Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL バーンリー vs アーセナル(6/Mar/2021)同じ展開に飽きた

限りなく敗けた気分。だが結果は引き分けである。 アウェイで1ポイントなら最悪ではない。という決り文句を書くのは正直飽きてしまった。 そりゃそうなんだけど、今回のような試合だと、たとえ1ポイントを得ても100点満点のテストで20点のような気分。当然100点を取るべきテストだったのだから、この落胆は大きい。 しかも、このやられかたよ。われらファンは何度同じような気分を味あわせられればよいのか。恨みたくもなる。 まったく気が進まない。だが、記録のためにこの試合を振り返っておこう。白装束で滝に打たれながら。 Xhaka error gifts Burnley point

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL バーンリー vs アーセナル(6/Mar/2021)空中戦最強と最弱の戦い

PL Week27。今週ミドウィークに試合がなかったこともあり、ついにアーセナルは消化試合が多いチームから少ないチームのほうに入ってきた。テーブルを見るうえで、消化試合が揃うのはいいものだ。 さて一週間ぶりのPLで、今回のアーセナルの相手はバーンリー。アーセナルにとっては、PLライヴァルのなかではあきらかに格下感はあるものの、近年は何かとトラブルを起こされ、簡単には勝てない相手という印象がある。今回はどうなるか。 今晩の試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【試合前記者会見】20/21EPL バーンリー vs アーセナル(6/Mar/2021)「バーンリーでプレイするのは嫌いじゃない。あれこそがPL」

アーセナルのつぎの試合は、土曜日ランチタイムのPLバーンリー(A)。早くも昨日水曜日にアルテタの試合前プレスカンファレンスが行われていた。 いくらなんでも早いような。 そしてどうせアルテタは土曜までにSky Sportsあたりでロングインタヴューを受けたりするに決まっているので、今回は試合プレヴューエントリに先んじて昨日の会見だけお伝えしよう。プレヴューエントリまで3日も待ってたら鮮度が落ちすぎてしまう。 Arteta on Lacazette, Balogun, Barcelona and more

Arsenal, Misc

アーセナルFC情報ガイド2021年版

こんにちは。 今週はひさしぶりにミドウィークにアーセナルの試合がない平穏な日々なので、今回は以前からあたためてあったネタ「アーセナル情報源」の2021版を書いてみたい。 2017年に書いた同内容のエントリにいまもそれなりにアクセスがあるので、いつか最新版にアップデートしようと思いつつずるずると4年もたってしまった。 4年もたつとさすがに情報源もそれを取得する方法も変わっている。あれからブログのアクセスが非常に増えたこともあり、アーセナルについてより多くの濃い情報をチェックするようになったし、毎日の情報収集のモチヴェイションもだいぶ違うものになった。 紹介するのは定番的なものばかりだし、すべて英語情報なので、このエントリがどれだけ需要があるのかはわからないが、このブログをよく読んでくれている読者さまに、ぼくがどうアーセナルの情報を収集しているか、ブログ筆者がふだん見ているアーセナル景色を知っていだたくことも無駄ではあるまいと思う。だから書いてみよう。 ではHere we go.

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL レスター・シティ vs アーセナル(28/Feb/2021)ウィリアンとぺぺ

3位のチームに勝った。 フットボールではしばしば内容が結果に反映されないということが起きるけれど、今回は90分を通してぼくの目にはレスターよりもアーセナルのほうが強いチームに見えた。強いチームが勝つ。これは摂理。 今シーズンの初戦では、ホームで優位に試合を進めるも、まんまと相手マネジャーの策にハマった。あんなにフラストレイションの貯まる敗けかたもない。しかしこのリターンレグでは、チームとしてのクオリティを見せ、きっちりと正面から実力でねじ伏せたという印象がある。 ELベンフィカでの逆転につづく逆転勝利。2試合連続で見せた粘りづよさ。そしてこの試合はなんと云っても、ウィリアンとぺぺという最近はレギュラーチームから外れてしまっていた、本来のメインメンが輝いたという事実が大きい。 ついにアーセナルのルネッサンスが始まってしまうのか。 試合を振り返ろう。 Arsenal going in right direction – Arteta

