hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Friendly Match

【マッチプレビュー】フレンドリー アル・ナスル vs アーセナル(26/Mar/2019)@ドバイ【のようなもの】

エミレーツ航空の提供によるドバイキャンプ。ドバイを訪れているアーセナル御一行は、日本時間今晩には地元クラブAl-NasrDubai SCとフレンドリーマッチを行うことになっている。

この試合は現地の新設ステディアムである「Al Maktoum Stadium」で開催されるようで、いわゆるこけら落としなのかもしれない。

エジルを筆頭におそらく中東でも大人気であろうアーセナルFCの面々がそのためにやってくるというのだから、ドバイの人々もさぞかし楽しみにしていることだろう。

スクワッドにはケガの心配もあるが、インターナショナルブレイクでヒマをしていたわれわれファンにとってもかなりありがたいイベントである。

時間的にも今夜日本NTの試合が終わったすぐあとにキックオフということで、今日は楽しいフットボールの日になりますな。お勤めのひとはがんばって定時で帰ろう!

Watch our game v Al-Nasr LIVE on Arsenal.com

この試合はArsenal.com(Arsenal Player)とArsenal Appで無料配信されるゾ☆ 今年のプリシーズンみたく映像が途切れないといいね。



アーセナル in ドバイ

くわしくはArsenal公式サイトを見よう。観光や慈善活動、トレーニングの様子など写真も動画も盛りだくさんだっ。

キャンプに参加しているメンバーは以下のとおり。もちろん、インターナショナルデューティのない選手だけだ。ベレリンやホールディング、ウェルベックなどリハブ中の選手の名前も。

  • Petr Cech
  • Bernd Leno
  • Arthur Okonkwo
  • Hector Bellerin
  • Carl Jenkinson
  • Konstantinos Mavropanos
  • Laurent Koscielny
  • Shkodran Mustafi
  • Zech Medley
  • Jordi Osei-Tutu
  • Julio Pleguezuelo
  • Rob Holding
  • Ben Sheaf
  • Dominic Thompson
  • James Olayinka
  • Charlie Gilmour
  • Denis Suarez
  • Xavier Amaechi
  • Ainsley Maitland-Niles
  • Tyreece John-Jules
  • Mesut Özil
  • Danny Welbeck
  • Alexandre Lacazette

ポジション順?

予想ファースト11

今回ばかりはスポンサーの意向が最大限尊重されたものになりそうだ。スポンサーの意向=エジル。

そしてファーストハーフとセカンドハーフでシニア選手を分けてくると見た。

ファーストハーフ

4-2-3-1

ラカゼット

アメイチ、エジル、スアレス

シーフ、AMN

トンプソン、マヴロパノス、ムスタフィ、オセイ・チュチュ

レノ

アメイチとスアレスは左右逆かな。

セカンドハーフ

3-4-1-2

ラカゼット

エジル、スアレス

ジェンキンソン、シーフ、ギルモア、ムスタフィ

メドリ―、コシエルニ、プレゲズエーロ

チェフ

ジェンコ、ムスタフィが驚きのWB。TJJはサブで。

うーん、こうして漫勉なく配置してみると左サイドが全然足らないってことがわかるな。

23人いても、そのうち3人は確実にアウトなんだから2チームつくろうと思っても無理があるのは当たり前か。

一番みたい選手

やっぱりアメイチでしょうなあ。ザビア・アメイチ(18)。いまもっともアツいヤンガンのひとりで、近い将来アーセナルのウインガー問題を解決してくれるかもしれない超有望株。

去年がネルソンやエンケティアのシーズンだったとするなら、今年はサカ、アメイチ、PEAが激推し?のバロガンのシーズンかもしれない。

あとはやっぱりデニス・スアレス

彼がアーセナルに来てからミキタリアンが復調するなど、やって来たタイミングはかなり悪く、そのせいもあり出場機会が限られてしまっている彼にとっては気の毒なことこの上ない。

いいも悪いもプレイするチャンス自体がないのだからどうしようもない。彼にとってはこの試合だってアピールするチャンスかもしれない。がんばれ。

ユースプレイヤーの契約

ところで、アメイチやサカのようなユース選手にもすでにいくつもの引き合いがあるようで、彼らが今後アーセナルと長期契約を結ぶかどうかも注目されている。

ジェイドゥン・サンチョの大成功によって、いまイングランドの若手たちの目がこぞって海外に向いているということで、アーセナルのようなクラブはより積極的に若手を起用して彼らにもチャンスがあることを示さなければならない。

これはビッグクラブであればあるほど難しいことだが、アーセナルには必要なことだ。

来シーズンは、ネルソン、ESR、エンケティア、ウィロックあたりがファーストチームにどう関わっていくか、ファンだけでなく、ユース選手たちも注目しているはずだ。

試合結果予想

これはいいか(笑い)。

試合のみどころ

とにかく若い選手をチェックしたい。

もちろん本気の試合ではないから、本来のクオリティをチェックすることは難しいだろうが、普段彼らがやっている試合よりも多くの注目が集まるだろうこのような試合のなかでどういったプレイを見せるか。

ユースの試合なんかはたまにSNSで共有されるハイライトでしか見ることもないので、われわれには貴重な機会である。

キックオフは日本時間で今晩22:30。日本NTとボリビア?の試合が終わった1時間後くらいでちょうどいい時間。

※まだのかたはArsenal PlayerかAppのユーザ登録は先にしておきましょうね。

COYG



Leave a Reply

Your email address will not be published.