hotいま読まれているエントリ

Arsenal, News

21-22カラバオカップのセミファイナル、アーセナル vs リヴァプールが延期

こんにちは。

今日は東京でも小雪がちらついていると思ったら、もうかなり降ってる。寒いはずだ。

さて、本日予定されていたカラバオカップ・セミファイナルのファーストレグが、リヴァプールのCovid理由で延期された。



本日のカラバオカップ、リヴァプール(H)は延期が決定。PLバーンリーも影響を受けリスケ。ちょっと不公平?

Arsenal v Liverpool postponed

クラブのなかでCovidがアウトブレイクしちゃってるという、リヴァプールがリクエストしていたこの件、昨日正式に試合の延期が発表された。

リヴァプールは選手だけでなく、クロップとアシスタントコーチも感染したそうで、まあしかたのないところか。

もっともリヴァプールは、やはりCovidがアウトブレイクして、U-23選手を中心にプレイせざるを得なかったアストン・ヴィラと試合をしていたそうで(FAカップ)、相手の事情は考慮しないくせにと、今回の件について皮肉られたりしている。

アーセナルだって、先日はアルテタを失っているのに試合は行われた。彼が現場にいない影響だってあっただろう。

今回リヴァプールがこうした状況でも試合が実施されたならば、彼らはマネジャーも試合におらず、やはりアーセナルとしてはチャンスだった。

たしかにアーセナルのファンとしては、ここまで不利な状況でも試合が強行されてきたので、やや不公平に感じるところはある。

リスケの影響を受けるアーセナル

カレンダーアプリにアーセナルフィクスチャを入れているひとは、もうすでに日程が反映されているはず。この試合はちょうど2週間後の1月20日(木)へ移動となった。

つまり、リヴァプールとのセミファイナルは、ホーム・アウェイの順番が入れ替わったことに。アーセナルとしては、アウェイでファーストレグ、ホームでセカンドレグというのは多少心理的に有利になったんだろうか。よくわからない。

それと、その影響で、1月22日(土)に予定されていたPLのバーンリー(H)が、1日ずれて1月23日(日)に、こちらも延期になった。

アーセナルにとって影響が大きいのは、

リヴァプール(H)・ノッティンガム・フォレスト(A)・リヴァプール(A)・NLD(A) だったフィクスチャが、

ノッティンガム・フォレスト(A)・リヴァプール(A)・NLD(A)・リヴァプール(H) になったところ。

一週間のうちに、リヴァプール・ToT・リヴァプールという試合になってしまい、どういうスクワッドで臨むのか、AFCONでCMが足りていないなか、チームセレクションとロテイションにより気を使わねばならなくなった。

仮に、ジャカやサンビ・ロコンガになにかあると、一気に危機的な状況になってしまう。

悪いことが起きないことを祈ろう。

 

おわる



※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.