hotいま読まれているエントリ

Arsenal, News, Transfer

【移籍市場】アーセナル夏の退団について【2019夏】

PLのシーズンが終わり、移籍市場の季節がやってきた。

最近の移籍ニュースをまとめる前に、この夏にチームを去っていく選手たちについてまとめておこうと思う。



アーセナル退団情報2019夏

ラムジー、チェフらビッグプレイヤーが退団。さらにこの夏も少なくない選手の退団が想定されている。

ダニー・ウェルベックの退団が決定

リタイヤするチェフ、ユヴェントスへの移籍が決まっているラムジーにつづき、ホーム最終戦のタイミングでダニー・ウェルベックの今季限りでの退団も発表されている。不運なケガを挽回するチャンスは与えられることなく終わってしまった。

伝えられたセレモニーではどうしてもラムジーが主役という感じになってしまっていたが、ほんとうはウェルベックももっとスポットライトがあたってもよかったように思う。多くの感謝をもって送り出されるに値する選手だった。

結局彼はマンUからそれなりに期待されてやってきたわりには、ケガのせいもありチームのなかで最後まで大きな役割を負うことはできなかった。

しかし試合に出ればあのハードワークっぷり、彼を応援しなかったグーナーもいなかっただろう。

まだ彼の行き先は決まっていないが、PLではクリスタルパレスやニューカッソウが興味を持っていると云われている。

ケガさえしなければPLでプレイするクオリティはもちろんある。これからの幸せを願ってやまない。

彼はすでにフルトレイニングには戻っているということで、もしかしたらELファイナルではプレイするチャンスがあるのかもしれない。

放出が検討されるエジル/ミキタリアン

かねてより予算捻出のためクラブが放出希望と噂されるメスト・エジルについては、本人がクラブに残りたいとコメントしているし(通算何度目だ)、また先日エジルのエイジェントのコメントもずいぶん話題になっていた。

The Secret Life Of Arsenal Star Mesut Ozil – Turkish Football

これによれば、エジルは完全にアーセナルだけに集中しているということ。退団なんてまったく考えていないということだ。

そして、エジルと同じように予算捻出のために放出が検討されているというヘンリク・ミキタリアン

ミッキーについてはこういった憶測に対する本人の意向は伝わっていないが、彼のエイジェントを務めるミノ・ライオラによれば、古巣のBVBが獲得に興味を持っているという。

Mkhitaryan zurück zum BVB? Berater Raiola befeuert Gerüchte

もっともご存知のようにいまもBVBには出戻り選手が何人もおり、カガワのようにそれが必ずしも成功しているわけでもない。ミキタリアンの復帰を喜ぶファンも多くないようだ。

これはBVBの意向というよりはライオラの意向なのかもしれない。

エジルとミキタリアンについては、アーセナルのそういった意向に関わらず、彼らを放出することは簡単ではないだろう。なぜなら、彼らは高齢で高給で、残念ながら現状その高給がパフォーマンスに見合ってないからだ。彼らの高給を払えるトップクラブはトッププレイヤーを求めている。

仮に彼らを喜んで受け入れるクラブがあるとしてもそれはチャイナや中東あたりになるだろうが、選手本人が望まない移籍は実現しない。なによりAFCとの魅力的な契約が依然として残っている。

興味深いのは、先日ミノ・ライオラがFIFAから3ヶ月の移籍市場での活動を禁じられることになったということで、当初イタリア国内のみだったのが、のちにワールドワイドで適用されることになった。

Mino Raiola’s three-month ban extended worldwide by FIFA

ライオラはこの夏に動きが予想される、ポール・ポグバやデ・リフトのような選手のエイジェントでもありそのあたりの大きな取引への影響も懸念される。ミキタリアンの動きにも影響が出るのだろうか。

アーセナルはエジルかミキタリアンのどちらかは放出したいはずだが、ふたりとも残るとなれば、引き続き苦しい台所事情となる。

ムスタフィにミランが興味?

