hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Transfer

チャールズ・ワッツのアーセナル2022夏ウィンドウQ&A「ビスーマもヒッキーもアーセナルの関心はない」

こんにちは。

昨日、『GOAL』のアーセナル特派員でもあるジャーナリストのチャールズ・ワッツが、自身のYouTubeチャンネルにおいて、ライヴでファンの質問に答えるかたちで、この夏のアーセナルの移籍ウィンドウについて考えを述べていた。

この内容には、これまでメディア等で報じられている数々のうわさ話への否定や疑問も含まれており、なかなか興味深いものとなっている。

今回はこちらを紹介しよう。

ワッツ氏といえば、redditのアーセナル板であるr/Gunnersでも、デイヴィッド・オーンステインやファブリツィオ・ロマーノと並ぶTier1評価のジャーナリスト。ちなみに、今年もあらたにr/Gunnresの移籍情報ソースの格付けレヴューはあったが、去年と大きな変化はなかったため(ワッツもそのままTier1)、このブログではスルーさせてもらった。去年それを紹介したエントリはこれ。

アーセナル移籍情報ソース信頼度レヴュー【2020-21夏】by r/Gunners | ARSENAL CHANGE EVERYTHING

今年(2022)のまとめは以下、r/GunnersのWikiページより。



チャールズ・ワッツが語るアーセナル2022夏ウィンドウの現在(2022 Jun 15)

省いたトピックスもある。

Q:ヴィクター・オシメンがアーセナルに来る可能性?

  • 以前、彼の代理人がロンドンに来てエドゥと面会したという件は、『GOAL』ですでに伝えたとおり
  • しかしながらアーセナルにとっては、コストの面でつねにかなり難しいターゲット
  • 数日前に、本人はナショナルチームの会見でアーセナルの噂について問われ「いまは休暇に出たい」とコメントせず
  • アーセナルにはオプションBもCもDもあるが、この夏のプライオリティはジェズース
  • 不可能ということはない。だが難しい

Q:マルセロ・フローレスはどうするつもり?

  • プリシーズンには加わるだろう。USツアーにも
  • パティーノやハッチンソンなどほかの選手と同様に、決断はそれからになる
  • 彼はメキシコNTのシニアスクワッドでプレイしていて(ペナルティを外してしまったのは残念だった)ワールドカップでプレイするいいチャンスがある
  • だから、シーズン前半が彼にとっては高くつく可能性があるので、彼がどこかへ行くなら驚き
  • ELもカラバオカップもあるし、シーズンの始めにシニアデビューをすると思う

Q:Vitinha(ポルト)とアーロン・ヒッキーの噂はほんとう?

  • アーロン・ヒッキーの話は、わたし自身は聞いたことがないのでわからない
  • Vitinhaについても、まだなにも聞いていない
  • いまのところは

Q:ティーレマンスの進捗?

  • 彼は、この夏のアーセナルの大きなプライオリティーズのひとり
  • ぶっちゃけ、いま話は止まっているが、ナショナルチーム義務も終わったのでこれから
  • レスターも早くまとめたがっていて、このあとは早く話は進むだろう
  • 現状大きな動きはないが、この件はすぐに動きだすと確信する

Q:ビスーマは?

  • 昨日のアーセナル界隈のソーシャルメディアは、彼のスパーズ行きの話題で大騒ぎだった
  • 昨日も伝えたように、わたし自身はビスーマは大好きだし、彼にアーセナルに加入してほしかった
  • だがこの件はレッドフラグだ
  • アーセナルがビスーマにいかなかったこと(さらにスパーズ行き)に困惑しているひとも多いが、彼がどこへ行くにせよ、アーセナル行きはなかった
  • 彼のクオリティはアーセナルにはかなりいいが、いまのアーセナルにはMFに選手が多くいる。433でパーティがフィットしているかぎり彼はスターターにならない。オーデガードやティーレマンスだって彼より優先されるかもしれない。そこに散財するとは思えない
  • ビスーマは、ジャカ、エルネニー、いまのサンビ・ロコンガより優秀かもしれないが、彼らはまだスクワッドにいるし、いまのところ移籍する気配はない(ジャカの噂はあるが)
  • 予算はほかにつかうだろう

Q:ジェイズースはほんとにアーセナルに合う? なぜもっと大きな、ボールが上手な選手にいかない? アイザック(Isak)とか?