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL レスター・シティ vs アーセナル(28/Feb/2021)ロテイションがカギ

PL Week26。アーセナルはキングパウワステイディアムへ。 ミドウィークには苦労しながらもベンフィカ相手に劇的勝利、ELのラウンドオブ16に勝ち抜けに成功した。試合を決めたウィナーは87分だったということで、最後の最後まで諦めない信念が報われたという成功体験は、このチームにとって非常に重要な意義があった。 しかし、同時にあのレヴェルの相手に綱渡り的勝利だったことも事実で、このチームがまだ本物の強さを持ってないことは、誰よりも自分たち自身が感じているだろう。 またPLでは、クリスマス以降の6戦無敗(W5 D1 L0)をやったあと、4試合で3敗もしている(W1 D0 L3)。アクシデントや相手のクオリティなど内容はどうあれ、アルテタがつねづね語っている一貫性は身についていない。 ベンフィカでの勝利が勢いになるかどうかはこの試合にかかっている。リーグ3位チームを相手にポインツを得られるかどうか。 試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】20/21UEL R32 2ndレグ アーセナル vs ベンフィカ(25/Feb/2021)見せたレジリエンス

なんちゅう試合だったのか。試合の展開に合わせて喜んだりハラハラしたりで、観ていてすごく疲れてしまった……。 試合をレヴューしてゆこう。 Arsenal 3-2 Benfica (4-3 agg): Pierre-Emerick Aubameyang rescues Arsenal’s Europa League campaign

Arsenal, Arteta, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】20/21UEL R32 2ndレグ アーセナル vs ベンフィカ(25/Feb/2021)カップファイナル?

こんにちは。 くやしいファーストレグ(A)のドロウから一週間。 この間には、現在の自分たちの立ち位置を痛感させられたPLマンシティ(H)の敗戦もあって、6戦無敗が終わった1月のFAカップのサウサンプトン以降では、アーセナルは8試合でたったの2勝しかできていない(※全コンペティション W2 D2 L4)という、それまでのファインフォームから一転不調に陥っているのが現状だ。 今シーズンの結果を振り返ると、アーセナルは不調/好調を一定期間ごとに繰り返している印象があり、今回はどうなるか。タイミング的にはそろそろ反転してもよさそうにも見えるが……。 またセカンドレグはアーセナルのホームながら、今回もCovid理由により中立地での試合となる(オリンピアコスのホーム笑)。ファーストレグ同様、ホームアウェイの地の利の差が実質的にないなかで、アウェイゴールだけは結果に大きく関わってくるというトリッキーな状況。 この試合のアウェイゴールはベンフィカが握っているということは、むしろホームのアーセナルのほうが失点に関しては神経質にならざるを得ず、非常に難しい試合マネジメントが要求される。 試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs マンチェスター・シティ(21/Feb/2021)スコア以上の圧倒的な実力差

こんにちは。 アーセナルのファンとしては、観ているのが非常にツラい試合だった。まさに苦行。近年の彼らとの試合はいつものことではあるものの、それでも毎回多少は期待をしてそのぶんこころが傷ついている。懲りない。 試合をざっと振り返っておこう。 Guardiola surprised by Man City winning run

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL アーセナル vs マンチェスター・シティ(21/Feb/2021)プランAでちからを試す