アーセナルのファンの大部分が放出を望んでいるという(笑い)(※r/Gunners調べ)、シュコドラン・ムスタフィ。彼は、アイヴァン・ガジディスが転職したACミランが獲得を検討しているという報道がある。

L’Arsenal scarica Mustafi: idea Milan

ガジディスはウナイ・エメリの招聘にも興味を持っていると云われ、どうやら熱心にアーセナルのアセットを狙っているようである。

エメリはともかく、ムスタフィ獲得の噂はファンにとっては歓迎できるものではないだろうか。だって今のところほかにそのような噂はないのだから。

もちろんアーセナルがムスタフィに要した移籍金(※TMによれば€41M)は望むべくもないが、仮にその半分でも回収できるならアーセナルにとっては補強予算の大きな足しになる。

ムスタフィの市場価格は現在€30Mと見積もられているので、仮に夏に手を挙げるクラブがほかにもあればこの金額に近づいていくのかもしれない。

ムスタフィはなんというか彼は決定的なエラーをやるのでいかにも悪目立ちしてしまっているが、基本的なCBとしてのスタッツは劣っていないどころか優秀なものも多い。チームによっては再生する可能性は十分あるだろう。

ワールドカップウイナーの27才。お買い得だゾ☆

その他の退団候補

一説によると、単年契約のリヒトシュタイナーについてアーセナルは1年延長できるオプションをもっているが、これを行使することはないという。

まあ当然でしょうな。残念ながら。彼はとくに若い選手に自分の経験を伝えたりとメンターとしての役割は期待どおりだったようだが、ついぞプレイでチームに貢献することはなかった。

カール・ジェンキンソンにも退団の噂アリ。具体的な話しは聞こえていないが、クラブが今季限りの契約を延長するとも思えない。まあ彼ももう27才でここまでアーセナルでプレイできたことは本望だろう。PLクラブでプレイできるだろうか。

ナチョ・モンレアルも今季限りの契約でアーセナルは延長オプションがあるというが、1年の延長をするかどうか。彼をどう評価するかは難しい。今季LB/LWBだけでなく3CBで左のCBでも長い時間プレイしており、アーセナルは彼にはだいぶ助けられていたが、一部では加齢による衰えも指摘され始めている。予算があれば当然アップグレードしたい選手ながら、ほかに優先順位の高いポジションがいくつもあり予算がない。CL出場がなければ、来シーズンいっぱいは手元に置いておくかもしれない。

モハメド・エルネニーは1月の時点でSNSにフェアウェルメッセージを出していたくらいで、チーム事情によって残留することになったが夏の退団は決定的だ。昨シーズンに契約更新をしたばかりで2022まで契約を残している。しかしながら、TMでの評価額は€10M。彼はPLの下位チームなら十分プレイできるクオリティがある。もう少し高く売れないものか。

ローン選手の今後

今季のファーストチームからのローン選手は、ダヴィド・オスピナエミ・マルティネスカラム・チェインバースタクマ・アサノがいるが、オスピナとアサノは戻らないだろう。

戻るかどうか微妙なのは、マルティネスとチェンバースで、マルティネスは本人が「アーセナルがNo.1を競うチャンスを与えないなら退団する」と強気なコメントを残している。レディングでのプレイで自信をつけた彼は、少なくとも来シーズンはセカンド以上の待遇をクラブに求めている。もちろんファーストはレノで完全に決まりだが、そういった状況でカップを戦うセカンドGKとして彼が残るかどうかはまだ不明だ。

そして、ファンのあいだでも意見が割れているチェインバース。彼はもちろん今季フラムでDMとして活躍し、降格したフラムにおいてもベストプレイヤーのひとりだとも云われていたくらいだったが、アーセナルでの居場所を疑問視する声も多い。

そして彼の場合は若くHGということもあり、予算を捻出するために放出するのではないかという憶測もある。

彼がCB、RB、DMとヴァーサタイルにプレイできることはアーセナルにとっては魅力だが、各ポジションで既存からのアップグレードになるかどうかは判断の分かれるところだ。

彼もまたモンレアルのように、予算の状況によって扱いが変わってくるのではないかと思われる。

ちなみに彼のTM評価額は2年前から変わらず€14Mだが、今季フラムでの印象的なパフォーマンスで値上がりする可能性はあるかもしれない。



アカデミーからの退団

Gilmour departs – which other youngsters could leave Arsenal this summer?

先日、クラブに14年在籍していたチャーリー・ギルモアの退団が発表されたが、これにつづく退団の可能性のある選手たちについてユース・ウォッチャーのバード氏がまとめている。

フリオ・プレゲズエーロは今季カップ戦でファーストチームでプレイしているが、契約は今季限り。U23のシーズン最終試合のあとサポーターに、クラブに残るかどうかわからないと告げたとのこと。以前にも複数のスペインクラブから引き合いがあるとこのブログでも書いた気がする。

シンデレラボーイとまで云われたコーエン・ブラモールもU23でポジションを脅かされており、クラブを去る可能性があるという。

ほかには、ネイサン・トーミー、ローン先のプリマスでポジションを取れなかったマット・メイシーが怪しい。

ベン・シーフについてはすでに21才で来シーズンにファーストチームのフットボールを期待しているが、夏にクラブが決断することになる。

アーセナルアカデミーでは、TJJやアメイチ、サカといった目覚ましい活躍をしている選手がいる一方で、こうして多くの若手がファンに知られる前にチームを去っていく。厳しい世界である。

