hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Behind The Scene, Emery

「アーセナルようやくエメリの後任探し開始」を各メディアが一斉報道。解任は近づいている?

今朝起きてツイッターをチェックしたら、イングランドの主要メディアが、いっせいにアーセナルのマネージャー状況について似たような記事をアップしているとのことで騒がれていた。タイミング的には英国の日曜。

土曜にはサウサンプトン相手にホームでドロウをやり、日曜の結果PLでは8位とさらに後退。ウナイ・エメリとチームの状況はますます悪くなっている。土曜の試合が終わった時点では、 『The Independent 』などでまだ「猶予を与えられている」という報道もあり、エメリはただちに解任されることはないと見られていたが、翌日の日曜にはエメリの後任探しやチームの内外からエメリとアーセナルFCへのますます高まるプレッシャーについて多くのメディアが指摘する事態になっている。

いま、英メディアがどのようなことを伝えているかチェックしてみよう。



The Telegraph「アーセナルの選手たちがウナイ・エメリへの信頼を失う」

アーセナルの選手は、チャンピオンズリーグの資格を得るためのst音入札でウナイ・エメリーへの信頼を失う

選手たちはエメリのチームセレクション、戦術、インストラクションに混乱し、アイデンティティがないと感じている。

とある情報筋。

問題はコーチにある。彼はいまだに悪い決断をするし、戦術を変えたがる。チームへのアイデンティティがなく、選手たちも進歩がないと見ている。

最近のパフォーマンスと結果は、スクワッドの信じる力に大きなインパクトを与えている。このコーチの下でCL出場できると思っている選手がいるか?いないだろう。

トトナムの決断が与える影響も。同じく情報筋。

トッナムがモウリーニョを雇ったことでも状況は悪くなった。彼はみんなに歓迎されているわけではないが、彼は勝利者であり、スパーズは何を欲しているか明確にしている。彼らは勝ちたいんだ。

ウナイ・エメリはグアルディオラやクロップと同じレヴェルのコーチだとは思われてない。モウリーニョのレヴェルでさえもだ。フランク・ランパードはすでにチェルシーでアイデンティティを築いているし、ブレンダン・ロジャースはレスターでとてもうまくやっている。こういったことのすべてがエメリにはプレッシャーになる。

もしエメリが解任されるなら、もっともありえるシナリオはフレディ・リュングベリが暫定で引き継ぐこと。そしてスティーヴ・ボウルドがアシスタントをやるかもしれないと。

そして夏にはファーストチョイスに向かう。

ロジャース、アルテタ、ナーゲルスマンといった候補がいるが、ただしヨーロッパ(CL)の状況、あるいはオバメヤンとラカゼットの状況も問題になるかもしれないと。エドゥと親しいパトリック・ヴィエラの線もある。

The Times「ウナイ・エメリはアルテタまでの時間稼ぎ」

アーセナルがミケル・アルテータをラインアップ

アーセナルはアレグリとアルテタをエメリの後任候補として見ている。(※要登録サイトなため内容が読めない……)

The Daily Mail「アーセナルがエメリの後任探しを開始」

ウナイ・エメリーの後継者を特定するアーセナル開始プロセス

記事ポインツ要約。

  • アーセナルがウナイ・エメリの長期後継者探しプロセスを始めた
  • エメリに時間を与えるかすぐ解任するかについてはボードルームにおいても意見の対立がある
  • アレグリとアルテタが後任候補
  • ポッチェティーノはスパーズとの関係から候補外に

現在アレグリはアンチェロッティの下で不調のナポリと強くリンクされている。

アーセナルはシーズン中のマネージャー解任へのリスクからできればエメリの解任をシーズン終了まで待ちたいが、予断を許さない状況になっている。

シーズン中の解任ならリュングベリとボウルドに任せる可能性もある。

The Sun「ポッチェティーノがショッキングなエメリ後任候補に」

マウリシオ・ポチェッティーノアーセナルでウナイ・エメリーに代わる衝撃的な候補

2週間前にエメリ支持を表明したばかりのアーセナルながら、現在の状況でエメリ再考を始めているという。

エメリにはまだ挽回のための猶予があると見られていたが、サンレヒやエドゥを含む役員たちは最近のチームの急激な状態の悪化にショックを受けている。

スタン・クロンキは後任探しには否定的。

アルテタ、ロジャース、アレグリらが候補だが、ポッチェティーノだけがPLで経験があり現在空いているマネージャー。

※ちなみにThe Sunは日本でもなにかと東スポ的に見られがちだけど、AFCインフルエンサーの@Darren氏によれば「(この記事を書いた)Mark Irwinは信頼できる」とのこと。