ELベンフィカのフラストレションのたまるドロウから中二日。週末PLでは、アーセナルはマンチェスター・シティをエミレーツに迎える。 PLでは、リヴァプールが驚くほど失速しているなか、序盤は冴えなかったマンシティが現在ほとんど一強というほどの強さを見せている。 彼らは去年12月のなかば以降は、なんと17連勝中(※すべてのコンペティション)という驚異的なフォーム。アーセナルじゃなくても、いまの彼らにポインツを落とさせるのはかなり難しそうだ。 アーセナルは先週のリーズでひとまず連敗を脱したが、まだまだ不安定。長い目で見ても、一貫性あるパフォーマンスを見せているとは云えず、いまはまだ発展途上というところだろう。 今回は進化中のアーセナルが、最強チームにどこまで通用するか。興味深いテストになる。 今晩の試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】20/21UEL R32 1stレグ ベンフィカ vs アーセナル(18/Feb/2021)悔しいドロウ

EL R32ベンフィカ、中立地ローマでのアウェイマッチ/ファーストレグは1-1ドロウに終わった。 敗けなかったことやアウェイゴールなど、この結果をポジティヴに見ることもできるが、相手の攻撃クオリティとわれわれが逃したチャンスを考慮すれば、やはりフラストレイションの貯まる結果だった。 これでアーセナルは勝ち抜けにわずかながらもアドヴァンテッジを得たものの、相手を諦めさせるにはまったく不十分で、セカンドレグではアーセナルによりプレッシャーがかかることになった。 試合を振り返ろう。 Arsenal can’t put a foot wrong – Saka

Arsenal, Arteta, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】20/21UEL R32 1stレグ ベンフィカ vs アーセナル(18/Feb/2021)中立地でのファーストレグ

世の中がUCLで盛り上がっているなか、われらはひっそりUEL。12月以来と久しぶりのヨーロッパ。 アーセナルはグループステイジを全勝で勝ち抜いてのノックアウトステイジ。ここからは超本番だ。 去年このラウンドでオリンピアコス相手に敗退したのはまったくの想定外だった。あの敗退でわれわれが失ったさまざまなものを考えれば、今年は去年の反省をふまえ十分な注意が必要だろう。いまやどんなチームも侮れないし、最後はファイトしたほうが勝つのだから。 今回トリッキーなのは、Covid理由で試合が中立地で行われること。すでに発表されているようにアーセナル(A)のファーストレグはローマ、(H)のセカンドレグはアテネで行われる。物理的な距離はおそらく不公平にならない場所が選ばれているはずだが、いずれにせよ両チームにどのような影響を与えるかも注目しよう。もしかしたら、次回以降のラウンドだって相手によっては同じように中立地開催になる可能性もある。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(14/Feb/2021)オバメヤン初めてのハットトリック

いやあひさしぶりにいい試合だった。得点もたくさん入って中立のファンも楽しめたかもしれない。 ミケルの意外なチームセレクションにキャプテン大爆発。後半はリーズにプッシュされた時間帯もありパーフェクトとまでは云えないだろうが、これからのタフな10日間を前にして、PL2連敗のバッドフォームからの勢いを取り戻すには十分すぎる内容と結果だった。 何より観ていて楽しい内容だったことが最高。こういうプレイをずっと待っていた。チームの進化を感じる。 試合を振り返ろう。 Arsenal 4-2 Leeds: Pierre-Emerick Aubemeyang scores first Premier League treble in entertaining Gunners win

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(14/Feb/2021)好対照なプレイスタイル

こんにちは。 今週ミドウィークに試合がなかったので、この間『Yakuza 3(龍が如く3)』ばかりやっていて早々にクリアした。今回もおもしろかったなー。 しかし、あのラストカットはどうなんですかね。<何度でもやりなおせる>というのが作品の重要なテーマだったのだろうから、一馬とはるかががれきの前であさがおをこれから再建するぞという終わりかたのほうが余韻があったんじゃないかという。まあいいか。 おっと、アーセナルブログだった。失敬失敬。 さてアーセナルにとっては一週間ぶりのPLで、相手はリーズ・ユナイテッド。エミレーツに迎える。彼らは、現在テーブルではアーセナルよりひとつうえの10位(※しかもアーセナルより1試合消化が少ない)と、昇格チームとしてそうとうに健闘している。 アーセナルは、この試合は3連続の6ポインターで、ウォルヴズとヴィラでゼロポインツだったので、ここで結果を出せないと精神的なダメッジはかなり大きい。このあとシティ(H)、レスター(A)とタフな試合がつづくフィクスチャを考慮すれば、ある意味ではヴィラ以上の試練となる。 もう毎試合が試練であるが、それもこれも自分たちで招いた結果であるのでしかたがない。仮に直近2試合で6ポインツを取れていたら、9試合敗けなしでリーグでもトップクラスのフォームだった。この試合にかかるプレッシャーもだいぶ違ったものになっていたに違いない。 日曜のリーズ戦をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL アストン・ヴィラ vs アーセナル(6/Feb/2021)ふたつの6ポインターズを落とす

