hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【試合前記者会見】19/20EPL クリスタル・パレス vs アーセナル(11/Jan/2020)パレス、移籍ウィンドウ、オーバ去就、ジャカ慰留……

明日土曜のランチタイムキックオフ。

元日以来ひさびさのPL week22はクリスタル・パレス(A)。

アルテタの試合前プレス会見を。

※ダヴィド・ルイスについてのコメントを追記(1/11)



アルテタのプリマッチプレスカンファレンス「チームのエナジーはだいぶよくなってきている」

昨日行われたプリマッチプレスカンファレンスより。要約(箇条書き)にて。

  • (フルでトレイニングできることはどれだけ違いになる?)少なくともわたしがチームに組み込みたかったいくつかのことについては、いくらか時間を取れた。選手が何人か戻ったのもナイス。大きなグループになっている
  • (セルハストパークでロイ・ホジソンにチャレンジ)わたしがプレイしていたころはいつも苦しんだ。いつだってタフだった。とても難しいステディアムだ。彼はとても経験豊富で、彼がやっている仕事もすばらしい
  • (チームニュース)新しい情報はない。誰かがあたらしく戻ることもないと思う。これからの試合で、50/50という選手は何人かいるが、とくにニュースはない
  • (ヘクタ・ベレリンについて)ヘクターは少しよくなっている。今日はチームとは別でトレインした。まだチームに戻れていない
  • (就任してから変わったこと)まずはチームとクラブをめぐるエナジーを変えたかった。それは以前より少しよくなっている、というかとてもよくなった
  • もちろん、試合に勝っているという事実が大きいし、それにわたしがここに来て以来トレイニンググラウンドで見ているものは、だいぶわたしが見たいものになってきた
  • (ホジソンから学べるもの)すべてだ。彼の状況への対処の仕方はすごい。この長期間、こんなレヴェルのプレッシャーに対処しているし、彼の振る舞い、自分の考えを行き渡らせるやり方、どれだけ選手やクラブからリスペクトされているか。すごいことだ。彼には大きな尊敬の念を持っている
  • (オバメヤンがクラブ愛とコミットメントを語っていたこと)そのコメンツを読んでとても満足した。彼はわたしの考えていることを完璧にわかっているし、彼はもちろんチームにとり大きい選手だ。しかし、いまはシーズン中なので、それ以上のことは議論はしていない
  • (シーズン後にはオバメヤンと交渉の余地がある?)わたしの意向はオーバをキープすることだ。もし彼をチームにキープできるなら、チームは強くなれるし、試合にも勝てるから。それだけだ
  • (オーバ残留に自信がある?)さあ。それについては話していない。ただ、彼がここでとてもハッピーだということは信じている。だって彼はそう云っているじゃないか
  • (今月大きな投資があるか?)わからない。大きなことは期待していない。わたしがいま期待している大きなことは既存の選手からのものだ。選手たちがケガから復帰している
  • もしあるエリアでよりバランスを取れるような補強ができるなら、それはそれで助かるし、オプションは見ている
  • (積極的に補強しようとしている?)イェア。いつでも探しておかないと。なぜなら長期離脱の選手もいるから。オプションがあるなら探さないといけない
  • (エミール・スミス・ロウのローン可能性)若い選手たちの状況は評価している。いろいろなクラブからのオファーを検討している。それが選手に合うものか、またつぎのステップへの正しいタイミングか。あと数日で、どうなるか話すことができるだろう
  • (タイリース・ジョン・ジュールスとエディ・エンケティアについて)エディも同じ状況。彼と話して感銘を受けた。リーズでのチャレンジはグレイトだったと思う。よりいい選手、より競争力のある選手になったと思う。いますべき決断は、あらためてローンに出すかあるいはここにキープするか。それがここ数日で議論すべきことだ
  • (パレスでもリーズのときのようにスロウスタートするか?)そうじゃないと願う! 今朝はスロウスタートじゃなかったし、今回はそうならないと願う
  • (ここ数日でのトレイニングでのリアクション)とてもいい。Tbf、彼らはとてもとてもよくトレイニングしている。スピリットは上がり、自信レヴェルもいい。いい感じのように見える
  • (アーセナルがパレスに与えているペナルティの数に驚いている)いくつかの気をつけるべきことのひとつだ。100%。われわれはウィルフ(ザハ)を知っているし、彼のタレントも。ワン・オン・ワンで彼に何ができるかも。もちろんその対応もゲイムプランのうちにある
  • (ザハがほしい?)彼はすごい選手だと思うし、ここ数年でのPLでのインパクトはものすごい。彼のチャンスをつくりだす能力はユニークだ
  • (マルティネリについてと、ブラジルU-23のために何試合かリーグを欠場するか)シーズン中にそういった類のトーナメントに選手が出ていくのは理想的ではない。そうする義務があるのかや本人希望などをクラブと話し、決めることになる
  • (チェルシーとの試合を前にフォームを維持するとき)それしか道はない。そこにたどり着きたいという野心を持ちたい。まだたくさんの試合があるし、いま始めねばならない
  • (このウィンドウで補強するためには選手を売却せねばならないと思う?)売ることは考えていない。いまコンクリートなことはなにひとつない。云ったように、わたしはいまいる選手に集中しているし、この移籍ウィンドウは少しトリッキーで、最終的に補強はあるかもしれない(という程度のもの)。どうなるかわからない

以上。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

3 Comments on “【試合前記者会見】19/20EPL クリスタル・パレス vs アーセナル(11/Jan/2020)パレス、移籍ウィンドウ、オーバ去就、ジャカ慰留……

  1. あの時、非はサポーターにあったと思います。この問題は日本でも接客業などで起きている事で、今はチームが一丸となって対処してる.そのことを嬉しく思います。

  2. 僕はジャカについてはとにかく「前に出て欲しい」の一言に尽きる。ここまでの3試合でポテンシャルは示したものの、まだスペースのある状況でしか威力を発揮できてない。もっと能動的にスペースを見つけて前でボールを受けてほしいし、守備でも前で潰す判断力を磨いてほしい。

    例の騒動でジャカは傷ついたかも知れないが、同時にファンに対して大きな要求をした(ちゃんと内容見ろやゴルア!的な?)。だからこそ、今のプレーで満足してちゃいけないと思う。誰がどう見ても文句のつけようのないプレーをして、このシーズンで大きな結果を出せば、最終節でもう一度あのポーズをしても僕は100%許す。

  3. 正直、ジャカ自身のパーソナリティには全く信頼は回復していませんが、パフォーマンスが上向いているのは間違いないですね。
    シンプルに言えば、キャプテンには向いていなかったということでしょう。NTではやっているので、少なくともイングランドのビッグクラブでは合わないと。

    最後のアルテタの会見を見ると、チームなりクラブなりを代表する人の器が見えて嬉しいです。
    エメリだったらこういう類の質問にどう返すのか…プレス側もそんな質問をする雰囲気になれなかったのかもしれないですが。

Leave a Reply

Your email address will not be published.