hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match, Transfer

【マッチプレビュー】19/20EPL アーセナル vs ノリッチ・シティ(1/Jul/2020)勢いをエミレーツへ

リスタート後、初めてのホーム。再開を祝してエミレーツはきれいにデコレイションされているようだ。

うつくしい。

相手は最下位のノリッチ・シティ。ここで勝てば、3連勝(PL2連勝)で、いま勢いをつけるには最適の相手と場所だと云えよう。

もちろんどんな相手にも敗けるいまのアーセナルなら、まったく油断はできない。だが、絶対に勝たなければならない試合だし、本来の自分たちのやり方を見せる試合でもある。

Arsenal v Norwich City



アルテタの試合前コメンツ「やる気がある選手は誰でも歓迎する」

昨日行われたプリマッチのプレスカンファレンス。オフィシャルサイトのトランスクリプトより。※小見出し&順番は訳者による

ノリッチとの試合

(グループのムードや自信……)

アルテタ:勝利のあとはいつでもポジティヴでハッピーな空気になるものだ。4試合連続でアウェイというとても難しいスタートになったし。だからチャレンジだった。前回の試合に勝ててハッピーだし、ムードもだいぶよくなった。

(選手はどれほど肉体的なチャレンジを強いられている?……)

PLで与えられている日程はとても慌ただしい。3日ごとにプレイしているし、ほかのチームよりリカヴァリーの時間が短い。だが、選手たちはベストを尽くそうとトライしているし、われわれもリカヴァリーに関しては彼らにできるだけのことをしようとしている。毎試合で可能な限りベストなコンディションを保てるように。だから明日も問題ないと願いたい。

(3月以来のエミレーツでの試合……)

ホームでプレイしたかった。そこはわれわれが楽しめるところだ。しかしもちろんファンがいないのはひどいディスアドヴァンテッジになる。われわれはファンに楽しいときや喜びを与えたいが、現時点では彼らはTVで観ているのでそれはかなわない。仕方がない。

(トップ5チームをつかまえるためにマストウィンの試合……)

これからはどの試合もマストウィンな試合だと思うよ。なぜならまだいくつかのチームが前にいるから。だからエラーできる余裕は最小限でもあり、ヨーロピアンプレイスを目指すならホームで力強くいなければならない。

(ノリッチ戦で期待すること……)

降格を争っているチームはいつでも余計にエッジがあるものだ。彼らはチャンピオンシップとPLの違いをわかっているから、なんとしてでも残ろうとファイトする。

わたしは彼らに完璧なコミットしたチームがあり、勇敢にプレイすると思う。問題を起こすだろう。

(ノリッチのユナイテッド相手のポジティヴなパフォーマンス……)

わたしは選手たちに、時間を与えてしまえば彼らがしてくることを見せた。彼らのプレイのやり方はとてもトリッキーだ。まずは選手たちがリカヴァーしているか確かめて、明日の準備をしていく。

(エミレーツに戻るための準備……)

PLを始まる前にふたつのフレンドリーをホームで行ったが、あれはとても奇妙なフィーリングだった。だが、願わくばそれに慣れて、すべての手続きも想定して、選手たちは自分たちのやらねばならないことを理解しておいてほしい。それに、自分たちのステイディアムでふたたびプレイできることを楽しんでほしいね。

(けが人続出で幸運も必要?……)

いまはただトライするだけ。わたし自身もスタッフにとってもこの状況についてはいい学習プロセスになっている。わたしが来てからたくさんの予想できないことが起きた。われわれはこの状況をできるだけいいかたちで解決しようとしているし、選手とクラブが正しい方向に向かえるようトライしている。

選手について

(ダヴィド・ルイスのケガはどれくらいシリアス……)

わからない。彼はこの前ピッチを去るとき痛そうにしていた。彼はいつもならたとえ痛くてもそんなそぶりを見せない選手だ。昨日検査して、多少よかったが、詳しくはまだわからない。今朝もスキャンをしていた。彼はやる気だよ。プレイしたがっているが、まだ見ていかねばならない。

(キーラン・ティアニーのパフォーマンスとスーパーマーケットのバッグ……)

彼はわたしがここに来て以来、ずっとポジティヴなことのひとつだね。彼のこと、キャラクター、トレインのやり方や彼の自分自身をプッシュするやり方を知ったが、あれこそがまさにわれわれが必要とするものだ。彼はわたしの好きなタイプの選手だし、彼がいてとてもとてもうれしい。

彼はクラブに来てからほんとうにタフなときを過ごしていたが、いまはより落ち着いている。

Tescoバッグの件ね…… あれこそキーランだよ! 彼はとても謙虚でふつうな漢(normal guy)だ。彼は正しいと感じたことをしているだけだろう。

(ラカゼットは自信回復に苦しんでいる……)

