hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチレビューその1】19/20EPL マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル(30/Sep/2019)落日の平凡合戦【コメント集】

オールド・トラフォードではやっぱり勝てず。

アーセナル的には、一応ビッグ6とのアウェイマッチで1ポイントということで最悪の事態は免れてはいる(最近はいつも最悪の事態を免れてるような笑)が、それにしても、あまりに見せ場のない退屈な試合に不満とか怒りとかを通り越して悲しくなってしまった。アーセナルだけでなくマンUも、近年のクオリティ低下は著しい。かつてのビッグ2がこんなにも落ちぶれてしまったのかと。

お互いいいところがなく(チームとしてどこがストロングポイントなのかわからない)まるでどちらがより平凡か、どちらがよりコンサバかを競ってるみたいな試合だった。

このパフォーマンスには両チームのファンが失望したのではないだろうか。

PLは7試合を終えて、アーセナル(12)とマンUのポインツ(9)を足した合計が、トップのリヴァプールのポインツ(21)に並んだのだという。まだ38試合の2割も消化していないというのに。

今回も引き続きストレスフルな試合で気が重いが、がんばって試合を振り返ろう。

Manchester United v Arsenal

まずはコメント集から。追って試合内容について。



エメリの試合後コメント「結果はお互いにフェア」

試合直後のインタヴュー。

エメリ:あのパフォーマンスならもっといい結果がほしかった。だがわれわれは進歩している。チームは競争力もあったが、もっとうまくやれたはずだ。ボールを持って試合をコントロールできたときもあったし、ボックス内でチャンスもあった。

チームには自信をつけている若い選手たちがいる。ブカヨはよく成長しているが、ほかの選手たちも成長する必要がある。ポインツのうえでは最高の結果ではない。しかしつぎの日曜のボーンマスで勝てれば、この1ポイントはいいものになりうる。

試合後のプレスカンファレンスより。こちらは要約しよう。

  • (試合について)50/50だった。結果はお互いにとりフェアなもの
  • 日曜のホーム、ボーンマスで勝てるならこの1ポイントは悪くない
  • ポジティヴな面を分析していくが、改善すべきところがある
  • チームとしての守備はよくなっていたと思う
  • 攻撃ではもっとチャンスをつくれたかもしれない
  • (以前にワークしなかったときと同じMFを使ったこと)相手の要求に応じて、いろいろな選手、ゲイムプランを使う
  • この3人のMFは守備のバランスがよくなる
  • しかし攻撃ではストライカー、ウインガーとつながってほしかったし、ボックスに侵入してチャンスを得てほしかった
  • しかし自分たちのやり方は進歩している
  • どうやったら進歩できるか、どうやったら中盤、ウイング、そのシステムでいろいろな選手を使ってバランスを取れるか、そのための情報を得ている
  • 今夜は多くのことで満足している
  • (バカヨのディスプレイについて……)彼は取り組んでいるし、成長している。重要な選手としてチームを助けている
  • これからも彼とは落ち着いて、我慢強く取り組んでいく
  • (ジャカのパフォーマンス……)彼はビッグコミットメントで取り組んでいた。ピッチ上では守備と攻撃でとてもバランスをとっていた。今夜の彼はよかったと思う
  • (マクトミニーのシュートでのジャカの「ダッキング」について……)彼は走りながら戻っていた。そのアクションは見ていないが、彼が走りながら戻ったのは見ていて、ちゃんとやっていたのが見えた。
  • (試合のクオリティについてと、両チームが以前よりプアになっているかどうかについて……)いまやフットボールも変わって、フィジカルがとても重要になった。どのチームもとてもフィジカリーだ
  • 試合のクオリティはとても重要だ。それにはお互いが必要だし、当然クオリティをもってプレイする必要がある
  • しかしフィジカルが必要だ
  • マンUにも、われわれにもたくさんのクオリティある選手たちがいるが、フィジカルとクオリティの両方が必要で、ベストパフォーマンスを出すには戦術も必要だ

最後の部分は訳に自信なし。質問に対してなにを云っているのかよくわからなかったので意訳した。

さてこのコメントからしても、全体的にどうもエメリはこの試合にわりと満足をしているようだが(試合後にOGSと握手するときの表情にも感じた)、ファンの気持ちとの乖離がだいぶあるように思われた。

今回はぼくも早起きしてライヴで中継を観ていたので試合直後のtwitterなどもチェックしていたが、ぼくの観測範囲ではサカやゲンドゥージ、オバメヤンら選手をたたえているもの以外、ゲイムプランやパフォーマンスについてファンからのポジティヴな反応はほとんど見られなかった。

9 Comments on “【マッチレビューその1】19/20EPL マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル(30/Sep/2019)落日の平凡合戦【コメント集】

  1. まったくもって平凡な試合でしたね。特に55分?のトレイラoutには???
    SBの補強を躊躇し調子の上がらないお隣、CB補強はお茶を濁したウチ、FW補強を断念したユナイテッド、補強禁止のチェルシー。
    リバプールは今季補強実質なしですが、昨年度に2年分の補強をしていますし、シティは言わずもがな。
    PLはいよいよambitiousが少しでもかけた時点で下位に飲み込まれる恐ろしいリーグとなってきていますね。
    トップ2のチームにトップ6の残りからスターティング入りできる選手がどれだけいるでしょうか。。。
    お隣:ケイン、エリクセン
    ウチ:オーバ
    ユナイテッド:ポグバ(仮)
    チェルシー:かろうじてアスピリクエタ?
    選手の「質」で勝てないチームはレスター現象に期待するしか。。。

