hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Data, Emery

ウナイ・エメリのいいところと悪いところ

ついに発表されましたな。まさかのエメリ本人のフライング発表で若干台無し感はあったけれど。

「オッズ66倍」といわれていたように、関係各所でもまったくのノーマークに等しい候補者だったウナイ・エメリ。突然やって来て突然すべてをかっさらっていったみたいなところがある。候補者が10人いたというが、アルテタが一番びっくりしているかも。

こうなってしまえば、なぜ彼のようなある意味アーセナルにふさわしい候補者がこれまでそれほど注目されていなかったのか。それも謎である。彼はエンリケやアンチェロッティと同じく、すでにPSGを退職しておりフリーの身だったんだから。どのように決定がなされたか、いまだに理解に苦しむところがないではないが、いろいろな表に出てこない事情もあるんだろう。

来季18/19シーズンのアーセナルを占う意味も含め、エメリ新監督のいいところと悪いところをざっくりまとめてみたい。そう、彼はどうもわれわれがただ諸手を挙げて喜んでいいマネージャーでもないらしいのだ。



ウナイ・エメリのプロファイル

ウナイ・エメリ – Wikipedia

1971年生まれの46才。スペイン人。

選手時代:Real Sociedad, Toledo, Racing Ferrol, Leganes, Lorca Deportiva

監督時代: Lorca Deportiva (2004-2006) : Almeria (2006-2008) : Valencia (2008-2012) : Spartak Moscow (2012) : Sevilla (2013-2016) : PSG (2016-2018)

オナーズ:Europa League winners 2014, 2015, 2016 (Sevilla). Coupe de France 2017, 2018. Coupe de la Ligue 2017, 2018. Ligue 1, 2018.

選手時代は目立った活躍も出来なかったが、現役引退後はすぐに指導者になり、数々の実績を残している。

36才でクーマンの後任でヴァレンシアFCに就任しクラブ史上最年少監督に。クラブ史上初めて3シーズン連続でCL出場権を獲得するという偉業を達成。

スパルタク・モスクワを経て、セヴィーリャでは3シーズン連続EL優勝。UEFA史上初とのこと。

PSGでは2シーズンを過ごしリーグタイトルは1度。銀河系スクワッドを率いながらもCLではバルセロナに大逆転負け、翌年のレアル・マドリッドにもホーム・アウェイともに敗れた。

ウナイ・エメリのいいところ

彼のこれまでの評判について、いいところと悪いところを挙げてみよう。もちろん彼を雇うメリットから。

エメリはアーセナルが求めていた人材

エメリ新監督の公式発表になって、ぼくがほうと思ったのは公式サイトで「Unai Emery named as our new head coach」と表現されていたところ。managerじゃなくてhead coach。まさにこれまでいわれていたように、アーセナルが求めていたというポストである「ヘッドコーチ」そのものズバリである。

このブログでも何度も言及しているように、アーセナルはポスト・ヴェンゲル時代では、クラブ運営の要職をほとんどひとりで独占していた組織形態からの脱却を図っており、社長のアイヴァン・ガジディス、フットボールリレイション長のラウル・サンレヒ、そしてリクルート長のスヴェン・ミズリンタット。この3人と仕事が円滑にできる人材を求めていた。

そこで最終的にウナイ・エメリに白羽の矢が立った。

彼はセヴィーリャ時代に、この世界でもっとも高名なフットボール・ディレクター(スポーツ・ディレクター)のひとりとして知られる、モンチ(現在はASローマでSD)と仕事をしており、そういった意味でもアーセナルの新体制に適合しやすい人選だった。

モンチ – Wikipedia

若い&安い

エメリは1971年生まれの46才。もちろんアルテタよりはだいぶ年上だが、いまモダン・フットボールをブイブイいわせているヤング・マネージャーたちの多くに近い年齢だ。68才のアーセン・ヴェンゲルからするとだいぶ若返ることになる。

ちなみに彼はポッチェティーノ、ショーン・ダイクと同じ年齢で、グアルディオラ、クロップよりもいくらか若い。

そして年齢もあるだろうが、報酬がさほど高くないのも魅力だった。

一節によると彼の年俸は、6Mポンド(9億円)。一時それが正式オファーのネックになっていると伝えられていたルイス・エンリケの要求した16Mポンドと比べると破格に安く、ヴェンゲルよりも2Mポンドほど安くなるとのこと。

Emery’s Arsenal contract revealed – and he’s getting paid less than Pellegrini

グアルディオラがマンシティで受け取っている年俸がおよそ15Mポンドだというので、若く実績もあるマネージャーでありながらコストパフォーマンスに優れた人材だともいえる。