彼もほかの選手と同様で、ストライカーは得点したゴールに影響される。しかしこの前の彼は貢献した。チームのためにペナルティも得た。とてもハードにワークし、彼のリンクアッププレイはとてもよかった。彼のパフォーマンスにはとても満足しているよ。

(ルーカス・トレイラはセレクションにどれだけ近づいている?……)

彼は近いと思う。つぎのレヴェルに行く前に、骨が完全に癒えているかスキャンして確かめなければならないが。トレイニングはとてもよくやっている。チームともいくつかのことをやっているし、やる気まんまんだ。そろそろ使えることを願っている。

(セドリックはチームに何をもたらせる?……)

いまいるフルバックとは違うものをもたらすクオリティがある。彼は才能があり(gifted)テクニカルな選手だ。ファイナルサードとボックスで正しい選択ができる。バック4でも5でもプレイできるし、PLでの経験も豊富なとてもいい選手だよ。チームを助けることができる。

ゲンドゥージとエジル

(ゲンドゥージとエジルはまだ残り試合でプレイすることがある?……)

云ったように、スクワッドにいる全員について、わたしの仕事は彼らのちからを最大化することであり、彼らを助けて支援する。そして、もし彼らがやる気であれば、誰でもウェルカムだ。

(ふたりともやる気はあるので?……)

わたしはいつだって、選手たちがベストを尽くしたいと思っていることを望んでいる。

(ゲンドゥージはアーセナルでチャンスを最大限に活かしてきた?……)

わからない。アーセナルが彼をここに連れてきたのは、当然彼のポテンシャル、マテオのクオリティを見たからだろう。彼はほんとうに若い選手で、いまはまだ発展途上だ。成長しているとき、そのカーヴはふつうそう簡単に上がっていかない。だからいくつかのきっかけが必要だし、適応しなければならない。そうして、プロセスのなかでやっていいことやって悪いことを見つけていかなければならない。どんなほかの選手だって同じだ。

(エジルは足りない?……)

選手はできるだけ試合でプレイしたい、トレインしたい。そしてトリッキーな試合がある。勢いがあり、助けてくれるチームメイツもいて、自信を得る必要がある。要素はひとつではないが、わたしは選手がベストを尽くしたくないと思っているなんて一度も疑ったことがない。

選手契約

(オバメヤンの契約状況……)

新しいことは何も知らないんだ。ごめんよ。

(若い選手をキープすることに心配がある?……)

心配はしていない。なぜなら彼らをキープしようとクラブが正しいことをやろうとしているから。願わくばすぐにいいニュースが聞けるといいのだが。彼らはわたしがどれだけ彼らと一緒にワークするのが好きか知っているし、わたしが彼らをどうするつもりかも知っている。わたしは彼らがコミットしているように見える。お互いのパーティで正しい合意ができることを望んでいる。そして前に進むんだ。彼らには素晴らしい未来が待っているからね。

(それは一般的な話なのか、それともサカとバロガンの話なのか?……)

一般的な話だ。

(サリバはいつからここでトレイニングを始めるので? あるいはASSEでカップファイナルでプレイするために残る?……)

わたしは彼はあそこにいるべきだと思う。われわれはASSEと彼がすべての年をそこで過ごすことに合意しているし。もし彼らのマネージャーが望むなら、彼はファイナルでプレイする権利がある。だからわれわれは彼に楽しむチャンスを与えないと。そしてその後にはここに戻すことができる。

(サリバとは話をしている?……)

彼とは何度か話している。何度かここにも来たし。われわれは今シーズンの彼をずっとフォロウしている。ケガでとても難しいシーズンになったけれど。しかしそれもまた彼の成長の一部なんだ。来年の彼に対する期待がどれだけ高いものかはわたしもわかっている。だが、彼の年齢のことも気にしておかねばならない。わたしは、彼が選手として成長できるよう、正しい環境をつくれるよう確かめていくつもりだ。

(ダニ・セバーヨスをローン後もキープしたい?……)

ダニの進歩にはとても満足しているよ。スペインから来てこのリーグでプレイすることがどれだけタフかは知っている。また彼はわたしがクラブに来たときには、とてもトリッキーなケガをしていた。わたしは彼をいろんなポジションで使ったが、彼のアティチュードはトップだったよ。

彼はフットボールを愛していて、フットボールで呼吸している。それはピッチの彼のどのアクションからも見えたはずだ。われわれが得点したとき、彼を見ればまるでもう6年もそこにいるみたいだ。彼の勝利の感じ方なんかは大好きだね。

その他

(グアルディオラがここまでのあなたを称賛している……)

彼とは最近も何度か話した。(FAカップ)セミファイナルで当たるし。トリッキーな試合になるね。しかしチームのレヴェルを見てほしい。もしタイトルを取りたいのなら、ベストチームを倒さねばならない。われわれがそれをやりたいのならシティを倒さねばならないんだ。

(グアルディオラにアドヴァイスは求めたので?……)