Mirror「ポッチェティーノのアーセナルマネージャーに関する発言」

ウナイ・エメリーへの圧力が高まるにつれてアーセナルを管理することに関するポチェッティーノのコメント

2018年のコメントが発掘されていた。

ポッチェティーノ:。わたしはバルセロナでもアーセナルでもマネージャーをやることは絶対ない。トトナムとエスパニョールの人間だからね

わたしはニューウェルのOld Boysで育ったのでRosario Centralを率いることはない。それがわたしの決断だ。アルゼンチンで仕事をするならどこか別の場所で働くより自分の場所でやりたいから。

わたしのこのクラブ(※ToT)に対するコミットメントはそれは大きなものだよ。ここに永久にいるみたいに働くんだ。でも結局は選手のように、先には何が起きるかわからないのがフットボールだ。たくさんの噂話があちこちにあふれている。

Mirror「解任が叫ばれるエメリについてサンレヒの意見」

アーセナルのボスを解任する呼びかけの中でのラナイ・サンレヒのウナイ・エメリーに関する意見

同じくミラー。

PL6試合で勝利がなく、いつもで四面楚歌のエメリを、クラブのなかで唯一助けようとしているのがラウル・サンレヒだという指摘。

 

ひとまず以上。

16 Comments on “「アーセナルようやくエメリの後任探し開始」を各メディアが一斉報道。解任は近づいている?

  1. それでも、現在のボスであるエメリの下で勝利に貢献しようとしない選手たちのほうに失望しました。
    もとはといえば、フロントの言いなりになってエジルを干すのに加担したエメリの身から出た錆なんでしょうが。

    1. 単純に見ていてつまらないし改善が見られないのが残念。
      守備の安定は大事ですが攻撃が死んだら意味がない。
      こんな魅力のないチームに来たがる有力な選手なんて居るのかってレベル。

  2. 激しく同感です。

    もう選手達が動こうとしていない。
    前回のメンバーをスタメンに起用するなら、多分勝てないしそこでジ・エンド。

    同点に追いついた時に気持ちを見せていた、マルティネリ、ウィロック辺りを先発に抜擢すれば話は変わる可能性があるかもしれないけど、思い切った決断が出来なくて現状があるわけで…

    今となっては、セビージャで毎回スタメン変えてヨーロッパリーグ3連覇したの?と3連覇の不思議に思いを馳せています。(伊達や酔狂で出来る記録ではないと思うんで期待したんだけどなあ。)

  3. サンジェイにはエメリのためにも解任の決断をして欲しい。このまま続けても彼の評価を下げ続けるだけだと思う。私は彼を単なる無能だとは思っておらず、おそらく英語能力の問題で、やりたいサッカーの5割程度しかできていないのではないかと思っている。スペインのクラブ(バレンシアあたり)を率いる機会があれば、厄介なチームを作ると思う。ただアーセナルにエメリの未来がないだけ。

    後任は今季を重視するならアッレグリを、未来を重視するならアルテタを招聘すべきだと思う。アッレグリのユベントスは、プレーの原則がしっかりしており、明確な狙いを持って攻守を組み立て、対策をされてもプランBやCで打破する厄介なチームだった。エメリがしたかったサッカーをやってくれるのはアッレグリだと思う。

  4. やはりサンレヒが癌でしたか。権力のパワーバランスが崩れてから彼は前に出過ぎました
    エジル干しやラムジー追い出し、急激なコストカット等フロントが前に出過ぎたのもチーム崩壊の一因ですから
    今期極端な低迷でクラブの資産価値の低下や人材の流出が計算出来ないのは滑稽なもんです
    フロントの新体制も望みたいもんです

  5. 僕も負けてしまえと思いながら見ていました。
    ラカゼットが得点してしまったみたいな顔をしていたし
    選手の顔に生気がなくて自信なさげにプレーする様子は痛々しかったですね
    勝って欲しいのは当たり前だけど目先の勝ちより必要な負けも時には必要だと思います