以上

8 Comments on “【移籍市場】アーセナル夏の退団について【2019夏】

  1. 特に海外の(?)ムスタフィが放出されるべきという意見には賛同できないんですよね。彼の本来の守備能力は間違いなく高いし、彼以上のCBを取れる保証もない。今年のプレーはお粗末な部分ばかりが注目され、前を向いての守備の良さが無視されすぎている気がします。フースコはギャグとしても、スタッツ的にも評価に値すると思います。
    以下からはムスタフィに限らない話になり場違いかも知れませんが、ムスタフィがハイラインのポゼッション、サイドアタック戦術に向いていないのは明白と思いますが(それによる放出、という流れ自体はむしろ理解できる)、果たしてそれがこの27歳のセンターハーフだけに言えるのか?という点は気になります。アーセナルの主要メンバーを見た時、ブロックを固めてのカウンターアタック戦術を組織的に準備しない理由がいまいち判らない。中盤の魅力的な創造性+不満の残るストライカー、という組み合わせが印象に残る少し前のガナーズですが、現在はまるで逆でワールドクラスのFWに得点の殆どを依存しています。カソルラやウィルシャー(もちろん今現在の彼らのことではない)がいない(来季はラムジーも)以上、特に下位相手のラインを上げさせることを戦術的に行わないとファイナルサードでのお粗末なボールロストを繰り返す気がしてなりません。例えばゲンドゥージは素晴らしい選手ですが、ブロックを固められたペナルティエリア外でゲンドゥージがボールを持っても可能性を感じませんでした。むしろカウンターの起点になるし、それを防ぐための処理もトレイラ以外は落第点でしょう。
    考えたくはない話ですが、十分に現実的な確率で来季のアーセナルはELを戦います。来季もELレベルのスカッドでCLレベルのライバルとPLで争う必要があるわけです。そういう時に参考にすべきはマンシティやリバポーのようなチームではなく今季のウルヴスだと思うんですよね。PL上位はウルヴスのようなスタイルに弱い(特にアーセナルのようなチーム…)一方でPL下位はウルヴスをそれほど苦にしない。今シーズンのエメリ監督は本当に素晴らしい仕事をしていると思うし、来季もすごく期待しているのですが、直近のウルヴス戦の工夫のなさにはガッカリしました。一方でそのあと数戦はある程度リアリズム的なアプローチを見せたうえで敗北しました。この相手によって戦い方を変えるやり方が一部で批判されていましたが、私は方向性としては素晴らしいと思ったし、もう一節二節前からチャレンジしておけよと思ったくらいです。また今季思ったのは、主力数人を欠いただけでアーセナルはエヴァートンやレスター、ウルヴスあたりとの戦力差がほとんどなくなるんじゃないかということです。エヴァートンはレンタル選手が良かったし、ウルヴスなどは怪我人全然いないのでラッキーもあるとは思いますが。そして戦力のないチームがとるべき戦略は分かりきっていて、理想など追い求めるのではなくただ淡々とチーム一のアタッカーにボールを預け、必要あらば積極的にラインを下げるということです。(少し極端な言い方をしてしまいましたが…)

    ありえない長文になってしまった‼︎まとまりのないわかりにくい文章で大変申し訳ない…今シーズンのアーセナルにはおおむね満足していたつもりでしたが、自分でも思ってた以上にストレスを抱えていたようです…

    1. 要所要所でうなずけるコメントでした。どうもありがとう。

      カウンター戦術に関しては、ぼくもこのブログで少し書いたように、いまの戦力的にもオプションのひとつとして持っておくことはまったくアグリーだし、セヴィーリャでそれをやっていたというエメリも不得意なはずがないと思う。

      ただ一方で彼がAFCに来たとき、このクラブのフィロソフィを自分はリスペクトするんだと云っていると。

      ではそれはなにかと云えば「ポゼッションと攻撃」で、あきらかにそれと反する守ってカウンターというプレイスタイルをどう取り込んでいくかは興味深く思っておりますね。

      ひとまずは理想を捨ててでも、いまある戦力を最大化するアイディアがほしいなとぼくも思います。とくに夏には満足な補強ができなさそうだし。

  2. ここはベンゲルさんにTDになってもらいましょう。
    彼は創造性ある中盤を見る目に関しては間違いないなので、守備面をエメリがスペイン時代の経験でなんとかして、攻撃はベンゲルイチオシのタレントがなんとかする。

