人が多数。みんなやっぱりそう思ったんだな。。

ちなみに一ヶ月前はというと。

ヘッドコーチ就任直後のプレス会見でのエメリ英語

英語で話すときはとてもたどたどしく、質問を聴くときは通訳のイヤホンをつけている。このビデオの終わりの方でスペイン語で質問が来ると明らかにしゃべりやすそうにしている(笑)。

この一ヶ月後にあれだとすると、すごい上達っぷりである。どれだけがんばったんだろうか。驚いた。

エメリがファンの大切さを語る

ファンミーティングに戻ると、くだんの動画にあるように、エメリはファンが重要かとの質問に対して「テーブルの足」と独特な表現をつかって答えた。

エメリ:わたしにとってはひとつのテーブルみたいなものです。テーブルは4本の足が必要です。

ひとつはオーガニゼーション、ふたつは選手、みっつめはメディアです。そしてよっつめがあなたたち、サポーターです。あなたたちがとても重要です。

もしひとつでもなくなれば、テーブルは壊れてしまいます。だからあなたたちがとても重要なんです。(拍手)

うまいこといったのか? これ。

「5-4で勝ちたい」の件もツッコミが

公式のファーストインタヴューで、1-0よりも5-4がいいと語った件。どういうつもりか聞きたくなるよな。

司会:あなたの就任直後、1-0で勝つよりも5-4で勝ちたいといいましたね? ここにいる多くのファンが1-0がいいと思ってますよ!(笑い)

エメリ:まず、わたしは歴史を変えたい!(笑い) わたしが1-0よりも5-4で勝ちたいといったのは、フットボールすなわちエモーションだと思っているからだよ。フットボールでもっとも気持ちいいことは何だと思う? 得点したときだよ。だからわたしは自分のチームには得点をしてもらいたいんだ。

ガジディス:で、5-0じゃなくて5-4?(笑い)

エメリ:イエス! わたしはスタジアムのファンみんなにどの場面でも感じてもらいたいんだ。楽しんでもらいたいんだよ。

司会:オーケイ。じゃあチャントも変えないとね。(会場のサポーターに)「One Nil to the Arsenal」はもう歌っちゃダメだよ。

和気あいあいで楽しげである。ワールドカップ期間中だからかな?

エメリがはけたあとは、ガジディスとファンのQ&Aセッションが行われた。

質問は、選手リクルートメントにおいて誰が最終決定を下すのか、スタジアムの空席問題にどう対処するつもりなのか(ちなみにBVBは7試合以上スタジアムに来ないシーズンチケットをサスペンドする処置を取るらしい)、ToTについてどう思うかなど多岐に及んでいた。



3 Comments on “エメリがファンミーティングに登場

  1. 物体がいちばんバランスを取れるのは3点支持ですよって揚げ足を取ってみたり…w
    そんなことはさておき、多少のユーモアのある監督で安心しました!
    ラ・リーガやPSGの時のエメリを知らなかったのでもし気難しい人だったら…と考えてたのですが杞憂に終わりそうです。

    1. 笑ったときの感じとかちょっとカソルラに似てんですよね。
      絶対悪人じゃないっていう。。

  2. I thought you would like to know, it looks like you’ve misspelled the word “thier” on your website. Silly mistakes can ruin your site’s credibility. In the past I’ve used a tool like SpellingScan.com to keep mistakes off my website.

    -Scott Matthews Sr.

Leave a Reply

Your email address will not be published.