  6. 真の敵はトットでもチェルシーでもなく身内にいた、と。
    いちばん厄介な状況。
    残業ながら、エメリはさっさとトドメをさされろとしか思いません。

  7. あれほどのキャプテンシーを持ったラカゼットが2点目取った時にあんな表情になったことが、とても衝撃的で悲しかったです。
    ノリノリでバメヤンと握手してた頃の彼はもう見られないのか…。
    現状を維持していくことは誰にとっても得しない展開のはずなのに、決断できないフロントが本当にもどかしいです…。
    違約金が払えないとかリスク管理が全くできてなかった証拠ですよね。てかそう思われたくないからエメリを信頼してるとか言って引き伸ばしてるのか?(妄想)

  8. サポーターの意見がクラブを良くすることは無いと思う
    あくまでアマチュアであり、彼らはなんの責任も負わない
    好きに応援して、負ければ文句を言う人たちだ
    彼らの意見は現実的でなく、的外れである場合が多いと思う

  9. エメリの言う「攻撃サッカー」は、実は単なる堅守速攻(しかもハイプレスですらない)だった。
    上層部がそれを知らずに長期プランとして支持してたとは考えにくい。
    そうなると上層部が考えを変えない限り、同じタイプの監督が起用される可能性が高い。

    まずどんなサッカーをやるのかきちんと決める必要があると思う。
    ポゼッションを重視するのか、堅守速攻なのか、バランスを取るのか。正直に公表すべきだ。
    エメリのように口先だけ攻撃サッカーを標榜するのは、どうせファンは内容なんて見ちゃいないという前提に立ってる。
    ファンが素人なのは事実だが、そういう態度からはアイデンティティは生まれない。
    どうせ誰も見てない?それはアーセナルは死んだって言ってるのと同じだ。

  10. ◯◯が言ったから正しいとか正しくないとか
    そういう見方は議論としてあまりよろしくない気がします。

  11. メディアも解任に後押しし始めましたか。
    これからはサポーターだけでなく、選手からの不満がリークされるかもしれませんね。
    遅くても来年夏前まで、早ければクリスマス迎える前にいなくなってしまいそうですね。
    今のチームは見ていて面白くはないので、どう決着するにせよ早く改善してほしいですね。

  12. 中々決断出来なくて引き延ばすのは自分も良くやるので気持ちは分かりますけどね。やっぱり良くないですよ。明らかにチーム状況悪く、改善の兆しも見られないなら何らかのテコ入れは必要ですね。
    1ファンとしては見捨てずに1試合1試合をしっかり観ていくようにしていきたいです。

  13. アーセナルの選手や監督が試合に勝とうとしてるのに勝つことを望めない、選手たちはサポーターに応援して欲しいと願っているにもかかわらず。
    もし試合中にアーセナルが負けることを望んだんだとしたら、その人はアーセナルのサポーターではなくてベンゲル時代のアタッキングフットボールのファンなんだと思う。だから悪いとかではなくて、そういう人は無理せずレスターとかシティーとかアヤックスとかのアタッキングフットボールのファンになった方が幸せになれる

  14. 「応援しよう!どんな時でも!!辛いときこそ!!!」
    みたいなファン・サポーターも(割りと?)いるもんなんだなーと意外なくらいに思ってます。勿論、個人の自由なので否定はしないですよ!

    私は「今が改善のプロセス中で耐え忍べば良くなる!」とはもう思えないです。
    だらだら悪い状態を続けるよりは一時の最悪(敗戦)を経てでも早急に変わって欲しいし、そのためにエメリを代えて欲しいです。
    これでもシーズン前には「エメリにもっと時間をあげて欲しい」と思っていましたが、もう良くなる気配・理由が見つけられないので。(エメリ支持のコメントもしてました。手のひらクルッ)

    エメリ個人には革新的なものが無かったとしても、アーセナルに欠けていた(と私が考えている)戦術的な規律を導入して貰えるもんだと期待していました。
    アタッキングフットボールも目指す目指す詐欺で、実際には目指してすらいないように感じています。
    目指さないなら目指さないって言ってくれれば良いのに。
    ハイプレスも無いの?あれっ?って言うかどこ目指しているの?って感じです。
    フットボールは娯楽なのに未来への期待も薄く、ただただつまらんのはいかんでしょ!と思います。
    そういう意味では他所の応援もありですが、愛着があるので切り換えなんて無理ですよね。
    なんかスミマセン。

  15. 今クラブや監督選手が勝ちを求めて努力してるのに、自分の望む魅力的なサッカーのために負けを求めるのがアーセナルも対する愛着だとは思えません。戦ってる選手監督に対して失礼だし。そういうのをサポーターだとはおもわない。
    アーセナルにどう関わるかは個人の自由なのでお好きになさるといいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.