  • 難しい質問。アルテタがどういうプレイをしたいかによるから
  • PLでゴールならジェズースだろう
  • アイザックの攻撃プロファイルは、あきらかにアーセナルは欲しがっているが、アイザックならジェズースのほうがはるかにチャンスがある
  • なぜならジェズースは、アルテタの下でプレイしていたし、PLも熟知しておりたくさんのゴールもしてきた。プレスなどすごいパフォーマンスもある
  • アイザックをスペインから連れてくるにはかなりの金もかかり、非常なリスクがある
  • ジェズースへの35-40Mの投資は、ほとんどリスクがない。彼から得られるものはもうわかっているから

Q:ラフィーニャ?

  • こちらもいまのところ進捗はない案件。アーセナルが興味があるというだけ
  • ラフィーニャはバルセロナが大きい。しばらく交渉している
  • バルセロナが資金さえつくれればラフィーニャへ行く
  • フレンキー・デ・ヨングの件もある
  • バルサとラフィーニャは成り行きを観る必要がある
  • ビスーマの件と似ているところがあるが、すこし違うのはぺぺのことがあるから。ふたりの選手でポジションを争うのと5人の選手でポジションを争うのでは違う
  • アーセナルがラフィーニャのようなクオリティの選手に金を使うのは理解できる

Q:アーセナルがスカマッカを真剣に検討しないのはなぜ?

  • 興味深い案件。「スカマッカ」の発音は完全に間違えてるかも
  • 彼がアーセナルの補強リストに入っているとしたら、彼がこの夏に獲得可能になるかもしれないということと、ゴールができるちゃんとしたストライカーがほしかったから
  • しかし、彼がリストで優先されているというのは聞いたことはない
  • PSGが彼に近づいている
  • なぜアーセナルは彼にマジにならないか
  • アルテタが彼を高く評価しているにせよ、アルテタの選手の役割をかなり厳格に決めるシステムのなかでは、そこに合う選手を入れる
  • もし彼がそこにフィットしなかったらと考えると、アルテタは彼を取ろうと思わない

Q:アーセナルはエンケティアを引き止めるべきだった?

  • 彼はしばらくアーセナルからのオファーにノーを云っていて、難しい交渉だった
  • なかなか難しい質問だが、わたしはいまではそうすべきだったと思う
  • 彼のポテンシャルを考えると、フリーで失うことはできなかった
  • 彼をPLでスタートで使う必要はないと思うし、ELやカップ戦でプレイする
  • わたしは彼を引き止めるべきだったと思う

Q:ベレリンとネルソン?

  • ローン先のベティスから戻るベレリンは、夏ウィンドウが進行するなかで、今後どうなるか観ていかねばならない
  • アーセナルは、金がからんだ問題で、ベレリンはベティスから戻ってくると考えている
  • 彼はベティスへのローンのために€4Mから1Mとかなりのペイカットを受け入れたが、長期ではその給与は受け入れられず。ベティスは彼がアーセナルでもらっているサラリーは払えない。問題は彼の高いサラリー
  • ベレリンはクラブを愛しているため、交渉はストップしているがなんとか解決したい
  • ベレリンはスペインに残りたい。アーセナルも喜んで手放したい。この件はまだ待つ必要がある
  • ネルソンについては、いまニュースはない
  • 昨シーズンの後半はよかったが、彼の契約のこともあり、難しいことになっている
  • 個人的には、ネルソンにはアーセナルでの未来はないと観ている。年齢もあるし、彼のポジションにはサカがいる。移籍は時間の問題