アーセナルの財政的制限に対応

今夏アーセナルの「補強予算50Mポンド」という件は、メディアではほとんど既定のように語られており、アレグリやエンリケといったビッグネイムが拒否をするような、そういった不利な状況でもチャレンジできるかどうかがひとつの選考ポイントだったという指摘がある。

前述のように、エメリはヴァレンシアやセヴィーリャなど、PSGでの2シーズン以前には、ビッグクラブではないアーセナルのように予算の制限されたクラブでも実績を残してきた。

どちらかといえば、PSGのような金満クラブで成し遂げたことよりも、そういったむしろローバジェットで一定の仕事をするマネージャーという評判のほうが今回は評価をされたということなのかもしれない。

戦術家・フットボール気狂い・選手を成長させる監督

そしてもちろんここが最重要であるが、ウナイ・エメリはタクティシャンであり、フットボール狂であると。

アーセナルは完全に「スペシャリスト」を求めていたのは間違いない。ほかのあらゆることをサポートするスタッフがすでにいるということは、試合に勝つことと選手を成長させること、それだけが「ヘッドコーチ」に求められるタスクになる。

クラブにおけるヴェンゲルのタスクは多岐多様にわたっていたはずで、なんなら試合に集中できなかったといい訳されても仕方のないものだった。

その点でエメリは、とにかく「試合にどう取り組むか」ということが大好きな職人肌で、ちょうどアーセナルが求めていたヘッドコーチタイプに適した人材だったのだろう。

彼の実績としては、マタ、バネガ、エンゾンジといった選手を大いに成長させたといわれている。とくにプレミアリーグでブラックバーンやストークにいたエンゾンジを見ていた人なら、彼がセヴィーリャで劇的に成長したことを認めざるを得ないと。ちなみにエンゾンジはワールドカップのフランス代表23人にも入っている屈指のDMである。

アーセナルでは、とにかく将来有望な選手の成長が阻害されていると何度も指摘されてきた(例えばジャック・ウィルシャー)。いまいる若手選手たちが、エメリのもとで大きな成長を見せるようなら、それは本当に素晴らしいことである。

PSGでのエメリの戦術分析。少なくともヴェンゲルのような放任にはならなさそうだ。

ウナイ・エメリの悪いところ

これも指摘しておかないと。

セヴィーリャでのアウェイレコード

ヴェンゲル最終年、アーセナルの失意の17/18シーズン、最大の問題はアウェイでの成績だった。とにかく負けまくった。

2018年は最終戦でかろうじて3ポイントゲットしたが、結局2018年に入りアウェイでポイントを得たのはその試合だけで2018年アーセナルのアウェイポイントは「3」でしかない。

ホームだけの成績ならマンシティに次ぐリーグ2位だったというニュースがあったが、それはわりと衝撃的ではなかったろうか。なんならホームでのxG(期待ゴール)はリーグ1位だったという。

それはともかく。アーセナルのアウェイフォームというのは今季最大の問題だったので、来季はまずそこを改善せねばならない。だが、エメリのセヴィーリャ時代のラストシーズンのアウェイレコードもアーセナルに近いものがあったらしい。

セヴィーリャでのエメリ最後の年のアウェイレコードは、W0 D9 L10というアーセナルの今季に匹敵する数字だったそうな。

大丈夫なんですかねえ。

トップマネージャーに勝てていない

エメリはとにかくトップマネージャーに勝てていないとのこと。勝ったことがないマネージャーがだいぶいる。

Unai Emery’s record and Arsenal’s way forward

WDL
Simeone057
Guardiola046
Mourinho014
Zidane003
Wenger020
Q. Flores133
Enrique217
Bielsa210
Pellegrini336
Pochettino412
Jardim611

シメオネ(12試合)、グアルディオラ(10試合)、モウリーニョ(5試合)、ジダン(3試合)、ヴェンゲル(2試合)、しめて32試合でたったの1勝も出来ていない。

逆にポッチェティーノ(エスパニョール)やジャルディム(モナコ)には、だいぶ相性がいいみたいだ。

※もっともこの成績はほとんどスペイン時代のもので、ジャルディムとの勝率が高いのはもちろんフランス(PSG)での対戦成績だからだろう。あの銀河系とその他を一緒にしてはいけない。

しかし、近年トップ6相手に全然勝てなかったヴェンゲル・アーセナルを彷彿とさせるデータではないだろうか。われわれが絶対勝ってほしいと思っている相手になかなか勝てないというのは、いかにもげんなりする話しではないか。