    こうしてポゼッション攻撃と堅牢なディフェンスを併せ持つチームが誕生するわけですな。

  3. いつも楽しく見させてもらっています。ELは残ってますが、ひとまず今シーズンもお疲れさまでした。

    エジルについて。彼の週給ってほんとに高くて、アザールの2倍近いレベルあるんですね(間違ってたらスイマセン)。ゴール、アシストともに2桁取れる選手の倍近い週給と思うと、正直がく然としました。。

    ただ僕は、エジルの才能に疑いを持っているわけではないです。彼のクリエイティビティは今でもトップクラスだと思うし、その片鱗も当然いくつか見られました。

    問題なのはエジルが輝くためにパスを出す、スペースに動く選手がいないんじゃないかと思ってます。また、エジルが組み立ての為に中盤に下がるのもあまりいい効果はないのではないかとも思ってます(エジルが下がると結局ファイナルサードの部分で決定的なパスを出す選手がいなくなる)。

    前置きが長くなりましたが、エジルを活かせないなら彼を放出するのも有りなんじゃないかってことです。エジルを放出してサイドを独力で突破できるウインガーを獲ってもいいんじゃないかな(イウォビがもう1ランク成長したらとも思うけど)。

    ここまで書いた後で、エジルみたいな魔法を使う選手こそ俺の好きだったアーセナルじゃないか?とも思って、少し寂しくなりました。インビジブルズの時代やセスク、ロシツキー、カソルラたちの時代にワクワクしたのを思い出しました。タテに早いといわれるプレミアでボールをこねくり回して流れるパスワークでゴールを陥れる。そこに魅力を感じてたんじゃないかと。

    ウインガー?そんなもんは他のチームにでもやらせとけや!
    と思う一方、やはり負けるのは見たくない。しかも今シーズンは負け方も美しくないんだよなぁ。

    イデオロギーの戦いとでもいうのか。ジレンマがありますね。
    長文失礼しました。

    1. 哲学と現実主義の対立というのはやっぱりありますよね…
      でも私は一方で、カウンターとアーセナルのサッカーは必ずしも対立しないと思うんですよ。
      それを両立させる上では、強力なウインガーというオプションが、エジルとSTにスペースを与えるとも思います。精度の高いカウンターは相手の攻撃には躊躇を、味方のディフェンスには確固たる目的意識と規律をもたらすというのを、皮肉にもアーセナルの戦いぶりを見て感じました。

  4. アーセナルのカウンターを語るときに思い出すのは、CLファイナルまで行ったシーズンで、あのときはずっとティエリ・アンリのワントップをやったのですよね。

    あの時代のアーセナルは基本2トップで、云わば4-4-1-1とか4-5-1みたいなのはたいそう守備的に見えた。でもそれで皮肉にも結果が出た。

    そう考えると、その後もポゼッションが低いほうがいいプレイをしているみたいな状況はずっとあって、アーセナルは自分たちが自分たちのフィロソフィだと思ってるやり方で成功できてないというのが深刻な問題なんだとも思える。

    シティ(グアルディオラ)はアーセナルがやりたいことをまんま実現しているのだから救われない。。

  5. カウンターについてのコメントを読ませてもらっての意見なんですが、ドン引きした時の中央にいるのがラカゼットなのが気になるんですよね。たしかにラカゼットは収めてキープしてくれるんですけどあんまり裏に抜けていけず相手のDFが戻る時間ができますよね。
    エジルみたいな変態パサーがいるんだから1発裏抜けで誰も追いつけないPEAを張らせてラカゼットをシャドーのように置くのが合理的なんですかね。
    クロス上げられただけでオタオタしてるDFラインで守りきる根性があるかも問題ですが…

  6. 一応釈明を。僕はカウンター否定派じゃないです。むしろ、今シーズン最後のレスターとのアウェイ戦でエメリが守備的なアプローチを取ったときは好意的に見てました(結果は出なかったけど)。

    クラブとしてのフィロソフィはともかく、実際今、ラカゼットとPEAというプレミア屈指の2トップがいる状況を最大限活かさない手はないと思ってます。

    エメリの解がウインガーなら、ウインガーを取っていいと思います。
    ただ、可能であればエジルを絡めてもらえたらうれしいし、エジルが絡めないのであれば、財政的にもうまみはないので、放出してもいいのではないかと思ってます。

    とりあえず今シーズンのエメリのビッグ6へのアプローチは間違ってないと思う。問題なのはそれ以外の試合だと思うので、エメリの希望に沿った補強が出来るといいですね。放出も含めて。

    フィロソフィについては、アカデミーとかサンレヒとかに任せるしかないですね。
    噂されるエドゥの慧眼にも期待ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.