hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Player, Transfer

【秒読み】アレクシス・サンチェスがマンチェスター・シティへ移籍決定【か?】

英メディアが一斉にサンチェスの移籍が間近と報道を始めた。これはついにもしかしてもしかするか。



各社がいっせいにサンチェスのマンシティ入団を報道

Manchester City set to step up pursuit of Arsenal’s Alexis Sánchez with new bid

ガーディアン。シティは30Mあたりで1月に獲得できる見通し。

Alexis Sanchez will waive huge £25m signing-on fee to move to Man City this month

サン。シティが25Mで合意。今月に獲得。

Manchester City make first move to sign Alexis Sanchez in January

ミラー。マンシティの1月最初の獲得はサンチェスへ。

Sanchez could be Man City player next week as Arsenal soften stance

インディペンデント。来週35Mで決着へ。

Arsenal, Man City open talks about Alexis Sanchez deal – sources

ESPN。アーセナルとマンシティが話し合いを行ない週末には移籍が完了。

Manchester City agree personal terms with Arsenal star Alexis Sanchez

メトロ。マンシティとサンチェスが個人条件の合意。

と、硬軟織り交ぜた世界中のメディアの皆さんが大注目。

ヴェンゲルは否定

一方ヴェンゲル監督は「だから、サンチェスへの問い合わせはどっからも来てないっつってんだろ!」と一貫して噂を否定。

Arsene Wenger says Arsenal have not received an approach for Alexis Sanchez

レマールが1月に移籍する可能性はないとはいえない(ジャルディム)

この報道の確からしさを裏付けるものとしては、モナコの監督レオナルド・ジャルディムが選手を1月に放出することは望んでいないものの、(移籍の)可能性はあると認めたというレキップの記事がある。

Monaco n’a “pas l’habitude de vendre l’hiver”

この発言はアーセナルはもちろん、コウチーニョを手放してキャッシュをたんまり持っているリヴァプールも注目しているトマス・レマールが念頭に置かれているはずである。

アーセナルがサンチェスの代役を獲得できることがサンチェスの移籍を許可する条件として設定しているというのは、夏にも広く信じられていた。そして知ってのとおり、夏に土壇場で獲得失敗しサンチェスが残ることになってしまった原因をつくった張本人がトマ・レマール。さあレマールに行くんだ!

 

ところで、残り契約半年のサンチェスが25~30Mで売れるということに驚いた。現在のレートで日本円にしておよそ38~45億円という巨額。あと半年もたてばタダだというのに。むしろシティとサンチェスが来夏の移籍で合意をして、アーセナルはこの冬に放出したくてもできなくなるみたいな状況に陥るものだと思っていた。どんだけすぐ欲しかったんだという。

レマールに90M出す予算はもうないと思うが、25Mくらいの大金が手元に入るならアーセナルはレマールよりは安いと思われるナビール・フェキルに動くのかもしれない。いやあ楽しみだね(絶対そんなビッグネーム取らないと思いつつ)。

エジルは残る!

サンチェスとエジルのどちらかは残ると予言したとあるOBがいましてね。

Gabriel Paulista: At least one of Sanchez and Ozil will stay at Arsenal

誰あろう、ガブリエル・パウリスタ。アーセナル時代ではまともな出場機会がなかったことで恨み節の彼である。もしエジルが残るようなら、みんな彼のことを思い出してあげよう。

さあ、これでガナーズの諸君の悩みのたねはひとつ減った。後半戦の快進撃が始まるゾ☆ 目が離せないね!



Leave a Reply

Your email address will not be published.