シメオネのようなプレイスタイルのチームにはどうしても勝ってほしいのだが、どうも大の苦手らしい。

英語が使えない

今回、このエメリの件でメディアでいかにも重大なことのように語られているのが、彼が英語が堪能ではないということ。

彼の指導スタイルとして選手との密なコミュニケーションがだいぶ重要らしいので、イングランドのクラブで英語ができないというのはたしかにハンディキャップにはなるだろうが、ぼくはさほど大きな問題とは思えない。

そもそもアーセナルには英語が堪能ではない選手も多いし、スペイン語とフランス語(は大丈夫?)でコミュニケーションできれば、英語しか話せない選手以外はほぼ大丈夫なんじゃないだろうか。いや知らんけども。

それに、コンテだってグアルディオラだってプレミアリーグに挑戦する時点で英語を始めたみたいなレベルだろう。

エメリだって英語を勉強中だというし、これはきっとすぐに解決されるだろうと思う。

ビッグプレイヤーの人心掌握

エメリがネイマールとうまくいっていなかったということで、ビッグプレイヤーをうまく操縦できるかどうか疑問を持たれているふしもあるようだ。

だが、そこに関してはわれわれには問題ない。なぜならそもそもビッグプレイヤーはアーセナルにいないからである。あーよかったよかった。

まあそういう意味では、せいぜいメスト・エジルをどう扱うかが注目されるだろうが、気に入らなければ干せばいいだけである。それくらいの権限はあるだろう。日本代表じゃないんだから。

正直なところ、アーセナルはエジルがいなくも(ミキタリアンがいれば)大丈夫だとぼくは思う。もちろんエジルのいい部分を最大限引き出してくれるなら大歓迎だが、それに失敗しても問題ないだろう。

彼には、自分もスクワッドプレイヤーであることをわからせたほうがいいと個人的には思っているし、彼のためにもそうすべきだ。

エメリがそういう強権的な態度でスタープレイヤーに接することができるなら、それはそれで歓迎したい。アーセナルにはそういうノーマルな秩序が必要だった。

以上。

エメリのコメント

エメリ:アーセナルの歴史において、こんなに重要なクラブにとってのニューチャプターを始める責任を与えられたことにとてもワクワクしています。

最高にグレイトなクラブのひとつにジョインできることに感激しています。アーセナルはそのプレイスタイルで世界中で知られ、愛されています。ヤングプレイヤーズへのコミット、素晴らしいステイディアム、クラブの運営のされ方。

一緒に何かを成し遂げようとしていることに興奮していますし、アーセナルを愛している方、皆さんにこのスペシャルなモーメントとメモリーズを与えられることを期待しています。

あたしもです。

現地時間今日午後にもエメリのプレスカンファレンスがあるそうな。どんなことが語られるのか。楽しみである。

※追記:ちょうどこの記事を書いていたときにYouTubeでライブ中継をやっていたみたいで。Marcaのチャンネルでラスト10分くらいをライブで観たが、一部を英語で答えようとしていていい心がけだったろうけど、これからかなりがんばらないとという感じだった。



7 Comments on “ウナイ・エメリのいいところと悪いところ

  1. エジルたんはやっぱ必要だよ!
    ムヒだけじゃあ、また振り出しにもどるよ。欲を言えばエジルとムヒともう1人共有できる人が欲しいよ!
    まぁ、風邪ひきすぎなんわ認める

  2. エジルたんはなあ……
    エジルたんが天才なのは疑いはない。

    でも彼は扱いがめちゃくちゃ難しい諸刃の武器でもある。

    とにかくバランスが崩れる。それも観ていて楽しかったけどね。
    バランスの悪いチームは勝てないんだよねえ。アーセナルが証明しているよーに。
    世界一のNo.10がいてもリーグ6位がやっととかどんだけですかと。宝の持ち腐れですわ。

    アンチ・ロマンなこといってごめんて

    でも個人的にはミキはゲームメイカーとして理想型なんだよなあ。
    あのタイプの選手であの万能性はヤバい。

    まあエメリがエジルを高く評価しているようなのできっとうまいことを使ってくれるだろう。ウマイ・エメリ。なんつってな(ひとり赤面)。

  3. 攻撃力はあるようなので、後は組織的な守備ができればアウェイでも勝てるのかなあ…
    戦術家先生に期待。
    エジルは10番あげればもっとがんばってくれるでしょうか(笑)

    1. エジルがこの先がんばることがあるとしたら、適切な競争があればじゃないですかね。
      エメリはエジルをかなり高く評価しているようでおそらくこれまでと同じく無条件で使われそうなので、そのへんはあんまり期待できそうにありませんが。

  4. アウェー激弱でモウペップシメオネに惨敗って、ヴェンゲルとあんま変わらないってことですか?(;´Д`)

Leave a Reply

Your email address will not be published.