あの敗けで、さすがにキツい週末だった。久しぶりの早い時間であのあとは素晴らしい夜と日曜を過ごすはずだったのに。もう、あたまをからっぽにして『Yakuza Remastered Collection』を始めるしかできない週末だった(※こちらは大変に満足笑)。 対戦相手のクオリティからすれば、こうなる予想はまったくなかったわけでもない。だが、この2試合でポイントはゼロ。とくに絶好調のあととなっては、ふたつの6ポインターズをまるまる落としたのは痛すぎる。冷水を浴びせられた。 アルテタはアーセナルに来てからつねづねパフォーマンスの一貫性/安定(consistency)の重要さを唱えているが、いままさしくそこが問題になっている。とくにこのふたつの試合は、自らの手で相手にポインツを差し出してしまったようなものだ。 それとチャンスで決められないこと。アルテタがエンドプロダクトについて口にするとき、ぼくは必ずしも賛成ではなかったが、このような試合ならば激しく同意せざるを得ない。 また今回も微妙なジャッジがあり、レフェリーについての議論はさらに加熱しているものの、それ以前にそのような状況に陥ったことのほうが問題だ。そのことは誰かの責任ではない。ベレリンが云っていたように、アーセナルが敗けているのは相手にではなく、自分たちにである。 つまらないエラーで敗ければいつだって不快極まりないわけだが、しっかりとチームプレイの礎が築かれつつあると思われていたいまだからこそ、よけいに悔しさがつのる。 世の中、まったく簡単にはいかない。 Watkins hits Villa winner as Arsenal lose again

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL アストン・ヴィラ vs アーセナル(6/Feb/2021)もうグリーリッシュには負けない

あのウォルヴズでのひどい敗戦から中三日、アーセナルにとってはさらなる試練となるこの試合。 今シーズンのジャック・グリーリッシュは絶好調で、このままいけばPOTSとの呼び声高い。そんなPLで一番優秀のような選手がいるチームを相手に、ホームでコテンパンにやられたことはまだ記憶に新しい。 しかし、あのときからいま、アーセナルはほとんど別のチームになっている。 今月はとくに、PLのPOTMにサカとレノのふたりがノミネイトされているだけでなく、なんとアルテタもMOTM(マネジャーオブザマンス)の候補に選出と、去年末に10試合で1勝とまったく勝てなかった悲惨な時期と比べれば、フォームはまさしく雲泥の差。だからこそ、ほんとうの実力をはかるうえでも今回はビッグテストになる。 👔 Mikel Arteta 👔 Pep Guardiola 👔 David Moyes 👔 Graham Potter Make your choice for January’s @BarclaysFooty Manager of the Month ➡️ https://t.co/6O8LFFwz9l#PLAwards pic.twitter.com/c0ayeVieJq — Premier League (@premierleague) February 5, 2021 ウォルヴズでの敗戦(ルイスのセントオフ)はいまだに議論が絶えないが、あの試合を「事故だった」と割り切れるか。忘れて自信をキープすることができているか。それにかかっている。 今晩の試合をプレヴューしてゆこう。