Q:ジャカは退団すべきだと思う。彼と彼の家族にはリスペクトするが、アーセナルにはもっと若く・うまく・ダイナミックに動けるリアルDMが必要

  • 去年の夏なら、その意見に賛成していた部分もあるかもだが、たとえばティーレマンスを取るなら、いずれにせよ来シーズンのジャカはスターターにはならないと思う。フィットした3MFなら、パーティのホールディングMFに、ティーレマンス、オーデガード
  • しかし彼は移籍はしないと思う。ELもカップ戦もたくさんの試合がある
  • それもみんながフィットしていればの話

Q:ライトバックのカヴァは必要だと思う?

  • 理想を云えばイエス
  • だが、トミヤスとセドリックがいて、ほかに優先されるエリアがある
  • ブルック・ノートン・カフィもいる。彼は非常に才能ある若いRB。彼もドアを叩いてくる可能性がある
  • セドリックも移籍しないだろうし、スクワッド全体を強化しなきゃならないから、おそらくはノー

Q:ジンチェンコはチャンスある?

  • 興味深い選手だが、現時点では、アーセナルのプライオリティとは云えない
  • なぜなら、ティーレマンスがそのエリアのプライオリティだから
  • 彼の代表の試合も間近で観たが、CMのようにプレイしていた
  • KTのカヴァもできるからスマートなサインにはなるだろうが、それが実現するかはわからない

Q:トレイラがアーセナルでプレイする可能性?

  • ないと思う
  • フィオレンティーナと決裂しても、彼自身はとてもいいシーズンを過ごしたので、移籍ウィンドウが閉じるまでに移籍する可能性が高い

Q:Milinkovic-Savicのうわさについて

  • 驚いた
  • ただの憶測では

Q:パティーノはどこへ?

  • 彼はいまホリデイ。いつ戻るかは知らない
  • 彼は昨シーズンの後半の大半はケガをしていて、戻ってきたのは終了間際
  • 彼はプリシーズンに加わるだろうし、ELやカップ戦もあるため、シーズン前半はローンに出るとは思わない

Q:ジェズースとティーレマンスは今月中に動きがある?

  • そうなると思う
  • 6月末になっても何も起きていなかったら、かなりの驚き

Q:マット・ターナーはいつ来る?

  • 7月の初旬には来るはず
  • USツアーにも加わる

Q:アセンシオの噂の信憑性?

  • わたしが間違っている可能性もあるけど、聞いたこともない
  • アーセナルのリストの上位にあるとも思わない

Q:来シーズンだめならアルテタは解任される?

  • イエス。そうならなければ驚く
  • ダメ(under perform)の意味にもよる

以上

最後のほうは、ちとめんどくさくなったごめん。トランスクリプトもCCもなかったので、正直、ちゃんと聞き取れているかは微妙であるが、概ね合っていると思う(思いたい)。時間あるひとは元動画を確認しよう。

 

さて。なんだか、アーセナルのファンが信じていたいろいろな案件に疑義がとなえられていて、笑える。

  • ヒッキー
  • ビスーマ
  • スカマッカ
  • ジンチェンコ

このあたりは、みんな、アーセナルとのリンクは嘘(聞いたこともない)か、あるいは優先順位的に本気じゃないと。

アーセナルがヒッキーにXXmでオファーをしたっていう、イタリアンメディアのニュースはなんだったんだ。。それもいつものことか。

まあ、もっともワッツの見立てがすべて正しいかどうかはわからないし、プライオリティじゃないと云われながら意外に本気だったみたいなことがあるかもしれない。

アーセナルの移籍のニュースがあまりないのは、それだけ情報が外部に漏れていないからいいことだと誰かが云っていて、それもたしかにそうだと思う。オーンステインのスクープが減っているのは、アーセナル内部のリーク元が退社したからだなんて憶測もあった。それだけ秘密裏にものごとが進められるような、情報統制ができているのはクラブとしてはポジティヴなことだろう。