  2. 結果は妥当だったと思います。ジャカのダッキングはしょうがないかな。確かに首をすぼめてましたけど、結構な至近距離だったので、当てられたか定かではないので。

    心配なのはぺぺですね。全くいいところなし。パスといい、シュートといい全く精度に欠けてますし、味方との連携もない。このままではサカの方がファーストチョイスになりそう。

    ディフェンスラインが比較的落ち着いて最後の場面でも集中していたのは良かったですね。前半はポグバのミスにかなり助けられた部分ありますが。

  3. エジルについて質問が出なかったんですね。エメリはそこの言い訳を考えてて試合どころじゃないからあんな内容になったのかと思ってましたが。

  4. 日曜のホーム、ボーンマスで勝てるならこの1ポイントは悪くない・・・

    ??? うーない、何言ってんだ?
    しかし、4時から頑張って応援しましたが、虚しくなるような内容。
    あんなサッカーを続けるなら、チェンバースや負傷明けの選手のコンディションが心配です。

  5. 大衆演劇を見た方がまだマシな試合でした…。
    朝4時に起きて何一つボルテージの上がらない試合を見せつけられるとは。

    今日の内容に満足してるって本気で思っているのなら、仮にもビッグ6のマネージャーとして如何なものかと思います。

    エジルに関しては、スタメンじゃないならまだしも、ベンチ外ってことは干すのを隠す気ないですね笑
    上司に嫌われたサラリーマンが雑用しかやらせてもらえなくなるっていう組織的パワハラのニュース記事を思い出しました。
    PSGが昨季ラビオを干した時に、なんて品の悪いクラブなんだって思ったけど、ウチもやっちゃうとはね。
    あの中盤のクオリティにも関わらず、攻撃のオプションのカウントにすら入れないってスゲエや。
    怪我だったらマジごめんなさい。

    オーバメヤンには頭が上がらないです。
    出ていかれても何も文句言えない。

    ジャカの固執起用は勘弁して欲しいけど、これのせいでアーセナル凋落のスケープゴートにされないか心配。

    と文句は言いつつ、気長に待ちます。

    長文、愚痴失礼しました。

  6. 中盤の選手のパフォーマンス自体は悪くなかったと思う。
    ジャカの起用は間違ってると思うが、ジャカなりにはやってた。ただアンカーに向いてないだけで。

    しかし今のマンUにすら10番タイプを使わないのには驚いた。というか呆れた。
    守備に課題があるチームがパス回しが遅いって、どこの国の冗談だろう?(スペインではウケるのかも)

    パスを回さないゲームをするなら、アーセナルよりも強い中盤はボトム10にも山ほどいる。
    なぜアーセナルが、ウィロックとセバージョスをベンチに座らせたまま、こんなゲームをしなければならないのか?
    また現実的にこの先発3人で、何をどうやってチャンスを作るつもりなのか、それが全く見えない。

    相手のマンUのプレーも決して強いとかいうレベルではなく、、、
    ひどい試合だった。オールドファンにとってはとくに寂しい。

  7. >日曜のホーム、ボーンマスで勝てるならこの1ポイントは悪くない・・・
    これは軽率なコメントですね、格下に苦戦しまくってる現状何言ってんだと思いました
    更に今のマンUは低調極まりないので1年チームちゃんと作ってきたなら勝点3取れる筈でしたが…
    引き分けで良しと思うのなら、エメリは中堅クラブ以下の器ですね

  8. ポグパにドレイラを当てて、カウンター狙いの布陣で挑みましたが、
    監督の誤算はペペが期待以上に働けなかったことでしょうか。
    フランスのときのように楽にドリブルするスペースは与えてくれませんから、
    しばらくは途中出場やカップ戦で使ってあげてほしいです。
    左はサカで大丈夫そうですが、右ウイングで攻撃が停滞してしまいますね。。。(ムヒタリアン・・・)

    個人的にルイスがクロスを上げたシーンがツボでした(パワーありすぎて誰も触れない)

  9. ・もうね、オーバFC確定。
    ・ペペはもう中に切れ込むだけ。持ちすぎ。ボックス外のシュートは入る気がしない。デヘアレベルではねじ込める感じがしない。オーバとの相性が悪い(ラカとは良さそう)ので、オーバがトップの時は、ネルソンとサカ、マルティネッリでよい。もしくはペジェリン復帰とセットで。
    ・GK→DF→サイドバックから縦で切られるボール回し、もうみたくない。なんなんだ、あの定式化は。
    ・トレイラのポグバへのマンマークは効いていたと思います。
    ・こんなこといいたくないけど、MOTMはマンUのジェームズ。ガッツがあった。逆にリンガードやラシュフォードは全く存在感も怖さもない、どうしちゃったの?(ので助かっただけともいえる)
    ・わたしはエジルが見たかった。最後の20分だけでも。まえがかりになるアーセナル。セバージョスとエジル両方いれたっていいじゃない?(→ここでジャカ固定問題がでちゃうわけか。)
    ・サカはこのままいくとヨーロッパ屈指のプレイヤーになるかもしれない。風格がマネに似てきた・・・言い過ぎ?
    色々あるけど、COYG!

Leave a Reply

Your email address will not be published.