Arsenal, Transfer

アーセナル2021冬の移籍ウィンドウまとめ。エドゥの豪腕でスクワッドを大整理。チームミケルはつぎのステイジへ

先日2/1をもって英国の移籍市場がクローズしている。遅ればせながら、ここでアーセナルの冬ウィンドウをざっとまとめておこう。 今回のハイライトは云うまでもなく、いろんな意味でアーセナルFCの運営における悩みのタネになっていた、多数の窓際シニア選手たちを放出できたこと。 なかでも、クラブからはほぼ戦力外の扱いを受けているにも関わらず「最後まで契約をまっとうする」と主張してきた、エジルやムスタフィといった高給選手たちをクラブの希望どおり退団させたことで、案件をマネジしていたテクニカルダイレクター、エドゥの豪腕ぷりが称賛されている。半年前なら誰もそんなことができるとは信じていなかった。 エドゥはスーパーエイジェント、キア・ジューラブシアンのクライアントということで、ウィリアン獲得への不満もくすぶっている昨今、アーセナルのファンには懐疑的な目で見られていたフシもあるが、今回の彼の仕事ぶりについて不満に感じるものはいないだろう。近年まれに見る納得感のある移籍ウィンドウとなった。 では獲得した選手から。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ vs アーセナル(2/Feb/2021)ノースロンドン is レッド?

ハーフタイムに入るまでどうしてもトイレが我慢できなくて、んでハーフタイムも時計みながら後半が始まるまでなんか別のことしてて「やべちょっと遅れちゃったわもう始まってるかも」って、いそいそとTVの前に戻ったひとが「ブー!!!」って飲み物を盛大に吹き出してる姿が目に浮かぶよね。 あの流れで逆転されて、しかもひとり減ってるという。その短い時間でいったい何が起きたのかと。なんなら前半のアーセナルはシーズンベスト級なパフォーマンスで、気分はウキウキだったのだし。試合展開の落差がすさまじかった。 しかし今回ばかりは、ほんとに珍しいものを観たという気がする。こんなことあるんだねえ。 Wolves beat nine-man Arsenal at Molineux

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ vs アーセナル(2/Feb/2021)新しいアーセナル

日本時間の今朝終わった冬の移籍市場。さすがにあれだけの数の案件が短時間に同時進行となると、かなり慌ただしかったに違いない。関係各位はいまごろぐったりしているはず。お疲れさまである。 あとで詳しくまとめるつもりだが、デッドラインデイの駆け込みもあり、このウィンドウはアーセナルにとってはかなり理想に近い取引ができたと総括できるだろう。 アルテタが望むクリエイティヴMFを獲得し、チームのお荷物になっていたシニア選手たちを根こそぎ退団させたのだから、近年まれに見る大成功と云ってよいはず。その結果、サラリーを大幅に節約&ドレッシングルームのエゴを排除したことに。これで「ミケルのチーム」の構築には、さらなる前進となった。エドゥは期待以上の仕事をした。すごいぜ。 ……と、そのようなドラマが舞台裏ではありつつも、試合がもう迫っている。ウォルヴズ(A)はもう今日である。 ウォルヴズといえば、前回彼らのエイスに大怪我をさせてしまったわれら。彼らのファンからはさぞかし憎まれているんだろうなあ。。 この試合をプレヴューしよう。

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド(30/Jan/2021)失望と安堵

プレヴューエントリで主要メディアの試合結果予想も紹介したように、この試合はじつはアーセナル有利と見る向きも少なくなかった。タイトルを争っているマンUに対し、アーセナルはドロウでは不十分だという声もあったほどだ。だが、残念ながら結果はそのドロウ。アーセナルは、ホームで最高の結果を得ることはできなかった。 しかし試合全体を振り返ってみても、フェアになれば、この結果により悔やしがっているのはアウェイチームのほうだろう。アーセナルにも勝つチャンスはあったが、マンUのほうにも十分勝つチャンスがあった。 試合をざっと振り返ろう。 Man Utd held by Arsenal in Emirates stalemate