そのおかげで、でっちあげのクオリティの低い釣り記事が量産されるという側面もあるのはやむなしか。アーセナルだもの。

そういう悪質な情報の海のなかで、ワッツも確かな情報だと認めているのが、ジェズースとティーレマンス。ここはさすがに確実っぽい。そして、ラフィーニャも否定はされていない。バルサが買えなければ、起きるかもしれない。

しかし、だとすると、メジャーなサインは彼らだけで終わり? それはあまりに寂しいなあ。

個人的には、もっとも心配なのはパーティのバックアップ。ジャカやエルネニーでは、パーティ不在時のカヴァにならないことは昨シーズンの教訓じゃなかったのか。

ビスーマの移籍金は€26Mとかの規模らしいので、パーティのバックアップによかったんじゃないかと思うんだがね。

 

ということで、いろんな情報に踊らされつつ、今後もひきつづきアーセナルの移籍市場を緊張感をもって注視してゆこう。

あ・今日はPLのフィクスチャが発表される重要な日ですな。楽しみだ。

 

おわり



※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

5 Comments on “チャールズ・ワッツのアーセナル2022夏ウィンドウQ&A「ビスーマもヒッキーもアーセナルの関心はない」

  1. ビスマはもったいなかったですね。
    最低でも市場でスパーズの妨害なり吊り上げなりは何かしら動いておかないと痛い目を見るでしょう。
    相手はやっているのだろうし。
    ビスマじゃなくてもミリンコビッチだったら割と良さそうだけど、
    ティーレマンスだと恐らくチームの強化にはならない。
    単なる若返りになるだけだと思います。
    格上とやり合う際に攻守にわたり頼れる選手という感じはない。

    これはジャカの時にも感じていましたが、実際そうでしたよね。
    今のジャカは退場とPK献上さえ無ければ割と良いと思いますが、無くなりませんし高かったしコスパも悪いと思います。
    ジャカとエルネニーはCLレベルの選手かどうかは微妙でしたがティーレマンスも際どいと思います。
    さらにいえばジェズスもそうですよね。楽して手堅く稼ぎたいんでしょう。シティも彼の代理人も含めて。

  2. ビスマは昨年10月に性的暴行の件で逮捕されてたよな、と思ったら、報道見るとまだ捜査が続いているんですね。
    アルテタはこれまでの言動を観ても、そういう反社会的行動の疑いをかけられた選手は、調査してシロだとしても、いまいち信頼は置けないと判断するのでは。

    何度か噂になっているナポリのファビアン・ルイスの話が飛ばしでないなら、「6番もできる選手」を探してはいるんでしょうが、彼の場合オシメンでワッツ氏が言ってるようにプライスタグがねえ。

  3. ここ数年ずっと思ってますがMFの質が低いのに補強優先順位が低いのは何故か
    ティーレマンスだけならCL圏は厳しいでしょ
    今年はかなり運が良くて5位でしたし

  4. ビスマの獲得には反対です。獲得する動きもありませんが。
    (今年は開催されませんが)アフリカネーションズでの離脱のダメージがあります。
    ビスマはコートジボワール代表。
    パーティーとエルネニーが招集されているときにこそ、新戦力が必要なのに、
    一緒にいなくなり、更に手薄になっちゃいます。
    私はティーレマンスの他には、ネヴィルだと思います。

  5. ビスマは二重国籍でマリじゃないすかね。
    ネニーはともかくアフリカ勢で偏るのは確かにってのはありますね。
    ティーレマンスじゃCL圏厳しいってのは分かります。
    CLクラブが獲得に動かないですもんね。
    上を目指すならネヴェスやサビッチの方が良いだろうと思います。
    コストにもよりますが

Leave a Reply

Your email address will not be published.