彼はわたしが大きなリスペクトをするひとであり、憧れでもあり、たくさんのことを話す。わたしがアドヴァイスがほしいとき、彼の云うことを聞いたりする。彼はいつでもそこにいてくれるしいつでもわたしを助けようとしてくれる。彼みたいなひとが周囲にいるのは素晴らしいよ。

(今シーズンの野心……)

正直、明日勝つことしか考えていない。できるだけチームを準備すること。そこへ行き、いいプレイをし、自分たちのパフォーマンスを進歩させて、試合に勝つ。そこからわたしは彼らを納得させたいし、勢いを得て、このあとの3-4試合で何が起きるか見ていく。どこにいて、何が達成できるのか。しかし、これはわたしの現時点でのマインドセットだ。

(MFたちのゴール/アシストのアウトプットを進歩させねばならない……)

まったくだ。ふたりのアタッキングMFを使っているならなおさらだ。彼らはコンスタントに脅威にならねばならないし、ボックスでもファイナルサードでも脅威にならないと。アシストして、得点チャンスをつくり供給しないと。それは彼らの大きな仕事のひとつだ。

(バック3でバランスを見つけた?……)

相手がどのようにプレイするかに関連したバランスは見つけた。彼らを傷つけ難しくすることをどう信じるか。自分たちの攻撃をよくするため、トランジションをよくコントロールするための正しいバランスをどう見つけられるか。

いまいる選手たちにもよる。結局はすべての選手を、より自信を感じられるような正しいポジションで使わなければならないということ。ときにそれが5になり、ときに4になり、ダイヤモンドになり…… すべて状況に依るんだ。

以上。いろんなトピックを話しているなあ。

バロガンの契約

まず、最近アツかった話題は今シーズンのU23で目覚ましい活躍を見せているフォラリン・バロガンが夏に移籍しそうだと報じられた件。いまいるアカデミーのキッズたちのなかでは抜きん出た存在ということで、ファンにはとてもショックなニュースだった。

それについて、アルテタはサカのときと同様、ずいぶんと楽観的に語っているのが興味深い。

一部ではやっぱり移籍はしないんじゃねえの?という説もささやかれている。1月にはブレントフォードから£5Mのオファーを断ったと云われているが、このコロナ禍でそれよりもいいオファーが来るかどうかはわからないし。

大丈夫なのかも?(目をそらしながら)

サリバはカップファイナルに出られない?

それと、ウィリアム・サリバについては、日本時間今朝にASSEが公式にサリバはカップファイナル(7/24のCoupe de France)でプレイしないと発表した。アーセナルとローン契約延長ができなかったのが理由とのこと。

アーセナルからは‘unacceptable sporting and financial conditions’を要求されたのだとか。。

会見でも「サリバはそこにいたほうがいい」とアルテタが云っていることと正反対の結果に若干戸惑うが、どうもこういうことらしい。

『L’Equipe』が報じたところでは、サリバのローン契約には17試合でボーナス(€2.5M)が発生する条項が含まれているということで、このカップファイナルがちょうどサリバにとって17試合目になると。つまりこの試合にサリバが出るとアーセナルは余計な出費を強いられることとなり、財政難のアーセナルがこれを拒んだと。

よく考えると、なぜ借りた選手をたくさん使ったほうが逆にボーナスを受け取るのか、ふつうは支払うほうでは?と混乱しそうになるが、一説によれば、アーセナルはサリバに経験を積ませたいがために試合出場にインセンティヴをつけたのではないかという。なかなか合理的な説明っぽい。まあそれなら納得できる。

€2.5Mも払ってケガでもされたらたまったものではないし。

でも本人はすごくプレイしたかっただろうに、とばっちりもいいところである。みんな貧乏が悪いんや。

※この件、GFFNのアニキが詳細に説明していた

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

3 Comments on “【マッチプレビュー】19/20EPL アーセナル vs ノリッチ・シティ(1/Jul/2020)勢いをエミレーツへ

  1. 試合には直接関係ない話ですが、ネルソンってどうなっているんでしょうか
    あんまり試合出てない気が

  2. 久しぶりにコメント。記事楽しみにしてます。
    プレイが再開前とあまり変わっていないということにガッカリしたり、選手起用に(ry、記事のペースが早くてコメントする機会を逃す今日この頃。
    それでもサカのCM、ビルドアップでの貢献が新たに見られたり、ティアニーもなかなかで楽しい部分も。

    主さんの予想スターティング通りになるなら、そろそろエンケティアとオーバが絡んでの得点が見たい。
    まだお互いの活かし方というかリズムというかプレイが分かってない感じがするので、一度かみ合えばいい方向に行くと思うし必要。
    あとはサカが両サイドのビルドアップに関われたら面白いだろうな(欲張り)。
    ブライトン戦でもサカが右に移動してペペにボールが渡ってのゴールだったし。いや他のCMよ頑張れととも言いたいわけでもあるが。
    これからの1試合1試合ポジティブなものを見られることを期待したいところ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.